« 6月4日(月) ムギワラギク | トップページ | 6月6日(水) ムラサキサギゴケ(サギゴケ) »

6月5日(火) ムラサキ

070605murasaki_b「江戸むらさき」と書けば桃屋の佃煮になってしまいますが、「江戸紫」と漢字にすれば、これは歌舞伎・助六の鉢巻の色(青紫)になります。そして、あの色を染め上げる材料がこのムラサキなのでした。
という能書きを知って不思議に思うのは、この円(つぶ)らな花の白さです。秋には同じように小さな丸い実がつきますが、それも真っ白です。
さてもどういうわけじゃいなぁ、と歌舞伎風に首をかしげたら、染料をとるのは「紫根」と呼ばれる根の部分で、ムラサキの地上部は紫とは無縁というワケでした。

<補注> 在来のムラサキと区別しにくいものにセイヨウムラサキがあり、写真のものはもしかしたらそちらかもしれません。見分けがよくわからないので、この記事のタイトルは暫定としておきます。(2013年6月5日)

2006年のきょうカラタネオガタマ> 2005年のきょうスイセンノウ> 2004年のきょうフィーバーフュー

|

« 6月4日(月) ムギワラギク | トップページ | 6月6日(水) ムラサキサギゴケ(サギゴケ) »

コメント

えっ?どうして?白なのに・・・。
と思いながら読み進めて初めて分かりました。
やまい紫とも言うそうですよね。そうかあ、根の部分から
汁をとるんですね。ありがとうございました。

投稿: ゼンペイちゃん | 2007/06/06 06:55

ゼンペイちゃん様へ:
やまい紫という言葉ははじめて知りました(感謝)。
あの、殿様がお布団の中でする、例の紫の長い鉢巻ですね!
ムラサキには薬効があるので、まんざらファッションでは
なかったみたいですよ。

投稿: はたざくら | 2007/06/06 07:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月4日(月) ムギワラギク | トップページ | 6月6日(水) ムラサキサギゴケ(サギゴケ) »