« 6月26日(火) カクテル(つるバラ) | トップページ | 6月28日(木) ナツハゼ »

6月27日(水) クマツヅラ

070627kumatudura_cクマツヅラというのは、この草自体よりも「科」の名前としてよく見聞きします。ムラサキシキブクサギ、あるいはカリガネソウなどがこの科に属します。
もっとも、それらは科は同じでも属違いであり、同科同属ということに絞ればヤナギハナガサバーベナなどが該当します。
いかにも路傍の草のようなクマツヅラが、花壇のスターであるバーベナと兄弟関係とは意外でした。しかし、クマツヅラの学名を見たらVerbena officinalisでした。そういう目で見ると、たしかに葉の感じが似ています。

<補注> クマツヅラの大きな群落に出会いました。(2017年7月9日

2006年のきょうカリフォルニアローズ> 2005年のきょうタイマツバナ> 2004年のきょうヤブカンゾウ

|

« 6月26日(火) カクテル(つるバラ) | トップページ | 6月28日(木) ナツハゼ »

コメント

はたざくらさんは、どんな小さな花も、どんな色の花も見逃しませんね。草花に対する愛情は、どこから出てくるのでしょうか。
いつ頃からのめり込んだのでしょうか。知りたいなぁ。

投稿: ゼンペイちゃん | 2007/06/27 20:24

ゼンペイちゃん様へ:
タハハ、愛情ですか~(赤面)。
もはや、このブログ継続のために、単に鵜の目鷹の目に
なっているだけだと思うのですが…(笑)。

投稿: はたざくら | 2007/06/28 06:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月26日(火) カクテル(つるバラ) | トップページ | 6月28日(木) ナツハゼ »