« 6月13日(水) ナヨクサフジ | トップページ | 6月15日(金) ムラサキウマゴヤシ »

6月14日(木) ナンテンハギ

070614nantenhagi_bきのうのナヨクサフジとよく似た花ですが、花のつき具合はグッと控えめで、全体の姿はこちらがややスッキリしています。
あちらが藤ならは、こちらは萩を名乗ります。ハギと名のつくものを自分でメモしているのですが、これがじつに29種類目です。まだまだ入り口でしょうが、どこまで奥が深いものやら…。
ふつうの萩はマメ科ハギ属が多いのですが、これは同科ソラマメ属、つまりあの空豆の仲間になりますから少し驚きます。秋にはたしかにプックリした実をつけるようですが、お味は想像もつきません。

2006年のきょうヤエドクダミ> 2005年のきょうブナ> 2004年のきょうガクアジサイ

|

« 6月13日(水) ナヨクサフジ | トップページ | 6月15日(金) ムラサキウマゴヤシ »

コメント

はたざくらさん、こんばんは。
萩と名のつくものが29種類なんてすごいですね。
私は何種類知っているのだろうと・・
5,6個かな。トホホ
はたざくらさんの蔵の検索システムでカンニング。
でも、ハギは7つしかなかったです。
ミソハギのところに、2つかな。
あっ、そうか、別名なんていうのもきっとあるのですね。
降参で~す。

投稿: ブリ | 2007/06/14 22:41

ブリさんへ:
あ、紛らわしい書き方をしてごめんなさい。
29種類はあくまで勉強用のメモで、そこには自分で確認(撮影)できていないものが20種類以上含まれているのです。あるいは、写真には撮ったものの、どうにも見分けがつかずにボツというのも少なからずPCの中に眠っています。
萩に限らず、際限なく種類の多い草木はたくさんあって、2~3回は生まれ変わらないとダメですね。うーむ、輪廻転生!!

投稿: はたざくら | 2007/06/15 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月13日(水) ナヨクサフジ | トップページ | 6月15日(金) ムラサキウマゴヤシ »