« 6月10日(日) オニノヤガラ | トップページ | 6月12日(火) オオマツヨイグサ »

6月11日(月) ヒョウタンボク(キンギンボク)

070611hyotanboku_c
口に入れてみなくて命拾いでした。帰宅後に調べたら、ヒョウタンボク(キンギンボク)の実はかなりの危険物でした。いかにもおいしそうな顔をしているのに、別名にはヨメコロシなんていう恐ろしい名前も見えます。
スイカズラ類に特有の2個合着した実の形がそのまま木の名前になっています。
よく似た仲間にハナヒョウタンボクがあります。あちらの木は枝垂れ気味なのに対し、こちらは上向き方向に実をつけます。これら以外にも仲間はまだあり、正確な見分けは先のことになりそうです。

<補注> 別名のキンギンボクの由来である金色銀色セットの花はこちら、生息環境の多様さについてはこちらです。
<追録1> 目の前全部が真っ赤になったり、緑から赤までの変化が見られたり、ヒョウタンボクの実に魅せられた日でした。(2018年6月7日)
1806071
1806072
<追録2> ハナヒョウタンボクとの見分けポイントの一つである葉(↓)です。先端に小さな尖りがあるとは言え、全体の形は小判型です。これに比べると、ハナヒョウタンボクの葉はスマートで、先端にはのびがあります。
また、ヒョウタンボクの葉裏はハナヒョウタンボクよりも毛深くて、葉脈上の毛など肉眼でもよく認められます。(2018年11月24日)
1123hyoutanboku1
2006年のきょうホオズキ> 2005年のきょうアカンサス> 2004年のきょうナツツバキ

|

« 6月10日(日) オニノヤガラ | トップページ | 6月12日(火) オオマツヨイグサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月10日(日) オニノヤガラ | トップページ | 6月12日(火) オオマツヨイグサ »