« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

5月31日(木) サイカチ

070531saikati_enkei_b唐突に風景写真の登場ですが、ブログ内容の変更ではありません。
サイカチの巨木で、あまりにもすばらしい姿なので、見たまんま、感じたまんまの写真を載せてみました。木の下に止めたワタシの愛車(26インチ・ママチャリ号)がまるで幼児用自転車です。
しかし、なぜ急に巨木紹介ブログになったのかというと、じつはこの木が今、花盛りなのです。木陰に佇むと、小さな蜂の羽音に包まれ、肩には花が降り、足元は折り敷かれた花のカーペットです。
…ということできょうの記事は終わろうと思ったのですが、せっかく満開の花を出さないのも心残りです。いつもの一記事写真一枚ルールを破り、きょうは一挙三枚掲載といくことにします。
070531saikati_m_bまずは去年リンクで紹介した雄花です。虫をワンワンと集め寄せ、アラレのように降り落ちるのはこの花です。
070531saikati_f_b対して、こちらはニュッとのびた雌シベが逞しい雌花です。去年、実をつけた写真を載せたのがこの木です。上の雄花をつけた木とこの木は川をはさんで、まるで牽牛と織姫のように向かい合っています。
サイカチは雌雄同株と図鑑にはあるのですが、一つの木にはどちらかの花しか咲かないように思えます。
まだまだ観察不足・研究不足で、軽々しいことは言えませんが、どの木にも実がぶら下がるわけでもなさそうです。どなたか詳しい人に教えていただければ幸いです。

2006年のきょうアスチルベ> 2005年のきょうタチアオイ> 2004年のきょうナツユキソウ

| | コメント (4)

5月30日(水) ムギセンノウ

070530mugisennou_bこういうブログをするようになってから、好きなように呼べなくなった草木が幾つかあって、このムギセンノウはそのひとつです。
前はムギナデシコと呼んで、姿だけでなくその名のかわいさも気に入っていました。しかし、本名は仙翁の方で、フランネル草を酔仙翁というのと同じです。
ただ、ワタシのポンコツ記憶装置にもまだ空き容量はあるらしく、ダブル名前くらいは覚えていられます。タイトルは仙翁にしましたが、気持ちでは撫子と呼んでいます。

2006年のきょうコウホネ> 2005年のきょうヤナギハナガサ> 2004年のきょうオオキンケイギク

| | コメント (2)

5月29日(火) ハナミョウガ

070529hanamyouga_b紅白模様の見栄えのする花は、ランの種類かと思うほどです。しかし、その正体は生姜の仲間で、栽培品種ではなく野山の花です。
ミョウガの名前を借りたのは、茎や葉の形からと言いますが、確かに似ています。本家の花はあまり冴えないので、借主の方が「花」を名乗ってしまいました。
そう言えば、まだミョウガを撮影していませんでした。こういう順逆になることがよくあって、まだまだ修行不足です。どこかにミョウガがなかったか、捜索開始です。

<補注> うまい具合に、2カ月後にミョウガの花を撮ることができました。(2007年7月23日)

2006年のきょうガクウツギ> 2005年のきょうノビル> 2004年のきょうナツグミ

| | コメント (2)

5月28日(月) オオバオオヤマレンゲ

070528oobaooyamarenge_bホオノキの花をひっくり返したみたいに見えますが、これが自然の姿です。直径10㎝ほどの純白の花が、遠慮がちに開いていました。
蓮華と名のつくとおり、たっぷりした花びらはハスの花を思わせないでもありません。願わくは、蓮華のように天に向かって開いてほしいものですが…。
陽光燦々の日だったのに、花が逆光になるので困りました。しゃがんでみたり、ヨガのポーズのように斜めになったり、さんざん苦労したあげくがこの程度です。

<補注> 掲載当初、これをオオヤマレンゲとしていましたが、雄シベの色がこれだけ赤いことから、オオバオオヤマレンゲに訂正します。(2009年6月28日)

2006年のきょうオモト> 2005年のきょうサラサウツギ> 2004年のきょうタイサンボク

| | コメント (0)

5月27日(日) ヤグルマソウ

070527yagurumasou_bこのブログやHPを始めたころは、矢車菊を矢車草と呼んでいたことを思い出し、一人で照れてしまいました。
色とりどりな「菊」の花に比べると、「草」の方は鈍い白です。シックな野草類のなかでもとりわけ地味に見えます。
170524yagurumasouたたずまいが泡盛草に似ていると思ったら、ユキノシタ科の仲間同士でした。意図したわけではないのに、今月はユキノシタスノーキャップツボサンゴと続いたあとのヤグルマソウで、なんだかユキノシタ科大会になってしまいました。

2006年のきょうクサイチゴ> 2005年のきょうツリバナ> 2004年のきょうクリ

| | コメント (0)

5月26日(土) ネメシア

070526nemesia_b去年、自分で育ててみて、とても良く咲いてくれたので、2年続けて玄関前に植えてみました。
しかし、ネメシアというのはとても記憶に馴染みにくい名前です。苗を買うとき、もう一度頭にすり込み直しが必要でした。和名にはウンランモドキという無理やりなものがあるようですが、それではますます自分が混乱しそうです。
金魚草と同じゴマノハグサ科で、ネメシアには金魚の意味があると聞くと、さらに混乱は深まります。
という名前への苦情を脇に置けば、花の姿は面白いし、花つきもよく、風変わりなわりには育てやすい部類です。また後ろ姿にも特徴があり、タスキ掛けしたように見える萼が愛嬌に富んでいます。

2006年のきょうワジュロ> 2005年のきょうスイカズラ> 2004年のきょうキョウチクトウ

| | コメント (3)

5月25日(金) オオムラサキツユクサ

070525oomurasakituyu_b後方に写っているのがふつうのムラサキツユクサですが、この写真の主役は白い花の方です。同じ種類で赤紫の花もこのごろよく見かけるようになりました。
これら色違いの花は、従来の紫のそれと比べ、やや大柄です。園芸的に作出されたもので、オオムラサキツユクサと呼び分けるそうです。
ただ、大柄とは言っても花の寸法は不確かなものです。それに比べると、同じく相対的ではありながら、葉の幅の違いの方がより明確な区別点(オオムラサキツユクサが倍ほど広い)のようです。

2006年のきょうムラサキツユクサ> 2005年のきょうセンダン> 2004年のきょうハコネウツギ

| | コメント (0)

5月24日(木) ブラシノキ

070524callistemon_b3年前の夏、返り咲きの姿は載せてはいたものの、まともな時期のちゃんとした写真は「増補版」にもないので、ここで掲載し直しです。
いかにも即物的な名前ではあっても、文句のつけようがないピッタリ名前です。この赤いブラシの正体は雄シベで、雌シベはそのなかに埋もれているはずです。
というのは、花後のブラシの柄には丸い虫こぶのような実がたくさん並ぶからです。毎年の花は、この実の列の先に先にとつながって咲くので、実の列はそこに残ったまま、どんどん長くのびていくばかりです。

2006年のきょうトキワツユクサ> 2005年のきょうカルミア> 2004年のきょうセンダン

| | コメント (2)

前言撤回 : ユキノシタ

070523yukinosita_b先週木曜のユキノシタの記事を訂正します。
名前の由来のうち、「花が雪のようで、葉が埋もれるから」という説を否定したような記述をしましたが、これはワタシの経験不足でしかありませんでした。
このような花盛りの場面に出会ったなら、降りしきる雪を思い重ねても、何の不思議もありません。

| | コメント (2)

5月23日(水) コマツヨイグサ

070523komatuyoigusa_b河川敷の荒地で、シロツメクサと仲良く暮らしているコマツヨイグサです。丈夫な性質のようで、花壇の隙間やグランドの隅などへ逞しく進出しています。
マツヨイグサと言えば、夜に咲く花の代表ですが、このコマツヨイグサは昼型です。匍匐性の茎と併せ、やや変わり種と言えます。
葉形は切れ込みの深いものからほぼ全縁型まであるものの、縁がやや波打ち、両面が毛深いところが基本の性質です。毛は茎や実でも深く、いかにも獰猛な姿です。

<補注> 葉に切れ込みを持つタイプもあります。(2012年8月27日

2006年のきょうジャガイモ> 2005年のきょうオランダカイウ(カラー)> 2004年のきょうトキワツユクサ

| | コメント (2)

5月22日(火) ノースポール(クリサンセマム・パルドサム)

070522northpole_b今が開花のピークですが、暮れのうちから寒風にもめげず咲き始めていました。梅雨どきまで半年ほども楽しめます。加えて、こぼれ種で毎年ふえる元気者なので、広い花壇などをカバーするには最適の経済派です。
春菊に似た刻みの深い葉をびっしりつけますが、ノースポールはせいぜい20cmほどの背丈の低さが特徴です。
丈夫で育てやすいのですが、暖かくなるとアブラムシに苦労します。肥料をやり過ぎると虫がつきやすいそうで、過保護がいけないのはどの世界も同じようです。

2006年のきょうニオイシュロラン> 2005年のきょうニオイバンマツリ> 2004年のきょうユスラウメ

| | コメント (3)

5月21日(月) クスノキ

070521kusunoki_b常緑の木にも「萌え」の季節は訪れます。クスノキは、木によって若葉の色が赤や緑や黄色など微妙な色みを帯びて美しいものです。
そんな若葉も色を濃く変えはじめると、次は花の季節です。鮮やかに目立つ若葉と比べると、小さく(5㎜ほど)て地味な色の花はあまり人目を惹きません。
これが秋になると、黒紫色に輝く丸い実がバラバラと落ちてきて、若葉の萌えのときに劣らず、また賑やかです。そんな春秋の派手さ加減を恥じるように、今の季節の花はちょいと引っ込み思案の感じです。

2006年のきょうカスミソウ> 2005年のきょうユウゲショウ> 2004年のきょうクレマチス

| | コメント (4)

5月20日(日) カルセオラリア

070520calceolaria_bこういう花の形がなぜ必要なのか、つくづく不思議で、自分で育ててみました。
興味はただ一点、この袋に雨は入るか、入ったらどうなるか、ということでした。答えは単純で、「入り、溜まり、袋は垂れ」ました。まるで自分で渇水対策しているように、「雨袋」がぶら下がります。
しかし、袋は案外早く乾くので、自前貯水システムの可能性は低そうです。もしかしたら、水を求めてやってくる虫向けの「おいしい餌」かもしれません。

2006年のきょうツルウメモドキ> 2005年のきょうトベラ> 2004年のきょうカキノキ

| | コメント (0)

5月19日(土) ツボサンゴ(ヒューケラ)

070519tubosango_bユキノシタがらみ(ユキノシタ科)が続きますが、きのうのスノーキャップよりはサイズ的にこちらがより仲間っぽい姿です。
花の形は大きく違うものの、葉の面積や生え方、そこから花茎が飛び出す高さなどはほとんどユキノシタとそっくりのつくりです。葉は、あまり陽に当てると緑になりますが、本来は深い赤茶色で味があります。
そんな風で、素人目にはこちらこそユキノシタの色違いに見えるのに、分類的には属違い(ユキノシタ属VSヒューケラ属)でした。
最近は、古風な壷珊瑚という名前はあまり使われず、属名のままにヒューケラと呼んでいるケースが多いようです。

2006年のきょうフランスギク> 2005年のきょうチョウジソウ> 2004年のきょうタチアオイ

| | コメント (2)

5月18日(金) スノーキャップ(サキシフラガ)

070518saxifraga_bきのうのユキノシタと同じ仲間(同科同属)だと言われても、どうもピンとこないのが本当のところです。
ユキノシタ科にはアジサイやウツギなどいろんな「属」がありますが、これはSaxifraga(ユキノシタ属)と分類されて、ユキノシタとは本当の直系です。含蓄に富む雪の下に比べ、「雪の帽子」とはやや生硬な名に思えますが…。
ジッと見ていたら、クモマグサに似ています。あれもユキノシタ属で、厚ぼったい葉が根もとに重なり、そこから花茎が飛び出すスタイルは三者共通です。

2006年のきょうオオバコ> 2005年のきょうサラサドウダン> 2004年のきょうアヤメ

| | コメント (2)

5月17日(木) ユキノシタ

070517yukinosita_bわりと雑草っぽく、家と家の間の日陰などで見かけます。放っておいても走出枝をどんどんのばし、あっと言う間に厚ぼったい葉で地面を覆い尽くします。
子供のころ、怪我をするとこの葉を揉んで貼り付けられた記憶があります。大人になってからは、天ぷらで楽しむばかりですが…。
満開の花が雪のようで葉が埋もれるからという名前由来説もありますが、そこまで花つきが豪華とは思えません。雪の下でも平気という従来説が無難なようです。

<補注> この記事のすぐあと、上記の批判(花つきはそれほどでもない)は見事に覆されました。(2007年5月23日

2006年のきょうヘラオオバコ> 2005年のきょうメキシコマンネングサ> 2004年のきょうタイサンボク

| | コメント (4)

5月16日(水) ヒメヒオウギ(アノマテカ・ラクサ)

070516himehiougiayame_bいつも同じ場所に咲くのに、去年までは正体を見破ることができませんでした。三年越しに身元が判明したので、かなり気分爽快です。
手がかりは葉のつくりでした。主脈のない細い葉は、本来のアヤメとよく似ています。さらに花の形は、同じアヤメ科のヒオウギのそれを思い起こさせます。
花びらの6枚すべてにポツポツとゴマ斑が入るヒオウギに対し、こちらの姫様は下側3枚だけの付け根が色濃くなります。つまり3弁プラス3弁の構造なので、アヤメのそれに近いことがわかります。

2006年のきょうカンボク> 2005年のきょうホオノキ> 2004年のきょうホオノキ

| | コメント (0)

5月15日(火) キツネアザミ

070515kituneazami_b季語だと「薊」は春になっていて、これはたぶんノアザミのことなのでしょう。アザミの仲間はたくさんあって、その大半は春ではなく夏から秋が開花期です。
と思っていたら、近所の空き地でこんな花を見つけました。小指の先ほどの大きさではあっても、いかにもアザミっぽい色と形をしています。
ところが、葉を見るとアザミ類に共通のあの棘がありません。優しい色と感触で、裏には柔らかな毛まであります。
なんだか狐につままれたようでした。ははあ、その名もキツネアザミ(キク科キツネアザミ属=アザミ属とは別)とは…、恐れ入りました。

<補注> キツネアザミが大きな群落を作っていました。(2015年5月16日)

2006年のきょうカラスビシャク> 2005年のきょうナツユキソウ> 2004年のきょうエゴノキ

| | コメント (4)

5月14日(月) ヤセウツボ

070514yaseutubo_1b緑の色みがまったくない植物というのはとても異様な雰囲気です。光合成ができないのだから、生命感がないのは当然でしょう。
070514yaseutubo_2bそれなのに生きていけるのは他人から生活の糧を略取しているからです。この写真の場合はアカツメクサがその被害にあっています。
そんな悪漢なので、獰猛な食性をもつ海のウツボにたとえたのかと思いましたが、それはどうも見当違いのようです。夏に咲くウツボグサの花後の穂を貧相にすると、なるほど感じが似ていました。

2006年のきょうタラヨウ> 2005年のきょうゼニアオイ> 2004年のきょうエゴノキ

| | コメント (0)

5月13日(日) サワフタギ

070513sawahutagi1一粒で二度おいしいというのがピッタリのサワフタギです。
秋の実は、青(濃紺)という少数派の色が面白く、しかもそれがかなり密につくものだから、とても見ごたえがあります。それから半年、その実の元になる純白の花は、当然ながらびっしりと咲いていました。
070513sawahutagi2まだ小さい木なので、やや名前負け状態でしたが、それでも立派に沢の「一部」はふさいでいました。見上げる形でしか写せなかったこれまでと違って上から写せたので、念願が叶った一枚です。

2006年のきょうミヤコワスレ> 2005年のきょうオダマキ> 2004年のきょうソラマメ

| | コメント (2)

番外編 : カラスの赤ちゃん

070512karasu_bカラスは頭がいいから、なつくんだって…とヨメさんはかなりご執心のようでしたが、そんなものを飼ったら近所迷惑でしょうよ。
小さな藪のなかで、巣から落ちたのか、大きな声でお母さんを呼んでいました。親に見つかればこちらがツツかれます。早々に退散しました。

| | コメント (4)

5月12日(土) アメリカフウロ

070512americahuuro_bおや、こんな場所にゲンノショウコが、とぬか喜びすることの多いアメリカフウロです。花の形だけでなく、神輿型の実まで似た感じです。
しかし、同じフウロソウ科であってもこちらは昭和になっての帰化植物です。間違えてはゲンノショウコが気を悪くしてしまいます。
両者の決定的な違いは葉の形で、切れ込みが深く広い(葉が細い)アメリカフウロに対し、ゲンノショウコは密な構成です。また、ゲンノショウコの花は梅雨のあとでないと咲き出さないようです。

2006年のきょうカラマツ> 2005年のきょうヤマボウシ> 2004年のきょうカナメモチ

| | コメント (0)

5月11日(金) ナニワイバラ

070511naniwaibara_b純白の大きな一重の花(直径6㎝ほど)はまさに単純明快、スッキリそのものの美しさです。まるでタカラヅカの美人さんがTシャツ姿で歩いているみたいです。
あまたあるバラのなかでもかなりの基本種で、江戸時代には栽培されていたといいます。日本型のオールドローズというところでしょう。
四国や九州の山に自生する(牧野図鑑)そうですが、中国からの渡来品を難波の植木屋さんが広めたのでこんな呼び名になったようです。漢名は「金櫻子」で、これはこのバラの実を生薬としたときの名でもあります。

<補注> この生け垣の枝振りが充実した姿はこちらです。(2014年4月28日)

2006年のきょうセリバヒエンソウ> 2005年のきょうポポー> 2004年のきょうスイカズラ

| | コメント (3)

番外編 : 日光写真

070510mousoub印画紙の上に種紙を載せ、それをお陽さまにかざしておくと、あーら不思議、アトムの絵が浮き上がって…そんな日光写真を楽しんだのは小学生のときだったと思います。お天気だよりでノンキでしたが、妙にワクワクする「ハイテク」遊びでした。
そんな遠い記憶を呼び戻す孟宗竹の若い節です。剥けたばかりの皮の斑が竹の肌にプリントされているなんて、今まで気づきませんでした。そう言えば、日光写真の絵柄もすぐ消えたものでした。

| | コメント (2)

5月10日(木) ウスバサイシン

070510usubasaisin_b花はカンアオイ類とそっくり(こちらの筒には横縞なし)なのですが、葉の感じがかなりはっきり違います。名前どおり薄いということもありますが、カンアオイと比べるととても青々として新鮮です。
それもそのはずで、越年するので葉が痛みやすいカンアオイに比べ、こちらはこの春に芽吹いた若葉でした。
同じウマノスズクサ科の仲間なのに、こういう仕組みがまるで違うことが不思議です。希少種なので、細くて辛い(サイシン)という根を確認するわけにはいきません。

<追録> 別の場所で撮影したウスバサイシンです。(2008年4月25日・山形市)
080425usubasaisin_1
080425usubasaisin_2
2006年のきょうセッコク> 2005年のきょうコデマリ(八重)> 2004年のきょうオオムラサキ

| | コメント (2)

5月9日(水) シナアブラギリ

070509sinaaburagiri1「木と同じ」と書くと桐になるように、キリは本来は草なのだという記述を先日の日経新聞で見かけました。たしかにゴマノハグサ科なので、そうも考えられます。
そういう見方からすると、このアブラギリ類はトウダイグサ科です。まあ、草だと言われても困るほど高いところに花をつけてくれますが…。
070509sinaaburagiri2アブラギリ属にはいくつか種類があり、葉と花の形からすると、これはシナアブラギリのようです。実から印刷用などの油を採取する目的で植えられたそうですが、花は大きくてとてもきれいです。

<補注> 実の様子はこちらです。(2007年9月23日)

2006年のきょうイチゴ(優香)> 2005年のきょうオオデマリ> 2004年のきょうミズキ

| | コメント (2)

5月8日(火) ヒイラギソウ

070508hiiragisou_b_2木陰が好きな花は、どうにも写真にしにくくて困ります。見つけた本人の目には、ものすごく明るく輝いて映っていたのですけれど…。
いや、愚痴はさておいて、この草の名前がわかったときはかなりの膝ポンでした。本物のようにチクチクはしませんが、ギザギザ具合がよく似た雰囲気です。
反面、ちょっと困ったのは仲間のくくり方です。先日のジュウニヒトエの項で、「シソ科キランソウ属トリオ」とまとめたのですが、じつはこのヒイラギソウも同属でした。

2006年のきょうリムナンテス> 2005年のきょうアサツキ> 2004年のきょうウツギ

| | コメント (2)

5月7日(月) スイートピー

070507sweet_pea_bきょうの写真は気持ちよく「抜け」ていますが、この花を見つけた喜びが落胆に変化する過程は、とても悲しく「間抜け」ています。
じつは話の布石は1月に取り上げた「赤いスイートピー」にありました。あの記事を見て、いたく感動したワタシは、この写真の赤いスイートピーを植えたお宅を見つけ、「おお、もう近所にまで植えられている」と喜んだのです。
しかし、どうにも普及が早すぎます。調べたら、赤いスイートピーは元からありました。赤の深さ(や花つきの多寡)の違いだと思うので、あの新聞記事をウソとは言えません。よく知りもせず「赤はない」と思い込んだワタシが間抜けなだけでした。

<写真の追加> 赤は赤でも、色合いがとても面白いもの(品種名不明)を見つけました。(2017年5月5日)
170505sweet_pea
2006年のきょうベニバナツメクサ> 2005年のきょうモモイロヒルザキツキミソウ> 2004年のきょうニセアカシア(ハリエンジュ)

| | コメント (0)

5月6日(日) ピラカンサ

070506pyracantha_bピラカンサの花が咲く季節になりました。近所には垂れ下がるような枝ぶりの大きな木があって、まるで花の滝のような眺めです。
そんな庭木を見ることの多いピラカンサですが、なんとこれはミニ盆栽仕立です。テーブルの上に物差しを置いてみましたが、鉢の直径はほんの6㎝少々です。
去年、我が家に到来したときはたった一輪しか咲きませんでした。それはそれで渋い姿で、なにやら利休の気分でしたが、いやいや、やっぱり花は満開が素敵です。

2006年のきょうオーニソガラム> 2005年のきょうキリ> 2004年のきょうヤマボウシ

| | コメント (4)

5月5日(土) イチハツ

070505itihatu_bまだ寒いうちからジャーマンアイリスがボテボテと花を咲かす時代になったので、このイチハツがその名を誇りにくくなりました。
昔は、それこそアヤメ類のなかで「一」番「初」めに咲く栄誉を背負った名前だったと思うと少し不憫です。
もっとも、ご本人は自分の名前や競合相手などまったくどこ吹く風のことでしょう。アヤメ類の一番手はシャガじゃないか、などとネチこく考え込むオジサンをあざ笑うごとく、鶏冠(とさか)のような白いヒダを風に揺らすばかりです。

<補注> この記事より1カ月早く、イチハツの開花をとらえました。(2008年4月2日)

2006年のきょうハナイカダ> 2005年のきょうユリノキ> 2004年のきょうムクロジ

| | コメント (0)

5月4日(金) キモクレン

070504kimokuren_b朝のお勤めを終えた雲水さんが三人、お堂を退出するのに出会いました。一人ひとりが気持ちのよいあいさつをしてくれましたが、三人目の声は、あれれ、女性でした。青いオツムがひときわきれいです。
朝から縁起がいいぞとほくそ笑んだら、本当にそこのお庭でラッキーが待っていました。
キモクレン、かつて近所のお宅にあったのに、撮影前にあえなく切られ、以来どこでも会えないでいました。まさに仏縁、きっと観音様のお導きでしょう。合掌してパチリ。

2006年のきょうヒメコウゾ(雄花)> 2005年のきょうスズラン> 2004年のきょうハルジオン

| | コメント (3)

5月3日(木) シュンギク

070503syungiku_b春菊の天ぷらが好きでして、特にあの立ち喰いソバ屋のガサツな衣をかぶった奴が真っ黒のつゆ(関東ですから)をくぐったりすると、もう辛抱たまりません。
あらら、これではB級グルメブログになってしまいそうなので立て直しましょう。話はその春菊の「花」でした。
やはり花が咲いてしまうのは食材としては不適当らしく、なかなかお目にかかれなかったシーンです。もはや自分で育てるしかないと思っていた矢先、奇特なオーナーさんに救っていただきました。

2006年のきょうムクノキ> 2005年のきょうワスレナグサ> 2004年のきょうカリフォルニアポピー

| | コメント (2)

5月2日(水) ジュウニヒトエ

070502juunihitoe_b花壇によく使われている西洋ジュウニヒトエに対し、在来種のこちらはそこまで都会派ではありません。お洒落すぎる名前に照れているんじゃないかと心配するほど、地味な佇まいです。
パッと見た印象は、西洋十二単よりもキランソウに近い感じです。もっと茎が縮んで花が青かったら、ほぼそっくりです。
と、名前と見かけの関係でほかの二つにも触れましたが、これら三つはすべてシソ科キランソウ属の仲間です。毛深くて強そうで、なかなかインパクトのあるトリオです。

2006年のきょうカキドオシ> 2005年のきょうシラー・ペルビアナ(オオツルボ)> 2004年のきょうカリフォルニアポピー

| | コメント (0)

5月1日(火) ナツトウダイ

070501natutoudai_b吹く風が熱を帯びていて、もう夏かと思わせるきのうでした。そんな天気に誘われて、ナツトウダイの登場です。
しかし、きょうから5月とはいえ、まだ夏ではないのに、この名前はどうしたこと? いえいえ、別に早咲きを見つけたわけではなく、今がまさしく盛りです。
なんとまあ、命名者が間違えたのだろう(山渓「野草の名前」)というから笑えます。小さな蟹が玉転がしをしているような花にも頬がゆるむし、「春」の一日をなごませてくれる「夏」トウダイです。

2006年のきょうカシワ> 2005年のきょうシラン> 2004年のきょうベニバナトチノキ

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »