« 5月8日(火) ヒイラギソウ | トップページ | 5月10日(木) ウスバサイシン »

5月9日(水) シナアブラギリ

070509sinaaburagiri1「木と同じ」と書くと桐になるように、キリは本来は草なのだという記述を先日の日経新聞で見かけました。たしかにゴマノハグサ科なので、そうも考えられます。
そういう見方からすると、このアブラギリ類はトウダイグサ科です。まあ、草だと言われても困るほど高いところに花をつけてくれますが…。
070509sinaaburagiri2アブラギリ属にはいくつか種類があり、葉と花の形からすると、これはシナアブラギリのようです。実から印刷用などの油を採取する目的で植えられたそうですが、花は大きくてとてもきれいです。

<補注> 実の様子はこちらです。(2007年9月23日)

2006年のきょうイチゴ(優香)> 2005年のきょうオオデマリ> 2004年のきょうミズキ

|

« 5月8日(火) ヒイラギソウ | トップページ | 5月10日(木) ウスバサイシン »

コメント

桐が草とは・・・。木のように?高いですよね。そして上の方に花が咲いていますよ。うーん、わかりませんが、そうなんだ!と納得しちゃう私です。

投稿: ゼンペイちゃん | 2007/05/09 19:24

ゼンペイちゃん様へ:
すみませんね、まぎらわしいことを言って。
木と草の境目って結構微妙ですが、
キリはふつうには木本ですので念のため(ぺこり)。

投稿: はたざくら | 2007/05/10 07:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月8日(火) ヒイラギソウ | トップページ | 5月10日(木) ウスバサイシン »