« 5月14日(月) ヤセウツボ | トップページ | 5月16日(水) ヒメヒオウギ(アノマテカ・ラクサ) »

5月15日(火) キツネアザミ

070515kituneazami_b季語では「薊」は春になっているのですが、これはたぶんノアザミのことなのでしょう。たくさんあるアザミの仲間ですが、その大半は夏から秋が開花期です。
と思っていたら、近所の空き地でこんな花を見つけました。小指の先ほどの大きさですが、いかにもアザミっぽい色と形をしています。
ところが、葉を見るとアザミ類に共通のあの棘がありません。優しい色と感触で、裏には柔らかな毛まであります。
なんだか狐につままれたようですが、ははあ、その名もキツネアザミ(キク科キツネアザミ属=アザミ属とは別)とは…、恐れ入りました。

<補注> キツネアザミが大きな群落を作っていました。(2015年5月16日)

2006年のきょうカラスビシャク> 2005年のきょうナツユキソウ> 2004年のきょうエゴノキ

|

« 5月14日(月) ヤセウツボ | トップページ | 5月16日(水) ヒメヒオウギ(アノマテカ・ラクサ) »

コメント

おはようございます!
キツネアザミのファンなのですよ私。
ちっちゃくて可愛くって、こちらではあまり見かけないもので。。。
それが、今年は何故かご縁があちこちであるんです。
それって確実に殖えていってるって事でしょうか?

投稿: ちょびママ | 2007/05/18 07:57

ちょびママさんへ:
おー、なんとシブイ趣味でいらっしゃいますねえ(笑)。
この写真を撮った場所にも、去年はなかったような気がするんですよ。
ただ、自分で見つけられなかっただけなのか、ふえているのか、
そこがイマイチよくわからないんですけどね(トホホ)。

投稿: はたざくら | 2007/05/19 07:23

キツネアザミは、アザミ属ではなくて、キツネアザミ属だから棘がないのでしょうね、きっと。

投稿: Reny | 2009/05/15 09:46

Renyさんへ:
この名付けはうまいですよね。
サイズは小さいし、姿もやや情けないのですが、
ついナデナデしてあげたくなります。

投稿: はた衛門 | 2009/05/16 05:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月14日(月) ヤセウツボ | トップページ | 5月16日(水) ヒメヒオウギ(アノマテカ・ラクサ) »