« 5月9日(水) シナアブラギリ | トップページ | 番外編 : 日光写真 »

5月10日(木) ウスバサイシン

070510usubasaisin_b花はカンアオイ類とそっくり(こちらの筒には横縞なし)なのですが、葉の感じがかなりはっきり違います。名前どおり薄いということもありますが、カンアオイと比べるととても青々として新鮮です。
それもそのはずで、越年するので葉が痛みやすいカンアオイに比べ、こちらはこの春に芽吹いた若葉でした。
同じウマノスズクサ科の仲間なのに、こういう仕組みがまるで違うことが不思議です。希少種なので、細くて辛い(サイシン)という根を確認するわけにはいきません。

<追録> 別の場所で撮影したウスバサイシンです。(2008年4月25日・山形市)
080425usubasaisin_1
080425usubasaisin_2
2006年のきょうセッコク> 2005年のきょうコデマリ(八重)> 2004年のきょうオオムラサキ

|

« 5月9日(水) シナアブラギリ | トップページ | 番外編 : 日光写真 »

コメント

こんにちは。
渋い紫色ですね。
サイシンって、そういう意味だったのですか。
今年はスミレばかり撮っていました。
そこでよくスミレサイシンと出てきていたのですが、
深く調べる時間もなく、ずっと不思議に思っていたのです。
スミレの場合も、同じ意味なのでしょうか。
いえいえ、自分で調べなくてはいけませんね。

投稿: ブリ | 2007/05/10 10:07

ブリさんへ:
ああ、そう言えばワタシはスミレのサイシンさんに
まだお会いできていませんでした。
春は駆け足で去っていきそうなのに、
なんともトボトボ歩きの自分がもどかしいです。

投稿: はたざくら | 2007/05/10 11:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月9日(水) シナアブラギリ | トップページ | 番外編 : 日光写真 »