« 番外編 : シラユキゲシ | トップページ | 3月6日(火) ネモフィラ・インシグニス(メンジーシー) »

3月5日(月) ミツバツツジ

070305mitubatutuji_cこの冬は、ツツジやサツキの花がずっとチラリホラリし続けてくれたもので、せっかくの春の魁であるミツバツツジもその存在感が薄れた思いがします。
とは言うものの、一度すべての葉を落とした裸木が紫紅色の花であでやかに飾られるのは、常緑のツツジ類にはない喜びです。
名前の由来である葉は花より少し遅れるので、まだその芽も見えません。1カ所から3枚が輪生状に出る若葉もまた美しいので、待ち遠しい思いです。

2006年のきょうオウバイ> 2005年のきょうネコヤナギ

|

« 番外編 : シラユキゲシ | トップページ | 3月6日(火) ネモフィラ・インシグニス(メンジーシー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : シラユキゲシ | トップページ | 3月6日(火) ネモフィラ・インシグニス(メンジーシー) »