« 3月3日(土) ヒトツバ | トップページ | 番外編 : シラユキゲシ »

3月4日(日) ヒメカンアオイ

070304himekanaoi_bカンアオイ類というのは、その繁殖の特殊性から一地域一種類みたいにたくさんの変化型が見られます。そんななかで小型のものをこう呼ぶらしくて、この花のサイズは男の親指の先ほどでした。葉も小さめです。
以前載せているふつうのカンアオイと比べると、花の直径は半分ほどです。
花は小さくても、今回は斑入りの元気な葉を一緒に写し込めたのが収穫です。この葉はギフチョウの食草として有名ですが、待っていても蝶は現れてくれませんでした。

2006年のきょうタギョウショウ> 2005年のきょうスノードロップ

|

« 3月3日(土) ヒトツバ | トップページ | 番外編 : シラユキゲシ »

コメント

こんにちは。
この植物がとても種類が多いというのは
どこかで読んだことがあったのですが、
そんなに細かく分かれているのですか。
おそらくすこしどこかがちがう豊能種がありそうです。
葉っぱを目に焼き付けておかないと・・
お花は地面に近くってなかなか見つけられませんよね。
ああ、難題です。

投稿: ブリ | 2007/03/04 10:20

ブリさんへ:
ほんと、トヨノカンアオイ、期待してますよ!
たしかに、花は落ち葉に埋もれていることが多いし、
しかも色が色なので見つけにくいと思います。
幸運をお祈りしてま~す。

投稿: はたざくら | 2007/03/04 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月3日(土) ヒトツバ | トップページ | 番外編 : シラユキゲシ »