« 3月1日(木) アリアケスミレ | トップページ | 番外編 : ハタザクラ、日経に登場 »

3月2日(金) ラナンキュラス

070302ranunculus_b切り花として見かけることの多いラナンキュラスですが、露地で元気に咲いていました。花束にはしにくいほど茎が短いので、矮性種なのだと思います。
園芸的に改良された花というのはいろいろありますが、ラナンキュラスがここまでなるのにどれだけの時間がかかったことやら。
仲間の代表であるキンポウゲも一応は八重であるわけですが、その花弁の巻き具合(巻きの深さ)の違いは雲泥の差と言いいたくなります。さらに花色ときたら、そのバリエーションの多さに舌を巻くばかりです。

2006年のきょうヤマノイモ> 2005年のきょうギンヨウアカシア

|

« 3月1日(木) アリアケスミレ | トップページ | 番外編 : ハタザクラ、日経に登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月1日(木) アリアケスミレ | トップページ | 番外編 : ハタザクラ、日経に登場 »