« 3月11日(日) シラー・シベリカ・アルバ | トップページ | 3月13日(火) オガタマノキ »

3月12日(月) シロバナタンポポ

070312sirobanatanpopo_b前に一度取り上げたことのあるシロバナタンポポですが、再登場させました。発見が前よりひと月早まった驚きもありますが、本当のミソは写真の構図です。
今回は花の下の総苞が見えるように写しました。外側の総苞片がやや開いてはいるものの、完全には反転していないのがわかります。
この反り具合が蒲公英の出自の決め手になり、外来種が大きく反り返るのに比べて在来種はそれがありません。大柄・色白ではあっても、純日本美人の蒲公英です。

2006年のきょうサンシュユ> 2005年のきょうオランダミミナグサ

|

« 3月11日(日) シラー・シベリカ・アルバ | トップページ | 3月13日(火) オガタマノキ »

コメント

純日本美人、いい表現ですね。
「蒲公英」という言葉も初めて知りました。
4月13日のブログを見てちょっと理解できました。
ありがとうございました。

投稿: ゼンペイちゃん | 2007/03/12 22:21

ゼンペイちゃん様へ:
蒲公英とか公孫樹とか百日紅とか、クイズみたいな
名前(当て字)がありますよね。
頭がイタイのですが、覚えれば楽しいところはありますよね。

投稿: はたざくら | 2007/03/13 07:08

久しぶりにこのたんぽぽ見ました。
懐かしい花をありがとうございました。(^o^)

投稿: けい | 2007/03/13 23:34

けいさんへ:
九州にはこのシロバナが多いと言いますが、
懐かしんでいただいてよかったです。

投稿: はたざくら | 2007/03/14 07:16

白花というものの真ん中が黄色ですね。最近交雑したものが多いようで 純 なものはすくないのでしょうか。

投稿: 蛙太郎 | 2007/03/18 07:40

蛙太郎さんへ:
ご来訪、ありがとうございます。
なるほど、言われてみると黄色がかかっていますね。
図鑑の写真(や絵)でも中心部はやや黄色であり、
本来のシロバナタンポポが完全に真っ白なものかどうか、
今後も機会があれば確かめたいと思います。

投稿: はたざくら | 2007/03/19 07:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月11日(日) シラー・シベリカ・アルバ | トップページ | 3月13日(火) オガタマノキ »