« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2月28日(水) ブロッコリー(ミドリハナヤサイ)

070228broccoli_b当地・埼玉県はブロッコリー生産で国内1位だそうで、なるほど、あちこちでこの畑を見るのはそのせいでした。
であれば、このように花を咲かせてしまうのも収穫をサボっている訳では決してないはず。たぶんこれは種を採る株なのでしょう。
いかにもアブラナ科らしい黄色の十字花ですが、こうなっても食べられるものか未確認です。菜の花ならおひたしなど乙なものの、ブロッコリーは花つきがやや間抜けです。味よりも、問題はその見た目かもしれません。

<補注> 食味のこと、和名のことなどはこちらです。(2012年1月28日)

2006年のきょうヤブラン> 2005年のきょうシモバシラ

| | コメント (2)

2月27日(火) エリカ・クリスマスパレード

070227christmas_parade_bクリスマスのころに取り上げれば引き立ったのに、と後悔しても遅かりしです。たぶんそのころから咲いていたはずですが、出会いに恵まれませんでした。
正式な和名ではなく、流通名のようですが、イメージをとらえたいい名前だと思います。楽しい姿をさらに印象深くしてくれます。
花がもっと赤いものや、筒がもう少し短いものもあります。それらに加え、ファイヤーヒース蛇の目鈴蘭…。そんなエリカの庭を造れば、冬も明るく越せそうです。

2006年のきょうマンゲツロウバイ> 2005年のきょうジンチョウゲ

| | コメント (0)

2月26日(月) カワヅザクラ

070226kawaduzakura_b気持ちのいい晴天だったきのう、この桜は早くも若葉が出始めていて、花はもう散りかけていました。
早咲きで有名なこのカワヅザクラは、ほかの寒い時期の桜と違い、いかにもふつうの桜っぽいところが特徴に思えます。花びらは染井吉野よりひと回り大きく、その色もピンクが強く、姿はなかなか豪華です。
寒緋桜大島桜の自然交配種だそうで、濃い色で早く咲き長持ちするのは前者の、大振りの花が開いて咲くのは後者の、長所だけ受け継いだ得な桜です。

2006年のきょうクリスマスローズ> 2005年のきょうコハコベ

| | コメント (0)

番外編 : 元気印コスモス

070225cosmos_bきのうのオステオスペルマムも露地で冬を咲き続けた元気者ですが、このコスモスの前では顔色を失います。
さすがに藁で囲われてはいますが、単に咲いているだけではなく、その花の差し渡しが8㎝ほどもあって、じつに堂々としたものです。道ゆく人が立ち止まっては誉めそやす、町の人気者です。

| | コメント (3)

2月25日(日) オカメザサ

070225okamezasa_b酉の市でオカメ面にこの笹を添えるのが名前の由来と言いますが、そんな風習のないところもあるのでは…。
などと思ったら、やはり五枚笹とかメゴ笹とか豊後笹とか、ほかの呼び方がいろいろとありました。酉の市よりはこの笹の方の歴史が古いでしょうから、当然と言えば当然のことです。
五枚笹の意味が写真では曖昧ですが、節ごとに5枚(4~6枚) ずつ輪生ぎみに葉をつけます。五葉松なら有名ですが、五枚笹の名ももっと広まってほしいものです。

2006年のきょうフクジュソウ> 2005年のきょうアブラナ

| | コメント (0)

2月24日(土) オステオスペルマム

070224osteospermum_bこの冬をずっと咲き通した元気者です。題材に苦労する季節ですから、もっと早くに載せたかったのですが、どう調べても正体がわかりませんでした。
ひょんなことから、やっと「これだぁ!」 となったものの、新たな問題が…。マムは菊でしょうが、その前がまったく頭に沁みません。
こういうときは見るたびに名前をつぶやくのが一番です。幸いなことに、ここは毎日通る場所です。これから10日も続ければ、そのうち記憶が定着する…はずです。

2006年のきょうセツブンソウ> 2005年のきょうカワヅザクラ

| | コメント (2)

2月23日(金) スズランエリカ

070223suzuran_erica_b先日のエリカ・ファイヤーヒースには、まったくの個人的感覚で毒づいてしまいましたが、きょうはオジサンのエリカ像を具体化する一品を載せてみます。
西田佐知子が「♪え~りか~、えりかの花~が」と歌った(え、何十年前になる?)のはこんなエリカでは、と勝手に想像しております。
花は小さくて、ファイヤーヒースのようなインパクトには欠けますが、名前どおりの形と色がポイントでしょう。今さらながら、自然の造形美には恐れ入ってしまいます。

2006年のきょうカラタチ> 2005年のきょうクマザサ

| | コメント (3)

2月22日(木) クモマグサ

070222kumomagusa_b親指の先ほどの小さな花なのですが、刷毛ではいたようなピンクがじつに和のテイストで、山歩きの人々に愛されているようです。
しかし、別に山に出かけた訳ではなく、これはご近所の庭先です。園芸店経由のものなので、正確には西洋雲間草かもしれません。
クモマグサ、クモマソウと両方の呼び方を見ますが、和洋で使い分けるのかはっきりわかりません。なにやら雲が晴れない説明になりましたが、雲間にこの花を見つけた気分だけ味わっておくことにします。

2006年のきょうナガバジャノヒゲ> 2005年のきょうミヤマウグイスカグラ

| | コメント (0)

2月21日(水) ヒメイタビ

070221himeitabi_b無粋なブロック塀でも、這い回ったヒメイタビで覆われると風流な景色になります。しかし、立木に絡んだ場合はその宿主を弱らせるので刈られることが多いものです。なのでこのシーンは住宅地ではややレアものです。
緑色の小さな亀がたくさん這い回っているような葉は、カワイイとキモイの境界線、ビミョーというところです。
雌雄異株で、葉と同じくらいのサイズの実をつけるようなのですが、まだ見たことがありません。この辺でも開花・結実があるものなのか、継続観察対象です。

<追記> 記事に「実をつける」とか「開花・結実」とあるのは、クワ科イチジク属の隠頭花序(いんとうかじょ)という性質をまったく意識していなかった証拠です。赤面しますが、勉強不足の戒めとしてこのままにしておきます。(2009年1月30日)

2006年のきょうナギイカダ> 2005年のきょうクロッカス

| | コメント (0)

2月20日(火) エリカ・ファイヤーヒース

070220erica_fireheath_bこの色と形、寒い時期ですから否応なしに目立ちます。グッと迫ったら、形の面白さだけにとどまらず、その花びらには不気味な毛まで密生していました。
エリカというと純情可憐な乙女を連想してしまうオジサン回路の持ち主としては、こんなエリカなんて許せない!と憤慨しきりです。
さてもエリカは多様だなと感心しつつ、ファイヤーはいいとして、ヒースの意味は? 答えは「heath:英国の荒野に自生する潅木」、エリカは逞しい木なのでした。

2006年のきょうナニワズ> 2005年のきょうイチゴノキ

| | コメント (0)

2月19日(月) カキナ

070219kakina_b見慣れない葉の野菜に出会いました。畑の手入れをしていた人に尋ねたらカキ菜だということでした。脇芽を手でかいて収穫するからこう呼ぶそうです。
帰って調べたら、これっていわゆる「菜の花」の一種です。アブラナ科の仲間で、例の黄色い花をつけます。
スーパーに行ったら、こんなに葉が縮れていないものがカキ菜として売られていました。しかし、その商品名は「な花」、うーん、混乱させないでほしいです。味は…確かにいわゆる菜の花の感じです。

2006年のきょうマサキ> 2005年のきょうオウレン

| | コメント (2)

2月18日(日) カンヒザクラ

070218kanhizakura_b暖かければ早く咲き出す花が多いなかで、桜はきちんとした寒さにあたらないとうまく開花しないという話を耳にしました。今年の冬は到底きちんとしているとは思えないので、開花がどうなるのか、妙に不安な思いでいます。
そんな「変な冬」でも、寒緋桜が開き始めているのを見つけました。
これとは違う八重の寒緋桜の咲き出しを、おととしは3月3日に載せました。あれに対しこちらは一重だし、場所も違いますが、大雑把に言えばあの年よりも寒緋桜の開花が遅れてはいないようです。

2006年のきょうタネツケバナ> 2005年のきょうウメ

| | コメント (3)

2月17日(土) イノモトソウ

070217inomotosou_b苔むす岩の間で、冬の間もこのように青みを楽しませてくれるイノモトソウです。
ウチでは玄関脇の水道栓の横に生えていて、さすがに「井のもと」と感心します。また、特に水気がなくてもふつうの日陰地でも生息していて、シダ類のなかでは一番見かけやすい種類のように思えます。
去年は山道で出会ったオオバイノモトソウを取り上げましたが、あれよりはずっと繊細なつくりです。主軸にヒレがあるので、小葉がすべてつながったように見えます。

2006年のきょうウメ(白梅)> 2005年のきょうナズナ

| | コメント (0)

2月16日(金) サルココッカ・コンフサ

070216sarcococca_b冗談でしょう、みたいな名前ですが本当です。皆目正体がわからなかったので鑑定サイトに投稿したところ、1時間もしないでこの名前が判明しました。
蜜柑と林檎を混ぜたような、強い香りがする花です。どこかで見た形だと思ったら、同じツゲ科のフッキソウとよく似た構造です。
二本のツノを持った実(長さ1㎝ほど)も存在感のある色です。中には黒い種が一個、透明なゼリーに包まれています。少しだけ舐めてみましたが、ほぼ無味無臭でした。

<補足> このサルココッカはフッキソウと同じように雄花の下部に雌花がついた雌雄異花同株でした。しかし、5年後に別の場所で出会ったサルココッカは、数株あったものがすべて雌雄異株でした。二つは別の品種なのか、それともサルココッカ・コンフサの雌雄性はランダムなものなか、継続調査課題とします。(2014年3月19日)

<継続調査の結果> 上の<補足>に書いた問題をあらためて確認したところ、2012年の撮影をした同じ場所の数本のすべてが雌雄同株の雌雄異花であることを確認できました。サルココッカが雌雄異株ではないかとした見解は取り下げです。(2015年3月26日)

2006年のきょうワルナスビ> 2005年のきょうヒメオドリコソウ

| | コメント (0)

2月15日(木) オニヤブソテツ

070215oniyabusotetu_b先日載せたヤブソテツの兄貴分にあたりそうな名前です。頭に鬼がついた分、全体がゴワッとして大振りです。
小葉も大きく、長さが10㎝はあります。葉裏に満遍なくある胞子嚢が表面を凹凸にしていて、存在をアピールしています(左手前の葉)。
ヤブソテツのときは、これらを蘇鉄と呼ぶ訳が飲み込めませんでしたが、今度見つけたこれで納得しました。岩組に育つときは数本が垂れ下がるだけでも、平地で株立ちすれば、確かに蘇鉄ってこんな感じかも、です。

2006年のきょうオオイヌノフグリ> 2005年のきょうマンサク

| | コメント (0)

2月14日(水) ナギイカダ

070214nagiikada_bおとといのアリドオシに続いて、ナギイカダの実の撮影にも再挑戦してみました。
アリドオシの棘もなかなかの痛さですが、ナギイカダも不用意に触るとひどい目にあうこと間違いなしです。特に被虐趣味があるわけではないのに、なぜかチクチクものばかりが去年よりきれいな姿で目の前に現れてくれます。
葉(に見えても、じつは枝)の真んなかに、実とは違う小さな緑の塊も見えますが、これは花の蕾です。今月の末か来月初めには咲くはずです。次の狙いは、花と実のツーショットに定めました。

2006年のきょうアテツマンサク> 2005年のきょうヘンヨウボク(クロトンノキ)

| | コメント (3)

2月13日(火) アブラナ

070213nanohana_bミニ菜の花という新種です…というのはウソで、こぼれ種から開いた花です。
正月明けまでここは菜の花畑で、いつまでも黄色い花が賑やかでしたが、いつの間にか刈られていました。次の作物の種を蒔いてあるのかもしれませんが、それが芽吹くまでの隙をついて菜の花が復活です。
1円玉は直径が2㎝なので、苗の小ささがわかります。誰かがイタズラで穂先だけ挿したのかと思いましたが、畝のあちらこちらにこの黄色が輝いていました。

<補注> 12月から咲いているのはハナナという栽培種であることがわかりました。(2016年1月3日)

2006年のきょうネコヤナギ> 2005年のきょうユキヤナギ

| | コメント (0)

2月12日(月) アリドオシ

070212aridoosi_bアリドオシの名誉回復画像です。去年の同じ時期にこれを載せたのですが、そのときの実といったら、どうにも哀れなものでした。
しかし、今回見つけたこの姿はどうでしょう。4本のツノが残って、ツヤツヤ輝いて、去年とはまるで別物のかわいらしさでした。
こうなると花をまだ見ていないことが気になります。アカネ科の仲間であるハクチョウゲの花を長くのばしたラッパ型のようですが、4月か5月に咲くそうです。うまく出会えるといいのですが。

<補注> アリドオシの花はこちらです。(2013年4月29日)

2006年のきょうミドリハコベ> 2005年のきょうミツマタ

| | コメント (5)

2月11日(日) オキザリス・華恋(かれん)

070211oxkaren_b番外編にしておこうかと迷いました。こんな名前(詳細後述)で取り上げていいのやら、どうも不安です。
狭い散歩範囲のなかで、同じ日に2カ所で見つけたので、出回ってはいるようです。最初の場所で見たとき、葉がかわいいので面白いなと思ったのです。そして次の出会いでは株の横にこの名前の札が刺さっていて、幸運を喜んだものでした。
しかし、帰宅後にネット検索しても学名や標準和名が出てきません。なんと、某ホームセンター限定の品種だと言います。のんびり楽しむべき草木も、激烈な商魂にさらされる時代です。そんな、扱い方がむずかしい品種ですが、花の少ない時期ということで、「とりあえず」の掲載です。

2006年のきょうシナマンサク> 2005年のきょうヤブツバキ

| | コメント (0)

2月10日(土) ナワシログミ

070210nawasirogumi_bグミ特有の、裏が銀色の葉が冬の陽射しにきらめいていました。しかし、それよりも目をひくのは綿棒の先ほどの小さな実です。
前の秋に開いた花の残骸が実の先に下がっていますが、ここまでは4カ月の道のりでした。ナツグミやアキグミが開花の翌々月に熟すのとは大きな違いです。
完熟までには、まだ2カ月以上の日々が必要です。子供のころは、そんなナワシログミの苦労も知らずにパクついていましたが、これからは心していただきます。

2006年のきょうウメ(紅梅)> 2005年のきょうジャノメエリカ

| | コメント (2)

2月9日(金) ハラン

070209haran_b年中青々とした大きな葉がきれい、ということは、これを元旦に載せればよかったなァとものすごく後悔です。タイトルはもちろん「波乱の幕開け」、ア、せっかく春の陽気なのに、寒さが…。
しかし、どうしてただただ葉だけのこれが蘭なのでしょう。いくらなんでも葉蘭とは、開き直りもいいところです。
と思って調べたら、なんと葉蘭にも花はありました。4月ごろ、株元に隠れるように不思議な花が咲くようです。どう不思議なのか、そのころ激写したいものです。

<補注> 花は2年後の春に写せました。(2009年4月21日

2006年のきょうロウヤガキ> 2005年のきょうコエビソウ

| | コメント (2)

2月8日(木) キャラボク

070208kyaraboku_b伽羅(きゃら)と聞いて思い出すのは信長が切り取った蘭奢侍のことです。あの香木の正体は未解明のようですが、キャラボクに会うたびに駄々っ子のような信長の顔を想像してしまいます。
このキャラボクは、材の香りが良いことから名づけられたと言いますが、伽羅香と同一ではなさそうです。
仲間であるイチイと見分けにくいという記述も見かけますが、キャラボクの葉は輪生状になっていて少し違います。実はイチイと似ているらしいので、夏が楽しみです。

<補注> 実は秋に写して味わうことができました。(2007年11月4日

2006年のきょうナツミカン> 2005年のきょうオオイヌノフグリ

| | コメント (0)

2月7日(水) ヤブソテツ

070207yabusotetu_bおとといのハカタシダに続いての羊歯類なのですが、こちらの名前はヤブソテツ…みんな○○シダと呼ぶ訳ではないからややこしいものです。
で、これがなぜ蘇鉄と呼ばれるのか不思議でしたが、なんと蘇鉄の小さいときがこんな感じなのだそうです。さあて、蘇鉄の若苗など見ることができますやら。
という新たな課題に取り組む前にヤブソテツの種類を勉強しなくてはなりません。一口にヤブソテツと言ってもいろいろあって、きょうのところは大雑把なタイトルです。

<補注> 課題であった「蘇鉄の若苗」を見ることができました。言われてみれば、似て見えなくもありません。(2012年6月29日)

2006年のきょうボケ> 2005年のきょうフクジュソウ

| | コメント (0)

2月6日(火) ウメ(ヤバイ・野梅)

070206yabai_bきのうの満月臘梅と同じく、府中市郷土の森での一枚です。ここには大きな梅園があり、いろいろな種類を見ることができます。なかで一番勉強になったのがこれ、野梅と書いてヤバイ、駄洒落は言いません。
中国から渡来した原種に近い種類のようで、その姿はどことなく素朴です。
花つきがややまばらで、枝が細く、改良を重ねられた園芸品種に比べると見かけは散漫と言っていいほどです。コッテリ系が幅をきかす梅園のなかで、この孤高の趣に惹かれてしまいました。

2006年のきょうアリドオシ(実つき)> 2005年のきょうサンシュユ

| | コメント (3)

2月5日(月) マンゲツロウバイ

070205mangeturoubai_b去年は「見分けはもうあきらめた」と思ったくせに、性懲りもなく満月臘梅です。かなりの数の臘梅が植えられている府中市郷土の森で再学習です。
一本一本に名札がついているので、名前当ての練習をすることができます。去年の長瀞・宝登山とは違い、ここのものはいくらかわかりやすい気がします。
花びらの先が丸々していて、全体が内側にカールするという特性がなんとなく理解できました。もっとも、園の外に一歩出たら、自信は雲散霧消しましたが…。

2006年のきょうアリドオシ> 2005年のきょうギンモクセイ

| | コメント (0)

2月4日(日) ハカタシダ

070204hakatasida_b羊歯だけで世界に9,000種はあるのだそうで、まだ腰が引けた状態ですが、とりあえずこのブログに「シダ」と名のつく植物の初登場です。まずは見分けやすいところから、ハカタシダが登場第1号です。
鮮やかな黄緑の模様が博多帯(博多織)を思わせるのが名前の由来で、識別に迷うことがなくて助かります。
そんなきれいな葉を裏返すと、やや気色悪い胞子嚢がびっしりです。花も種もつけない羊歯類の生殖機構ですが、このしくみについては今後の学習課題です。

2006年のきょうコウヤボウキ> 2005年のきょうオウバイ

| | コメント (2)

2月3日(土) モンステラ(ホウライショウ)

070203monstera_c_2葉ばかり続いていかにも冬ごもりですが、逆に考えれば花が賑やかな時期には出番のない観葉植物にとって今こそが我が世の春、前向き発想で参ります。
お洒落なカフェに似合いそうなモンステラは20世紀中葉に大ブームがあったそうですが、今でもその姿は新鮮さを失っていません。
サトイモの仲間なので、あの独特の苞を持つ花をつけると言いますが、それを咲かすにはかなり高温多湿の環境がいるようです。実も食べられるそうですが、まずは花にひと目会いたいものです。

<補注> ようやく花の「残骸」を撮影できたのは。この記事から4年後でした。

2006年のきょうソヨゴ> 2005年のきょうウメ

| | コメント (3)

2月2日(金) イトラン

070202itoran_bおととい、「山間(やまあい)のヤマアイ」なんてくだらない駄洒落で遊んでいなければ、ノシランからラン・ラン・ランと続いたのに、えーい、惜しいことをしました。
花のない時期は親父ギャグ路線への変更が危ぶまれるこのブログですが、きょうも葉だけです、はぁ? …が、このインパクトはなかなかのものだと思うのです。
葉のふちの繊維がほつれてこのようになりますが、素性はきのうの金鳳蘭と同じくユッカの仲間です。やはり夏に花が咲くので、そのころまた載せようと思います。

2006年のきょうムラサキシキブ> 2005年のきょうデイジー

| | コメント (3)

2月1日(木) キンポウラン

070201kinpouran_bおとといのノシランも蘭、このキンポウランも蘭、背丈にして10倍以上も違います。葉の作りもまるで違っていて、改めて「蘭ってなに」と考えてしまいます。
ユッカの仲間で、ボテッとした例の白い花をつけるらしいのですが、花のない今は金の鳳という名をもらった葉を愛でることにします。
調べてみたら、三重県多気町では江戸時代に植えられたこの木が町の重要文化財であることを知りました。草木のおかげで、未知の場所が身近になりました。

2006年のきょうホウレンソウ> 2005年のきょうアセビ

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »