« 2月18日(日) カンヒザクラ | トップページ | 2月20日(火) エリカ・ファイヤーヒース »

2月19日(月) カキナ

070219kakina_b見慣れない葉の野菜に出会いました。畑の手入れをしていた人に尋ねたらカキ菜だということでした。脇芽を手でかいて収穫するからこう呼ぶそうです。
帰って調べたら、これっていわゆる「菜の花」の一種です。アブラナ科の仲間で、例の黄色い花をつけます。
スーパーに行ったら、こんなに葉が縮れていないものがカキ菜として売られていました。しかし、その商品名は「な花」、うーん、混乱させないでほしいです。味は…確かにいわゆる菜の花の感じです。

2006年のきょうマサキ> 2005年のきょうオウレン

|

« 2月18日(日) カンヒザクラ | トップページ | 2月20日(火) エリカ・ファイヤーヒース »

コメント

おはようございます。
パッと見、ぶっといパセリかと思いましたよ。
かき菜。。。はじめて聞きました。
背丈が高くならないのなら場所をとらなくていいですね。
しかもかき菜ってくらいだから次々収穫できそうですし。
最近出来た品種なのでしょうか?
菜の花好きなので興味津々です♪

投稿: ちょびママ | 2007/02/19 08:32

ちょびママさんへ:
なるほど、パセリ。ワタシは上から眺めた(写真は低い位置から)ので、
最初はレタス(ちしゃ)かと思いました。
スーパーにあったカキ菜は、この縮緬のないタイプでした。
お近くで見つかるといいですね。

投稿: はたざくら | 2007/02/20 06:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月18日(日) カンヒザクラ | トップページ | 2月20日(火) エリカ・ファイヤーヒース »