« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

1月31日(水) ヤマアイ

070131yamaai_b山間(やまあい)に咲くヤマアイです…というのがまんざら駄洒落でもなく、半日陰のやや湿った場所に絨毯のように密生します。
藍(あい)というから少しは青い色が出るかと葉をこすってみましたが、生ではまったくその気配はありませんでした。万葉の染めにこれを使ったと言いますが、昔の人の技術には恐れ入ります。
その葉ですが、ツヤツヤと光る表面に棘のようにツンツンした毛があり(写真をクリックすると確認可)特徴的です。そして、目立つ葉に比べればごく地味な姿の花(雄花)ですが、ささやかに咲き出していました。

2006年のきょうヤダケ> 2005年のきょうシナマンサク

| | コメント (2)

1月30日(火) ノシラン

070130nosiran_b葉のなかに埋もれていた種を引っ張り出して撮影したので、ややズル写真です。ずっしり重いその手ごたえがあり、まるで本当の瑠璃を見つけたように幸せでした。
夏の花は、失礼ながらスルメの足みたいで情緒皆無なのですが、冬にここまで大化けするのだから立派です。
同じユリ科で青や黒の種をつけるものにはジャノヒゲヤブランがありますが、それらは種の数が少なめ(まばらにつく)で、形がもっと単純にまん丸です。宝石っぽい形とボリュームを競うなら、このノシランに軍配が上がります。

2006年のきょうマンサク> 2005年のきょうホトケノザ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月29日(月) シキミ

070129sikimi_b春が早い・早いと騒ぎ立てるつもりはないのですが、3月に見るべき花をこの時期に見てしまうと、やはりここに載せてみたくなります。
もっとも、まだチラホラの咲き出し段階です。しかし、ほかの蕾のふくらみ具合からすれば、あと半月もすれば満開になりそうです。
本名のシキミは「悪しき実」が語源のようですが、別名のコウノキやマッコウギはこの木が持つ香りに由来しています。実は毒でも葉や樹皮は有用だなんて、誰でもみんな、何かしら取り柄があるものです。

2006年のきょうニシキギ> 2005年のきょうハナカンザシ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

番外編 : さくらんぼ

070128sakuranbo_b夏の写真を引っ張り出したわけではなく、作り物でもありません。山形・さくらんぼ東根駅での一枚です。
周年栽培実験とかで、ガラスの部屋のなかで育てられていました。お味見したくても、手は出せません。それでなくてもお高いサクランボなのに、これはいったい一粒いくらにつくことになるのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月28日(日) ガガイモ

070128gagaimo_b10㎝ほどの舟形の鞘を割ると、なかは銀白色の極細繊維であふれていました。そこへ風が吹くと、その極細繊維たちは1本1本が意思を持ったかのように自由にしない、きらめく羽となります。
さあガガイモよ、飛び立って新しい自由の地を得るのだよ…などと気障に歌い上げたくなってくるのでした。
ガガイモはもうここに5回目の登場です。初めて見つけた、雨中の救出作戦、幸運な青い実、そして都会に咲く、どれも思い出深く今回の飛翔につながります。

2006年のきょうダイオウショウ> 2005年のきょうカンザキアヤメ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1月27日(土) パンジー

070127pansy_b2きのうのビオラから見れば、その花の巨大さが一目瞭然です。一輪の差し渡しがゆうに10㎝を超えていました。
パンジーとビオラを比べてみれば、より園芸的に手を加えられたものがパンジーのようです。それだけに丈夫さではビオラに負けるし、この花も大きすぎて、自重ですぐにだらしなく見えてしまう不都合があります。
パンジーの名はパンセ(考える人)に由来するといいますが、その渋面に見えるべき花の筋模様もこれではただのしくじりパンダ…何ごともほどほどがいいようです。

2006年のきょうヒノキ> 2005年のきょうオキザリス・バーシカラー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

1月26日(金) ビオラ

070126viola_bビオラの名前は、あのバイオリンより少し大きな弦楽器に由来していると思うのですが、花のビオラはパンジーよりは小さめです。
小さなクセに大きなものの名前…と、わざと混乱するようなことを言っては顰蹙で、弦楽器ではセロやベースに比べたら小型です。パンジーはセロなのでしょうか。
気になるのはビオラとパンジーの区分です。細かいことを言えばキリがなさくても、単純には花が4cm以下をビオラとするようです。散歩に物指が必携になりました。

2006年のきょうチンゲンサイ> 2005年のきょうジャノヒゲ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

1月25日(木) タツナミソウ

070125tatunamisou_b散歩のたびにビックリしていては心臓に良くないと思いますが、これにもマンサクと同じくらい驚かされました。
招き猫の手のような花が愉快なタツナミソウです。絵心のある昔の人は、北斎が描く波頭を思い重ねてネーミングをしたようです。時期的に早すぎる登場なので、残念ながら波はまだ少し低めです。
じつは、葉が小さくて背丈の低いコバノタツナミというのもあり、これはそちらの可能性もあります。波も高まり葉も繁くなったら、もう一度調べてみたいと思います。

2006年のきょうウツギ> 2005年のきょうフユザクラ

| | コメント (3)

1月24日(水) ヒマラヤユキノシタ

070124himaraya_bヒマラヤという名にふさわしく、こうして寒い内から派手な花を咲かせます。本来の花期は春ですが、暮れにもチラホラしていた花がいよいよ本格的に開き出しました。
花もきれいですが、団扇のような丸くて厚い葉も特徴的で、夏には庭先に涼しさを演出することもできます。
寒冷地の原産のわりには、日本の夏にも負けない丈夫さがあります。茎の付け根は憎々しいほどに頑丈なつくりで、これが適応力の高さの裏づけに思えます。

2006年のきょうトキリマメ> 2005年のきょうヘクソカズラ

| | コメント (2)

1月23日(火) マンサク

070123mansaku_b去年は1月30日の記事で「おっとビックリ」と言ってしまったので、それより1週間早い今年はゲッ!!と驚くことにいたしましょう。
暖冬だった一昨年が2月15日の開花でしたが、去年は寒かったのに半月早くなり、さらに今年は記録更新です。春の訪れがうれしくもあり、妙に不安でもあり…。
近くにあるサンシュユの木と開花の早さを競っているかのようで、05年はサンシュユの勝ちでしたが、06年は逆転、そして今年も「まず咲く」の名誉は守ることができました。

2006年のきょうモミジバフウ> 2005年のきょうハボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月22日(月) シュロチク

070122syurotikuきのうは長年一緒に暮らしているゴムノキを紹介しましたが、そうするとこのシュロチクも取り上げないとムクレられてしまいます。ウチに来たのはどちらが早かったか定かでないほどの古株さんです。
これを育て始めたころは、棕櫚と棕櫚「竹」の違いも知らなかったのだから、ずいぶんいい加減な主人でした。
ときどき葉先が茶色になるときがあったのですが、それは根が詰まったサインでした。人間も足裏にすべてのツボがあるようで、植物も一緒だなと思ったものです。

2006年のきょうサンシュユ> 2005年のきょうイヌビワ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

1月21日(日) インドゴムノキ

070121gom_bガラス越しの陽を浴びながら床に横になったら、うたた寝をしてしまいました。目を覚ましたら、いつものゴムノキを下から見上げる形になり、その美しさに感動です。
30年以上もウチにいるゴムノキなのですが、のびては切られる割には拗ねもせずに元気に育っています。
ふつうはただゴムノキと言いますが、ほかにもそう呼ぶ種類があるので、ここは正式にインドゴムノキとしておきます。デコラゴムノキという名も一般的に使われます。

2006年のきょうガマズミ> 2005年のきょうコウヤボウキ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

1月20日(土) バコパコピア・ガリバーライラック

070120bacopa_bバコパはバコパなのですが、花がゆったりとふくよかな感じです。その直径が2㎝以上と、ふつうのバコパよりふた回りほど大型です。
そこで、バコパのあとに続くのがコピアです。これは豊潤の女神の名前だそうですが、英語でもcopiousは「豊かな」という意味になります。
そして、四つの単語を組み合わせた名前の最後=ライラックはそのまま花色を示すのでいいのですが、問題はその手前のガリバーです。意味がコピアとカブっていると思うのですが、バコパコピアのなかのガリバーライラックと理解しておきます。

2006年のきょうカンツバキ> 2005年のきょうチョウセンレンギョウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月19日(金) チョウセンマキ

070119tyousenmaki_bマキ(槙)と呼ばれる種類のなかでは、例のお印によってコウヤマキが一気に有名になってしまいました。
それに比べると、ドラマはあれだけ韓流ブームなのにかかわらず、こちらの槙はまったく注目を浴びません。たしかに、スックと天を突く高野槙に比べると背丈がなくて、韓流スターのようにはいきません。
どうも変だと思ったら、槙といってもじつはイヌガヤの仲間、朝鮮といってもじつは日本で作られた、という腰砕けでした。葉色は渋く落ち着いて素敵なんですが…。

2006年のきょうスイセン> 2005年のきょうオケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月18日(木) カクテル(つるバラ)

070118turubara_b花に恵まれないこの季節ならばこそ、ふだんは避けがちなバラを登場させます。
バラはだいたい枝がぐんぐんのびると思うのですが、それが3m以上になるものをつるバラと称するようです。この写真でも、花の後ろに元気そうな枝が見えます。
つるバラは一季咲きのものが多いそうですが、今の時期にも咲いているこれは四季咲きタイプなのでしょう。一重の薄い花びらがピンクのぼかしになって可憐です。

<後日注> 掲載時は詳しい種類がわかりませんでしたが、夏の花盛りを確認したら「カクテル」でした。そこで、単純に「つるバラ」としていたタイトルを「カクテル(つるバラ)」に修正しました。(2007年7月1日)

2006年のきょうホトケノザ> 2005年のきょうキソケイ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

1月17日(水) フクジュソウ

070117hukujusou_bきのうに続いて、早過ぎる春の兆しのレポートです。木立の下になにやら黄色いものがチラリと見えて、思わずうずくまって確認です。
一昨年は春が早かったのですが、それでも福寿草の開きかけをここに載せたのは2月7日でした。もしこの写真の蕾がこのまま開けば、大幅な記録更新です。
もはや日本は亜熱帯だという説もあって、たしかに厚手のコートが邪魔なことが増えました。冬物の売れ行きが悪いと、景気の蕾はまた縮んでしまいそうです。

2006年のきょうフユシラズ> 2005年のきょうカラタチ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

1月16日(火) ユキワリソウ

070116yukiwarisou今年最初のスプリングエフェメラルを見つけました。たぶんミスミソウとかスハマソウの種類だと思うのですが、それを見分けるための葉がまだなので、この手の花の総称である「雪割草」をタイトルとしておきます。
周辺を見渡してもこの二輪だけしか出ていなくて、これが正常な咲き始めなのか異常な早さなのか、少し迷います。
これまでこの手の花は早くても2月後半ごろから見かけたように思います。梅の開花は早い年より半月も遅れたのに、どういう具合なのか首を傾げます。

2006年のきょうウメ> 2005年のきょうスズカケノキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編 : 晴れ、ときどきダイコン

070115daikon_bいくら怪しくても、飛行船が空に浮かんでいたのは、大根が空に漂っているよりはまだかなりマトモなことだったのだと思い返すきょうの空模様です。
大晦日にすごい地震雲を見てから、つい空が気になります。大根を見つけて笑っているくらいで済むように祈りたいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

1月15日(月) ホウキイヌツゲ

070115houkiinutuge_b1上へ上へと、ひたすらに上昇志向の強い枝張りをするホウキイヌツゲです。手入れをしなくても株が自然に柱状にまとまります。
この特性を利用して、これを門柱に見立てたら面白いと思うのですが、生憎そんな立派なスペースがありません。「犬」ですから狛犬代わりにもなるのですが…。
070115houkiinutuge_b2本来のツゲ(ホンツゲ)はツゲ科なのに、イヌツゲの仲間はモチノキ科です。ホンツゲは葉に鋸歯がなく対生なのに比べ、イヌツゲ類には鋸歯があり、互生です。ツゲとは名ばかりの別物と考えておくことにします。

2006年のきょうブラキカム・マウブディライト> 2005年のきょうカリフラワー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月14日(日) チチコグサモドキ

070114titikogusamodoki_bチチコグサを見つけるのに難儀していて、ごくフツーの父子草に出会うことがなかなかできません。これは!?と思っても、どこか違うのです。
たかが父子草と言ったら申し訳なくても、その名がつくものは意外に多く、種類を断じきれないままボツになる写真も少なくありません。
比較的わかりやすかったのはウラジロチチコグサで、今回の「モドキ」もその次くらいに見分けやすい種類でしょうか。全体が毛深く、茎があまり分岐せず、花(蕾)が葉腋に団塊状につきます。

<補注> ふつうのチチコグサはこちらです。(2010年7月19日)

2006年のきょうツルウメモドキ> 2005年のきょうカンツバキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月13日(土) ツルウメモドキ

070113turuumemodoki_bきのうに続いて、「なんの花?」シリーズのつもりで写してみましたが、さすがにこれはちょっと無理っぽい感じです。
しかし、遠くから見たときはお陽さまに反射して本当に花びらのように見えました。ほんの3秒ほどの「新発見」のうれしさでしたが…。
実が割れてきれいなところまでは追跡していましたが、そのオレンジ色の種が消えてしまった姿は初めての観察です。近くの地面を見ても種は見当たらないので、鳥さんが啄むのかもしれません。今度はお食事シーンを撮りたいものです。

2006年のきょうクヌギ> 2005年のきょう房咲き水仙・ペーパーホワイト

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1月12日(金) ドイツトウヒ

070112doitutouhi_b垣根をそのままX’masツリーに使うお宅があって、年が明けたのに、今年はまだ飾付けが…と思ったら違いました。おや、花かな…と思ったらまた違いました。
これは冬芽を包んでいた皮が剥けてきている状態で、ここから枝が展開し、春には本当の花をつけるようです。
本場の欧州ではこの木をNorway spruceというそうですが、日本ではなぜかドイツトウヒと呼び、樅ノ木よりも手軽にツリーに使います。トウヒは唐檜なので、中国(唐)まで登場する国際派の名前です。

2006年のきょうセンダン> 2005年のきょうロウヤガキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月11日(木) ゼニゴケ

070111zenigoke_b1ワサワサと蟹が島中を蹂躙するのはどこの国の話だったか忘れましたが、志木にはクラゲが上陸したのかと…。
6日には苔類への第一歩としてスギゴケを載せましたが、このゼニゴケもたぶん小学校あたりで名前を教わったクチかと思います。ただ、そのときにこんなかわいい姿に感動した記憶がないのは残念です。
070111zenigoke_b2ヤブレガサにも似た傘は雌株で、雄株はただベロンとのびた大の字型です。しかし、「銭」苔の名前はその雄株にある蛸の吸盤みたいなものに由来したそうで、男の面子は一応立っているのでした。

2006年のきょうイブキ(ビャクシン)> 2005年のきょうカンザクラ

| | コメント (4)

番外編 : 赤いスイートピー

070110正直に言うと、続々開発される園芸品種は覚える苦労が増えるばかりで煩わしいと思わないでもありませんでした。
だがしかし、この人・中川猛さん、松田聖子の歌にインスパイアされて赤いスイートピーにトライすること「19年」でこの笑顔です。一人でここまで漕ぎ着けた55歳に大拍手を送りましょう。<写真は1月9日付・日経夕刊から>

<補注> 新聞を読んだとき、スイートピーに赤色の花はなかったものと思いました。ところが、4カ月後に近所で「赤いスイートピー」を見つけ、調べたらもとから赤花種は存在していました。たぶん赤色の深さとか花つきが在来種とは違うということなのでしょう。

| | コメント (2)

1月10日(水) ゴシキトウガラシ

070110gosikitougarasi_b赤・紫・オレンジ・クリームと四色までは勘定できるとして、名前どおり五色とするには、淡いクリームを白とするか、濃い紫を黒とするか、ビミョーです。
分類的には食用の唐辛子と区別しないようでも、流通名としてこの「ゴシキトウガラシ」は定着しているらしいので採用することにします。
という細かいことは別にして、冬の花壇にはじつにありがたい賑やかさです。夏には白い花を見たのですが、残念ながらピリッとした写真にならず、再挑戦が必要です。

<補注> このゴシキトウガラシをはじめ、「観賞用トウガラシ」とされる一群があり、実が黒いものとか紫のものも見かけます。

2006年のきょうハナツメクサ> 2005年のきょうダイコン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月9日(火) ネメシア

070109nemesia_bこの薄紫の花、暮れのうちに撮影したものの、その正体がわからずにいました。それが、滞っていた「増補版」の整理をこの正月休みにしていたところ、思わぬ余禄でこれがネメシアであることが判明しました。
念のため撮影場所にもう一度出向いたら、ややさびしくはなっていたものの、きのうもまだちゃんと咲いていました。
去年の5月には自分でオレンジと白の2種類のネメシアを育てたというのに、同じネメシアとわからなかったのは情けないことです。冬を越しそうなこちらの元気者は、ネメシア・メロウという品種でした。

2006年のきょうタマサンゴ> 2005年のきょうロウバイ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

番外編 : お空に停泊中

070108hikousen_bずっと見ていたワタシも暇ですが、乗っている人たちには到底及びません。日がな一日、空の同じところにズーッと浮かんでいました。
たぶん旧・大宮市の上空だと思うのですが、誰が何のため…? 食べ物は持ち込むとしてトイレは…? 高所恐怖症の人はどうするの…? ああ、心配です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

1月8日(月) マーガレット

070108marguerite_bきょうのテーマは「勇気を持って」…。これ、マーガレットとしましたが、今ひとつ自信が持てないのです。
茎は茶色く硬くなっていて、マーガレットコスモスかとも考えましたが、マーガレットは別名を木春菊というくらいで、木質化は不思議ではないようです。
花色のピンクもマーガレットコスモスには見当たらない反面、マーガレットではふつうです。しかも今の時期に咲いているとなると、たぶんマーガレットだと思うのですが、あくまで「たぶん」です。

2006年のきょうヒメリンゴ> 2005年のきょうマサキ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

番外編 : オレンジ色に緑とくれば

070107objnjn_b朝霞の人参畑のことを書いたら、これを思い出しました。北朝霞駅北口のロータリーにぐっさりと突き刺さる4本の怪オブジェです。
できてしばらくは、ただの工事中鉄骨にしか見えず…。特に説明板もないので、朝霞と人参の昔日の関係を知らない人には、たぶん今も意味不明かと心配です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1月7日(日) ニンジン

070107ninjin_b七草の日なので、きょうはニンジンです(ん、七草と人参は無関係?)。
こんなもの、と笑われるかもしれませんが、人参が人参らしい赤い肩を見せたポーズって意外にないのです。大根ならすぐに地表に出るのに、人参は陽が当たって緑になるといかにも不味そうだからでしょう。
志木の南隣の朝霞市は昔の陸軍駐屯地だったところで、そのせいでこの辺はお馬さん用の人参栽培が盛んでした。広大な人参畑がたくさんあったのですが、今どきはそのほとんどが瀟洒な住宅街になってしまいました。

2006年のきょうザボン> 2005年のきょうフユシラズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月6日(土) スギゴケ

070106sugigoke_b冬場にはどんな緑にも反応してしまって、いよいよ苔類も登場です。でも、これはかなりの入門編…、と思ったら、本当はスギゴケにもいくつか種類があるようです。とんでもなく深い世界の入り口で、きょうのところは及び腰でスルーです。
名残りのモミジが彩りを添えてくれて、京都のお寺でも散歩している気分です。
そう言えばこのブログを始める少し前、粟津温泉の近くにある苔ばかりの植物園(苔の園:2009年閉鎖)に行ったことがありました。メモもせず漠然と眺めていた過去の自分が悔やまれます。

2006年のきょうノイバラ> 2005年のきょうヒヨドリジョウゴ

| | コメント (2)

1月5日(金) オキザリス・セルヌア

070105oxalis_cernua_bこのオキザリスの特徴は、ピヨーンとのびた花柄です。30㎝ほどの長さがあります。名前にあるセルヌア(cernua)は「うなだれる」という意味の学名で、この写真の株がくたびれているわけではありません。
このオキザリス以外にも、花が俯いたり柄が湾曲した植物にはこの名が便利に使われていて、記憶必須用語です。
しかし、うなだれた特徴だけではこの花がかわいそうなので、鮮やかな黄色もほめてあげましょう。一つが3cmほどの大柄な花がこのように固まって咲いて豪華です。

2006年のきょうナンキンハゼ> 2005年のきょうノイバラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

番外編 : 07年最初の感動!

07010498765_bはたから見てほぼ意味を成さないことでも、徹底していればそれは感動を呼ぶのだということを知りました。左端の1台のナンバープレート、・・・写真を拡大したら9番なのが見えるはずです。
その右隣は8番、次が7番、6番、5番の次の4番は欠けて3番…、社長さんにお会いしてみたくなりました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

1月4日(木) ユーカリノキ

070104eucalyptus_b15m以上もありそうな大きな木です。皮が剥けて露出した白い木肌が冬の陽に輝いてきれいです。
これがコアラで有名なユーカリノキですが、ユーカリはものすごく種類が多いので、これがコアラさん御用達のそれかどうかは保証の限りではありません。
面白いのはこれがフトモモ科に属するということで、きのうのギョリュウバイとは仲間同士になります。この科にはフェイジョアという変り種もあるし、もしかして変なものだけ集めたのかと思うほど奇妙な集団です。

2006年のきょうソシンロウバイ> 2005年のきょうオタフクナンテン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月3日(水) ギョリュウバイ

070103gyoryuubai_b遠目には梅でもほころんだのだろうかと思うような色合いに引き寄せられました。なにやらクチャッとした八重の花は1cm弱で、芯の黒さに愛嬌があります。
この花が一重でピンクのものを2年前に掲載してあります。あとは白い花もあるそうで、赤・白・ロゼ、3本を並べたらおいしそう(?)です。
英名をティーツリーというのは、この葉をお茶に使った名残りでしょうが、どんな味がするのか、想像もつきません。ニュージーランドの国花だそうですが、かの国と日本の気候は似ているのか、案外とあちこちで庭木を見かけます。

2006年のきょうシロミナンテン> 2005年のきょうウメ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月2日(火) キンセンカ

070102kinsenka_b園芸店で見ると、カレンデュラというお洒落な名前になっていることが多いのですが、なんのことはないキンセンカです。
魔法瓶が今どきはポットになり、庭いじりはガーデニングですから、金盞花だってスマートに呼ぼうということでしょう。盞の字が盃の意味であるのは、酒好きではなくても捨てがたいことなのですが…。
ただ、新しい名前から新しい知識を得るメリットもあって、カレンデュラはハーブとしてかなりメジャーでした。外傷にも効くし更年期にもいいのだそうで、このところ男性の更年期というのが少し気になっているので、試してみていいかもしれません。

2006年のきょうイイギリ> 2005年のきょうタケ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

1月1日(月) ハタザクラ

070101hatazakura_b寒風を突いてスックと天に向かうハタザクラの冬芽です。お名を拝借しているワタシめもかくありたいとは思うのですが、不肖はた衛門はヌクヌクとお部屋のなかから「おめでとう」です。
しかし、あらためて眺めたら、もうこんな時期から赤みがさして、それらしく膨らんでくるものでした。
桜の花芽というのは7月には形成されるのだそうで、それからいったん寒さを越えて春の開花を迎えます。試練を越えて花開く強さを見習わなくてはいけません。

2006年のきょうユズリハ> 2005年のきょうクロマツ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »