« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

12月31日(日) オキザリス・プルプレア

061231oxalis_purpura_bさてもまあ、来てしまった大晦日です。マジメに働いても、そうでもなくても、来てしまうのだから困ったものです。
大晦日と言えば紅白…と別にNHKの宣伝をするつもりではなく、やっぱり恙(つつが)無く一年を過ごせたのはメデタイことで、さあ、きょうは飲みましょう。
で、紅白ものを探したら、これがまた見つかるところが愉快です。オキザリス・プルプレア、3㎝ほどの大輪の花で、喉のところが黄色です。咲き分けではなく、紅白の株を寄せ植えしてありました。

2005年のきょうクリハラン> 2004年のきょうマンリョウ

| | コメント (7)

12月30日(土) コガマ

061230kogama_b漂泊の詩人・種田山頭火の姿を思い浮かべてしまいました。もっとも、ご本人は丸刈り頭だったらしく、あくまで作句から得る勝手な印象ではあります。
「焼き捨てて日記の灰のこれだけか」などと詠みながら、渺々(びょうびょう)とした冬の原を独り、風に吹かれてゆく、そんなイメージ画像です。
おっと、これは植物写真日記だったことを思いだしました。被写体はオジイサンではなくコガマです。いかにも蒲の穂という夏の姿は以前取り上げました。

2005年のきょうコトネアスター> 2004年のきょうソシンロウバイ

| | コメント (2)

番外編 : ミニ・クロワッサン

061229croissant_bカラスウリの種です。洗って黒々としていたときは、よく言われるようにカマキリとか大黒様、あるいは打出の小槌とか結び文などさまざまに見えていたのです。詳しくはちょびママさんのところをどうぞ。
ところが、4~5日放置していたら、こんな色と風合いになりました。これは新見解を加えなくてはいけません。おいしそ~。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

12月29日(金) サツキ

061229satuki_bツツジやサツキが咲いているのをあちこちで見かけます。それらのなかで、紅葉との取り合わせが一番キレイだったのがこの一枚です。
去年、コブクザクラで同じく紅葉と花の取り合わせを撮影したときは「お宝画像かな」とほくそ笑んだのですが、先日はユキヤナギを撮ったし、このパターンの珍奇度はかなり低下してきました。
そう言えばロウバイも葉をつけたまま咲き出しました。しかし、散りかけの黄葉に黄色い花というのは、同じモノトーンでもこのサツキほどには引き立ちません。かわいそうですが写真はボツです。

2005年のきょうトサミズキ> 2004年のきょうキダチアロエ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月28日(木) サネカズラ

061228sanekazura実の形の奇妙さでは、きのうのムサシアブミに負けてはいないサネカズラですが、あれれ、これではヤマボウシと兄弟みたいです。
あの不気味なコブがすっかり落ちてしまって、こぶとり爺さんになっていました。さて、落ちたあのコブ、残ったこの球体、いったいどちらが種でしょう。
残ったこの球体をつまむとプニュプニュします。割ってみたら、なかは白いスポンジ状物質だけでした。へーえ、あのコブが真犯人、いや集合果と呼ぶ種でした。

<記事の訂正と追加> 22日掲載のナガエコミカンソウの実ですが、3mmとしたサイズを2㎜に訂正します。齧ってみましたが、なかはカリカリの種だけで、蜜柑味ではありませんでした。

2005年のきょうカンアオイ> 2004年のきょうブルーデージー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月27日(水) ムサシアブミ

061227musasiabumi_bついに奇っ怪ムサシアブミの様子をひと巡りとらえることができました。
ものの順序としてはまず花でしょう。今にして思えば、黄金週間に合わせて開花するとは役者が違いました。そして次は花にも増して不思議な青い実です。
まるでドイツの手榴弾みたいな形もすごいのですが、ここまでみごとな朱赤色も秀逸です。ああ、自分の重さで倒れそう…。最後まで漫画みたいなヤツです。

2005年のきょうヒヨドリジョウゴ> 2004年のきょうレースラベンダー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月26日(火) ハナイソギク

061226hanaisogiku_bこの花とは二度目の出会いです。最初は秋の初めで、そのときの持ち主は磯菊としか答えてくれませんでした。それにしては白い花びらが余分です。
縁とは愉快なもので、今度はまったく別の場所でバッタリと。しかも、謎の磯菊君は名札をつけていてくれました。ハナイソギク、あっけなくそのまんまです。
調べたら、イソギクがほかの菊と交配するとハナイソギクになりやすいとのこと。最初の持ち主が「磯菊しか植えていないのに」と首を傾げていたわけがわかりました。教えに行ってあげなくては…。

2005年のきょうウキツリボク> 2004年のきょうセンダン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

12月25日(月) シロタエヒマワリ

061225sirotae_bこの勢いなら門松との組み合わせも十分に可能でしょうに、とりあえずクリスマスに登場してもらいました。
ふつうの向日葵(ひまわり)はさすがにもう枯れているのに、このシロタエヒマワリはあと1カ所でも開花を確認しています。去年は見かけなかったはずなので、やはりこの冬は暖かいのでしょう。
長生きのせいか背丈は3m近くもあって、異彩を放ちます。季節感が狂うなどと嘆くのはこちらの勝手で、あるがままに生きる命の力を讃えてあげたいと思います。

2005年のきょうキンメイモウソウチク> 2004年のきょうボケ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

12月24日(日) シキザキホソバアカシア

061224hosobaakasia_bそこだけに春が来たように、黄色いボンボリが華やかでした。近づくと、さわやかな香りが淡く漂います。
葉もインパクトがあります。1㎝少々の細さなのに30~40㎝もの長さがあり、のびのびと風にそよいでいます。
アカシアの名は、ニセアカシアのおかげで混乱します。本来は、ギンヨウアカシアフサアカシアムクゲアカシアなど、この黄色い花の一群がアカシア属です。しかし、この黄花群にはミモザの俗称が似合ってしまい、混乱を深めてくれています。

2005年のきょうシモバシラ> 2004年のきょうポインセチア

| | コメント (5) | トラックバック (0)

12月23日(土) ユリオプス・デージー

061223euryopsdaisy_bいつでも咲いているような気がするユリオプスデージーでも、ちゃんと調べたら今ごろが咲き始めでした。雰囲気の似ているマーガレットコスモスの花期はやたら長いので、どうもあれと混同して見ていたようです。
デージーとはいうものの常緑小低木で、トレードマークの銀緑色の葉はいつでも元気で丈夫そうです。
ユリオプスは大きな目を意味するらしくて、デージーの語源がデイズアイでしたから二重表現になっている「お目目ちゃん」です。

2005年のきょうスイカズラ> 2004年のきょうアリッサム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月22日(金) ナガエコミカンソウ

061222nagaekomikan_b少しの間、おなじみさんの再掲載を続けてしまいました。満を持して、きょうは待望の新人の登場です。可憐な実と花のナガエコミカンソウです。
実の直径は2㎜ほど、チラホラ咲いている花も同じようなサイズです。名前は「草」でも、「低木または草本」だそうで、そう知ればたしかにどっちつかずです。
夏~秋が花期とされているのに、まだまだ元気に茂っています。ブラジルコミカンソウと呼ぶ図鑑があるものの、原産はインド洋諸島だそうで、紛らわしい名は却下です。

2005年のきょうミニバラ> 2004年のきょうトベラ

| | コメント (2)

12月21日(木) ユキヤナギ

061221yukiyanagai_b冬桜や柊の二度目掲載で寄り道していたら、ユキヤナギの面白い現象をレポートするのが遅くなってしまいました。すでにwaiwaiさんが17日にもっと詳細できれいな写真を紹介してくれています。
ふつうは年を越してからチラホラと咲き出す小花ですが、今年は紅葉を従えて紅白の彩りとなっためでたい開花です。
枯れ切った枝に花がつき、それを追って新緑が芽吹くのがユキヤナギの美しさと思っていたのに、さて紅葉との組み合わせは新しいスタイルとなるのでしょうか。

2005年のきょうハンノキ> 2004年のきょうギョリュウバイ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

12月20日(水) ヒイラギ

061220hiiragi_b1
きのうのフユザクラに続き、きょうのヒイラギも再登場品です。しかし、あちらはお口直しだったのに対して、こちらは追補の意味で取り上げてみました。
たぶんこの木の説明としてはおととしの写真の方が適切でしょう。実際、今度の木に会ってから帰宅して、ヒイラギと信ずるまでには手間取りました。
4mもある樹高、盛大に広がった樹形、豪華過密な花つき、どれも今まで知っていたヒイラギを超えています。
061220hiiragi_b2
しかも葉にトゲがありませ…、いえ、一枚だけ、ほら、尖ってます。

<写真追加と補注> 上の記事作成のときはヒイラギが雌雄異株であることを知らず、そこを見極められる写真を掲載していませんでした。
そこであらためて当時のファイルを調べると、たった1枚だけ、花の細部がわかるもの(↓)があり、そこには立派な雌シベが写っていました。なお、意識的に雌株の花を写したのは、この記事から11年後のことでした。(2017年12月3日
061218hiiragi_f
2005年のきょうキリ> 2004年のきょうイヌホオズキ

| | コメント (2)

12月19日(火) フユザクラ

061219huyuzakura_b冬桜はここには二度目の登場です。前に載せたときはいかにも場違いのわびしさでしたが、今度は少しは華やいだ佇まいです。
こういう珍種も、探せば意外に近くにあって、これは隣町で旧家の庭先を飾っていました。全体の花蕾の3割ほどが冬に開き、残りは春に咲くのだそうです。
一重の5弁で花柄が短いのが冬桜ですが、半八重の十月桜や、もっと花弁が込み入る子福桜もこの時期に咲いています。あとは真夏に咲く桜に出会えたなら…(笑)。

2005年のきょうトコナツ> 2004年のきょうジュウガツザクラ

| | コメント (0)

12月18日(月) ムクロジ

061218mukuroji_bムクロジの実の透明感を写したかったのですが、上空5~6mにある相手に3倍ズームではこれが精一杯でした。お寺の大きな木です。
ムクロジは昔から大好きな木だったので、このブログを始めたころ(2004年)には載せまくっていました。最初は再発見ニュース、続いて石鹸遊びのレポート、そして小さな数珠まで作っていました。
しかし遊びに夢中で、樹上で結実している画像は春の葉まじりの小さなものだけでした。2年半のブランクをおいて、たわわな黄金の実りを記録できました。

2005年のきょうマリアアザミ> 2004年のきょうワビスケ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

番外編 : 真白き富士の嶺

061217hujisan2
見下ろしたらバチがあたるかも…と思いながらも、何か心弾む景色です。
新幹線の窓から望む富士は山裾が雄大に広がって素敵であっても、空から全容を見下ろすのもまた格別の気分です。
しかし、本当は自分の住む志木の町から遠く富士を望むことができたときこそ、一番得した気分ですけれど…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

12月17日(日) ヤブコウジ

061217yabukouji_bいよいよ手詰まりになってきました。今までの掲載一覧と首っ引きで、ブログに未掲載の草木探しです。
おお、かなりポピュラーな部類であるヤブコウジが、ここには初登場でした。先日のカラタチバナが百両で、その下の十両にあたるのがヤブコウジです。
確かに背丈が脛ほどしかなくて渋い佇まいなので、ランク付けすれば十両は仕方ないところです。しかし、山道で枯れ草のなかにこの赤い実を見つけると、歓迎の飾り付けのようでうれしくなります。

2005年のきょうローズマリー> 2004年のきょうトウネズミモチ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月16日(土) タアツァイ

061216tahtwai_b地中から葉緑素が湧き出しているみたいで、見るからに精力絶倫系の野菜です。中華料理では炒め物に使われることが多いようです。
メニューではカタカナ表記がほとんどで、塌菜と書かれたらまず読めません。塌は低いという意味(字源)なので、扁平に広がった葉の様子を言っているのでしょう。
もっとも、低く育つのは秋蒔きの特徴で、夏にはチンゲンサイのように背が高くなるそうです。ただ、味は冬のものが勝るので、この畑の主もそれを知っているようです。

<追記> 春には背がのびて、花が咲いていました。(2007年3月22日

2005年のきょうリュウキュウマメガキ> 2004年のきょうネズミモチ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

12月15日(金) チャボヒバ

061215tyabohiba_b団子三兄弟はもう懐メロでしょうが、どっこいこんな団子を隣町で見つけました。
本当の団子は4個刺しで、三兄弟はおかしいと当時は非難されたものでした。さすが、この広いお屋敷の主は正統派の姿をきちんと守ってくれています。おっと、団子の話ではなくこの木に触れなくてはいけません。
061215tyabohiba_b2イブキコノテガシワと並んで、この辺では垣根に使われる代表的な品種です。チャボの足に似た葉が密に茂るのでこんなお遊びもできるとは言っても、さてここまでするには何年かかったことでしょう。

2005年のきょうクロガネモチ> 2004年のきょうカナムグラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

12月14日(木) ムラサキキャベツ

061214murasaki_b紫キャベツです。ではあっても、できれば銀キャベツと呼んであげたくなります。いやいや、キャベツをかたどった金属オブジェ…、とそれは言いすぎですか。
丸い球の部分はしっかり紫色でも、外側はほとんどアルミです(色み調整なし)。
ただ、これに食欲を感じるかと言うと、それは別です。隣の畑にはおいしそうな「ふつうのキャベツ」が並んでいたというのに、今回はめったにないこと、食い気よりも「美」に惹かれた一枚になりました。

2005年のきょうハナヒョウタンボク> 2004年のきょうホオズキ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月13日(水) カランコエ・ベハレンシス(センニョノマイ)

061213kalanchoe_beharensis_b
神戸で出会ったもう一つの珍種はカランコエ・ベハレンシスです。これが「あの」カランコエの仲間とは俄かには信じられません。ただ、そう思って見ればたしかに葉が多肉質で、ベンケイソウ科の所属でした。
英名がElephant earです。象の耳が三角だったかはさて置き、Velvet leafという別名よりは気がきいています。
さて気になる和名は、むむ、「仙女の舞」ときましたか。まあ、人の感じ方はいろいろですから…。調べたら白い花をつけるようなのに、そこまで幸運には恵まれませんでした。(葉の間に見えている赤いものは別の鉢の花です)

2005年のきょうワビスケ> 2004年のきょうイシミカワ

| | コメント (3)

番外編 : 機影と日輪

061212silhouette_2
これはきょうの本編(エピデンドラム)と同じく神戸の旅土産です。搭乗機の後ろ部分が雲に映っています。しかし、それだけならあまり珍しくありません。今回、ちょっとうれしかったのは、虹のような日輪に機影が包まれた姿です。初めて見ました。
交通機関に乗ると、いつも窓の外に夢中という幼児性を恥ずかしく思っていたのに、今回はヤッタネ!の気分です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月12日(火) エピデンドラム・ラディカンス(洋ラン)

061212epidendrum_2
無用論もささやかれた神戸空港でも、そちら方面の仕事にはすこぶる便利。かつ、こんな珍しいお花まで空港で見られるとあっては、ファンになってしまいます。
ボタンホールオーキッドという「そのまんま」な別名もあるように、一つの花は2㎝ちょっとのかわいい蘭です。花色は各種あるようです。
葉をうまく写しこむことができなかったのが残念でも、セッコクを思い出す雰囲気(肉厚で、笹の葉型)でした。エピデンドラムも現地(中南米)では樹上に着生するそうで、似たような生態なのかもしれません。

2005年のきょうノゲシ> 2004年のきょうヒメリンゴ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月11日(月) デルフィニウム

061211delphinium_b
花束編その3はデルフィニウムです。和名では飛燕草なので、きのうの極楽鳥花と鳥つながりになりました。
ただ、同じ飛燕の名がつくセリバヒエンソウと比べたらずっと豪華な花なので、燕にたとえては少しかわいそうです。横文字のDelphiniumはイルカにちなむようで、自分としてはそちらが適切なように思います。
花の後ろにのびた「距」が燕やイルカを連想させます。スミレに代表されるこの部分は蜜壷のはず…とカジったら、少し苦いだけで、ちっとも甘くありませんでした。

2005年のきょうトウカエデ> 2004年のきょうウキツリボク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月10日(日) ゴクラクチョウカ

061210strelitzia_b
花束シリーズその2はゴクラクチョウカ(ストレリチア)です。
今までに撮影したことは何度かあっても、何やら気恥ずかしくてここには載せないで来ました。心変わりなのか、単純に冬枯れのせいなのか、本人も判然とはしないものの、ここらで登場願うことにしました。
和名でさえ舌を噛みそうなのに、ストレリチアもなかなか素直には発音できません。さらに正確な名は、そのあとにレギナエ(レギネー、レギーネ、レギネ)と続きます。脳力強化の訓練素材に最適です。

2005年のきょうブルーベリー> 2004年のきょうフクシア

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月9日(土) サンダーソニア

061209sandersonia_b1
花束をいただいたので、「しめしめ」です。なかなかここに載ることのない花屋さん系の植物を、この際に収録することができます。何よりも、この季節のつなぎに絶好なので、きょうから少し続けてみます。
サンダーソニアはたいていの花束の必須アイテムなのに、残念ながらまだ露地では見かけたことがありません。
061209sandersonia_b2
ユリ科というのは不思議な花が多くて、ついスカートめくりみたいなことをしてしまいました。そんな花に比べると、葉はしっかりユリのムードを保っています。

2005年のきょうサンシュユ> 2004年のきょうメキシカン・ブッシュ・セージ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月8日(金) コクサギ

061208kokusagi_b1
下手な鉄砲は数を撃っても当たらない…という写真を3枚並べます。コクサギには申し訳ないことで、そのうちもう少しマシな撮影ができるまで我慢してもらいます。
1枚目の写真は、ほんのり色づいた葉と割れた実が主題です。4個1セットの実が割れているのは判然としなくても、コクサギ特有の淡い黄葉は見たままの感じです。
061208kokusagi_b2
2枚目はその実が割れる前で、4個の殻が合着した独特の形です。
061208kokusagi_b3
そして3枚目は葉のつき方をとらえたつもりです。
ふつうは対生とか互生とかなのに、コクサギは右に2枚つくと左に2枚と繰り返す変わり者なのです。さらに名前になったようにこの葉は臭いといいます。しかし自分は軽いシトラスの香りを感じ、臭いとは思いませんでした。

2005年のきょうサンキライ> 2004年のきょうガーデンシクラメン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月7日(木) ヤマハゼ

061207yamahaze_b1
きのうのタラノキの色が今ひとつだったので、きょうはお口直しにきれいな紅葉です。
紅葉といえば楓とハゼが双璧だと思っていたら、そのハゼにはハゼノキとヤマハゼがあることを知りました。となると、以前にハゼノキとして蔵に入れていたものは、あらためて見直す必要が出てきました。
061207yamahaze_b2
これをヤマハゼとしたのは、葉の側脈が20対以上あり、かつ葉の表裏ともザラザラだったからです。そんな細かいことなど知らない方が幸せだったような気もします。

2005年のきょうストック> 2004年のきょうイチョウ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月6日(水) タラノキ

061206tara_b
紅葉としては情けない色合いだし、葉もかなりくたびれてはいても、凶暴な棘があまりに面白くてアップで迫ってみました。
葉の付け根や軸の中間部分の棘は目立ちやすくても、葉のなか(葉脈上)にもしっかりあって、うっかり触ると痛い目に合います。
天ぷらだけのお付き合いだったタラノキのを知ったのは一昨年で、そのあとに実の美しさに魅せられました。今、こうして紅葉を目にしながら棘の痛さを噛みしめ、愛着が一層深まる気がします。

2005年のきょうメギ> 2004年のきょうダリア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月5日(火) ツルリンドウ

061205tururindou_b
先月初旬の北国の旅で出会った実です。ちょいとした里山の藪で、これ見よがしの色で輝いていたのに、その正体が皆目不明でした。
そのときは我が身の勉強不足を嘆いたものの、帰宅後の調べをすっかり忘れたままでした。ところがきのう、何気なく開いた図鑑のページでこの真っ赤な実に遭遇です。神様が頭を小突いてくれました。
実のつけ根にまとわりついているのが花殼です。もう少し早ければ、淡い紫の花を一緒に楽しめたかもしれません。
偶然の名前判明のうれしさに、ルール違反のひと月遅れレポートでした。

<補注> 花は3年後の夏にレポートできました。(2009年8月21日)

2005年のきょうナンテン> 2004年のきょうネリネ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

12月4日(月) センニチコボウ

061204sennitikobou_b
姿よりも名前に惹かれて買ってしまった千日小坊です。ウチに来てからまだ百日もたってはいないのに、そろそろ冬篭りさせてあげる時期のようです。
室内でも成長を続けるのか見守りたいとは思っても、この秋うちはほとんど大きくなりませんでした。ゆっくり型なのでしょうか。
しかし、問題は「日が短くならないと花芽をつけない」ことです。居間に置いて、かつ日を短くしてあげるには…、うへー、ウチが灯火管制の生活になるということのようです。

<補注> 写真の赤い物体が花であることを、記事の時点で理解していなかったようです。草丈は小さくても、立派に「開花」しているセンニチコボウです。(2016年12月4日)

2005年のきょうフユイチゴ> 2004年のきょうカラスウリ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

12月3日(日) スギナ

061203sugina_b
ツクシが絶滅危惧種になったと空騒ぎしたのは去年の春でした。しかし、あれは完全な早トチリで、夏には近所の土手にスギナがわさわさしていました。
が、今度は「冬にツクシ発見!」と騒ぐことになりました。春のツクシとは違って、この胞子嚢はスギナの細い茎の先についています。
昨春はタイトルをツクシにしようかスギナにしようか悩んだというのに、きょうの場合はスギナでスンナリです。ただ、冬の胞子嚢は一般的なのか、こんな状態もツクシと呼ぶべきなのか、考えごとは毎日増えるばかりです。

2005年のきょうナンキンハゼ> 2004年のきょうダチュラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月2日(土) アメリカツルマサキ

061202americaturumasaki_b
どうも「ツル」ものに縁が薄いようです。ツルウメモドキとは3年来の格闘中だし、ヒメツルソバの名前の元であるツルソバにもまだ出会えないでいます。
そこへ来て、今度はアメリカツルマサキです。公園で名札がついていたので、名前については間違いないと思います。
しかし、身近に見られるマサキと違い、ツルマサキをまだ知りません。したがって、どうしてこれがアメリカ~なのか、ツルマサキとアメリカ~のどこが違うのか、またまた新たな探求課題ができました。

<補注1> アメリカツルマサキとは、日本在来のツルマサキがアメリカで園芸開発されたもので、このように黄とか白の斑入品種を言うようです。(2010年12月2日)
<補注2> 記事の時点で出会えていなかった在来のツルマサキはこちら、ツルソバはこちらです。(2010年12月2日)

2005年のきょうビワ> 2004年のきょうユズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月1日(金) イヌツゲ

061201inutuge_b
きのうのムクノキの実がとても美味だったのに比べると、このイヌツゲはいけません。ガシガシしているし、渋いし、中身は種だらけです。
しかし、鳥の味覚というのはどうなっているのでしょう。こんなマズイ実でも冬の間にはなくなってしまうから不思議なものです。
果実はたいがい、それを運んでもらうための戦略を持っているといいますから、イヌツゲは人間よりも鳥を選んでいることになります。空のかなた、遠くの山に行きたい…、浪漫を持った木なのかもしれません。

<追記> 実と間違いそうな虫こぶの姿はこちらです。(2012年2月10日)

2005年のきょうマユミ> 2004年のきょうランタナ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »