« 12月4日(月) センニチコボウ | トップページ | 12月6日(水) タラノキ »

12月5日(火) ツルリンドウ

061205tururindou_b先月初旬の北国の旅で出会った実です。ちょいとした里山の藪で、これ見よがしの色で輝いていたのに、その正体が皆目不明でした。
そのときは我が身の勉強不足を嘆いたものの、帰宅後の調べをすっかり忘れたままでした。ところがきのう、何気なく開いた図鑑のページでこの真っ赤な実に遭遇です。神様が頭を小突いてくれました。
実のつけ根にまとわりついているのが花殼です。もう少し早ければ、淡い紫の花を一緒に楽しめたかもしれません。
偶然の名前判明のうれしさに、ルール違反のひと月遅れレポートでした。

<補注> 花は3年後の夏にレポートできました。(2009年8月21日)

2005年のきょうナンテン> 2004年のきょうネリネ

|

« 12月4日(月) センニチコボウ | トップページ | 12月6日(水) タラノキ »

コメント

北海道ニセコ山麓に住んでいます。娘は志木に住んでいます。ツルリンドウは家の裏、林ににあります。宝石のような赤い実は雪の下で眠っていて、雪解けと共に輝き出します。遅い春には、前の年の実と花が同時に蔓についています。

投稿: tokumaru | 2006/12/05 07:05

tokumaruさんへ:
はじめまして。志木は狭い町なので、どこかでお嬢様とは
お会いしているのかもしれませんね。(笑)
きれいな姿で春にまたこの実に会えるなんて、雪はまるで
タイムマシーンみたいですね。

投稿: はたざくら | 2006/12/07 16:20

こんばんは。
すごいですねぇ~
ツルリンドウの深くて鮮やかな赤い色にもおどろいたのですが、
雪の中から、この実が少し出ているさまを想像していました。
とても暖かい気持ちになりました。
お二人に感謝!
(ここまでが5日に書いたものです)
この記事を読ませていただいたあとで、
わたしも見つけました。
きれいな色にもう一度驚きました。
これがほんとの一粒で二度美味しいかしら・・すみません。

投稿: ブリ | 2006/12/07 23:08

ブリさんへ:
ふふ、ブリさんもココログ大メンテの被害者だったんですね。
コメントも入れられないから参りましたよね。
でも、おかげでグリココメント(笑)。
しかし、すぐにツルリンドウが見つかるところがすごい。
あいかわらず夢の里ですねー。

投稿: はたざくら | 2006/12/08 06:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28801/12939379

この記事へのトラックバック一覧です: 12月5日(火) ツルリンドウ:

« 12月4日(月) センニチコボウ | トップページ | 12月6日(水) タラノキ »