« 11月18日(土) フユノハナワラビ | トップページ | 11月20日(月) レンギョウ »

11月19日(日) ヒラナス(アカナス、カザリナス、ソラヌム・インテグリフォリウム)

061119solanum_bもう少しきれいな時期に載せてあげればよかったかと思いつつ、しぶとい実態を見てもらいたい「際物好き根性」が勝ってしまいます。
カラフルな実は生け花とかディスプレイなどに使われるのに、秋が深まった今は傷を隠せません。それでも、光沢は依然として失っていません。さらに寒風にもめげず、まだまだ花まで咲かせて(画面左上)いました。
ソラヌムと言えば、去年載せたラントネッティを思い出します。あちらの花はわりと派手系でした。それに比べると、こちらはいかにもナスの仲間らしく素朴な花です。

<補注> 記事掲載当初はタイトルを単にソラヌムとしていましたが、正確にはソラヌム・インテグリフォリウム(Solanum integrifolium)であり、和名をヒラナス(平茄子)ということがわかりました。この実は花材として使われますが、食用のナスの台木としても使われるほど丈夫な種類のようです。(2015年5月24日)

2005年のきょうシロヨメナ> 2004年のきょうビワ

|

« 11月18日(土) フユノハナワラビ | トップページ | 11月20日(月) レンギョウ »

コメント

またまた知らなかった名前です。「ソラヌム」というんですね。ところでこの実は食べられるのでしょうか。なんか美味しそうに見えますが。はたざくらさんはこのような実を撮るだけではなく、採ったり食べたりしますか?

投稿: ゼンペイちゃん | 2006/11/19 18:13

ゼンペイちゃん様へ:
おっと、鋭い突っ込み(笑)。
見る・触る・嗅ぐ・味見する、というステップは怠らないようにしているんですが、
やはり所有権のはっきりしているものを味見するのは気が引けまして…。
すみません、今度は小鳥さんに変身して、一つだけ試してみます。

投稿: はたざくら | 2006/11/20 06:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28801/12739314

この記事へのトラックバック一覧です: 11月19日(日) ヒラナス(アカナス、カザリナス、ソラヌム・インテグリフォリウム):

« 11月18日(土) フユノハナワラビ | トップページ | 11月20日(月) レンギョウ »