« 10月2日(月) ステルンベルギア | トップページ | 10月3日(火) マルバハギ »

番外編 : アールデコランプシリーズ-3

061002susuki_bアールデコランプというにはかなり気がひける「侘び」の風情です。せっかくシリーズ-2を先日載せたので、無理やり続けてしまうことにしました。
逆光に透かしてみたり、バッタを写しこんでみたり、ススキはいろいろ親しんできたつもりだったのに、咲き出しをとらえるのは初めてでした。

|

« 10月2日(月) ステルンベルギア | トップページ | 10月3日(火) マルバハギ »

コメント

おはようございます。
キラキラひかって、一瞬なんだろうと思ってしまいました。
わたしも最近ススキを写したのですが、
毛糸のように見えました。
少し躊躇していたのですが、
はたざくらさんのまねをして
アップしてみようかな。
でも、どうしてこんなに美しいのでしょう。
美しいと思えることがとてもうれしい・・・

投稿: ブリ | 2006/10/02 08:31

いいお写真、撮りますね~。
バッタが乗っているのも好きです。
ススキは寂しさを感じてしまうのですが、こんなふうにきれいだと、楽しくなります。

投稿: ちとせ | 2006/10/02 11:11

ブリさんへ:
毛糸のように見えるススキ、ウーン、どんなでしょう?
楽しみにお待ちしましょう。
ウンウン。きれい!とか、面白い!とか、おいしい!とか、
心揺れる「うれしい」ってありますよね。

ちとせさんへ:
テヘヘー、中島誠之助先生に誉められたみたいです~。
たしかに、ススキには十五夜の付け合せみたいな
寂しさのすり込みがありますね。
でも、一生懸命追いかけていたら、こんな姿にも出会えました。

投稿: はたざくら | 2006/10/03 19:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28801/12120094

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 : アールデコランプシリーズ-3:

« 10月2日(月) ステルンベルギア | トップページ | 10月3日(火) マルバハギ »