« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

8月31日(木) ヒオウギ

060831hiougi_bヒオウギのことを知ったのは、あのオレンジ色の花、姫檜扇水仙の名前のパーツの一つ(檜扇)としてでした。
もちろん、この檜扇があったからこそ姫檜扇水仙という重層構造の名前が生まれた訳で、ものの順序としてはこのヒオウギが本家筋です。ただし、目につきやすさから言えば本家はかなりマイナーです。
斑入りの花が美形なのに、そんなものはまったく無視した命名が渋すぎます。確かに名前どおりと思わせる葉の形はとても美しく、緊張感に満ちています。

<補注> 秋の実(ぬばたま)の様子はこちらです。

2005年のきょうサフランモドキ> 2004年のきょうタイワンホトトギス

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月30日(水) ホウセンカ

060830hosenka_b鳳仙花を今までずっとここに載せないで来ていました。別に忘れていた訳ではなく、どうもうまく撮れないのです。
葉の下に花をつけるので、光線の具合がよろしくないのが一番の理由なのに加え、今にもハゼそうな種を写し込みたいと欲張って、時を逃がしてきたようです。
そこで、種は膨らみかけのところであきらめて、暦上の夏のうちに一度は登場させておくことにします。爪紅(つまくれない)という風流な古名に対し、Touch me notという英名は洒落が効いていてほほえみを誘います。

<補注> 別の花色の株も入った写真はこちらです。(2014年8月13日)

2005年のきょうメランポジウム> 2004年のきょうトロロアオイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月29日(火) シシトウ

060829sisitou_b花も実も、株の様子まで含めてピーマンを思わせます。一方、赤く熟した実(右端)はレッドピーマンというよりは唐辛子の艶に見えます。いったい君は何者かい!?と言いたいその正体は、シシトウでした。
獅子唐辛子、略してシシトウで、焼き鳥屋さんではこの塩焼きにお世話になります。名前からすると唐辛子の直系かと思ったら、そうではありませんでした。
唐辛子から派生した甘い品種がピーマン、そのピーマンからできた実の細い種類がシシトウだそうです。境目のない遠近レンズ…、ん、少し頭が混乱しました。

2005年のきょうソラヌム・ラントネッティー> 2004年のきょうガガイモ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月28日(月) ヘチマ

060828hetima_b黄花+ガサッ葉のウリ科の皆さんを見分けるのが今年の課題、なんて大言壮語しつつ、7月に胡瓜、8月に南瓜を載せただけでした。
これではならじ、と夏のうちにヘチマもようやくとらえることができました。なんと、電柱に這い上がって実をぶら下げるという強靭な生態も記録できました。
雄花・雌花の別はあっても、どちらも皿のように平たいのがヘチマの花でした。まっ黄色のフリスビーみたいです。葉は小ぶりのハンカチほどで、とても丈夫な作りです。

2005年のきょうヤブラン> 2004年のきょうケイトウ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月27日(日) キクイモ

060827kikuimo_bキクイモとイヌキクイモ、二つの見分けが悩ましくて、ずっとウロウロしています。一昨年のここに載せたのは、はじめキクイモと思ったもののイヌに訂正し、去年はHPの方にちょいと割り切れないキクイモを収録しました。
そういう過去からすると、今年のこれは少しうれしめの写真です。
キクイモとした割に、去年のものは花びらの数が不足だったのに対し、今年のものは13枚見えます。イヌの上限が12枚、キクの下限が10枚、ぎりぎりセーフの値です。

2005年のきょうハゲイトウ> 2004年のきょうモミジルコウ(ハゴロモルコウソウ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

8月26日(土) サンゴバナ

060826sangobana_b菊の花をひっくり返したよう、と言ったら、この美しい花に失礼でしょうか。プラスチック細工のような葉のせいもあって、どうにも作り物みたいです。
サンゴバナと名付けた人も、なにか工芸品のような不思議さを感じたのかな、と共感を覚えてしまいます。
南米原産で暑さを好むという一方で、「性質は強い」という記述もされています。さすがにこの辺の露地での冬越しは無理ではあっても、室内でなら冬の間も観葉植物的に楽しむことができそうです。

2005年のきょうタマスダレ> 2004年のきょうリコリス・オーレア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月25日(金) セイバンモロコシ

060825seibanmorokosi_bこの草、駅に向かういつもの道の脇で夏の土手を覆っている雑草で「した」。この「過去形」が一つずつ消えていくのが草木趣味の楽しいところで、今年はセイバンモロコシと呼べるようになりました。
背丈よりも高く、かつ奔放に殖えて広がるので、西蛮(蕃)という荒々しい名前にうなずくことができます。
モロコシの方は、葉がとうもろこしのそれを細くした感じだからでしょうか。中央に入る白いストライプがきれいです。ただし、残念ながら食べられる実はつきません。

2005年のきょうルコウソウ> 2004年のきょうコブシ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月24日(木) フヨウ

060824huyou_bどこがどう違うのだろうと先日のハイビスカスの写真と改めて比べてしまいます。もちろん二つ並べれば、まったく別物ではあります。
でも、でも、しかしです。芙蓉の学名を見たら一人でうれしくなってしまいました。Hibiscus mutabilis、なんとしっかりハイビスカスではありませんか。
とは言うものの、ふつうのハイビスカスほど暑苦しくはなく、庭木として愛されてきたのが芙蓉です。その理由は、どうも茎や葉の涼やかさにありそうです。花の陰で涼しさを演出する葉…和の渋さです。

2005年のきょうキンミズヒキ> 2004年のきょうブラシノキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月23日(水) タカサゴユリ

060823takasagoyuri_b百合と言えば繊細な高級品っぽいイメージがありますが、案外に風雨をものともせず、幾日もきれいな姿を見せ続けてくれます。
横向きに長くのびた花の筒は鉄砲百合とよく似ていますが、① 筒の外側が赤紫色を帯びること ② 葉が糸のように細いこと の2点から高砂百合のようです。
たいして手入れもされない学校脇の空き地に一叢あるのですが、そこに大きな花篭が置かれたように豪華な景色です。来年もまた元気で増えてくれますように。

<補注> 「増えてくれますように」などと不見識なことを書いていたのを反省です。外来侵入植物として、タカサゴユリはできれば駆除したい対象です。(2015年8月23日)

2005年のきょうミズヒキ> 2004年のきょうハナトラノオ(カクトラノオ)

| | コメント (0)

8月22日(火) オオボウシバナ

060822oobousi_b昼が近くなって、早くも花びらの縁が縮んできています。もう少し早い時間なら、名前どおりの大帽子だったのに、少し残念でした。
それでも、ふつうのツユクサの2倍以上はある大きな花です。ツユクサの変種ということで、花の大きさ以外の茎や葉はまさにそんな感じです。
自分の姿を保てないほど大きな花は、ツユクサのような野の花の可憐さはありません。この花びらからは青の染料をとるのだそうで、なるほどそれなら花の大きさも縮みやすさも合点がいきます。

2005年のきょうクコ> 2004年のきょうハシラサボテン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月21日(月) オトコエシ

060821otokoesi_b去年のオトコエシは9月の21日掲載だったので、少し終わりかけのさびしい姿でした。今年はちょうど1カ月早い登場で、男の名誉挽回です。
自分の腕の悪さを棚に上げて、「くっきりした女郎花に比べるとなんだか見劣りが」するなどと書いたことを、きょうは撤回します。
そして今年のアピールポイントは画面右下から左上にのびている茎です。女郎花のそれと比べると明らかに太くてガッシリです。多少の風にも揺らがないアスリート体型、それが男郎花なのでした。

2005年のきょうシロガネヨシ> 2004年のきょうガガイモ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編 : タヌキ

060820tanuki_bたぶん、これタヌキだと思います。
先日の夕暮れに、近所の川の中州で5~6頭が生活しているのを見つけました。れっきとした志木の街なか、市役所にも程近い場所です。志木って山奥の村だったかと誤解されそうです。
060820tanuki_c川の両側が護岸壁になっていて、ここなら確かに独立性は保てそうです。がしかし、雨が降れば簡単に増水する川です。狸って泳げるの? そもそもいったい彼らはどこから来たのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月20日(日) ハナキリン

060820hanakirin_bキスミークイックという別名に独り受けです。こんな刺々しいヒトにあわててキスした日には、顔中が傷だらけになりそうです。
左奥に見えているのが古い茎で、完璧な棘の柱です。しかし、花や葉がつく若い茎の棘も十分に痛そうです。
真田六文銭ならぬ8個の花は、4個が1セット(1本の花柄に花が4つずつ)です。花びらに見えるピンクの部分は例によって苞で、中心の黄色い部分が本当の花だそうです。「ホー…」なんていうダジャレは禁止です。

2005年のきょうトクサ> 2004年のきょうモッコク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月19日(土) ミニトマト

060819minitomato_bふつうの花を撮るとき、その植物の全容、特に見分けのポイント(葉とか茎とか…)を入れながらも花をきれいに押さえたいと苦労します。野菜の場合はそれに実を加えたくなるので、面倒はさらに増します。
ナスのときもそんな泣き言を並べていて、懲りずに今回、同じナス科のトマトをようやく登場させることができました。
下の房が実るころには、花はその上の房に移っているから困るわけで、このミニトマトは隣の株の実がうまく背景に入ってくれました。次はふつうのトマトを狙います。

2005年のきょうシロバナサクラタデ> 2004年のきょうムラサキゴテン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

8月18日(金) ゲンペイクサギ(ゲンペイカズラ)

060818genpeikazura_bきのうの写真が赤と白の配色だったので、きょうも紅白でつなげてみました。しかし、色どりは同じでも雰囲気はまるで違います。
ゲンペイカズラの名前が一般的であっても、和名をゲンペイクサギというように、クサギの仲間です。花(萼)の姿がよく似ています。
もっとも、クサギの方は大きな木で野山によく育つのに対し、源平の方は庭先の鉢仕立てしか見ることがありません。勇ましい名前とは違って寒さには弱いらしく、この辺(関東)の屋外には適さないようです。

2005年のきょうカラタチ> 2004年のきょうコリウス

| | コメント (2)

8月17日(木) サボテン(緋牡丹)

060817hibotan_b羊歯や苔、水草など、それだけで一つの世界を成す植物分野があります。きょうのサボテンもそういう深い領分であって、半端な気持ちで踏み込めないとは思いながらも、この姿に自制の念を失いました。
どうしてこんなに真っ赤になる必要があったのか、ただただ微笑むだけです。
で、じっくり見ていたらフラクタルであることに気づきました。親亀の背中に小亀…という連続関係です。そう言えばサボテンはこの構造の宝庫かもしれません。

2005年のきょうルドベキア> 2004年のきょうツルムラサキ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

8月16日(水) マリーゴールド→アフリカン・マリーゴールド

060816marigold_b3年目になったこのブログにマリーゴールドが初登場です。
あまりにありきたりなので見過ごしていたのが表面的な理由ではあっても、本当のことを言うと、どう取り上げていいかわかりませんでした。つまり、アフリカンとかフレンチに分けて掲載すべきか、すべてくくるか、判断しかねていたのです。
この写真のようにいかにもアフリカンとはっきりすればまだしも、区分けの線上をさまようような紛らわしいものもあり、素人目では区別はあきらめた方がよさそうです。と思い定めたら、なんだかすっきり爽快な気分です。

<補注> 本文にあるとおり、記事掲載時点ではマリーゴールドの種を区別しないつもりで、タイトルも単に「マリーゴールド」としていました。しかし、学名で明らかに分けられている以上、区別は避けられないので、あらためてフレンチ・マリーゴールドを取り上げたのを機会に、こちらのタイトルも変更しました。(2015年6月29日)

2005年のきょうゴマ> 2004年のきょうコナラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月15日(火) パイナップルリリー

060815pineapplelily_bわざと写真を斜めにしたのではなく、自分の重さで花茎が傾いているのです。丈夫なのでほったらかしでいいとは言うものの、添木をしてあげないと、花茎は地を這って、そこから鎌首をもたげたりします。
その花の先につく葉が愉快で、パイナップルという冠名はまさにぴったりです。
一つひとつの花は2~3㎝と小さくても、それがびっしりついた花穂は30㎝ほどの長さでとてもリッチな雰囲気です。花芯にもう少し赤みを帯びた種類も見かけます。

2005年のきょうオオハンゴンソウ> 2004年のきょうルリマツリ

| | コメント (3)

8月14日(月) ハイビスカス(ブッソウゲ)

060814hibiscus_bお盆のうちぐらい、もう少し和風の草木を載せたらどうだろう、と自省の念がないことはありません。ただ、ハイビスカスの和名を調べたら佛桑華(ぶっそうげ)だそうで、おお、なかなかタイムリーではありませんか。
一口にハイビスカスと言っても、いろんな色のものがあるなかで、トドメはやはりこの真っ赤に限ります。
この花をトロピカルと見てしまう原因を自己分析したら、赤の花びらと雄シベの黄とのコントラスト、それに雌シベの怪しい雰囲気というところがポイントに思えました。

2005年のきょうサネカズラ> 2004年のきょうエンジュ

| | コメント (2)

8月13日(日) ヌスビトハギ

060813nusubitohagi_bとても慎ましやかに花をつけていて、名前が名前ですから、あまり表だっては咲けないのだろうかと不憫になります。
外来種のアレチヌスビトハギはかなりはっきりした花を見せるのに対し、和風のこちらはその気で見ていないと見逃します。去年は時期を失して、残念ながら実の写真だけしか撮れず、掲載を見送りました。
サングラス型の実とこの花とを一緒に写し込みたいと思いながら、今まで実現できずにいます。果たして実と花の時期が重なるものなのか、今年は再挑戦です。

<補注> 翌月、花と葉と実を入れ込んだ念願の写真を撮ることができました。

2005年のきょうツルレイシ> 2004年のきょうオモダカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月12日(土) カンガレイ

060812kangarei_b群れ雀というか、あるいは松ボックリの空中浮遊状態というか、なんとなく愛らしい姿です。放置田で立派に育っていました。
似た環境に育って姿も似ているものにホタルイがあります。しかし、ホタルイの茎の断面は丸いのに対し、こちらは明らかに名前どおりの三つの稜を持っていました。

<2012年8月19日注記> 掲載当初は、見分けポイントをよく知らないまま、これをホタルイとしていました。その後(2007年3月)、これをサンカクイに修正したものの、それも間違いでした。
そのいきさつはこちら(2012年8月19日)です。
タイトル訂正のたびに記事を加筆修正していたら、ゴチャゴチャして何がなにやらわかりにくくなったので、今回、スッキリと整理しました。

2005年のきょうニチニチソウ> 2004年のきょうミソハギ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月11日(金) コリウス

060811coleus_b世のなかでは「画竜点睛を欠く」という事態にしばしば遭遇します。ただ、それに劣らず「過ぎたるは及ばざるが如し」と思うことも頻々です。
植物で言うなら、このコリウスの花などはまさしくこの伝です。それでなくても暑苦しい佇まいなのに、あってもなくてもいいような花は余計に思えます。
という感想を言われても、コリウスにとっては大きなお世話というものでしょう。しっかり生き残るためには、しっかりと咲いて虫を呼び寄せる…いやはや、植物というのは人生の師ではあります。

<補注> 子孫を残したいコリウスには不憫なことであっても、花を咲かすと株の勢いも葉色も衰えるそうで、コリウスの花は園芸的には「徹底的」に摘むのが正解です。(2017年8月11日)

2005年のきょうタマガヤツリ> 2004年のきょうハツユキソウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月10日(木) マルバタマノカンザシ(オオバギボウシから改題)

060810tamanokanzasi_b彫りが深いというのは、人間だけではなくて植物の世界でも美形の条件なのだと感じ入りました。深く刻まれた葉脈が、その葉の雄大さ(葉身30㎝ほど)に引き立てられて、見惚れるばかりの美しさです。
ふつうのギボウシは薄紫の花が多いのに対し、このオオバギボウシの花は白いので、それがまた深緑色の葉の美しさを倍加してくれます。
これだけ見目良いものが、春にはウルイとなって食卓に上るということを知りました。もっぱら観賞用と思っていたら、実用性も高いハナマル優等生でした。

<補注> これはオオバギボウシではなくマルバタマノカンザシでした。記事は前のままにし、タイトルだけ訂正します。間違い判明の経緯は2009年9月13日のマルバタマノカンザシに記載しました。

2005年のきょうベニバナサワギキョウ(ヨウシュサワギキョウ)> 2004年のきょうゴンズイ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月9日(水) カボチャ

060809kabotya_b今年はウリ科の皆さんを少しでも識別できるようになりたいと思っています。先日、キュウリを載せたときにぼやいたように、みんなガサッとした葉と黄色い花で、どれがどれやらサッパリなのです。
そこで、よそ様の畑を覗いては、実と花のツーショットを狙う日々です。そのうち、どこかでコラーッと叱られそうです。
なるほど、このドーンと大きな(差し渡し10㎝以上)花がカボチャでした。細かく言えば品種はいろいろあるとは思いながら、カボチャは花の大きさで見分けていいようです。

2005年のきょうシコンノボタン> 2004年のきょうヒルガオ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

8月8日(火) ウド

060808udo_b花火大会に行ってきました…なんて、ちょいと冗談を言ってみたくなる写真が撮れました。ウドの花です。
ウドと言えばすぐに「大木」と続けたくなります。しかし、一つひとつの花はごく小さくて、花の先端に見える黒いものは蟻です。よほど蜜が多いのか、いつ見てもウドの花は蟻さんでごった返しです。
根は薬用(生薬名は独活)で、体を温め風邪を追い払う効果があるそうです。妙な成句が有名になってしまったものの、大きくなってもウドはしっかり有用です。

2005年のきょうイネ> 2004年のきょうクサギ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月7日(月) オモダカ

060807omodaka_b先日の日経新聞・春秋子がこのオモダカのことを取り上げていて、朝からとても楽しい思いをしました。
清少納言はこれを「心あがりしたらんと思ふに」と評しているそうで、なるほど斜め上を向いた葉が高慢に見えなくもありません。しかし、植物にまで「生意気ね」と噛み付くなんて、それこそ心あがりしているように思えます。
一方で、同じくオモダカを見た棟方志功は「これが美しいというものか」と思ったのだそうで、こちらの反応の方が素直というものでしょう。田んぼの隅を明るく輝かせていたオモダカです。

<補注> 類似種のアギナシを掲載しました。(2017年8月8日)

2005年のきょうツユクサ> 2004年のきょうナツズイセン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月6日(日) ウイキョウ(フェンネル)

060806uikyou_bおよそ日本語らしからぬ響きの名前と、観賞用としてはほぼ用をなさない姿が奇妙に印象的です。自由奔放かつ支離滅裂、勝手にのびて放恣に花を咲かせます。
茴香の茴の字なんて、漢和辞典をあたってもほかに単語はありません。自分専用の字を持つ「生意気」な植物です。
それだけ生薬としての茴香は重要ということでしょう。全体にいい香りがして、ハーブとして料理に用いられるときはフェンネルというかわいい名前に変わります。

2005年のきょうフサフジウツギ(ブッドレア)> 2004年のきょうイヌキクイモ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月5日(土) サボンソウ

060805soapwort_bシャボンソウだと思っていたら、正確にはサボンソウでした。英名もそのままSoapwort、葉を水中で揉むと石鹸液になってしまうところからの名付けです。
この特性は、ムクロジの実やエゴノキの実にも共通のもので、サポニンという成分によるものです。天然の石鹸で、サラッとします。
きのうのセンノウとはナデシコ科の仲間です。花の形や葉の作りがなんとなく共通に思えます。どうせなら泡仙翁と命名すればよかったのに、面白みのない和名です。

2005年のきょうベゴニア> 2004年のきょうフヨウ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月4日(金) センノウ

060804sennou_bきのうのトコロは仲間の多い植物だったし、きょうのセンノウも「○○センノウ」という名前を結構見かけます。そのご本家(名前的に)にあたるのがこれのようです。
仲間のうちでは酔仙翁(フランネル草)や麦仙翁(麦撫子)が身近であり、松本仙翁節黒仙翁・アメリカ仙翁となるとやや珍しくなります。
それらを比較すると、やはり身近なものは小奇麗です。この写真はまだまとまりのいいところを写したものの、本家ほどうらぶれているみたいな、妙な思いです。

2005年のきょうブルーベリー> 2004年のきょうタラノキ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月3日(木) トコロ

060803tokoro_b海の老人はエビ、ならば野の老人は何と呼ぶでしょう?なーんていうクイズになりそうなトコロ(野老)です。
掘り返せば、謂れの元である豊かなヒゲ根を撮影できるとはわかっても、そこまで自由にできる場所にはなかなか恵まれません。
別名をオニドコロと言います。トコロにはタチドコロ(未掲載)なんていう笑える名前の種類を含め、多くの仲間がいます。それらとの呼び分けのために「鬼」にされたのでしょう。優しい見かけなのに、少しかわいそうです。

2005年のきょうキツネノカミソリ> 2004年のきょうスベリヒユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月2日(水) モミジアオイ

060802momijiaoi_b8月になったので、いかにも夏らしい1枚を載せたくなりました。ただただ「スカッと気持ちヨカァ~!」という絵です。
ところで、このモミジアオイや、あるいはもうさみしくなってしまったタチアオイゼニアオイ、みんな「アオイ」を名乗るわけで、頭に○○と付かない、純粋な「葵」ってどんなものだったか、思い出せなくて困りました。
なぁーんだ。葵は「それらの総称」で、実体はなしでした。ちなみに「葵のご紋」はフタバアオイ寒葵の近縁)が原典だそうで、葵というのはじつに厄介な名前でした。

2005年のきょうカナムグラ> 2004年のきょうタマサンゴ(フユサンゴ)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

8月1日(火) ミゾカクシ

060801mizokakusi_b常日頃、見落としている草木は多いもので、このミゾカクシは日曜に初めて見つけました。じつはブリさんのブログでこれを見かけ、志木にはなかったよねー、と半ばあきらめつつ捜索をしてみたのです。
あらら、びっくり。田んぼモノをいつも撮影する場所に、元気に生育していました。
幅1.5㎝ほどの小さな花で、食虫花のような姿が不思議です。雄性から雌性に変化する花だそうで、これは雌シベだけが目立っているので、後半の姿かもしれません。

<補注> ミゾカクシの別名の一つがハタケムシロであり、琉球列島にはそのハタケムシロを名乗るマルバハタケムシロがあることを知りました。(2017年9月29日)

2005年のきょうシマサルスベリ> 2004年のきょうコナラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »