« 8月13日(日) ヌスビトハギ | トップページ | 8月15日(火) パイナップルリリー »

8月14日(月) ハイビスカス(ブッソウゲ)

060814hibiscus_bお盆のうちぐらい、もう少し和風の草木を載せたらどうだろう、と自省の念がないことはありません。ただ、ハイビスカスの和名を調べたら佛桑華(ぶっそうげ)だそうで、おお、なかなかタイムリーではありませんか。
一口にハイビスカスと言っても、いろんな色のものがあるなかで、トドメはやはりこの真っ赤に限ります。
この花をトロピカルと見てしまう原因を自己分析したら、赤の花びらと雄シベの黄とのコントラスト、それに雌シベの怪しい雰囲気というところがポイントに思えました。

2005年のきょうサネカズラ> 2004年のきょうエンジュ

|

« 8月13日(日) ヌスビトハギ | トップページ | 8月15日(火) パイナップルリリー »

コメント

こんにちは。
ハイビスカスをこんなふうに見せていただいたことがないので、
しばらく見入ってしまいました。
赤は奔放な色のような気がしますが、
ガクのあたりからは、
『あなたが思っているよりもずっとおしとやかなのよ・・』
という声が聞こえてきそうです。
でも、このめしべの先はほんとに作り物のようですね。
まぁ、すごく大きな意味のつくりものなのでしょうが・・。

投稿: ブリ | 2006/08/14 10:22

ブリさんへ:
うむむ、「ガクのあたりに漂うしとやかさ」ですか…。
襟足の美というヤツですね。
きっとワタシもそれに惹かれたのですね。

投稿: はたざくら | 2006/08/15 07:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月13日(日) ヌスビトハギ | トップページ | 8月15日(火) パイナップルリリー »