« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

6月30日(金) ブーゲンビリア

060630bougainvillea_b所用で宮崎に行ってきました。残念にも日帰りでしたが、空港を出るや否や、遠征の成果をしっかり確保です。
ブーゲンビリア、これさえあればトロピカル、日向の国に来たなあと実感です。
咲き誇る花にカメラを向けたら、濃いピンクの花びらに不思議なスジを発見です。これってほとんど葉脈では…? 帰宅して調べたら、やはりこのヒラヒラは苞でした。本当の花は中心部のクリーム色部分で、別の木ではこれがまだ蕾のものもありました。咲き始めだったようです。

<補注> 上記内容で「本当の花は中心部のクリーム色部分」というのは問題のある表現であることがわかりました。この五角形の白いパーツは萼であって、ブーゲンビリアにはいわゆる「花びら」はないのだそうです。(2010年9月28日)

2005年のきょうセイヨウノコギリソウ> 2004年のきょうヒョウタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

6月29日(木) ノカンゾウ

060629nokanzou_b2年前にヤブカンゾウを載せたとき、このノカンゾウと見比べることができるようにしたいと思っていました。ようやく願いを叶えることができました。
暑苦しいみかけのヤブカンゾウに比べると、色は同じでも、一重のこちらはかなりスッキリ見えます。園芸種であるヘメロカリスにも近いイメージです。
この写真の花はヤブカンゾウとほぼ同じ橙色ですが、別の場所ではキスゲのような黄色っぽいものや、逆にもっと赤いものも見ていて、色の変化は大きいようです。

<補注> 花のしくみに触れたのはこちら、冬に実が枯れた様子はこちら、新しい芽吹きの姿はこちらです。

2005年のきょうボケ> 2004年のきょうボタンクサギ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

6月28日(水) キンレンカ

060628kinrenka_b嫌いな訳ではないのにご縁がなかったキンレンカです。このブログに今ごろ初登場、「増補版」の方にも収録していませんでした。
かなり基本的な花なのに、どうしてこういうことが起こるか不思議ですが、世のなかというのはこんな風にいいことも悪いことも巡り合わせなのでしょう。
何でも味見したがるワタシなのに、食用花として有名なこれは未体験です。若い葉はおいしそうですが、花の中心がなにか咽喉にからみそうで、少し腰が引けています。

2005年のきょうミズキ> 2004年のきょうラベンダー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月27日(火) カリフォルニアローズ

060627california_rose_b撮ってはみたものの、その名前がさっぱりというのは日常茶飯です。しかし、その日のうちに名札つきの鉢を二度見かけるというのはかなりのレアケースでした。
なるほど、インパチェンスのバラ咲き品種といわれると、たしかに葉や蕾にインパチェンスそのままの姿が残っています。
しかし、○○インパチェンスなどとお手軽な命名をせず、カリフォルニアローズとしたのは種苗会社のヒットだったようです。バラの仲間かと親近感を持って買う人もいるかもしれません。同じ日に2カ所で見かけたほど売れているようです。

2005年のきょうタイマツバナ> 2004年のきょうヤブカンゾウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月26日(月) ヤポンノキ

060626yaupon_bヤポンノキという名前を知って最初に考えたのは、ヤポン=日本ではあるまいかということでした。But、これがまるで見当違い、英語の綴りはYauponでした。
葉はツゲ類を思わせますがモチノキの仲間で、春の白い花と初冬の赤い実がチャームポイントのようです。
花には間に合わず、枝にはその残骸とこんな青い実だけでした。不都合なことに出張先で見つけた木で、よほど幸運なら次に赤い実が撮影できるかもしれません。鳥さんに先んじられなければいいのですが…。

<補注> 赤くなった実を写せました。(2006年11月21日)

2005年のきょうガクアジサイ> 2004年のきょうモッコク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月25日(日) ベニバナ

060625benibana_b先週日曜に一番花をお披露目した紅花ですが、1週間経って少し賑やかになりました。8本育てていて、花は23個開いています。
最初に咲いた花は、画面の真んなかです。黄色い花から紅を取れるのか不思議でしたが、しっかりと赤い色素を含んでいました。
摘み取りごろは後ろに見えている少し赤みがさした段階のようです。染めを試すには量が少なすぎるし、さてどうしたものでしょう。迷っているうちにみんな枯れてしまうのがオチかもしれません。

<補注> 後日、ハンカチを染めてみました。結果はかなり渋い色になりました。

2005年のきょうシロシキブ> 2004年のきょうハマナス

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月24日(土) ラッカセイ

060624rakkasei_b1花でも実でもない分際を、こんなところに出してしまいます。去年、生で求めた落花生を二莢だけ取っておいて、連休明けに半分冗談で鉢に埋めたら、そのうちの一つが芽を出してくれました。
なにせ狭い鉢でこのままうまく花をつけ、実が成ってくれるか不安なので、とりあえず発芽成功の記録です。
二莢のうち、一つは割り、一方は殻のまま埋めました。芽が出たのは殻つきの方でしたが、あとで調べたら剥いて植えるのが正解でした。これ、ド根性落花生です。

<補注> とりあえず花が咲くところまで育ちました。(2006年7月20日

2005年のきょうセイヨウバクチノキ> 2004年のきょうアカツメクサ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月23日(金) シュッコンカスミソウ

060623syukkonkasumi_bひと月前に「一年草の方が本来の霞草」と大見得を切った関係上、このシュッコンカスミソウは早めに載せたいところでした。しかし、切り花は花屋さんにいつでもあるのに、露地の根付きを見かけることはありませんでした。
おお、これこれ!とうれしい撮影です。
しかし、こうして「ふつう」に生育しているのを見ると、花はけっこうマバラだったり汚れていたりして、写真の構図を決めるのに苦労しました。商品として店に並ぶ霞草は、きっとハウスで大事に育てられるのでしょう。

<補注> この写真は花が八重タイプでしたが、一重咲きのシュッコンカスミソウはこちらです。(2013年5月28日)

2005年のきょうキョウチクトウ> 2004年のきょうヨウシュヤマゴボウ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月22日(木) ゴウダソウ(ルナリア)

060622goudasou_b見つけたときに思わず声を出してしまう植物があります。先日はカラスビシャクに「ここにいたのォ」とつぶやいてしまいましたが、このゴウダソウには「は…ぁ?」と間抜け声を漏らしてしまいました。
カラスビシャクのように探したあげくのうれしい出会いと違い、完全に虚をつかれて、その姿に目をパチクリです。
つくづく不思議、なぜ、どうして、へえー、とかブツブツ言いながら写真を撮りましたが、この実が熟したときの様子やあるいは花どきの姿など、ぜひとらえたいものです。

<補注> 熟した実はこちら、春の花はこちらです。

2005年のきょうスカシユリ> 2004年のきょうヤマモモ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

6月21日(水) ツキヌキニンドウ

060621tukinuki_b閉塞感のあるサムライブルーも、これを見習って「突き抜け」たらどーなんだぁ!!、と叫びたいですねえ。
なぜ、こんなふうに突き抜けたのか(本当は両側の葉が合着したのですが)、それがどういうメリットがあるのか、考えるだに不思議です。
訪問してくれた虫さんたちが一休みできるよう、テラスを設けました…なんていうおもてなしの心だったらステキです。
あ、話は戻りますが、お隣の赤いチームが調子いいのは、やっぱりこのツキヌキニンドウの赤にあやかっているのでしょうね。

2005年のきょうアンズ> 2004年のきょうハンゲショウ

| | コメント (2)

6月20日(火) マリアアザミ

060620mariaazami_b冬に、その葉の色合いと大きさに惚れて、花のない写真を掲載してからちょうど半年です。秋に咲くのかと思っていた花を、もう見ることができました。
ロゼット状に伏せていた葉が高く立ち上がり、遠目には緑の塚のように見えます。その緑のなかにボンボンと紫色の塊りが目立ちます。
花は大きいし、トゲも鋭いし、葉の色もおどろおどろしいし、まさに迫力です。ただ、冬に感じた凛とした美しさは薄れた気がします。このような強烈な個性を持つ葉には、なまじっかの花は単なる邪魔者にしかなりません。

2005年のきょうムラサキシキブ> 2004年のきょうアガパンサス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月19日(月) サクラ(染井吉野)

060619someiyosino_bきのうに続いて山形関連話題になりますが、またまた今年もサクランボがやられたそうで、なんと50kgも! あまりと言えばあまりです。
値段にして12万円相当と聞くと、うわ高い!と思う反面、12万円でもし捕まったら合わないだろうなとか、余計なことを考えてしまいます。
そんな難儀なおいしいサクランボに比べると、近所の染井吉野は呑気なものです。今どきは鳥さんさえこんな酸っぱ苦いのは嫌いなのでしょうか。おかげでカラフルな景色をのんびり楽しむことができました。

2005年のきょうコムラサキ> 2004年のきょうコムラサキ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月18日(日) ベニバナ

060618benibana_b山形は小生にとって仕事上の聖地でありますゆえ、畏敬の念を持ってそのシンボル的存在である紅花の栽培に取り組んでみました。
3月12日に種を直播しました。10日後には芽を出し、1カ月後には双葉を広げました。それからグングンのびて、草丈は今60㎝以上です。
昨日帰宅したら、夕闇にくっきりと一番花が! 今朝も光量は不足ですが、速報ですのでご容赦です。紅花にはトゲのない種類もあるそうですが、これは本来種であるイガイガのタイプです。

<補注> この自宅栽培のベニバナが赤く色づいたのはこちら、その花で染めをしてみた結果はこちら、ベニバナ畑が満開の様子はこちらです。(2013年6月15日)

2005年のきょうマツバギク> 2004年のきょうサルスベリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月17日(土) ローズゼラニウム

060617rose_geranium_b葉をつまんだときの香りは、バラ(ローズ)というよりはレモンに近いと思えるのですが、名前はローズゼラニウムです。
玄関脇に蚊遣りのために置いてあるのに、この鉢の回りを蚊が飛んでいることもしばしばなので、効果には疑問符三連発です。
しかし、成長だけは良くて、どんどん大きくなるので、摘んだ葉っぱ30枚ほどをお風呂に入れてみました。ふーん、爽やか、いい香り、と思ったのも束の間、水面を漂ってきた葉が肩や腕に触れて痒いこと…。ほかの活用法を考えなくてはなりません。

2005年のきょうカツラ> 2004年のきょうシロタエギク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

6月16日(金) ハタザオキキョウ

060616hatazaokikyou_bそれはシルクドソレイユのステージでした。垂直に立てた鉄棒に両腕(両手)だけでスルスルと昇り始めた人が、いきなり鯉のぼりポーズを決めたのです。
ショックでした。その日以来、人間鯉のぼりに憧れて筋トレをしているのですが、5年たった今もピクリとも決まる気配はありません。
あ、そんな情けない話ではなくて、きょうはハタザオキキョウの紹介なんですが…。どうしたって、出演メンバー全員が鯉のぼりを決めたシーンに見えて仕方ないのです。

2005年のきょうバショウ> 2004年のきょうオシロイバナ

| | コメント (2)

6月15日(木) ハナキササゲ(オオアメリカキササゲ)

060615kisasage_b7~8mはある大きな木の下が賑やかでした。まずは盛大に咲いている白い花が目につきます。桐のそれと、大きさ・形はそっくりです。
次いで華やかな香りが賑わいを加えます。仕上げは大小各種の蜂の羽音です。目と鼻と耳と、多元的に刺激されて、お祭りに似た幸福感を味わいました。
8月後半にはササゲと言われるとおりの実をブラブラさせます。花と葉が桐を思わせるのですが、樹皮がまるで違うので、いわゆる他人の空似なのでしょう。

<補注> 枯れた実から種が覗いている姿はこちらです。(2008年3月8日)

2005年のきょうシャクヤク> 2004年のきょうハキダメギク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月14日(水) ヤエドクダミ

060614yaedokudami_bハタザクラ(このブログ開始の動機になった桜)の旗が八重志望のオシベなせいか、本来は一重なのに八重を目指した花には親近感を覚えます。
そんな訳で、ヤエドクダミに出会えてものすごく喜んだのですが、帰宅後にこの八重のメカニズムを調べたら裏切られてしまいました。
ドクダミの花びら(に見えるもの)はそもそも苞で、八重の方もシベの変形ではなく、この苞なのだそうです。そう言われてよく見れば、右の花の最下部には緑色を残したひとひらがあって、その出自を示していました。

2005年のきょうブナ> 2004年のきょうガクアジサイ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月13日(火) カシワバアジサイ

060613kasiwabaajisai_bふつうの手鞠咲きアジサイに比べると、このカシワバアジサイは花穂の大きさはそのままに、縦にのびるので目立ち度抜群です。
花穂の丈は小さくても20㎝、大きいのだとゆうに30㎝を超えます。自分の重さでだんだんに傾いてしまうのがご愛嬌というか難点というか…。
この花を見て、「ああっ、融けちゃう!」とソフトクリームを連想するのもいいし、アジサイらしくない美しい紅葉を思い浮かべるのも、いい消夏法です。

2005年のきょうウメモドキ> 2004年のきょうムクゲ

| | コメント (2)

6月12日(月) ムシトリナデシコ

060612musitorinadesiko_bほぼ雑草っぽく空き地にあるのを見かけます。いざ写真にしようとすると、花が疎(まば)らでむずかしいのですが、群生していると一面ピンクに見えてきれいです。
面白いのは、茎の茶色くなっている部分です。触るとネバネバするし、ときどき小さな蚊がついています。
本当は、茎を這い昇ってくる虫を防ぐ目的でしょう。褒美の蜜は交配を助ける蝶にだけあげて、余計な虫には取られないように、という、かなり意地悪な作戦です。

2005年のきょうクリ> 2004年のきょうクチナシ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

6月11日(日) ホオズキ

060611hoozuki_b先週から始めたスケールの併載ですが、きょうはお休みです。早くも形をなしているホオズキの実を写し込むことができたし、おまけに自分の指まで入っていますから。
で、この左手が何をしているかと言うと、頑固にうつむいて顔を見せてくれない花を引き起こしている訳です。
もう徹底的に下向きに咲く花で、しかも草丈は低いので、こんな強引な手段となりました。結果、片手撮りのブレ写真みたいになりましたが、じつはそれほどブレてはおらず、花そのものがややボケ味(毛深い)なのでした。

2005年のきょうアカンサス> 2004年のきょうナツツバキ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月10日(土) ブドウ(ヨーロッパブドウ)

060610budou_b花も実もある人生さ、などと簡単に言ってくれますが、それってじつに欲張りなこととあらためて感じさせてくれるブドウの花です。
雌シベと雄シベしかないので、まったく花に見えません。今年こそ、と近所の棚を見張っていましたが、肩透かしを食ってしまいました。
花びらは開花と同時に落ちてしまうのだそうですが、それって単なるシベの保護材ということです。そう言えばお米の花もしょぼいし、お酒の元になる実は洋の東西を問わず質実剛健路線なのかもしれません。

2005年のきょうシャグマユリ> 2004年のきょうタイサンボク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月9日(金) プリベット(ヨウシュイボタ、セイヨウイボタ)

060609privetプリペットとかプリベッドなど、ネット上では紛らわしい表記(ペ:ベ、ト:ド)が目につきます。しかし、本来の英字綴りはPrivetで、簡易な英語辞書にも「西洋イボタノキ、常緑低木、垣根用」などと出ています。
ですから、カタカナにしたらプリベットだろうと思うのですが、検索したら「ベット」派547件に対し「ペット」派はなんと25,200件!でした。
うーん、長いものに巻かれるべきか、正確な発音にこだわるべきか、とハムレットしているオジサンをあざ笑い、清楚な花で垣根を美しく飾っているPrivetなのでした。

2005年のきょうサルビア・グアラニチカ> 2004年のきょうネムノキ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

6月8日(木) ウラジロチチコグサ

060608urajirotitikogusaきのうタケニグサをあげたら、これもぜひ載せたくなりました。スケールはぜんぜん違いますが、茎の美しさがよく似ています。
本来は、このウラジロチチコグサを登場させる段取りとしてまず母子草があり、その次に父子草がきて、それから変形裏白バージョンというのが順当でしょう。
と言いつつ、それらをすっ飛ばして好きなものだけ出すという所業を非常に反省…していませーん(笑)。頭部にある花も無視して、清々しい白だけに注目しています。

2005年のきょうモミジルコウ(ハゴロモルコウソウ)> 2004年のきょうナンキンハゼ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月7日(水) タケニグサ

060607takenigusa_bこれはとても懐かしい思いのする草です。まだ、今ほどは植物趣味に入り込んでいなかったころに、それでも散歩で見つけたこの草がやけに気になって、机の脇に写真を貼り付けておいたものでした。
調べ方もよく知らず、横目で眺め続けて数年経ったとき、ヒョンなことでタケニグサの名が判明したのです。
竹に似た草=じつに単純明快で、茎の清涼感にピッタリです。この名を知って以来、ますます好きになりました。花なしでも美を感じさせる力、見習いたいものです。

2005年のきょうヒメシャラ> 2004年のきょうオオカナダモ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月6日(火) シモツケ

060606simotuke_bこの花がもし上野(こうずけ)という名だったら、印象はずいぶん違うはずです。
吉良さん&群馬ゆかりの方々には申し訳ないのですが、歴代の敵(かたき)役俳優の憎々しい演技力のおかげで、潜在的なアンチ上野心理というものが、我々には形成されているような気がします。
シモツケの名は、はじめに下野の国で発見されたからと言いますが、それがこの花の身についた幸運なのでしょう。また、この名の音の優しい響きに飾られて、花は一層可憐に目に映ります。

2005年のきょうホタルブクロ> 2004年のきょうサンゴジュ

| | コメント (3)

6月5日(月) カラタネオガタマ

060605karataneogatamaええーィ、貧乏人めィ、500(円)でもダメってかァ。よーし、こうなりゃ俺も男だ、300、たったの300だ、持ってけドロボー!!
というバナナの叩き売りの啖呵が懐かしい世代です。そんな夜店の思い出を蘇らせてくれるオガタマの花の香り、本当にバナナの香りそのものです。
下卑(げび)た思い出とつなげてしまいましたが、オガタマの名は神霊の拠りどころとされた証です。本来のオガタマノキ(日本固有種)はもっと花がやさしい形で白く、写真のものはカラタネオガタマ(中国原産)で別種です。

2005年のきょうスイセンノウ> 2004年のきょうフィーバーフュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月4日(日) イイギリ

060604iigiri_b三年連用日記の真似ごとに続いて、いいことを思いつきました。撮影者以外にはわかりにくい被写体のサイズを、だいたいですが示すしかけ(画面左下)です。
そして、スケール採用第1号の名誉はイイギリとなりました。今年正月二日には、その木の巨大さと赤い実のことを紹介しています。
実のつく位置が高すぎることから、花の撮影は半ばあきらめていました。思いがけなく、手の届くところまで垂れていた枝に随喜の涙です。空からは、この幸運を祝福する花が降り注いでいました。

2005年のきょうチェリーセージ> 2004年のきょうノウゼンカズラ

| | コメント (8)

6月3日(土) シロバナシラン

060603sirobanasiran_b矛盾や撞着というものは世の常であって、そんなものをいちいちあげつらっていたら息苦しくって生きていけないよ、なんて思いながらも、いやいや、ここまで豪快にやられてしまうと苦笑いです。
シロバナシラン、耳ならスッと通りますが、文字にすれば白花紫蘭、白い紫とはこれいかに、となってしまいます。
という言いがかりで本人は傷つくのか、きっちりきれいな花に出会えません。こまかく見るとどこかしらに傷があり、自己矛盾に葛藤する貴公子に見えてしまいます。

2005年のきょうハナザクロ> 2004年のきょうカリフォルニアポピー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月2日(金) オリーブ

060602olive_bオリーブが花の盛りを迎えています。今まで、葉や枝振りからオリーブの木の見分けはできても、実と花にはご縁がなかったのに、去年の秋に実を見つけた勢いで、花のチェックもバッチリできました。
どんな素敵な花かと期待していたら、あれまあモクセイがしくじったみたい…と思うのは期待をしすぎていたせいでしょう。
見かけ論議はさておき、オリーブは雌雄別株ではないのに自分だけでは受粉できないという厄介な木です。写真の木は仲間に恵まれていたので、秋にはもう一度楽しむことができるでしょう。

2005年のきょうハクチョウソウ> 2004年のきょうユリノキ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月1日(木) ユスラウメ

060601yusuraume_b出したいネタは目白押しなのに、二度目の登場をさせてしまうところが我がままブログの特権です。ユスラウメ、本当に好きなんです。
名前が好き、花が好き、彫りの深い葉が好き、そして完熟した実の深い赤がたまりません。ついでに今年は熟す前の少し固そうな実にも惚れてしまいました。
さらにお味もなかなかイケるのです。三拍子揃った美人とか言いますが、ユスラウメのパーフェクトさは東西無双でしょう。ア、あくまでワタシ的にではありますが…。

2005年のきょうカルミア> 2004年のきょうソメイヨシノ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »