« 4月8日(土) ムシクサ | トップページ | 番外編 : はたさくらまんじゅう »

4月9日(日) レンギョウ

060409rengyou2畑脇の道を自転車で走っていたら、妙な姿が網膜に残ったのであわててバック・バックです。誰かが酔狂にこんな姿にこしらえたわけではなく、ほかの枝もかなり盛大に垂れていました。
レンギョウにはチョウセン連翹・シナ連翹という仲間があるのですが、この枝垂れ方は純正(?)の証です。
支那はほぼ垂れず、朝鮮もこれほどには湾曲しません。あとは花を見れば、連翹の裂け方が一番浅く、ほかの二つはもう少し深く割れ、やや鋭角的な雰囲気があります。

<記事内容の訂正および追加 (2011年4月27日)>
上の写真を見ると、花と葉が一緒に出ています。レンギョウかどうか怪しい疑いが出たので、今年、同じ場所に行ってみました。枝の髄、葉の鋸歯などの特徴から、これは残念ながらチョウセンレンギョウだったことがわかりました。
そこで、上の記事は訂正し、古い写真(下、2005年撮影)ですが、こちらは純正レンギョウだと思うので、追加掲載しておきます。
060409renngyou_hanaシナレンギョウは開花と葉の展開時期が極めて接近しているのに比べ、ふつうのレンギョウとチョウセンは花がピークを終えてから葉が出始めます。したがって、このように「まっ黄色」を楽しむことができます。
そんな花だけのときにふつうのレンギョウとチョウセンを比べると、「ふつう」の方が花弁の裂け方が浅く、かつ一枚の裂片が丸々と太めです。

|

« 4月8日(土) ムシクサ | トップページ | 番外編 : はたさくらまんじゅう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28801/9499842

この記事へのトラックバック一覧です: 4月9日(日) レンギョウ:

« 4月8日(土) ムシクサ | トップページ | 番外編 : はたさくらまんじゅう »