« 4月10日(月) ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ) | トップページ | 4月12日(水) アンスリウム(オオベニウチワ) »

4月11日(火) ゲンゲ(レンゲソウ)

060411renge_bきのう載せたヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)と色合いがかぶってしまいました。ゲンゲ、いわゆるレンゲソウです。
二つが似ているのは花色だけでなく、マメ科特有の花の形もそっくりです。背丈や羽状複葉の姿も似ているし、根に根粒バクテリアのこぶがあることも共通の特徴です。
それなのに、片やどこにでも跋扈して邪魔もの扱いにされ、こちらは郷愁を誘う稀少種として珍重されます。やはり控えめが美徳という教訓なのでしょうか。

|

« 4月10日(月) ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ) | トップページ | 4月12日(水) アンスリウム(オオベニウチワ) »

コメント

レンゲソウって上から見るとこんな形だったのですね。
小さい頃、ひとつずつ花びらを抜き取って
口にくわえるとほのかに甘かったです。
レンゲのじゅうたんの上に座って、
冠?首飾り?をつくったこともあるような・・・

投稿: ブリ | 2006/04/11 21:35

ふふ、「蜜蜂ブリちゃん」ですね。
この辺ではレンゲの首飾りはもう大変な贅沢品(笑)になってしまいました。

投稿: はたざくら | 2006/04/12 07:33

”げんげ”懐かしい言葉ですね。小学生のころよく、この花の咲く田圃で遊びまわりました。しかし、今ではこのような田圃をあまり見なくなりましたね。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/04/12 16:12

ふーん、ぴょんぴょんさんは「ゲンゲ」と呼んでいらしたんですね。
たぶん地域ごとに呼び名が違うのでしょうが、ワタシは「レンゲ」地域育ちのようで、どうにもゲンゲがなじめないでいます。ゲンゲ・レンゲ分布図なんていうのがあれば面白いですね。

投稿: はたざくら | 2006/04/12 18:52

日本で最も多く用いられるのはレンゲで、次がゲンゲ。 ゲンゲは地方において老人が多く用い、若い人はレンゲを用いるそうです。

http://www.nihonrengenokaisatoyoshihiro.jp/saibaikanri.pdf

投稿: Reny | 2012/04/11 10:36

Renyさんへ:
これはまた古い記事にご助言をありがとうございます。
たしかに志木のあたりでもレンゲと言いますが、
標準和名優先という自分ルールに縛られて、タイトルをゲンゲにしました。
そのくせ、この草を見つければ、「お、レンゲ!」と
心のなかでつぶやいているんですけどね(笑)。

投稿: はた衛門 | 2012/04/11 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28801/9532068

この記事へのトラックバック一覧です: 4月11日(火) ゲンゲ(レンゲソウ):

« 4月10日(月) ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ) | トップページ | 4月12日(水) アンスリウム(オオベニウチワ) »