« 2月4日(土) コウヤボウキ | トップページ | 2月6日(月) アリドオシ(実つき) »

2月5日(日) アリドオシ

060205aridoosi_b悪戯で楊枝を刺しまくったように見えるアリドオシの枝です。棘の長さは1㎝ほどで、実際には小さな木です。
千両・万両、有り通し…という洒落で、盆栽の三点セットにして床の間の正月飾りにされる縁起ものです。
本当は「蟻をも通す」という残酷な名前なのに、今ではすっかりめでたい木として珍重される存在です。そんなアリドオシを今ごろ載せ、かつ肝心の実はなしという体たらくでは、今年も我が家は金運には見放された一年になりそうです。

<補注> 実をつけた姿は次の日に掲載しましたが、もう少しきれいな姿はこちらです。(2013年2月13日)

|

« 2月4日(土) コウヤボウキ | トップページ | 2月6日(月) アリドオシ(実つき) »

コメント

おお! 「一両」ですね。
いいなあ。私はまだ身近で見たことがありません。
今後の、花 → 実 の続報を楽しみにしてます。(^^)

投稿: waiwai | 2006/02/05 07:30

前に住んでいた団地の駐車場の垣根として、このアリドオシが植えてありました。そのときは、このトゲに引っかかってしまって、覗きか、ドロボウヨケに植えたのかな~と思っていたのですが、昔は「金が有る」ってことで、縁起物だったんですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2006/02/05 07:35

一両ってどんなんやろ?って思ってたんですよ。
こんなトゲを持った魅力的な姿をしてたんですね~
探す楽しみが増えました♪
って、そうやすやすとは見つかりそうにないですね。

投稿: ちょびママ | 2006/02/05 09:30

waiwaiさんへ:
あれまあ、waiwaiさんが見ていないとは意外でした。
確かにレアものですが、waiwaiさんのリクエストにお応えして、実つき状態を探してきましたよー。

ぴょんぴょんさんへ:
へええ、アリドオシの垣根なんて、ものすごい貴重品ですね。千両・万両と交互に植え込んだら、景気よさそうですね。

ちょびママさんへ:
いえいえ、ちょびママさんの探索力なら、きっと「はっけーん!」は近いのでは…。
花のころまでに見つかるといいですね。

投稿: はたざくら | 2006/02/06 05:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月4日(土) コウヤボウキ | トップページ | 2月6日(月) アリドオシ(実つき) »