« 2月3日(金) ソヨゴ | トップページ | 2月5日(日) アリドオシ »

2月4日(土) コウヤボウキ

060204kouyabouki_b頬に紅をさすときに、こんな刷毛を使いそうです。コウヤボウキの花後の姿です。
紅が移ったパフのように見えるのは冠毛なのに、遠目にはピンクの花かと思うほどです。種が成熟して、冠毛が風に吹かれるころにはこの赤みが抜けて白練色になって、それもまた美しいものです。
こんな姿になる前の花の姿も秋にとらえてあるので、増補版にリンクさせようとしたら未収蔵でした。11月以降の整理が遅れているのを思い出しました(汗)。

<補注> 開花時の様子はこちらです。

|

« 2月3日(金) ソヨゴ | トップページ | 2月5日(日) アリドオシ »

コメント

これはまた紅色が濃いですね。
私も昨年の12月、八国山で見ましたが、ここまで濃くなかったです。
ああ、そのときの写真、まだ整理中。(^^;

投稿: waiwai | 2006/02/05 07:25

確かに、ちょいとめずらしいくらいの色づきでした。
よそのはこれほどの色はないので、たぶん運がいいのだと思います。
あ、waiwaiさんも…、がんばりましょう。

投稿: はたざくら | 2006/02/06 05:31

初めまして
とても素敵ですね!
今日コウヤボウキの花後をアップしようと調べていましたら、少し前はこのようにきれいだったのかとびっくりしています。今は白というかうす~い茶色ですね。
私の記事の中にこちらの画像をリンクさせていただきたいのですが、いかがでしょうか?叶いますでしょうか

投稿: 池田姫 | 2007/01/25 12:53

池田姫さんへ:
はじめまして。ようこそ。
リンク、歓迎です。どうぞお使いください。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: はたざくら | 2007/01/26 06:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28801/8493804

この記事へのトラックバック一覧です: 2月4日(土) コウヤボウキ:

« 2月3日(金) ソヨゴ | トップページ | 2月5日(日) アリドオシ »