« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

1月31日(火) ヤダケ

060131yadake_bふだん目にする竹のほとんどは孟宗竹で、これに真竹ハ竹を加えると、日本に生える竹の99%になってしまうそうです。量的にはこうなるのでしょうが、困るのは残りの1%が多種多彩なことです。
先月載せた金明孟宗竹も有名だし、このヤダケは歴史的にも忘れられない存在です。
文字どおり「矢」の原料ですが、思いのほかの太さ(1.2~1.3㎝)です。もう少し若い(細い)のを使うのかもしれませんが、しかしこんなのが刺さったらヤダケー…、、。

<補注> ヤダケは生長しても桿に皮が残るため、「竹」とは言っても分類的には「笹」だそうです。ただ、こうして立派に「竹藪」を作っていると「草」とは思いにくいので、掲載カテゴリーは「草もの」と「木もの」の両方にしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1月30日(月) マンサク

060130mansaku_bおっとビックリ!でマンサクの開花を撮ることができました。梅や蝋梅が去年よりずっと遅れ気味なので、完全に油断していました。
同じ木の一番花を去年レポートしたのは2月15日です。その記事には「サンシュユが先にほころんでいた」とありますが、今年はこの順序も逆転です。
きのうのお昼は蕎麦をいただいたのですが、なんと店の庭先(屋外)でせいろをたぐってしまいました。雪に覆われている方々には申し訳ないほど、もう春の一日でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

1月29日(日) ニシキギ

060129nisikigi_b美しい紅葉に埋もれて見過ごされがちだったニシキギの実も、この冬の「残り実現象」のおかげで、まだこんなに目立っています。
しかし、実だけに注目させてはならじ、と言っていそうなのが枝の翼です。本来の主役(紅葉)不在の間の脇役同士の鍔迫り合いの図になりました。
機械や建築物で、補強の目的で主材や接合部にこういう羽を使いますが、ニシキギの枝にねじれやたわみを防ぐ必要があるとも思えません。どんなメリットがあるのか、いつも考え込んでしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月28日(土) ダイオウショウ

060128daiousyou_bパンクっていうんですかね、こういうヘアスタイル。古いところでは、歌舞伎の地雷也がこんな髪でハッシと見得を切りますが…。
ふつうの松の3倍以上は優にありそうな長い葉が立派ですが、名前もそれに負けないくらいの貫禄でダイオウショウ(大王松)です。
この長~い葉ですが、長さだけでなく数も変わっていて3本1セットです。2本一組のふつうの松以外には5本一組のゴヨウマツ(五葉松)がありますが、こうなると4本セットのものがほしくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月27日(金) ヒノキ

060127hinoki_bこんなボタン、ありますよね。生成り色の太い毛糸で編んだ北欧風のカーディガン、そこについているあれです。
大きさは、あのボタンの半分程度ですが、ヒノキの実はなかなか目立ちます。こうして数がたくさんつくせいもあるし、葉の緑とのコントラストが鮮やかなことも目をひかれる理由でしょう。
樹形や葉が似ている針葉樹にサワラアスナロがありますが、残念ながら実はここまで大きくありません。さすがにヒノキ、その材だけでなく実までが立派です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月26日(木) チンゲンサイ

060126tingensai_b少しは落ち着いたようですが、野菜の値段が話題でした。キャベツ食べ放題のお店をからかいに行こうと思いつつ、こういうときに限って時間がなくて…。
で、今ごろになって近所の畑をパトロールしてみたら、雪に埋もれたあとにもかかわらず、立派に青々していました。チンゲンサイです。
ミネラル豊富で、健康増進・ストレス解消にも効き目ありという優等生の野菜です。丈夫さが確認できたし、サイズも手ごろだし、プランターで育ててみたくなりました。

| | コメント (2)

1月25日(水) ウツギ

060125utugi_bどこのチャネルも、寄ると触るとあの暑苦しい顔ばかり映し出してかなわんなァ、と思っていたら、おや、平常番組を続けている局があります。なるほど、フジTVでした(苦笑)。
そんなお困り中の会社を応援しようと、ウツギの登場です。なんだかあのマークそっくりに見えませんか。
花弁はバラバラ散ってどうにも扱いにくいのですが、その芯が残ってこんな造形になりました。あのマークがなかったときなら、つい見逃してしまったかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月24日(火) トキリマメ

060124tokirimame_bきのうは情けないミスをしてしまい、やや悲しみモード中ですが、逆にちゃんとチェックしていただけていることがわかったうれしさも半分です。
そこでこの際、よくわからないでしまっていたものを出すことにしました。10日ほど前に笹薮のなかで見つけた、殻が3㎝ほどの豆です。
一瞬、ゴンズイの実が落ちているのかと思いましたが、しっかり蔓があります。タンキリマメかと思いますが、対抗馬のトキリマメとは葉で見分けるらしく、この時期はその手がかりがありません。もし、実での見分けをご存知の方がいたらお教えください。

<後日訂正> 豆の大きさを頼りに、暫定でタンキリマメとしました。しかし、追跡調査の結果、葉の先が尖っていることからトキリマメであることが判明しました。記事はそのままに、タイトルを変更いたします。(2006年9月13日)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月23日(月) モミジバフウ

060123momijibafuu_b思い込みというのは怖いもので、空中でプラプラしている実を見てスズカケノキ(プラタナス)だと考えた瞬間、もう素直に調べるということを忘れてしまいました。
幸いにも、すぐに「りんだうさん」からモミジバフウの実ではないかとご指摘をいただきました。コメントを読んだ瞬間に自分の間違いに気づきました。大反省です。
060123momijibafuu_b2地面に落ちていた実は、鳥の嘴のような殻が特徴的で、こんな写真も撮っていたのに、情けないことをしたものです。
秋にはこの場所が真っ赤な天蓋で覆われたことも思い出しました。木肌もまるで違います。見えていて見えない、ということが増えてくる年頃、今回の間違いはいい薬になりました。(2006年1月24日・記事差し替え)

<補注> 若葉のころのようすはこちらです。

| | コメント (2)

1月22日(日) サンシュユ

060122sansyuyu_b昨夜は信州から帰宅したのですが、東京へ向かうにつれて景色が白くなるという珍奇な体験を味わえました。
その降雪前の撮り置きで、きのうのガマズミに続いて「赤」シリーズです。ガマズミよりもやや干からびていますが、サンシュユの実もしっかりと木に残っていました。
去年は花の時期まで残っている実の写真を貴重品扱いして『蔵』に入れましたが、今年はそんな木をたくさん見ることができそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月21日(土) ガマズミ

060121gamazumi_bきのう予告したように、お花写真はついに力尽きました。でも負け惜しみを言えば、いったんお花を休んでもこれを載せたいくらい感動してしまったのです。
ずいぶん離れたところからでも、いぶかしく思えるほどの赤い塊が揺れていました。紛れもなくガマズミです。
実が枯れ切らずにこれだけきれいに残っているのは、12月の急な寒さが影響しているように思います。ただ、なぜ鳥が食べてしまわないのかが謎です。寒すぎて鳥は暖地に退避したのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月20日(金) カンツバキ

060120kantubaki_b真冬の1月を何日続けてお花写真で飾れるか、密かな楽しみでした。しかし、カンツバキが出てくるようでは、どうやらそろそろネタ切れです。
サザンカや早咲き椿に紛れて、いつ咲き出していたのか、記憶があやふやです。花色もこれ以外は見かけないので、どうにも地味系のイメージです。
しかし、先日都下でタチカンツバキと札のついた木を見かけました(撮影できず・花色は同じ)。甘く見ていた寒椿ですが、もう少し勉強しなくてはいけないようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月19日(木) スイセン

060119suisen_b枯色ばかりの1月をどう乗り切るか、2回目の冬になるこのブログの大きな問題だったのですが、なんの、5日連続で花の情報を載せることができました。
ただし、水仙は早咲きのものを11月末に取り上げたので、ややズル気味です。種類をきちんと見分けることがまだできないでいます。
今回のものも11月のものも、形や花のつき方(1茎に複数咲き)からニホンスイセンと呼んでいいと思います。なのにこれだけ開花が違う、その奥深さがたまらぬ魅力です。

| | コメント (3)

1月18日(水) ホトケノザ

60118hotokenoza_c草花に興味を持ち始めたころは、このホトケノザやオオイヌノフグリなどは早春に出会うものと思っていました。
教科書や図鑑でも「春」ものにされがちですが、去年ここにホトケノザを載せたのは1月30日でした。今年はさらに半月早い掲載です。
ウメやフユシラズは去年よりも半月遅れていると報告しましたが、こちらは逆に2週間ほど早まりました。自然の不思議のせいか、自分の老眼が進んで小さなものを見つけやすくなっただけか、原因はよくわかりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月17日(火) ヒメキンセンカ(ホンキンセンカ、フユシラズ)

060117huyusirazu_bきのうのウメに加えて、日曜に見つけたうれしい花です。
名前はとても勇ましくて「冬知らず」なのに、今シーズンはかなり「冬チビリ」君でした。ウメと同じく、前年より半月も遅い開花です。
夏にはいったん消えても、こぼれ種で育つ(一年草)らしく、いつもこの場所で見ることができます。道端なので、ワンちゃんたちに土をかけられ(ついでに○も・笑)て少しかわいそうです。寒さに耐え、泥汚れに耐え、それでも小さな花を明るく開くフユシラズ、サウイフモノ二ワタシハナリタイ。

<補注> 掲載当初、この草の名前をフユシラズと知りそのままにしていましたが、それは別名で、ヒメキンセンカ(またはホンキンセンカ)が正しいと知りました。記事はそのままに、タイトルを訂正します。(2015年3月3日)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月16日(月) ウメ

060116ume_bここ数日の暖かさで、紅梅がようやくほころび始めました。
前の冬は年の内から咲き出したので、正月三が日の記事を松竹梅で決めることができたのですが、それに比べたら2週間以上の遅れです。今か今かと待ちましたが、これがどうやらご近所第一号です。
秋にヒガンバナを見るときは、いつも自然のリズムの正確さを思い知るのですが、こうやって半月ほども前後する梅や桜を考え合わせると、草木もそれぞれだなと妙な感心をしてしまいます。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

1月15日(日) ブラキカム・マウブディライト

060115burakicum花びらに飢える季節には、こんな寂しげな花壇にも吸い寄せられてしまいました。
ブラキカム・マウブディライトという園芸名ですが、マウブは紅紫色を指すようです。春になれば名前どおりの美しさで咲くので、あまりに早過ぎた登場にご本人は不満かもしれません。
ふつうにブラキカムと呼んでいるものは葉がもっと繊細ですが、マウブディライトの方は春菊を思わせるような丈夫さです。もう少し暖かくなって本来の咲き具合になったら再登場を願おうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月14日(土) ツルウメモドキ

060114turuumemodoki_b生け花でよく使う素材です。お師匠さんからその名前を教えてもらった人が「スルメモドキ」と覚えてしまったとぼやいているサイトがありました。
うーむ、聞く人が早とちりなのか、お師匠さんの活舌が悪いのか。ただ、どう考えてもスルメに結びつくところはないとは思いますが…(笑)。
名前の元であるウメモドキは近所の庭先でも見かけます。ただ、「ツル」となるとややワイルドです。この写真も、崖の途中のこれ以上近寄れない場所で撮りました。

| | コメント (2)

1月13日(金) クヌギ

060113kunugi_b枯れ枝に綿ボンボリを飾ったような景色に出会いました。クヌギの大きな木です。
一枚残った枯葉と比べると不思議物体の大きさがわかりますが、テニスボールをひと回り縮めた感じです。春には花に先駆けてこれがピンクに色づいて美しいのですが、もはやその面影はありません。
いろいろな木に虫こぶがつきますが、このボンボリの名はクヌギハナカイメンフシでした。気持ちの悪い見かけの虫こぶが多いなか、これはやや楽しい部類の姿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月12日(木) センダン

060112sendan_bやや拍子抜けの暖かさが続き、空も穏やかな青さです。こういう空にはこのセンダンの実がよく似合います。
葉が繁っているときには見分けにくい木でも、今の時期なら発見が簡単です。寺の境内、野原のなか、民家の庭、山の際、意外なほどあちこちで見つかります。
この時期のうちに枝ぶりが低く降りているものをマークしておいたら、去年は春になってあの藤色の繊細な花が咲いたとき、ワタシの小さなカメラでも思いのままに接写することができました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

1月11日(水) イブキ(ビャクシン)

060111ibuki_b1生垣でおなじみのイブキです。春夏秋冬、おんなじ顔をしているから、いつ載せようか悩ましいですが、ということは素材に苦労する今こそが出番でしょう。
060111ibuki_b2見慣れた木ではありますが、よくよく見れば「ヘエ60点」くらいの不思議はあるもので、2枚目の写真に注目してみます。
ふつうはウロコ状の葉(写真右側)なのですが、ときどき杉の葉に似たトゲの鋭い形に変化することがあります。刈り込まれた部分に発生するようで、「痛いじゃないかよ!」とイブキが怒っているみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月10日(火) ハナツメクサ

060110sibazakura_bまだ1月だというのに、これは紛うかたなきハナツメクサ(芝桜)です。この花壇に限らず、あちらこちらで見かけます。
去年は3月になってから花の絨毯になったのですが、こんなに早くからは咲いていなかったような気がします。
狂い咲きかなと少しイブカシイのですが、本来が北米東北部原産の植物で、寒さにはかなり強いといいます。さてこのまま春に向かって咲き続けるのか、はたまたいったん小休止して出直しをするのか、なかなか観察の楽しみは尽きません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

1月9日(月) タマサンゴ(フユサンゴ)

060109tamasango_b自分ではこれをフユサンゴ(別名)と覚えてしまっていました。
で、今の時期なら問題ないのですが、夏でもこの実は見かけるもので、「いい加減な名前だ」と毒づいていたのです。知らないということは恐ろしいことです。
きょうを境に、本名でタマサンゴと呼んであげることにします。あるいは「龍の珠」なんていう別名も素敵です。『蔵』にはフユサンゴで収録してさんざん悪口を書いているので、早く直してあげなくてはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月8日(日) ヒメリンゴ

060108himeringo_b大きなザボンの次は小さなヒメリンゴにしました。寒風のなあか、完熟状態で鳥さんを待っているみたいです。
撮影したものは直径2㎝くらいですが、別のところではもっと小さくてサクランボと勘違いしてしまいそうなサイズを見かけています。別に盆栽とかではなく、しっかりと大きな木です。
さらに違う木では、写真のものより一回り大きい実を目撃しています。きょうのタイトルを大雑把にヒメリンゴとしましたが、かなりいろんな種類がありそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1月7日(土) ザボン(ブンタン、ボンタン)

060107zabon_bなんだか冴えない画像ではあっても、貴重品を見つけたのでレポートです。入れ忘れたスケールを文字で補えば、直径15㎝ほど、ザボンです。
南国の人には見慣れた光景でも、これは東京都下の、しかも露地ですから、少しびっくりしてしまいました。
前に鹿児島に行ったとき、ザボンラーメンというものに出会いました。そういう冗談っぽいものは大好きなので、さっそくいただきました。味は…、それがどうも思い出せなくて、たぶん冗談っぽい味だったのでしょう。(鹿児島の皆さん、すみません)

<補注> 呼び方が三通りもあるわけは、この記事から10年後に補足しておきました。(2016年12月15日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月6日(金) ノイバラ

060106noibara_bきのうの白い実のあとは、また赤い実です。野原でノイバラが目立っていました。
つぶらで真っ赤な実がかわいいのですが、驚いたのはもう若葉が展開し出していたことです。この寒さをものともしない元気さに勇気づけられました。
ところで不思議なのはノイバラの自己矛盾です。この実は誰かに運んでもらいたいのでしょうに、固いガードのトゲはいかにも邪魔です。下に落ちて殖えるだけでは発展性に欠けますが、余計なお節介でしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月5日(木) ナンキンハゼ

060105naikinhaze_b木の実というよりは砂糖菓子みたいに見えてしまいます。こげ茶の皮を脱ぎ捨て、ナンキンハゼの実が白く輝くようになりました。
撮影中に、「これ、なんていう木かご存知ですか」と上品な声をかけられました。
暫時歓談後、「私、きょうはこの種を泥棒に来たんです」と過激なことをおっしゃいます。聞けばお庭に植えて育てたいのだと。さて、この気長なプランにいたく賛同したワタシは、一番きれいな実を代わりに泥棒して差し上げました。

| | コメント (4)

1月4日(水) ソシンロウバイ

060104sosinrobai_bようやくソシンロウバイがほころんできました。梅の開花もまだ見かけないし、この冬はやはり寒いみたいです。
ハタザクラの開花記録はずっとつけてきましたが、ブログのおかげでほかの草木も年ごとの様子がわかるようになりました。
前の冬にソシンロウバイをここに載せたのは暮れの30日でしたが、実際の撮影は26日でした。今朝の写真はきのう撮ったものですが、まだまだ固い蕾もたくさんあります。1週間以上は違うように思います。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

1月3日(火) シロミナンテン

060103sirominanten_bきのうの赤い実(イイギリ)に続いて、きょうはシロミナンテンを載せて、これで紅白がそろいました。めでたし・めでたし。
ふつうのナンテンに比べると育てる人が少なくて、徘徊範囲ではこの木しか知りません。どこか紅白をそろえた風流な場所はないものでしょうか。
去年の秋、念願かなってムラサキシキブとシロシキブの植え合わせの庭を拝見しました。なかなか贅沢な眺めでしたが、よく考えたらあの色の組み合わせ、あまりめでたいものではないのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月2日(月) イイギリ

060102iigiri_b用水の向こうに、高さが10mもありそうな大きな木があって、真っ赤な実が華やかに木全体を飾っています。
立入禁止なので、遠目でしか種類が判断できません。大きさや実のつき方はイイギリっぽいのですが、だったら実があんなに赤くはなく、もっと朱色のはずです。
思い切って用水の縁まで急な土手を降りてみました。あれれ、水面に落ちていた実(はめ込み写真)はまさに朱色、イイギリの実そのものでした。上空にあると、やや逆光だったことも手伝って、色みが濃く見えたようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1月1日(日) ユズリハ

060101yuzuriha_b去年は三が日を「松竹梅」で飾りましたが、今年はユズリハでスタートです。次の世代に禅譲していくように見える葉が縁起物と考えられているようです。
しかし、常緑樹はホントはみんなそう(目立たないけれど、葉を更新)しているわけで、別にユズリハに限ることはないと思うのですが、やはり葉の艶やかな緑と柄の赤の取り合わせが好まれるのでしょう。いくらユズリハだからといって、柄の白いタイプは正月飾りには見かけないようです。

| | コメント (4)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »