« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

12月31日(土) クリハラン

051231kuriharan_b裏側から光を透かしてみたクリハランです。物事を裏読みするのはむずかしいので、せめて葉っぱだけでも裏から、と今年も最終日までアホな考えです。
一本の茎に葉が一枚だけ、というやや変わった性質です。海中でゆらめく昆布に見えなくもありません。
もっとも、これだけクッキリと胞子嚢があってはシダ以外の何物でもありませんが、名前はランです。確かにハラン(葉蘭)を小さくした感じです。そして、葉脈の強い葉は、一枚の形が栗の葉に似ています。

| | コメント (0)

12月30日(金) コトネアスター

051230cotoneaster_bやはり今年もコトネアスターは落葉してしまいました。常緑に分類される木ですが、少なくてもこの個体はこらえきれないようです。
しかし、絵としては邪魔な葉がない方がきれいです。これで雪でも降ってくれるとサイコーなんですが、この乾燥天気、いったいいつまで続くことやら。
振り返ってみたら、コトネアスターはブログ初登場でした。去年の暮れ、突然の雪を背景にした一枚、あるいは花の時期の一枚などは「増補版」に収録しただけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月29日(木) トサミズキ

051229tosamizuki_bきのう登場した「穴」は花だったのに、きょうの穴は実です…などという解説がものすごく無粋で、これはもう笑うしかありません。
インベーダーゲームなどにこういうキャラクターがいたような気がしても、どうもそちら方面は疎いのが残念です。
これはトサミズキの実の殻が割れた状態です。春の花はスカートの下からはみ出したような蕊(しべ)がかわいらしいのに、冬にもこんな愛嬌を振りまくとは、なかなかサービス精神旺盛な木です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月28日(水) カンアオイ

051228kanaoiカンアオイの花です。花じゃなく「鼻」かと思わないこともないのですが…。
鼻穴のなかにはしっかり鼻毛、いえ、花びらの奥にはしっかり蕊が見えています。蕊を確認してからつくづく見直すと、木の実の殻みたいに見えていたものが花びらと思えなくもありません。
名前の由来である心形の葉は、残念ながら枯れ色でした。去年、山道で出会ったものは、葉はきれいなのに花に恵まれませんでした。完璧ショットは越年課題です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月27日(火) ヒヨドリジョウゴ

051227hiyodorijogo_bひとシーズンに二度登場というのはズルかなあ、と思いつつ、いやあ、きれいなんだからいいのです!(苦し紛れという噂もあり)
ヒヨドリジョウゴが葉っぱをすっかり落としました。この辺にはヒヨドリがいないのか、おかげでこんな珊瑚細工みたいな姿を堪能することができます。
図鑑では「毒マーク」つきですが、人間には毒でもヒヨドリには餌なのでしょうか。見張りをしていたい気は十分でも、なにせ世のなか師走でして、慙愧!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月26日(月) ウキツリボク(アブチロン、チロリアンランプ)

051226abutiron_b好きで育てている人には怒られるでしょうが、色といい、形といい、うーん、どうにかならんのか、君は…。
と、見るたびいつも思うのですが、枯れ色ばかりの時期、この道化ぶりには年々畏敬の念が深まってきます。憐憫が愛情に変わるというパターンでしょうか。
和名のウキツリボクはやや無粋で、チロリアンランプという園芸名が似合います。ただし、素性はアルプス(チロリアン)とは無縁で、熱帯・亜熱帯の原産と言います。姿だけでなく、名前までトボケたヤツです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月25日(日) キンメイモウソウチク

051225kinmeimoso_b青山の梅窓院というお寺の金明孟宗竹の植え込みです。外苑前のお洒落ゾーンにある異次元スポットです。
どうしてワダエミ展がここなのか不思議でしたが、へえ、会葬に使うお堂もイベント会場にしてしまうとは…。
いや、話は金明孟宗竹です。孟宗竹の変異種だそうで、金と緑の格子柄以外はサイズも雰囲気も孟宗竹そのままです。この格子柄、金色の方が地で、緑部分が模様だと言うのですが、うーん、不可解…シマウマはどっちがどっちだったでしょう。

| | コメント (2)

12月24日(土) シモバシラ

051224simobasira_b思いがけず、暮れのうちからシモバシラを見つけました。
もっと寒が極まってからが見頃と思って油断していたので、ほぼ昼近くになってかなり融けかかったところの撮影になってしまいました。それでも15㎝ほどの高さの旗状結氷が残っていたのは幸運でした。

<補注1> 秋の花の様子はこちらです。
<補注2> もう少し純白に輝いている結氷状態はこちら、割れる前の枯れた茎の様子はこちらです。

| | コメント (2)

12月23日(金) スイカズラ

051223suikazura_b先日、ハナヒョウタンボクに出会ったときから気になっていたスイカズラの実を撮影することができました。
恥ずかしながら、今までこの実に気づかずにいました。ハナヒョウタンボクの美しい実に出会い、それがスイカズラの仲間だと知って、ノコノコと確認に出かけました。
なるほど、確かに2個セットです。派手なハナヒョウタンボクの実と違いこんなに無愛想ではあっても、花が金銀で実が漆黒…と通年で考えると、それはそれで桃山調の美を感じさせるところもありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月22日(木) ミニバラ

051222minibara_bこの夏、園芸店で処分品として1株100円で買ったミニバラです。
元手が元手なので、植えたままほぼ放置状態だったのに、こんな寒さのなかでこれだけ花を見せ続けてくれています。処分品などという前歴は忘れて大事にしてあげなくては、と反省です。
矮性でまとまりがいいし、花が緑色というのが気に入っています。どうやら「緑→ピンク→白」と花色が変化するようです。ミニバラとしかわからずに育てていても、固有名称があれば知りたいものです。

| | コメント (2)

12月21日(水) ハンノキ

051221hannoki_b新しい節目の初日にあたり、今後の繁栄のハンに通じればいいなと、ささやかな語呂合わせでハンノキです。
すっかり殺風景になった野原で、カンザシのようにプラプラする花芽(雄花序)は春の賑わいの先触れです。
水辺が好きなハンノキは、根に特殊な仕掛けを持っていて、原野に植生を広げるパイオニアとなれる丈夫な性質だそうです。なんだか地味系の絵にはなったものの、じつはなかなか縁起のいいハンノキでした。

| | コメント (4)

12月20日(火) キリ

051220kiri_bきょうは自分にとっての区切りの日なので、語呂合わせで桐です。
桐であることがわかればいいか、くらいの気持ちで撮影に行った日曜日、思わぬ収穫がありました。今は実が割れる時期で、折からの強風でときどき飛び散らかされる種が吹雪のようだったのです。
そんな、種を覗かせたりすでに空になったりの実の上方には花芽もしっかりそろっていました。まだまだ硬くて小さな蕾ではあっても、初夏にはあの大きな花になる核、希望につながるク「ギリ」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月19日(月) トコナツ

051219tokonatu_bナデシコの一種でトコナツ(常夏)です。まさに名前どおり、こんなに寒くなってもウチの玄関脇を飾ってくれています。
名前は今風であっても、意外に古くから愛好されてきたようです。江戸時代には朝顔や菊の変種を作るのが流行していて、この常夏も当時の愛玩趣味の対象になったようで、一説には300種以上もあると言います。
仲間にはもっと古く中国から渡来したセキチク(石竹)もありますが、常夏は花びらのフリルがやや短めのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月18日(日) マリアアザミ

051218mariaazami_b秋口に花をつけたところを載せたいと思いつつ、今年もその時期には撮影しそこなってしまいました。しかし、葉だけでも十分に存在感のあるマリアザミです。
葉一枚が前腕ほどの長さがあり、白い斑が不気味です。これ、聖母の乳なんだそうで、ワインになったり薊になったり、マリアさんも大変です。
別名をオオアザミと言いますが、漢字で大薊と書くとそれはタイアザミのことで別物になってしまいます。マリアさんも案外に罪作りです。

| | コメント (2)

12月17日(土) ローズマリー

051217rosemary_b本来の花期は春から夏だと思うのですが、どこのローズマリーもじつにしつこく開花をあきらめません。
いかにもシソ科らしい形の花で、じっくり見ると味わいがあります。しかし、花の強さに負けずに茎が旺盛にはびこるので、全体イメージはいつもだらしない感じです。
せっせと摘んで、ハーブとしてお肉料理に使えばいいのでしょうが、この茎の生育ペースでお肉を食べていたら、高脂血症か金欠症か、どちらかになりそうです。

| | コメント (4)

12月16日(金) リュウキュウマメガキ

051216ryuukyuumamegaki_b1柿と一口にはいうものの、食物としての歴史の深さに比例して種類はいろいろ、見分けはむずかしく感じます。
いっそ、こういう突飛な形(かサイズ?)なら、覚えやすくて助かります。琉球という名前のわりには関東でも育つのだそうです。
この柿は、豆柿というくらいで鬼灯を少し大きくしたくらいです。ほかにも、前の冬にもう少し大きな(長い)ロウヤガキを知りました。こんな変り種ばかり面白がっていては、肝心の代表的な柿がさっぱり覚えられません。

<補注> もう少しいい天気の画像を載せ直しました。(2012年12月23日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月15日(木) クロガネモチ

051215kuroganemoti_bきのうの花瓢箪木に比べるとフツーすぎるクロガネモチとは言いながら、面白い助っ人に恵まれての登場です。
池袋の公園での一枚です。都会の鳩ならもっと食べ物はいろいろあるでしょうに、至近距離からのフラッシュにもメゲずに必死についばんでいました。
このクロガネモチ、寒い時期にはこうやって目立つ実をつけるのに対し、春の花はよほど気にしていないと見逃します。木や葉の硬さに由来した名前だそうで、花までもかなりな質実剛健さです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月14日(水) ハナヒョウタンボク

051214hanahyoutanboku_b今の時期はいろいろな赤い実が目立って、鳥でもないくせにキョロキョロです。おっと、ここにも、と思ったら、あれえ、これは初めてお目にかかる木です。
葉腋のところに実が二つずつ、木は3mほどは十分にあって、木全体にこの真っ赤なペアが展開しています。
ははあ、ハナヒョウタンボク、2個セットになった実が瓢箪という訳でした。スイカズラの仲間と知れば、実が2個セットであることにもうなずけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月13日(火) ワビスケ(白侘助)

051213wabisuke_b
木枯らしが吹いて、この花が咲くと、さてもいよいよ冬来たるという感じがします。名前からして少しさみしげなワビスケです。
サザンカがあちこちで賑やかなので、いっそう慎ましげに見えます。
ハラハラとしどけなく花びらを散らすサザンカに対して、椿の一種と言ってよさそうな侘助の花はポトリと落ちます。加えて、あくまで猪口型で大きくは開花しないところなど、まさに「侘び」を感じさせてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月12日(月) ノゲシ

051212nogesi_b
ノゲシは本来は春夏の花なのに、その時期にはほかに目立つものがたくさんあるので、ほとんど振り返られることがありません。そんな道端の「ただの草」も、周囲がさみしくなれば一気にスターです。これぞ需要と供給の法則、あるいはしぶとい奴こそ勝利するという啓示でしょうか。
中空の茎から出る白い液は、子供のときの遊びでは塗り薬でした。逆に白い冠毛は耳に入ると聞こえなくなるという噂の危険物でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月11日(日) トウカエデ

051211toukaede_b
植物写真というよりは単なる色模様のような一枚ではあっても、撮った本人は口をあけて感動していたわけです。
赤・黄・緑の色がうねって続くさまは、まさに唐錦です。モミジのように「真っ赤ですぅ」とか、イチョウのように「ほぉら、黄色ォ」というのもいいと思う一方で、こんなビミョーな色合いこそが大人の味わいに思えます。
加えて、ハラハラ落ちてくる葉は浅く三裂した変わった形です。なにか動物の足跡みたいで愛らしく感じます。

| | コメント (0)

12月10日(土) ブルーベリー

051210blueberry_b
木や葉の形は違うものの、ニシキギとよく似たピンク系赤の紅葉を見つけました。うーん、ここにあった木は、そうそうブルーベリーです。
ブルーという名前に似合わず、とても鮮やかな赤です。近所で実をつけているのを見つけたときも虚をつかれたのに、紅葉もまた思わぬ発見でした。
そう言えば、これもやや意外だったのは、ブルーベリーがツツジ科であることです。ツツジの仲間なら、紅葉がきれいでもなんら不思議ではありません。

| | コメント (2)

12月9日(金) サンシュユ

061209sansyuyu_b
きのうは実のつきがやや質素なサンキライを載せたので、きょうはサンシュユで一気に景気回復といきます。
先日のマユミの豪華さと比べても、なかなか引けを取りません。光沢のある細長い実はまるで宝飾品のようです。
山茱萸というのも不思議な響きの名前なのに、ハルコガネバナとアキサンゴというそれぞれの季節ごとの別名を持っているのも珍しいパターンです。確かに、早春の黄金色の花も秋の実も、どちらも人の心に強く残る力を持っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月8日(木) サルトリイバラ(サンキライ)

051208sankirai_b
この時期、花材として店先で目立つサンキライ(の実)です。
ただ、ああやって売られているほとんどは中国で栽培した輸入品みたいです。実のつきは少し寂しくても、やはり自然の姿が一番です。
さて、タイトルをサンキライ(山帰来)とはしたものの、この植物はサルトリイバラが本名です。確かに怖いトゲはあっても、動物虐待そのものの名前で抵抗があります。私的なサイトの特権として、語感のきれいなサンキライを採用することにしました。

<補注1> 「花屋さんのサンキライのほとんどは中国産」としたところ、伊豆大島で自然のものを採取している方からコメントをいただきました。自分の認識を改め、軽率な記述をしたことをお詫びいたします。(2008年7月3日)
<補注2> この記事のタイトルは当初「サンキライ」でした。しかし、本来のサンキライ(ケナシサルトリイバラ)のことがわかったので、改題しました。(2012年1月10日)

| | コメント (6)

12月7日(水) ストック(アラセイトウ)

051207stock_b
「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいる暖かさ…という俵万智の歌を思い出す季節です。
その歌の背景になりそうに、少しだけロマンチックにストックを写してみました。パンジーやストックは、ほかの花が少ないこの時期、どうしても見飽きてしまうとは言え、冬の彩りとして大事にしたい花です。
アラセイトウというストックの和名は、上の歌にも合う雰囲気で大好きです。逆にStockという英語は「在庫品」と同じ綴りで、一気に興ざめしてしまいます。

<補注> この花の名前(ストックとアラセイトウ)についての正しい理解はこちらです。(2015年12月10日)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

12月6日(火) メギ

051206megi_b
きのう登場のナンテンは分類的にはメギ科であって、きょうはその科の主(名前的に)であるメギです。
メギは目木と書くように、枝や葉を煎じて目薬にしたそうです。その道にはズバリ「メグスリノキ」もあるので、いったいどちらの薬効が高いのでしょう。
そういう競合する名前よりも、コトリトマラズとかヨロイドオシという別名の方が楽しくていいと思います。ただ、紅葉だけに気をとられて、そんな別名の由来である鋭い針があまりきれいに写っていないのが涙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月5日(月) ナンテン

051205nanten_b
彩りはまさにX'masカラーそのものなのに、なんとなく和風を感じてしまいます。冬が来たなあ、という感慨を誘うナンテンです。
ナンテンを見て厠を思い浮かべる人と赤飯を連想する人と、いったいどちらが多いのか、ちょいとした疑問です。
どちらもナンテンの殺菌効果に基づいた慣習とは想像できても、こんな両極端な使い方をするなんて、いかにも日本人的な柔軟性を見る思いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月4日(日) フユイチゴ

051204huyuitigo_b
奈良は談山神社の上での一枚です。薄暗がりの山道でルビーのように輝いていました。図鑑で知るだけだったので、とてもうれしい出会いでした。
円心形で革質の葉は、ピカピカときれいで、実の赤い輝きにひけをとりません。低く這うので草のように思えても、つる性の常緑低木です。
しかし、いつものことながら学習不足を反省です。この実が食べられることを知ったのは帰宅後でした。山頂で明日香三山を眺望したときにこれをつまんだら、いい思い出になったことでしょうに。

<このあとに掲載したフユイチゴ> 実が豊富についた様子(12月25日)、花が盛りの様子(7月26日)、咲き残りの花の様子(9月14日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月3日(土) ナンキンハゼ

051203nankinhaze_b
去年は見事にこの時期をはずしてしまい、紅葉を撮れなかったナンキンハゼです。
今年は、一番期待していたこの木が夏に剪定され、やや悲しい枝振りです。さらに天気にも恵まれず、こんな変な写真になってしまいました。
それでも、菱形の葉が深紅に染まるのはやはり感動でした。このあとに吹いた強風で、今はもう白い実だけです。紅葉に心ときめくのは、その華麗さには確かに惹かれても、むしろ一瞬のはかなさに美学を感じてしまうのかもしれません。

| | コメント (0)

12月2日(金) ビワ

051202biwa_b
最近は皮をむく果物が敬遠され、特にビワは果実の表皮がザラザラすると嫌う子供が多いと言います。
しかし、夏の盛りを彩るあの橙色の実は、こんな寒いときに産声をあげるのです。半年以上かけて大地の恵みを我々に分け与えてくれる実を無下(むげ)に扱うなんて、とんでもないことです。
とは言え、たしかにあのザラザラ感は花のときからで、かなり毛むくじゃらな花穂の姿です。微妙なエグ味と大人の甘さを持つ実のイメージそのままに思えます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

12月1日(木) マユミ

051201mayumi_b
これこれ、この色を探していたのです。マユミの木はこうでなくてはいけません。
マユミを最初に見たのが、まさしくこのように殻のピンクと実の朱赤がない交ぜになったあでやかな姿でした。しかし、近所には殻が妙に白かったり赤かったりのものばかり、さみしい思いをしていました。
この株もそうだったように、陽当たりと滋養が十分な場所がこのあでやかさの共通条件に思えます。市街地の狭い庭で育てるには向いていない木かもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »