« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

10月31日(月) ツワブキ

051031tuwabuki_b♪めーぐる~、めぐる季節のなかでェ~、というフレーズを想い出してしまいました。先日のサザンカとか、今朝のこのツワブキとか、つい「あー、少し待って~」と言いたい草花が目立つようになりました。
もっとも、このまま冬枯れの季節に突入されると、このブログの舞台裏は火の車になります。これからの季節はわずかな色みにも感謝感激です。
蜂さんたちもネタに窮するのはワタシと同じようで、あまりおいしくなさそうなこのツワブキにも一生懸命寄ってきていました。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

10月30日(日) ダンチク

051030dantiku_b_2図鑑などには「暖地の海岸に育つ」と書いてあるのですが、海なし県埼玉の志木でも立派に花穂をつけていました。ダンチクです。
豪快に大きくて、葉も花穂も入れ込もうとするとこんな絵になりました。ヨシ(アシ)を太く大きくした感じで、ヨシタケという別名をつけた気持ちがよくわかります。
そのヨシには「葭」とか「蘆」を当てますが、本名のダンには「葮」や「暖」を当てます。この「葭」と「葮」、最初は同じ字かと思いましたが、違いました。うう、紛らわしい…。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

10月29日(土) ミセバヤ

051029misebaya_b花はもちろんきれいだけれど、葉もかわいいので、そんな両方を写し込もうとしたら、あーァ、こんな中途半端な写真になりました。
それでも思うのです。花よし・葉よし、そして名前も素敵というこのミセバヤ、いわゆる三拍子揃った才媛ではあるまいか、と。
大き目の鉢でこんもりと育てているものばかり見ていましたが、これは小ぶりの鉢を塀の上にのせて懸崖づくりにしていました。なるほど、ミセバヤの特性をいかした上手なあしらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

10月28日(金) クコ

051028kuko_bクコの実が朱色に熟してきました。陽が当たると透けて輝いて、まるで宝石のようです…と書くとなにやらロマンチックでも、いやいやびっくりです。実が熟しているというのに、花がまだ咲き続けているのです。
8月から咲いているのに、おどろくほどのしぶとさです。これだけ実がついたのだから、もう新たな交配は不要だと思うのは甘いようです。「ほどほど」が体質化してしまったワタシなど、クコの「これでもか」精神に学ばなくてはいけません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月27日(木) ミゾソバ

051027mizosoba_bいかにも野辺の草という感じでなごみます。ぼんぼりみたいな小花のかたまりがとてもチャーミングです。
ミゾソバの名前どおり、これは溝(用水)の土手っぷちで咲いていました。ひょっとしたら、ソバも「傍」とか「側」をあてるかと思うくらいです(あ、蕎麦ですので、念のため)。
土手の上(やや乾燥)からカナムグラがのびてきているので、葉っぱがちょっと混在しています。しかし、ミゾソバの別名はウシノヒタイ、まさしくという形の葉なのでわかりやすいと思います。

<注記> 今年のこのわかりやすいミゾソバと比べると、去年、暫定でミゾソバとしたものには今ひとつ疑問が残ります。その辺の違いがわかる日まで、判定は保留にしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月26日(水) ホンコンカポック(シェフレラ)

051026kapok_bへえ、カポックの実ってこんなにカラフルなのでした。ちょいと光線の悪い状態でしたが、『蔵』に入れるまでには、もう少しきれいに撮ってあげましょう。
6月に花後の姿を見つけたのは甲子園でしたが(どうした、阪神! 40点取られて負けなんてヤメようね:あ、関係ないです)、今回は紛れもなくご近所画像です。
来年の春にはここに通いつめて、花を撮影せねば。隔年開花なんてつれないことはないでしょうね、カポックさん。

<補注> この木で花をみることはかなわず、ようやく5年後の冬に福岡で花を見ることができました。(2010年1月4日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月25日(火) キヅタ

051025kiduta_bなんとも地味な画像とは言え、これでも花盛りです。
このあと、黒い実ができるとかなり目立つのですが、花はつい見過ごしてしまいそうです。もっとも、草木の花は人間にアピールしても仕方がないわけで、これでもけっこうハチさんたちはやって来ていました。
革質の葉がじつに丈夫で、壁に這わせると重厚な雰囲気が出ます。なので、別名がカベヅタ、もう一つの別名フユヅタは花や実の時期を言っているようです。

<補注> 巨木に絡みつくキヅタの様子=その1その2です。
もう一つ、文中で触れた別名のフユヅタは、同じく在来のナツヅタ(ツタ)との対比だということを、この時点では知りませんでした。(2016年10月25日)

| | コメント (0)

10月24日(月) オリーブ

051024olive_bはた衛門家の朝食にはオリーブオイルが不可欠でして、ペチョペチョとけっこう多めに毎日摂取します。
以前は油=コレステロールというイメージで敬遠していたのに、オリーブオイルは油ではなくオリーブのジュースなのだそうで、それを聞いてから愛飲?するようになりました。おかげで健康診断はオールAです(えっへん)。
というような背景もあって、この画像はぜひゲットしたかったのです。念願かなって、ようやくパシャリ。今度の課題は花のおっかけです。

<追記> 翌春、花を撮影することができました。(2006年6月2日)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

10月23日(日) ホウキギ(コキア、ホウキグサ)

051023houkigusa_b緑色のこんもりと丸い姿がマリモのようだったホウキギ(ホウキグサ)が、先週あたりから赤く色づいてきました。
さて、紅葉したということは、例のトンブリになる実がついているのでしょうけれど、うーん、この葉の付け根のツブツブしたのがそれなのでしょうか。
本当に撮りにくい被写体で、去年は夏の姿を載せていますが拙い写真です。トンブリ=種を採取し、来年は自分で育てて、じっくり撮影する必要がありそうです。

<補注> 本来のホウキグサ(ホウキモロコシ)はこちらです。(2013年7月25日)

| | コメント (0)

10月22日(土) シャクチリソバ

051022syakutirisoba_b先日、ソバを取り上げましたが、これはその仲間です。シャクチリは漢字では赤地利とするようですが、どうも原産地(中国)の音をそのまま表記したようです。
ソバとは違って食用ではなく、根を薬用にするそうです。しかし、可憐な蕊を持つ花はソバより愛嬌があって、鑑賞用になりそうです。
また葉は19日に載せたイシミカワによく似た三角形です。茎がやや赤みを持つことがあるのも似ていて、従姉妹関係くらい(タデ科)であることがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月21日(金) サザンカ

051021sazanka_b春や夏の花を季節に先駆けて取り上げるのは心弾むものがありますが、サザンカだといかにも木枯らしを呼ぶようで気がひけます。
しかし、ついきのうまで暑い暑いと言っていたのが嘘のような朝晩ですから、決してサザンカを責めるわけにはいかないでしょう。
この株だけが気ぜわしいのかと思ったら、ほかにも真っ白なものや、ピンクのものなど、あちこちのサザンカが一斉に咲き出していました。そろそろタンスからセーターをひっぱり出すことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

10月20日(木) ダチュラ(八重)

051020datyura_bきょうはどうやらスッキリしそうな朝焼けですが、恵まれない撮影環境がずいぶん続きました。おかげでこんな不気味な写真を掲載しなければなりません。
もっとも、この色と形(八重)では、好天下の自然光撮影でも奇怪な感じは避けられないかもしれません。
同じダチュラでも黄色の一重だと、まさにエンゼルストランペットという別名がぴったりなのですが、これでは何やら悪魔の風鈴みたいです。後ろに見えている実は、さしずめ悪魔の肉叩きでしょうか。

| | コメント (2)

10月19日(水) イシミカワ

051019isimikawa_bこの不思議な響きを持つ名前は、どうも謂れが不明のようです。
初めてこのイシミカワを知ったときは、「意味がわからないから覚えにくいなあ」と心配したのですが、杞憂でした。名前というのは決して理屈で覚えるものではなく、要はパンチ力だと知りました。
この青い実と三角形の葉の取り合わせは、かなり記憶にとどまりやすい力がありました。そしてなによりこの逆向きの棘の痛さ、皮膚を突き破ってイシミカワの名を食い込ませてくれるのです。

| | コメント (5)

10月18日(火) タイワンホトトギス

051018taiwanhototogisu_bいやあ、困ったことになりました。きょうのこれをいろいろ調べて、標題をタイワンホトトギスとしたのですが、あれれ、去年「蔵」にただのホトトギスとして収録したのも、今見直せばどうやらタイワンだったようです。
この二つ以外にもホトトギスの種類はやたら多く、かつ園芸種もたくさん作られているので、見分けは至難(ワタシには)です。
ただ、タイワンホトトギスの花柄は長くて複数の花がつくのに対し、ホトトギスのそれは短くて、ほとんど葉の脇につく感じというのは決定的な違いのようです。あーあ、「蔵」を修正しなくてはなりません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

10月17日(月) クロマイ

051017kuromai_b世はまさに健康ブームで、変わった食材もマスコミでいろいろ取り上げられます。おかげでこういうマイナーなお米の知名度も上がってきました。
いわゆる古代米には赤米と黒米があるようですが、この黒の方は中国皇帝が食したというのがセールスポイントみたいです。そういう目で見ると、黒々した穂が高貴に見えます。翌年、緑米という種類の存在も知り、同じ田で撮ったこの写真の稲もそれではないかと思い始めました)
もっとも、黒米はふつうのお米に少しだけ混ぜて炊くそうで、それなら皇帝さんでなくとも可能です。パソ疲れした目は黒米のアントシアニンで癒してあげましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

10月16日(日) シュウメイギク(ピンク)

051016syuumeigikup_bせっかくの日曜が降り込められて、うーん残念。そんなわけで新作がなく、きのうの白に続いて陽光燦々のもとで咲いていたピンクのシュウメイギクです。
きのうは秋明菊の花の感じがキンポウゲに似ていると書いたことで「増補版」の作成ミスを発見したのですが、今朝修復しておきました。
さて、そこのコメントではキンポウゲとウマノアシガタの錯綜状態(?)を楽しめますが、さらに秋明菊の花は萼だけれど、似ているウマノアシガタのそれはふつうの花びらである…などというトリビアネタ(笑)も追加しておきましょう。

| | コメント (2)

10月15日(土) シュウメイギク

051015syuumeigiku_bここのところ雨空で冴えなかったシュウメイギクの白い花が青空に引き立っていました。まさに秋に明るくという名前どおりです。
しかし、このきれいな花びらは例によって本当は萼だそうで、科が同じキンポウゲとよく似たつくりです。
…と、ここで「増補版」の方のキンポウゲにリンクさせようとしたら、該当のページにはサムネイルだけでした。あれれ、どうやら本文を書き忘れていたようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月14日(金) ポポー

051014popo_bやっぱり神仏のご加護ってあるのかなあ、と思うのは歳のせい? でも、このポポーの実を見つけたときは思わず手を合わせました。
30数年ぶりでこの木に再開したことは5月にレポートしたのですが、その後の悲報はここに載せていませんでした。あの花はちゃんと結実したものの、すぐに実はなくなってしまったのです。
もちろん、あの木と今度の木は別物です。前の木なら、食べごろにちょいと失敬できる場所にあったのですが、こっちは味見すると犯罪行為(笑)です。カミサマ、もう少しだけ手厚いご加護をお願いできませんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月13日(木) イヌサフラン(コルチカム)

051013inusafuran_bかなり丈夫な性質のようで、このように押しくら饅頭状態で咲いているのを見かけます。咲く時期や花の形はサフランに近いのですが、この丈夫さが「イヌ」呼ばわりされるゆえんでしょう。
ふつう、「イヌ」とつくのは無用の意味に近いのですが、このイヌサフランは痛風の薬になる立派な有用(有毒)植物です。
名前を借りたサフランの方は葉が花に伴って出るのに対し、イヌは葉を伴わずに咲きます。さらにサフランはクロッカスの仲間なのに対し、イヌサフランはコルチカム属なので、他人の空似的な二人です。

<補注> もっと派手な色の花にも出会いました。(2010年10月5日)

| | コメント (2)

10月12日(水) ダンギク

051012dangiku_b姿がじつにかわいらしく、名前がまた「そのまんま(段々に咲く菊)」なので、とても愛着を感じやすい花です。
ただ、葉が多少菊っぽい感じはするものの、本当(分類的に)は菊とはなんの関係もなくて、少しややこしい名でもあります。
さて、「段菊」の音で思い出すのは「團菊爺(じじい)」です。
昔の名優(團十郎&菊五郎)を引き合いに出して「昔しゃあヨカッたねェ」と通ぶるご隠居のことをこう呼ぶそうで、自分はそんな嫌みな爺さんにならないよう、気をつけたいものです。

| | コメント (2)

10月11日(火) ワタ

051011wata_bワタの実です。いわゆる綿(わた)として使うには、これにいろいろ手を加えなくてはいけなくても、なんだかこのままでも十分にフワフワです。
真夏に咲く花は、アオイやオクラと見分けにくい、あまり特徴のないものでした。しかし、こうやって実がはじけると、それらとは完全に別物です。
このなかには豆粒のような種があり、綿繊維がそれを包んでいます。フウセントウワタガガイモの綿毛は種を風に乗せるものだったのに比べ、ワタの場合は飛ぶ目的ではなくで種の保護材のように思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月10日(月) ソバ

051010soba_bソバ畑が真っ白できれいな季節です。そろそろ新蕎麦の時期が来ることでしょう。
蕎麦は信州とか有名どころがありますが、これはそういう遠方ではなく、自転車で10分ほど走ったところにある畑です。なんと、小さな蕎麦屋さんの脇にあって、なんだかいかにもプロモーションっぽいのです。
いくら何でもこんな小さな畑(10m四方くらい)では粉の自足は無理でしょう。ただ、別に嫌味に宣伝するわけではなく、田舎のおばさんが自宅の庭先で食べさせてくれるような雰囲気の店なので、たまに寄っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月9日(日) ギンモクセイ

051009ginmokusei_bいよいよ街がモクセイの香りで包まれてきました。「トイレのにおいだ」とあの香りを嫌う子が増えていると聞いてビックリです。それは芳香剤メーカーさんの罪であって、モクセイはとんでもない冤罪を着せられたものです。
さて、今年はウスギモクセイ(らしきもの:10月4日掲載)を発見できたので、きょうは金・銀・銅…ではなく金・銀・薄黄の3点セットを載せてみます。
念のため、色の調整はまったくなしの撮ったままです。ただ、撮影日が違うので同一条件下ではないのが残念です。それでも、銀と薄黄(右嵌め込み)はわずかに違うように自分には見えます。

| | コメント (8)

10月8日(土) カリガネソウ

051008kariganesou_bカリガネは雁(がん)のことで、語源は「雁(かり)が音(ね)」だったと書くと、サルビアとセージのこと(呼び名が混乱)を思い出して、「雁」はガンなのかカリなのか、はっきりしろと言いたくなります。
そんなことよりも困るのは、これがどうしてもガン(でもカリでもいいんですが)に見えないことです。ためつすがめつ眺めて見るのですが、せいぜい火の鳥くらいにしか見えません。想像力の欠如です。
誰がどう言おうと、これはアンコウでしょう。季節もそろそろアンコウ鍋だし、という連想しか持たぬ頭を清めるために、今夕はカリの飛んでゆく空でも眺めることにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月7日(金) オギ

051007ogi_b川原が一面に白く波打って光っていました。これは2日の画像なので、この週末はもっときれいだと思います。
オギは、ススキとよく似ているのですが、キラキラ光る白い穂を見かけるたびに「あれはどちら?」と考えるので、頭の体操になっています。印象的には、オギの穂の方が白さがまさるようです。
しかし、一番の違いは茎の立ち方でしょうか。ススキはたくさんの茎が空に向かって1カ所から放射状にのびますが、オギは写真のように茎同士が平行です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月6日(木) コブシ

051006kobusi_b念願の白い糸を見ることができました。
図鑑類には「コブシ(やモクレン)の実は熟すと割れて、種が糸をひいてぶらさがる」みたいなことがたいがい書いてあるのですが、割れてすぐとか、地上に落ちたものとか、今まではこの糸がないものしか撮影できなかったのです。
ぶらさがった実を引っ張ると、糸はさらにミヨーンとのびます。こうなった方が鳥は食べやすいのでしょうか。あるいはプラプラ揺れて目立つとか…目的不明の白い糸です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

10月5日(水) ピンクマンジュシャゲ(仮名)

051005pink_lycoris_b今朝のタイトルは、シロバナマンジュシャゲにあやかってつけた仮名です。これが何か由緒正しい種類なのか、あるいは自然勝手に交配した雑種なのか、まだ調べきれていません。
土手の斜面で、アレチウリに絡まれながら咲いていた日曜の画像です。4~5株ずつ散在して、10mくらいの範囲はすべてこの感じのピンクでした。
ヒガンバナが色あせしただけに見えなくもありませんが、花びらのカールがほとんどないので、本来的に違う種類には思えます。リコリス・インカルナタという線も考えましたが、そんな園芸種にしてはちょいと放置されすぎです。

<補注> この不思議なリコリスについては、ご専門の先生からコメントを頂戴することができました。( 2011年6月19日)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

10月4日(火) ウスギモクセイ

051004usugimokusei_b散歩していると、ふわ~と「あの」香りがしてくる季節になりました。開花前からこれだけプンプンするというのもなかなかの自己主張です。
しかし、写真の木は心なし穏やかな香りでした。日曜の撮影ですが、このあたりのキンモクセイギンモクセイはまだ開いておらず、さきがけの開花です。
金でないのは明らかですが、銀か薄黄かが少し自信ありません。葉が銀ほど大きくないので、ここでは一応ウスギモクセイとしておきます。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

10月3日(月) タケノコイモ

051003takenokoimo_b咲くのが比較的珍しいと言われているサトイモ類の花を見つけました。温度が高いと咲く可能性があるとのことですが、今ごろ咲いているのが不思議です。
畑の持ち主に伺ったら、これはタケノコイモだそうで、「育てて3年目だけど、俺も初めて見た」のだそうです。
調べたら、タケノコイモはキョウイモと同じもので、案外とお上品な野菜でした。関西ではキョウイモが一般的のようですが、こちらでは見てくれのままに呼ぶようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月2日(日) ガマズミ

051002gamazumi_b赤に惹かれて第5作です。秋は赤が似合います。
春には楚々とした白い花をつけるのですが、稔りの時期にはこんなに大胆な色に変貌します。
この実は果実酒にできるのですが、野道を歩き疲れたときにつまむと、ピリッとした酸味とほのかな甘さで元気が回復します。( 種類の見定めに自信のないときは、絶対に口にしないでください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月1日(土) ハゲイトウ

051001hageitou_b赤の誘惑シリーズ・その4、ハゲイトウです。
8月の末にもハゲイトウは取り上げましたが、そのときは少しだけ不満でした。心のなかのハゲイトウはこれ、この真っ赤に燃え盛る大きな1本だったのです。
園芸のHPには「遅播きにすると小さく育てられます」なんてあるけれど、だめだめ、ハゲイトウは早く播いてどんどん大きく育てましょう。

<補注> 遅ればせながら、ハゲイトウの仕組みを理解しました。(2016年9月5日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »