« 8月30日(火) メランポジウム | トップページ | 9月1日(木) センニンソウ »

8月31日(水) サフランモドキ(ゼフィランサス・カリナタ)

050831sahuranmodoki_c
26日に載せたタマスダレとは兄弟関係みたいなサフランモドキ(ゼフィランサス・カリナタ)です。どちらもゼフィランサスとかレインリリーと呼ばれます。
しかし、花が白いかピンクかの違いだけでなく、花の大きさもサフランモドキの方がふた周りほど立派です。葉も、タマスダレが名前どおり断面が丸いのに対し、こちらは真田紐のように平らです。
サフランモドキに似たものに、同じヒガンバナ科で、同じくレインリリーと呼ばれるハブランサス(注)があります。ただ、そちらは横向きに咲きがちだし、花芯の色が濃くなる(サフランモドキと逆)ので区別できるようです。

<補注1> 当初、この記事のタイトルは「サフランモドキ(ゼフィランサス・グランディフロラ)」でした。15年後、再掲に当たって学名を調べ直したら、グランディフロラは異名で、標準はカリナタでした。タイトルと文中補足を訂正しておきます。(2020年6月8日
<補注2> 長い間、「これがハブランサス」と言える写真を撮れなくて、ついに自分で育ててみました。その結果、上の本文に書いた「なにかの引き写し」解説はあまり妥当ではなかったので、この部分は削除扱いとします。(2020年8月17日

|

« 8月30日(火) メランポジウム | トップページ | 9月1日(木) センニンソウ »

コメント

連日のトラックバック、失礼します。
ここをご覧になるお花好きな方が、私のブログにも来てくださったら嬉しいので…。

ところで、昨日お話した花をアップしました。
色々悩んだ挙句結局、漢字で書いて括弧をつけてカタカナ表記。
両方書いちゃいました(笑)

投稿: Silvia | 2005/08/31 08:28

Silviaさんへ:
なるほど、お悩みはストレリチアでしたか。
こりゃ、アジサイのように単純ではないですね。
志木の露地ではまだ見たことがないので、ワタシには無用な心配でも、
もしものときは「ゴクラクチョウカ」でしょうね。

投稿: はたざくら | 2005/08/31 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月31日(水) サフランモドキ(ゼフィランサス・カリナタ):

« 8月30日(火) メランポジウム | トップページ | 9月1日(木) センニンソウ »