« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

1月31日(月) シナマンサク

050131sinamansaku_c
寒風厳しかったきのう、マンサクの花がほころび始めているのを見つけました。
萼の外側がやや毛深くて、枯れ葉がまだ残っていました。この二つの点が見分けポイントで、マンサク類のなかでもこれはシナマンサクにあたるようです。
春のトップバッターの名を持つこれを見つけたので、とても気が楽になりました。どうやらこれで冬を乗り切って、このブログを草花でつなぐことができそうです。

| | コメント (0)

1月30日(日) ホトケノザ

050130hotokenoza_b
左側の花に目を凝らしていたら、ムンク(叫ぶ人)に見えてきました。かわいい割には不気味なホトケノザです。
春の先駆けの花だと思っていたら、なんともう咲き出していました。青いオオイヌノフグリの花も土手を飾り出しています。
これらは暖冬のせいではなく、いまごろから咲くのが当たり前のようです。このブログのために「何かないか」と探し回るようになったことで、ようやく本来の開花時期を知ることができました。

<補注> ホトケノザオオイヌノフグリも、よく見ているともっと早い時期から姿を見せていました。(2013年11月18日)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月29日(土) ハナカンザシ

050129hanakanzasi_b
姿よりもむしろ名前が美しいハナカンザシです。花屋には鉢植えがよく置いてあっても、露地で咲いているのは初めて見かけました。
紙細工のように皺々で乾いた感じの花が不思議です。1㎝ちょっとの小さな花なので可憐には見えても、これが大きかったら仏事の造花を連想しそうです。
花だけではやや淋しい景色でも、赤紫の蕾が賑やかさを補ってくれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月28日(金) カンザキアヤメ

050128kanayame_b
アヤメが狂い咲きかと心配するのは当たらなくて、こんな寒い季節こそ本来の花どきというカンザキアヤメ(カンアヤメ)です。
花はふつうのアヤメに劣らず華麗なのに、背丈がかなり寸詰まり(15㎝ほど)です。葉の幅も狭くて、まるで水仙のそれのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月27日(木) オキザリス・バーシカラー

050127okizarisu_b
単に夕暮れのなかで手ブレしただけの写真ではあっても、アールデコのランプのように見えて(無理かな?)うれしくなりました。
昼に全開していると、カタバミそのままの姿なのに、このラディッシュ細工のようなストライプが出るすぼみ状態はとてもキュートに見えます。
カタバミの仲間は寒さに強くて、この時期もいろいろな花を見ることができます。そんななかでも、このオキザリス・バーシカラーは美人度では一番に思えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月26日(水) ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)

050126ryuunohige_b
冬でも青々とした葉のジャノヒゲです。その勢いのいい葉の陰に、ひっそりと紫紺の実がついていました。
夏に咲く花はかなり小さく、姿もやや貧相だったのに、実はけっこう豪華です。ただ、ヤブランのように穂を出さず、葉に隠れてしまいがちなのが残念です。
横にどんどん広がる根で増えるとばかり思っていたら、種でもしっかり子孫繁栄をはかっているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月25日(火) フユザクラ

050125huyuzakura_b
この冬に入って、ジュウガクザクラカンザクラを取り上げてきて、さて、寒中の桜にはもうひとつ(注1)、このフユザクラがありました。
フユザクラといえば群馬県鬼石(オニシ)町(注2)が有名で、TVニュースに流れたりします。ただ、それはだいたい12月初旬がピークのようです。ところがこのとおり、まだまだ花は咲き続けています(撮影:1月22日・都内)。蕾もまだついています。
調べてみると、この桜はこのまま春のレギュラーシーズンまで花をつけるようです。十月桜や寒桜に比べると華やかさでは劣っても、持久力で勝負のマラソン型です。

<補注1> 寒い時期に咲く桜にはコブクザクラもあります。
<補注2> 2006年、藤岡市に編入されました。

| | コメント (2)

1月24日(月) ヘクソカズラ

050124hekuso_b
陽光に輝くヘクソカズラの実です。7月前半に花が咲き、翌月にはもう青い実がついていたと思ったら、冬になってこんな姿になりました。
テーブルに這わせたりリースに使ったり、ヘクソという困った名前さえ思い出さなければ素敵な花材です。しかし、とてもコンガラガッて巻きついているので、「収穫」は気長な人に任せたいところです。
表皮はカラカラに乾いているように見えても、実のなかには種とともにオレンジ色のおつゆがありました。この液体を口に含んでみると、味はまったく感じなかったものの、しばらくすると舌が軽く痺れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月23日(日) ハボタン

050123habotan_b
季節外れの芍薬…に見えないか、ハボタンの中心部に肉迫してみました。しかし、いくらなんでもそこまで老眼は進んでいませんでした。
今年は、丸葉や縮緬や珊瑚葉など、一鉢にいろいろ寄せ植えにしていて、写真にして面白いのはこの大阪丸葉でした。
東京・名古屋(縮緬)・大阪と都市間競争みたいな種類ができたのは、やはり張り合った結果でしょうか。真っ赤な縮緬の「サイタマ」とかあればいいのにと思います。

<補注> 花が咲いた様子(この写真とは別物)はこちらです。(2009年4月18日)

| | コメント (2)

1月22日(土) イヌビワ

050122inubiwa_b
イチジクかと思いそうでも、それなら鳥がつついて、こうまでは残りません(注2)。直径2㎝ほどの小ぶりな実が枝に取り残されたままです。
イヌビワ=役に立たないビワという意味の名前です。実だけ見ればビワというよりイチジクなのに、もう落ちてしまった葉がアダムとイブの御用達には不向きなビワの葉に近い形なのです。つまり実での命名ではなく、全体を見据えた発想でしょう。
ところが、分類上はやはりイチジクに近くて(クワ科イチジク属)、枝を折ると白い液が出ます。あれこれ考えると混乱しそうでも、「イヌビワ」!!です。

<補注1> 冬にまでこうして果嚢が残るのは雄株(イヌビワは雌雄異株=雌性両全性異株)でした。(2015年8月27日
<補注2> イチジクの実が枯れたまま真冬まで木についているのを見つけたので、上記の「断言」は撤回します。(2018年1月21日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月21日(金) コウヤボウキ

050121koyaboki_b
秋には白とピンクの混じった筒状花を見たというのに、撮り逃してしまいました。しかし、冬陽にきらめく冠毛もなかなかの風情です。
このフサフサが箒に見えるのが名前の由来かと思ったら、見当違いでした。枝(茎)を束ねて、高野山で箒に使ったのだそうです。
草本のように見えてもじつは低木(キク科)で、せいぜい腰の高さです。室内箒にしては荒すぎるし、かと言って竹箒のように頑丈そうにも見えません。お堂の板の間とかの掃除に使ったのかと想像しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月20日(木) チョウセンレンギョウ

050120tyosenrengyo_b
桃の節句のころにレンギョウの黄色い花が咲き始めると、いかにも春が来たなあ、と幸せを感じるというのに、ややフライングの開花です。
しかし、これはチョウセンレンギョウで、ふつうのレンギョウシナレンギョウとは別種なので、開花時期も少し違うのかもしれません。
花色は、上記の三つのなかではこれが一番鮮やかに思うし、ほかの連翹に比べると花弁の開き(割れ)方が大きいようです。このあとに葉が出れば、その丈が短く幅がやや広い(シナと対比)特徴も明らかになるでしょう。

<補注> もっと早い咲き出しを見つけました。(2017年12月23日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月19日(水) オケラ

050119okera_b
秋の花が終わってしまい、その残骸だけなのに、これがなかなかいい姿です。
虫のオケラに見えなくもないので、それが語源かと思ったら、別名をウケラといい、どうやら由緒正しい植物のようです。
京都・八坂神社のオケラ参りは新年の風物詩ですし、この根茎を干したものは屠蘇に入れます。正月に縁のあるめでたい植物なので、俗に言う「オケラ(無一文)」とは語源が異なるのでした。

<補注> 冠毛と種の姿を眺めてみました。(2017年12月28日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月18日(火) キソケイ

050118kisokei_b
開花時期は5~6月と図鑑にはあるので、これは狂い咲きかもしれません。それにしては花数も多かったので、ひとまず掲載です。
漢字で書けば黄素馨です。「素馨」はジャスミン類の総称にあたるようです。
ルリマツリの茉莉もジャスミンのことだったし、いろんな表現をするものです。ジャスミンと聞けばあの強烈な香りを連想するのに、このキソケイはほぼ無香でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月17日(月) カラタチ

050117karatati_b
カラタチというと島倉千代子の絶唱を思い出してしまいます。♪あの日は雨 雨の 小径に白い ほのかな からたち からたち からたちの花~♪と歌われた時期は5月ごろなのでしょう。冬はこのとおり刺々しい枝があるばかりです。
しかし、この枝は存在感十分で、誰がどう言おうとカラタチです。撮影のため、付着していた別の木の枯葉をどけようとしたら、ブチッとお世話になりました(涙)。
東京・湯島のカラタチ寺(麟祥院)は春日の局のお墓で有名で、漱石はそれを枳殻と書き、鴎外は臭橘と当てました。ほかに枸橘ともするようで、試験に出たらいったいどれを書けばいいのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月16日(日) スズカケノキ

050116suzukakenoki_b1
スズカケノキの実を見つけました。この種類は雌雄がないはずなのに、近所の中学にある木には実がつきません。やや遠出して、やっとお目にかかりました。
この実、ものすごく硬いのです。柄を持って振り回し、友達と頭に当てっこしたのは遠い昔になっても、涙が出るほどの痛さは忘れることがありません。
050116suzukakenoki_b2写真のように1本の軸に実が3個以上つくのがスズカケノキです。1個しかつかないアメリカスズカケノキや、その中間のモミジバスズカケノキがあり、属名のプラタナスはこれらをまとめて使えそうです。

| | コメント (2)

1月15日(土) カリフラワー

050115cauliflower_b
締まりのない絵になったのは、先日の雪(写真左上)にもめげないカリフラワーの元気さを写したかったからです。ブロッコリーと混乱していた、という恥ずかしい過去を持つ自分でも、こうして生育状況を観察すれば、そんな煩いとは訣別できそうです。
しかし、ブロッコリーはあのブロッコリー?ばかりなのに、カリフラワーはいろいろバリエーションができているようです。この写真のものは近所の畑にありました。実が黄色く見えるのは写りのせいでも錯覚でもありません。ホントに黄色いのです。
先日、百貨店の野菜売り場を覗いたら、なんと紫色のカリフラワーもありました。そのうち緑色のカリフラワーなどという代物が出るかもしれません。そしたらまたワタシの混乱は復活です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月14日(金) カンツバキ

050114kantubaki_b
なんだかサザンカと間違えそうでも、これはカンツバキです。
椿でも早咲きのものはすでに花開いているし、このとおり見かけは山茶花に近いし、識別には苦労しそうです。山茶花ではない証拠は写真左下にある枯れた花で、花びらがほぼ団子状態のまま残っています。
そもそもが椿と山茶花の交雑種なので、葉の大きさは両者の中間です。花はこの紅色で、半八重が多いようです。葉や花よりも、むしろ横に張り出す枝ぶりが寒椿の特徴かもしれません。

<補注> 文中で花びらが団子状に枯れるのを寒椿の特徴としたというのに、その後、サザンカのようにハラハラと散る寒椿も少なくないことがわかりました。散り方を判別基準にするのは適切ではないようで、見分けは葉のサイズと枝ぶりの2点と訂正します。(2008年2月20日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月13日(木) 房咲き水仙・ペーパーホワイト

050113suisen_b
真っ白の水仙を見つけました。花びらだけでなくカップの部分まで純白で、しべだけが淡い黄色でした。
後ろ姿の写真ではカップが見えなくても、日本水仙のそれをそのまま白くした感じで、じつに清らかです。水仙には「雪中花」という別名があって、こんなに白いと雪に埋もれて見分けがつかないのではと心配するほどです。
ところが、水仙の花言葉は「うぬぼれ・我欲」だそうで、佇まいとは大きなギャップを感じます。贈り物には不向きな花です。

<補注1> 掲載時はタイトルをただ「スイセン」としていました。その後、この種類の名前がわかったので変更しておきます。(2013年1月21日
<補注2> カップが見える正面からの写真はこちらです。(2013年11月20日)

| | コメント (4)

1月12日(水) ロウヤガキ

050112rouyagaki_b
さて、この実は何でしょう。カキノキ科カキノキ属ですから正真正銘の「柿」で、ロウヤガキというそうです。大きさは親指と人差し指を丸めたくらいです。
背丈くらいの木なので、十分に手が届きます。触るとなるほど柿の感触です。
ロウヤは「老鴉」と当てるようでも、原産地中国の名前そのままなのか、意味が皆目検討つきません。ツクバネガキという和名があるようで、かわいいヘタを見ると、この名の方がお似合いに思えます。

<補注> お味見の結果はこちらです。(2006年2月9日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月11日(火) カンザクラ

050111kanzakura_b
寒桜が咲いて、そこだけまるで春が来たようです。
先月紹介したジュウガツザクラと違って一重ではあっても、花つきはこちらが見事のようです。花びらとか花房の感じが丸々としていて、全体に梅に似たイメージがしないでもありません。ただ、大きな樹型や樹皮はまさしく桜です。
それにしても、暖かな冬です。きのうはシャツ一枚で外仕事してしまいました。旗桜に会えるのも、今年はかなり早いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月10日(月) ダイコン

050110daikon_b
大根が旬のようです。放射状に開いた葉が、祭りの屋台の飾りを思わせます。
大根といえば、今年は東京農大が箱根駅伝に出られず、「大根踊り」が沿道から消えてしまいました。下品だなあ、とか思っていたものの、見ないと寂しいものです。
あの大根は、あれだけ振り回すので、よく折れるそうです。そのため数がたくさん必要で、その全量が「卒業生からの寄付」というのがさすがです。東農大、ガンバレ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1月9日(日) ロウバイ

050109roubai_b
散歩していると、花の色よりも先に香りに気づくときがあります。秋のキンモクセイの香りには辟易したのに対し、このロウバイのそれは優しさが秀逸です。ふんわりと漂ってくる甘い香りが、散歩のコースを蛇行させてくれます。
ところが、「お、ここにも!」と近づくと、花びらがすべて黄色のソシンロウバイばかりです。たぶん、花びらの開きが良くて(横向き全開)きれい(黄色一色)なので、植木屋さんはあれを重宝するのでしょう。
どうしても本家ロウバイをここに載せたくて、やや遠出をしました。ようやく見つけてめでたしめでたし。うつむき加減の花の内側で紫の花びらが透けていました。

<補注> この記事のタイトルを「ロウバイ」にしたので、12月30日のロウバイの方は「ソシンロウバイ」に変更しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月8日(土) マサキ

050108masaki_b
懐かしい木を見つけました。マサキです。
ワタシが生まれた家には、玄関先にこの木が10本ほど植えられていて、そのどれかの根もとに「宝物」を埋めたのです。何年かあとに掘り返しても、どこに埋めたものやら、さっぱり見つからなくて悔しい思いをしました。
かつての無邪気なガキンチョが老人パスをもらう歳になって、あのときいったい何を埋めたものやら、はたまた埋めたこと自体が夢だったものか…。記憶にはこの朱色の実が残っているばかりです。
若い枝は緑色であって、これを10㎝ほど切り取ってミニ刀を作ることができます。柄と鞘の境目にあたるところに刃を入れ回し、鞘の部分の皮を石で叩いて髄と皮を離します。そんなものがオモチャだった時代がありました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1月7日(金) ヒメキンセンカ(ホンキンセンカ、フユシラズ)

050107huyusirazu_b
暮れの雪をものともせずに黄金色の花を咲かせ続けています。その名もフユシラズ、小さな背丈(15cmほど)にかかわらず、春まで咲き通してくれる丈夫な性質です。
1年草(キク科)のくせにいつも同じところに生えるので、こぼれ種で増えるようです。困るのは開花時間が短いことで、かなり陽の高い時間帯以外は花が窄みます。気づかず撮りに出かけて2回も振られました。
ところで、今回の雪は草花の耐寒試験に役立ちました。このフユシラズ以外にも、ガーデンシクラメンポリアンサジュリアンなど、雪に埋もれてもOKなことがわかりました。逆に、あのしぶといランタナが一気に枯れたのは少し意外でした。

<補注> 掲載当初、この草の名前をフユシラズと知りそのままにしていました。しかしそれは別名で、ヒメキンセンカ(またはホンキンセンカ)が正しいようです。記事はそのままに、タイトルを訂正します。(2015年3月3日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月6日(木) ヒヨドリジョウゴ

050106hiyodorijogo_b
本来は野の草なのに、志木の街なかで見つけました。ガサツな環境もいとわずにどんどん勢力を広げるタフな性質です。
朱色が美しい実はおいしそうに見えても人間向きではありません(毒性あり)。もっぱらヒヨドリがこれを好むそうで、そこからの名前です。別名をツルサンゴと聞いても、これはフユサンゴと紛らわしいし、即物的に過ぎるので却下とします。
蔓や葉に密生した軟毛が特徴的だし、葉にはひとくせあります。写真に見えるものはふつうにハート形なのに、株の下の方では朝顔よりも深く割れた3裂や5裂なのです。増補版の方では、写真を入れ子にしてそれを示しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月5日(水) ノイバラ

050105noibara_b
のーんびりの年末年始休みが終わって、きょうからまたイバラの道のようなお仕事…てなこともなくて、ノイバラの実を登場させるための前振りです。
池の水面と赤い実のコントラストが印象的でした。初夏のころの花はあまり撮影意欲をそそらなかったのに、実だけの比較ならふつうのバラに勝る美しさです。
漢方ではこの実を利尿と下剤に使うそうです。この実を摘むには痛い思いをする(棘が鋭い)わけで、それでも薬効を試した人は偉いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月4日(火) オタフクナンテン

050104otahuku_b
三が日があけても、まだおめでたモードでオタフクナンテンです。「お多福」は字面がいいし、ナンテンは「難を転ずる」だそうですから。
オカメナンテンとも言うそうで、オカメとお多福は同じですから、好きな方で呼んでいいでしょう。あと、このようにきれいに紅葉するので五色南天とも言うようです。
ただ、ふつうのナンテンと違い、こちらには実がつきません。鮮やかな赤のなかに白い実とかついたらいいなあ、と思うのはワタシの単なるワガママです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月3日(月) ウメ

050103ume_b
元日からの松竹梅シリーズ、めでたく完結です。この冬は、もう2週間も前から梅がチラホラ開いていたので、準備万端で三が日に備えることができました。
梅は、観賞用・果樹用合わせて300種以上あるそうで、この写真のものの名を特定するなど、残念ながらワタシにはまったく不可能です。ただ、木によってまだ固い蕾のものも多いので、早咲き系統ではあるのでしょう。
清少納言は「木の花は…こきもうすきも紅梅」としてこの色がお好きだったようです。ただし、それ以前の日本には白梅だけだったと考えられるので、案外に新し物好きなだけだったのかもしれません。

| | コメント (3)

1月2日(日) タケ(モウソウチク)

050102mousoutiku
今年を松で始めたので、二日目は竹です。あーァ、こんな月並みな思考回路では、今年もいい仕事はできないなァ、と少し落ち込みます。
ただ、あちこち歩きながら「竹」を気にしていたら、結構多くの竹林があることに気づきました。志木がまだまだ田舎ということでしょうが、ありがたいことです。
竹の種類は数知れなくても、代表的なものはモウソウチク・マダケハチクの3種です。写真のものは節の輪っかが一段(一重)なので孟宗竹であり、ほかの2種はここが二段になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月1日(土) クロマツ

050101kuromatu_b
あけましておめでとうございます。
去年の春から始めたこのブログが、4月23日以来「皆勤賞」で新年を迎えることができました。花暦というテーマの性格上、この冬を乗り切れるかが問題ではあっても、できるだけ続けてみたいと思います。
さて年の初めと言えば、やはり黒松で決まりでしょう。本当は松林の素っ気なくも逞しいクロマツが好きでも、今朝は入念におめかしした一本にしてみました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »