« 11月17日(水) ヒイラギ | トップページ | 11月19日(金) ビワの花 »

11月18日(木) センリョウ

041118senryou_bきのうのヒイラギ、きょうのセンリョウと並んでくると、冬・年末・お正月という気分になってきます。ポインセチアだと、ワタシにはまだ「借り物」に思えて、柊や千両で安らいでしまうのは、これはトシのせいでしょうか?
これと同じ時期に似たような姿を見せるものとして、マンリョウとヤブコウジがあります。この三つのなかではセンリョウの背丈が一番あって膝丈~太ももくらい、あとの二つはフクラハギくらいです。
そもそも、マンリョウとヤブコウジはヤブコウジ科、センリョウだけがセンリョウ科です。その違いのせいか、実の着き方がセンリョウだけ上向き、ほかの二つはプラプラとぶら下がります。

<補注> この記事の時点では、大きく成長したマンリョウを知らなかったようです。背丈くらいに育ったマンリョウは特に珍しいものではないので、訂正しておきます。(2014年7月23日)

|

« 11月17日(水) ヒイラギ | トップページ | 11月19日(金) ビワの花 »

コメント

(┌・。・)┌ ♪

旗珍のおうちの千両きゃ??
沢山実がついてますねえ
ウチの負けだわん・・・

カラタチバナが百両 蟻通しが一両なんでしょ
蟻通しも物騒なネーミングよねえ~~♪

投稿: マジョ | 2004/11/18 21:55

イチリョウ(アリドオシ)、ジュウリョウ(ヤブコウジ)、
ヒャクリョウ(カラタチバナ)、センリョウ、マンリョウ、
とありますね。

花の付き方が、イチリョウから順に下向き上向き交互に
なってる、と以前教わったことがあります。
でもこの規則は、「百」以上だけにしかあてはまりませんね。(^^;)

投稿: waiwai | 2004/11/19 05:01

うわ、お二人ともありがとうございます。
一・十・百・千・万、シリーズになるなんて、知りませんでした。一気に物知りになることができましたァ、ぺこり。
でも、一両・百両を見たことないので、また課題ができてしまいました。
マジョさんへ:これね、大阪の住宅街で見つけました。あの柊もね。ウチの近所の千両は「ちょぼ」です。
waiwaiさんへ:上下交互説、とっても面白いんですけどねえ、残念。背丈順も無理だし…。ワタシにはまず一両・百両の発見が必要です。

投稿: はたざくら | 2004/11/19 06:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28801/1994833

この記事へのトラックバック一覧です: 11月18日(木) センリョウ:

« 11月17日(水) ヒイラギ | トップページ | 11月19日(金) ビワの花 »