« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

10月31日(日) ミゾソバ?

041031mizosoba_bすんごい雷でしたぁ。今朝の5時ごろのことで、しばらく地響きがしていました。台風・地震の次は雷、おいおい、その次は火事ですか? 注意、注意!
これは23日の撮影です。名前がわからなくて、ずっと悩んでいます。ご存知の方、救援をお願いいたします。田んぼの土手で見かけました。30~40㎝くらいの背丈です。
最初に花が目についたときはママコノシリヌグイかと思いましたが、棘がソフト過ぎます。葉も茎をくるんで長いので、ママコやイシミカワの線(葉が三角)はありません。
アキノウナギツカミは花柄が無毛だそうで、見てのとおり、これには毛があります。残るはミゾソバ、茎が赤みがかっているところは嫌疑濃厚?です。写真のものには、ミゾソバにあるべき葉柄がないのが気がかりです。

<補注> 翌年、ミゾソバに間違いないものを掲載しました。(2005年10月27日)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月30日(土) ツリバナ

041030turibana_b雨が来る前の大慌て散歩でも、5日ぶりなので収穫が多く、ホクホクです。日暮れ前みたいな光線の下なのは淋しくても、贅沢は言いません。
で、今朝一番のうれしいショットです。たぶんツリバナ(吊花)です。もう少し早く見つけていたら、この赤い殻のなかに朱色の種が入っていたはずなのに、遅すぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月29日(金) モクレン割れた

041029mokuren_bコブシの実の割れはじめた様子は、先月26日のブログで紹介しました。同じ科なので姿はよく似てはいても、モクレンはひと月遅れで割れ出しました。
今か今かと待ったのに、この実は赤くなるだけでなかなか割れませんでした。コブシは色づきながら割れ出した感じで、似たような姿でも段取りが違います。花も、コブシははかなげ、モクレンはがっしりしているので、柔と剛の違いがクッキリです。
041029mokuren_cところで、コブシもモクレンも、ものの本には「割れると朱色の実が白い糸をひいて垂れ下がる」という記述があり、そのショットがほしかったのに、今年は駄目でした。
たしかに、実を引き出すと白いオネバがのびます。うまく木についたままで糸が垂れたところを見たいものです。

<補注> モクレンではなくコブシでしたが、糸が垂れたシーンをとらえることができました。(2005年10月6日)

| | コメント (0)

10月28日(木) ニラ

041028nira_b同じように、ニラの花を上から撮った写真を載せたのは9月11日でした。白い花をアップで見たら、「食料」としてのニラとはぜんぜん違ったイメージが新鮮でした。
飽きもせず、また上から眺めてみたら、一カ月半たってこんな姿になっていました。この殻が割れる前も、小さな玉粒が穂先に並んでかわいかったのに、はぜて姿を現したタネはさらに魅力的です。
開いた殻は透き通った感じではかなげです。ほんのわずかの間の自然の「芸術」と称えたい、無彩色対比の渋さです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月27日(水) ヤマノイモ(ムカゴ)

041027mukago_b少しグズつく予報だったはずなのに、今朝は気分のいい青空です。こういうハズレはちょっと儲けた気がします。
ヤマノイモにムカゴがいっぱいついていました。農家の畑ですが、こうやって杭に昇らせて育てるのでした。たしかに、自然状態でも樹木にまとわりついています。
山のなかでこれを見つけたら、ここ掘れワンワンでお宝の自然薯ゲットなのですが、こうした畑でもあの芋はできているのでしょうか? 芋掘りは芋掘りでも、山芋を掘らせてくれる農場があればいいのに…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月26日(火) ツワブキ

041026tuwabuki_b葉がピカピカして目立ちます。花も、ほかの草木が淋しくなったこの時期、光り輝くように際立って見えます。自己顕示欲100%のツワブキくんです。
などと言ったらかわいそうでしょう。本人には決して悪気はないはずです。たまたま目が覚めたら、周りはみんな寝込んでいた、なんていうマが悪い人っていますよね。
兵(つわもの)のツワかと思ったら、「ツヤのある蕗」の転化のようです。2週間くらい前から花を見かけるようになりましたが、旬はまだこれからだと思います。

| | コメント (0)

10月25日(月) むっきゅーぅ

041024cosmos_bコスモスの写真というのは、どう撮ってもなかなかアタリマエで、駆け出し激写小僧の腕ではどうしようもないものばかりになります。上手な人のを見ると、ため息が出そうなものがあるのに、悲しいことです。
そこで、ゲリラ作戦に出ることにしました。きのうのお昼過ぎの画像です。
コスモスの開花時間ってあるのでしょうか。このコスモスくん、今からふつうに咲こうとしているのか、それとも何かひっかかって開ききれないでもがいているのか…。ワタシには後者に見えて、つい応援しながらの一枚でした。

| | コメント (2)

10月24日(日) ニシキギ

041024nisikigi_bトカゲの次はナマズと来ました。揺れたなァ、もおぉ。思わず立ち上がって本棚を押さえたけれど…。中越方面には知り合いの人々もいて、とても心配です。
なんだか気が晴れませんが、ここは明るくニシキギです。錦木の名前にたがわず、思いっきり豪華な染め上がりです。
写真ではちょっと見えにくいのですが、枝にコルク質の羽があるのがニシキギの特徴です。何のためにあるのか不思議ですが、見分けやすくて助かります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月23日(土) マユミの実・ぱか

041023mayumi_bマユミの実がぱかっと開いていました。先週の週末にチェックしたときは、まだ少し先かと思っていましたが、マジョさんから「こっちは割れてるよ」のお知らせがあって、ここに駆けつけました。ありがとうございました。
初めてマユミの美しさに感動したのは、甲府の円光寺(武田信玄の正室の菩提寺)でした。もう少し秋深いときだったと思いますが、割れた殻のピンクと実の赤で樹全体が覆われ、三条夫人のあでやかさもかくや、と思わせる姿でした。
写真の実はまだ開いたばかり。あのあでやかさになったら再登場してもらいます。

<後日注> この段階では、殻の色に白とピンクがあることを理解していませんでした。殻が白い品種では、いくら待ってもピンクにはなりません。

| | コメント (2)

10月22日(金) ベニバナトキワマンサクの葉

041022mansaku_b一つ前のマーゴンもそうでしたが、どうも台風一過となりません。あまり気持ちの良くない朝です。
なので、せっかくホームグラウンドに帰ったのに、またお取り置き写真です。これは、たしか17日の撮影です。狂い咲きの花がついていたので、ベニバナトキワマンサクだと思います。
春には、花がピンクと紫のグラデーションを見せてくれるのですが、葉っぱもこんなに微妙な色づきをすることをはじめて知りました。赤だ、黄色だ、という紅葉よりも、ちょっとシャに構えていて好きです。

<補注1> 紅葉だと思って記事を書きましたが、これは若葉のようです。「紅葉」としていたタイトルを修正します。
<補注2> 花が咲き始めのころはこちら、ほぼ満開の様子はこちらです。

| | コメント (3)

10月21日(木) モッコク、割れた

041021mokkoku_bひどいトカゲ(台風23号)でしたが、みなさんご無事でしょうか? まったくもって無茶苦茶な年ですね。
さて、これはお取り置き画像ですが、17日の撮影です。モッコクの実が割れてきました。8月20日に実がついてるところを載せたので、熟すまでは丸2カ月でした。
派手な割れ方ではなく、ふてくされているみたい…。鳥も来ていません。花から実まで、つとめて渋いモッコク君です。

| | コメント (2)

10月20日(水) ゴールデンピラミッド

041020gorudenp_bきのうは、わりと地味な画像だったので、きょうはキレイな色合いにしました(16日撮影)。
ゴールデンピラミッド、名前どおりに派手な一叢を作ります。小型ヒマワリ状の花と、細い葉が印象的で、花が少なくなるこの時期に、ひときわ目立ちます。
今週は木曜まで大阪暮らしです。かなり凶暴そうなトカゲ君とも、今夕にお会いできそうです(トホ)。きょうが移動でなかった分、ラッキーだと考えることにします。

| | コメント (2)

10月19日(火) ギシギシ

041019gisigisi_b去年までは自分にとってただの「草」だったのに、今年は名前で呼んでいる、というのが毎年少しずつ増えてきました。この調子であと20年もすれば、いっぱしの「通」になれそうですが、問題は20年も持つのかどうかです(笑)。
という話はさておいて、これも去年まではただの草の部類でした。ギシギシです。背骨がギシギシいうのはただの老化現象ですが、この草は名前がギシギシです。
夏の花の様子は密集して、まさにギシギシ言いそうでした。ところが、秋になってあの花穂はいったいどこへ消えたのでしょう。葉っぱだけになったら、かえってその形の面白さに見とれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月18日(月) 秋酣

041018hanamizuki_b覚えたばかりの漢字を使いたいという魂胆が見え見えのタイトルです。
「あきたけなわ」、TVの朝番組とかの常套句ですが、どう書くのか考えもせず聞き流していました。
被写体はハナミズキです。別の木でしたが、10日ほど前にアップで登場済みです。きょうのこの木は、あまりにも実のつきがいいので、引いたところからの眺めです。
カラスがたくさん来ていました。あしたはもう、この木は丸裸かもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月17日(日) サザンカ

041017sazanka_b快晴・微風・適温、まさに秋晴れ、爽快です。きのうの夕焼けはアタリでした。これから町内の大掃除です。
気の早いサザンカがもう咲きました。まだ固いツボミだけのものもあるので、種類によりけりなのでしょう。サザンカ→焚き火、という連想はあの小学唱歌のおかげですが、やはりもう少し寒い時期が似合います。
山茶花と書いてサザンカ、不思議ですが、なんとなく趣のある名前です。

| | コメント (2)

夕焼け10.16

041016yuuyake_b夕焼け感動シリーズその2です(その1はこちら)。
きょうは一日はっきりしない天気だったのに、おしまいになって帳尻合わせのような一幕を見せてくれました。あすはいい天気になりそうです。
このあと、いったん家に帰ってカメラを置き、夜の散歩に出たら、絵に描いたような眉月が西の山際にかかっていました。あわててカメラを取りに走って戻ったら、月はもう沈んでいました。暗くなっての散歩でも、カメラは手放せないことを学びました。

| | トラックバック (0)

10月16日(土) ホトトギス(タイワンホトトギス)

041016hototogisu_bホトトギスは、これで二度目の登場です。前(8月31日掲載)は安曇野にさく可憐な(地味な?)一輪でした。
今朝のこれは近所に咲いていたハデメな都会っ娘です。

<補注1> 1本の花茎が分岐して複数の花をつけているので、これは正確にはタイワンホトトギスです。
<補注2> 本来のホトトギスはこちらに収録しています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

10月15日(金) ノブドウ

041015nobudou_bノブドウはこのブログに二度目の登場なのですが、最初はいつ載せたか、記憶が定かでないのが涙です。
調べたら、7月22日でした。「もうノブドウが色づいている」と驚いていたのは2カ月と3週間も前なのでした。あの頃の暑さは、思い出すだけで身震いします。しかし、それから季節がひと目盛り変わったのです。早いものです。
色はかなり具合が良くなりました。うれしいほどにきれいな色を見せてくれます。まだ、もう少し深い色を見せてくれるはずです。そろそろ、「秋もたけなわ」…しかし、タケナワって「酣」という字なのでした。知りませんでした。

| | コメント (1)

10月14日(木) キツネノマゴ

041014kitunenomago_bうす紫色の小さな花を見つけました。足首ほどの草むらです。
数枚撮影して、ウチで見たらボケボケ写真でした。こういう色合いの花って、ホントにとらえにくくて泣かされます。でも名前だけは判明しました。キツネノマゴ、とてもかわいい名前、ママコノシリヌグイとは対極のインパクトです。
見つけたのが遠くの公園だったので、再撮影のために近くを探し回ったら、土手の斜面にありました。斜面なので、うまく低いアングルで撮れました。子狐の尻尾を思わせるかわいい苞です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月13日(水) ガマズミ

041013gamazumi_bきれいな赤い実をつけた木を見つけました。ガマズミだと思います。
葉が印象的なので、それを頼りに判別しようとしましたが、この葉は変異が大きく、丸やら四角やら長細くなったり、あまりアテにならないようです。むしろこのきれいな実がガマズミの証拠でしょう。
花は白いはずですが、その時期には気づきませんでした。来年はこの花のレポートを載せることができると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月12日(火) コムラサキ

041012komurasaki_b濡れた芝生を背景にして、色合いのいい一枚が撮れました。実が欠け始めていて、時期的にやや遅すぎますが、画像のお気に入りということで…。
なお、これをふつうはムラサキシキブと呼んでいますが、正確にはほとんどがコムラサキのようです。葉っぱのギザギザが先っぽ半分だけ(紫式部は全部)です。
ホント?のムラサキシキブは、ワタシが観察中のものはまだ実が色づいていません。実も小さくまばらで、案外につましい姿をしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

番外編 : 龍勢

041011ryuusei_bきのうは、吉田町(埼玉県秩父郡)の龍勢の見物に行ってきました。かなりわかりにくい写真ですが、山の上まで飛んでいるロケットが見えるでしょうか。
くりぬいた松の木に火薬を詰めたものを、朝から夕方まで、30本以上打ち上げます。うまく400メートル上空まで飛ぶものもあれば、発射台でむなしく煙を吹くだけのものもあり、成功すればヤンヤの喝采です。
町中総出で桟敷に座って、一日楽しみます。楽しみ方を知らずに行ったワタシは、立ったまんまの見物でしたが、ついつい半日見とれてしまいました(くたびれたぁ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月11日(月) ケープヒルムシロ

041011aponogeton_b名前のケープはガウンやマントのような「あれ」ではなく、地名です。別名はキボウホウヒルムシロで、これはもちろん希望峰=あのアフリカ最南端の地名です。つまり、あの辺が原産地なわけです。言われてみればそんな風貌でしょうか。
さらに、これが属すレースソウ科(ホントにこんな科があるのです)というのは葉の穴がレースに見えるところからの名前です。レースのケープだったらオシャレだったのにと少し残念ですが、名前だけでも楽しめる水草です。

<補注> 在来のヒルムシロはこちらです。(2016年6月23日)

| | コメント (0)

10月10日(日) シャリンバイの実

041010syarinbai_bまるでブルーベリーかと思うようなシャリンバイの実です。
ハナモッコクともいうように、モッコクに似てがっちりした体格です。この木は、腰丈ほどの生垣に仕立てられていました。
葉もしっかりしています。この葉はやや丸いので、細かく言うとマルバシャリンバイだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月9日(土) ハナミズキ・秋

041009hanamizuki_b志木も雨でした。かなり降っています。マーゴン君(22号)はほぼ予定進路どおり動いています。このまま来れば、関東総なめでしょうか。
そんなお天気とはまったく関係ないお陽さまピッカリの画像は、木曜の昼のものです。
場所によって、木によって、度合いは違いますが、ハナミズキが秋の装いをはじめました。ギボシ型の来年の花芽もしっかりついています。
今年の紅葉は期待薄だそうですが、ハナミズキを見る限り、なんだか期待してしまいます。そう言えば、似た種類のヤマボウシやミズキの葉はまだ青くて、ハナミズキは紅葉のトップランナーです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月8日(金) ギンモクセイ

041008ginmokusei_bいくら大阪にきたとはいえ、6時をまわったのに窓の外はまだ薄暗がりです。時差(!)ってそんなにあったかなぁと外に出たら雨でした。埼玉ももう降っているのでしょうか。連休も降られてしまうのだろうか。心配です。
きのうの朝、志木で撮ったギンモクセイです。「キンモクセイに比べて葉が大きい」ことを知ったので、葉っぱを一枚、長々と入れてみました。確かに、キンモクセイより2割ほども長いようです。
ところで、なんと志木の「市の木」はモクセイなのでした。確かに、歩き回ると「これでもか」状態でモクセイだらけです。この香りが苦手な人は、この時期の志木では窒息します。しかし、そんななかで銀木犀はこの一本だけです(もちろん、ワタシの徘徊範囲で)。貴重な銀ちゃんです。

| | コメント (2)

10月7日(木) ハス

041007hasu_bまぶしい朝です。きのうの夕焼けから光に感動していて、感動シリーズです。
蓮の葉についた朝露が、パールのネックレスみたいに写りました。ホントはキラリと光る雫を、見えるとおりに写したかったのですが、偶然にこんな風になりました。
同じものをもう一度撮れと言われてもできない、偶然の一枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕焼け10.06

041006yuuyake_bほんの5分くらいのものでした。うわあ、という感動の時間は…。
風が強い一日でしたが、その分、空はきれいになっていたようです。
このブログは朝刊タイプ(?)でやっていますが、きょうは思わず号外発行です。

| | トラックバック (0)

10月6日(水) ザクロの実

041006zakuro_b1久しぶりに気持ちのいい朝です。暑い盛りはあんなに疎ましかったお陽さまが、今朝はとても神々しく見えます。
柘榴の実がそろそろ食べごろです。ぷっくり大きくなりました。
041006zakuro_b2歩いていたら、落ちてパックリ割れた実がありました。<注 : 写真で木に成っている実とこの割れた実とは違うものです。割れているのは、別の場所で「自然に」落ちていたものです = 強調!>
柘榴は歯ざわりがいいし、甘酸っぱい味も好きです。しかし、この透き通った赤い色が一番お気に入りかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月5日(火) キンモクセイ

041005kinmokusei_b10月になったとたん、キンモクセイの香りが漂い出しました。おや、こんなところにもあったのか!と、その所在を再認識する季節です。
自己主張(色も匂いも)が強すぎるから嫌いという人もいますが、年に一度、何日間かのことだから、風物詩だと思えば許せる気もします。
中国原産ですが、向こうの人はこれがよほど好きみたいです。木犀を中国では「桂」と呼びますが、これを使った(桂花○○)お酒やお茶があります。
散り始めたら、花弁を集めて糸に通してネックレス…などという楽しみもあります。

| | コメント (1)

10月4日(月) メキシカン・ブッシュ・セージ(メキシカンセージ、アメジストセージ、サルビア・レウカンサ)

041004mexicansage_b悩ましい長雨です。連日、空は薄暗くて、ろくな写真が撮れません。ピンチ!、写真が在庫不足です。
泣く泣く出すのはメキシカンセージです。盛りはこれからなので、まだ花つきは不足だし、色も淡すぎるようです。すべて雨のせいにしておきます。
アメジストセージともいうので、もう少し濃い色合いを期待しましょう。サルビアレウカンサという学名でわかるように、サルビアの仲間です。背丈(花穂)がのびてだらしない風情になるので、この写真もそうですが垣根に頼らせることが多いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月3日(日) クサギの実

041003kusagi_bキンモクセイの香る朝です。あいにくの雨ではありますが…。
そんなワケで、キンモクセイの映像の代わりに数日前のクサギの実です。何年か前に、これを最初に見かけたときは、あっけにとられたものでした。誰の気を惹こうとして、こんな派手な配色なのでしょう。
木の実ですから鳥さん向けの装いなのでしょうが、鳥の目は白黒世界だと習った気がします。彼らの目からはどんな風に見えているのか、少しだけ気になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月2日(土) クジャクソウ

041002kujakusou_b朝もやも手伝って、幽玄の世界です。
クジャクソウはかなり繁殖力が強いようで、土手が一面真っ白でした。一叢が咲き誇った様子は、確かに孔雀が羽を開いたかに見えます。
花色がピンクや紫の株も見かけますが、それらとは区別する意味で、この白い種類を特別にシロクジャクと言ったりするようです。

| | コメント (2)

10月1日(金) シュウメイギク

041001syuumeigiku_b10月になりました。暦に義理でもあるように、きょうはやけに涼しい朝です。
今月一番の掲載はシュウメイギク(秋明菊)です。秋「冥」菊とも書くようですが、冥土に送られるようでうれしくありません。冥は「暗」い意味ですから、「明」るいとはまるで逆の名前になってしまいます。秋牡丹という別名の方がまだマシでしょう。
菊とか牡丹とか呼ぶものの、キンポウゲ科です。かわいい蕾がキンポウゲに似ています。例によって花びらに見えるのは萼で、ハナミズキなどと同じ構造です。白が基本と思っていたら、ピンク(薄紫)の方が原種に近く、白は園芸種と知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »