« 7月19日(月) ヒメヒオウギズイセン(クロコスミア、モントブレチア)およびミズヒキ | トップページ | 7月21日(水) アカメガシワ »

7月20日(火) サツマイモ

040720satumaimo_b今朝の題名が、なんとも冴えません。芋農家の人には顰蹙を買いますが、イモという音には、少しばかり負のイメージが伴います。
でも、きれいです。ジャガイモならば、出てきた芽をこうやって育てるのは珍しくなくても、サツマイモまで水栽培できることを初めて知りました。
そして、むしろジャガイモよりもきれいです。ジャガイモの茎がわりと太くてがっしりなのに比べ、サツマイモはやや繊細で、色も紫の蔭りが渋さを感じさせます。
この先、順調に育ってくれるものかどうか、もし花でも咲いたら、またレポートすることにします。

<補注> サツマイモの花は素人が簡単に咲かせられるものではありませんでした。(2014年10月21日)

|

« 7月19日(月) ヒメヒオウギズイセン(クロコスミア、モントブレチア)およびミズヒキ | トップページ | 7月21日(水) アカメガシワ »

コメント

(^・o・^)ノ" あついニャ~~♪

おいもちゃんは涼しそう・・
一方に向いてしまって すぐに倒れてしまう
やつがしらの経験あり
さつまいももまるごとやったような
最後が記憶にございません

投稿: マジョ | 2004/07/20 07:54

ホントきれいですねぇ♪
きっと、紫のサツマイモの肌色とお皿の白地に青い模様との相性がいっそう素敵だからだと思います。そっか、栄養分となるお芋の量を多めにしてやると、茎がにょきにょきと伸びてくるんですね。
わたしもやってみようかなぁ?
あ、記事のご紹介ありがとうございました(^^)

投稿: mokaneko | 2004/09/02 10:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28801/1009703

この記事へのトラックバック一覧です: 7月20日(火) サツマイモ:

« 7月19日(月) ヒメヒオウギズイセン(クロコスミア、モントブレチア)およびミズヒキ | トップページ | 7月21日(水) アカメガシワ »