« 6月18日(金) サルスベリの開花 | トップページ | 6月20日(日) ムラサキクンシラン(アガパンサス) »

6月19日(土) コムラサキ

<チューリップ> 昨夜遅く大阪から帰り着いて、どれ寝酒でもと思ってTVをつけたらチューリップが歌っていました。お決まりの再結成コンサートってやつでしたが、いいですね、枯れ味がついて。
♪いつも いつのときでも 僕は忘れはしない♪ときたら、涙の栓が左にキュッと回ってしまって。そこから先は、ジュルジュルと、酒をすすっているんだか鼻水をすすっているんだか(うわ、バッチイ)。
つい最後まで見てしまったら、今朝は眠いです。これからTSUTAYAに行って、もう1回ジュルジュルして(昼から? シラフで? そりゃ無理だ)、昼寝します。
040619komurasaki_b<コムラサキ> きのう気になったサルスベリ、やはり近所はまだ咲いていません。ネムノキだって大阪の満開から10日もたっているのに、ようやく枝全体に花がまわった段階でした。
そこで、きょうのお題はコムラサキです。秋に直径2ミリほどの紫の実が枝にビッシリ並ぶので目立ちます。実に比べると、花は枝元から枝先にだんだん咲き進む、つまり咲いているのはいつも一部だけなので、目立ち度は劣ります。でも、淡い紫が涼しげで、夏の清涼剤になると思います。
<補注> 先輩からのコメントを参考に、ムラサキシキブとしていたタイトルを修正しました。鋸歯の具合と花穂のつき場所が、コムラサキのようです。(2004年8月8日)
040619sarusuberi_b<午後の追加ログ> TSUTAYAで「チューリップ2000BEST」を借りてきました。てんで良くありません。
これって若いときの歌ばかりみたいです。やっぱ男は歳だな、むふふ。
そのTSUTAYAまでの途中で開花しているサルスベリを見つけました。まだ主幹が細くて、かなりの若木です。
桜は樹齢の若いものから咲くらしいのですが、百日紅もそうなのかもしれません。

|

« 6月18日(金) サルスベリの開花 | トップページ | 6月20日(日) ムラサキクンシラン(アガパンサス) »

コメント

はたざくらさん、こんばんは

葉や花の付き方から見て、コムラサキではないでしょうか。
ムラサキシキブと言われているものの多くが、コムラサキですね。
...とこだわると、嫌がられちゃうかな。(^^;)

投稿: waiwai | 2004/06/19 19:37

う~ん、実はログを上げるときに悩みました。コムラサキかな、と。
でも、葉っぱの広さ(大きさ)で、あえてムラサキシキブと判断しました。コバノムラサキシキブとかコミノムラサキシキブとかあって、確かに少し鬱陶しいですよね。
実がなると、もう少しはっきりするんでしょうか?

それと、ヤマモモですよ。きょう、特別捜索隊をしたのですが、やっぱり実がついていませんでした。少なくても一昨年は実を採取した同じ樹なので、とオォっても不思議です。
こんなことってあるんでしょうか?

投稿: はたざくら | 2004/06/19 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28801/796848

この記事へのトラックバック一覧です: 6月19日(土) コムラサキ:

« 6月18日(金) サルスベリの開花 | トップページ | 6月20日(日) ムラサキクンシラン(アガパンサス) »