トップページ | 4月17日(土) 旗桜は散ったが、八重がある »

4月16日(金) 志木の旗桜は世界に一本! (このブログの第一歩)

旗桜(ハタザクラ)とは、埼玉県志木市に咲く「世界に一本しかない」桜です。
040416hatazakura_aどこが珍しいのか? 桜の花はふつうは花びらが5枚です。しかし、ハタザクラにはそれ以外に1枚か2枚の花びら(らしきもの:下の写真参照)があります。この余分なものが旗に見えるところからの命名で、これが珍種のゆえんです。
040416hatazakura_bじつはこの旗は花びらではなく雄シベが変形したものです。花びらになりたい夢がかなった雄シベ、まるで六本木のなんとかバーのような、もとい、その雄シベ変形花びらを持つのが、わが町・志木のハタザクラです。
正確には「チョウショウインハタザクラ(長勝院旗桜)」という名前です。「日本さくらの会」の研究誌である『桜の科学』に登録されたのだそうです。「そうです」と書いたのは、自分でこの資料を確かめた訳ではないからで、5年前に「志木市民新報」という地域紙に載りました。

この記事を見かける前から、この木は地域で一番の古木(400年)ですから眺めてはいましたが、「世界で一本」を知ってからは、毎年「観察」に余念がなくなりました。とても好都合なことに、この木と拙宅とは184歩の距離なのです。シーズンには、目覚めたらまずここまでお散歩が日課です。

ハタザクラはヤマザクラの変種なので、ソメイヨシノより1週間くらい遅く咲きます。あてずっぽうで見物に来ても空振りする人が多いのです。ワタシは早朝に観察に行くことが多いのですが、7時にならない時間から遠来らしい人たち(身ごしらえでわかります)が「まだかあ」とか「もう過ぎたのねえ」とか言っているのを聞くと、申し訳ない気がします。来年はぜひこのページをチェックしてお出かけください。

|

トップページ | 4月17日(土) 旗桜は散ったが、八重がある »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。