4月10日(土) ドドナエア

210410dodonaea_viscosa_m
きょう、ドドナエアを載せるにあたって過去記事を調べたら、あらら、ドドちゃん、もう3度も登場しているのでした。回数を忘れてしまうとはマズイなぁと思いつつ、去年の秋口に初めて出会って半年のことですから、かなりの惚れ込みようです。
そのドドちゃんがいよいよと言うか、早くも花の時期を迎えました。まず1枚目写真は雄株の引きです。赤銅色だった葉も、青葉が目立ってきました。
210410dodonaea_viscosa_m2
グッと寄ってみます。1個の径が5~6mmなので、見かけた最初は去年の実のカスじゃないか?とか蕾かいな?とかボケたことを考えました。しかし、だんだんにほころんでくると、このイソギンチャクまがいの物体は雄シベの葯とわかりました。2袋が合着した様子はカラスミを思わせます。
その付け根は5片の萼で支えられているので、ドドナエアは5数性なのでしょう。したがって、数がやや不安定な雄シベも、標準は10本と考えられます。
ちなみに花びらは見つけられません。たぶん、視覚よりは花托の蜜で花粉媒介者を呼び寄せるタイプ…というのがいまのところの推測です。
210410dodonaea_young_leaves
あらためて葉です。う、考えてみれば樹下の落ち葉を拾っていません。てっきり、赤銅色に変わった葉が更新されて緑の若葉が出てくるものと思って撮影したのに、落ち葉も、若葉の葉芽も、どちらもノーチェック、脇が甘すぎです。
210410dodonaea_viscosa_f
くそ、気を取り直して雌株です。最初にドドちゃんを知った瀟洒なアパート前以外に2カ所の植栽を見つけていたのに、それはどちらも雄株でした。がっかりして「原点」に戻ってみたら、おお、ここの2本はしっかりと雌雄セットでした。
で、上の葉っぱ写真の右下隅にも写っている雌花の穂に寄るとこんな具合でした。どうやら雌株の生長が雄株に少し遅れるタイプのようです。よしよし、それならまたちょくちょくここを訪れて、葉っぱのことも併せて勉強してみましょう。

過去のきょう 2020 ケヤキ 2019 アメリカハナズオウ 2018 ヒゴスミレ 2017 ハボタン 2016 イワウチワ 2015 ムサシアブミ 2014 アカシデ(ソロ) 2013 タチイヌノフグリ 2012 ヒカゲツツジ 2011 スギナ(ツクシ) 2010 カタクリ 2009 ベニコブシ 2008 原種チューリップ 2007 ジロボウエンゴサク 2006 カラスノエンドウ 2005 アオキ

| | コメント (0)

4月8日(木) モチノキ

210408ilex_integra_m
モチノキが10本ほど並んだ場所を見つけました。庭木として独りぼっちにされるケースが多いなか、たくさんの仲間に恵まれ、とても幸せそうです。
その開花時期に巡り会ったこちらも大変幸せでした。雌雄異株のモチノキを、雌雄よりどりみどりの撮影です。まずは男盛り(↑)から行きましょう。
210408ilex_integra_f
さて次はご妻女を!と思ったら、雌株の花が見つかりません。やっとそれらしき枝を発見したら、もう花びらを落として子房が膨らんでいました。
雌性先熟というタイプなのでしょう。数本の雌株はどれも気が早くて、かなり高い場所にかろうじて花びらを残す一群(写真右側)を見つけました。
冬には派手に実をつけた雌株を収録してあります。花の季節を外すと雄株の出番はなくなってしまうので、春の主役は旦那だということにしておきましょう。

過去のきょう 2020 ジューンベリー 2019 紅豊(べにゆたか) 2018 ニオイカントウ 2017 ウラシマソウ 2016 ホウチャクソウ 2015 マルバスミレ 2014 リキュウバイ 2013 ユーフォルビア・ラクテア 2012 カツラ(雌株) 2011 ワビスケ(数寄屋)  2010 ジロボウエンゴサク 2009 シロバナアケビ 2008 ヤマザクラ 2007 バイモ 2006 ムシクサ 2005 ヒサカキ

| | コメント (0)

4月6日(火) ベニバナトキワマンサク

210406l_c_var_rubrum
きれいだなぁ~というのはこのブログの原点みたいな感想です。遠くからでも若葉がキラキラ光り、花ではなくてもため息を誘うことを再確認です。
わからんなぁ~というのもこの十数年変わらぬつぶやきです。ベニバナトキワマンサクの赤い若葉に騙されたのはもう17年も前のことで、その季節は秋でした。秋にも若葉、春にも若葉…トキワ(常葉)というくらいだから、その葉の更新も春秋2回あったところで首を傾げるほどのことでもないのでしょう。
もう一つわからないのは、ここの垣根では開花が一切なかったことです。ほかの場所ではもう立派に咲いているし、このブログでも、過去に3月下旬4月上旬の開花を取り上げています。
環境によって咲き始めに10日くらいのズレがあっても、生き物のことなのだからそれは許容差というヤツなのでしょう。こうやって実例を学んで許容の幅を広げ続けると、そのうち基準などという概念のない腑抜け爺さんになりそうです。

過去のきょう 2020 モモ(ハナモモ) 2019 グレビレア・プーリンダクィーン 2018 フタバアオイ 2017 セントウソウ 2016 セリバオウレン 2015 ヤブカンゾウ 2014 ハナイカダ(雄株) 2013 グズマニア・ヒルダ 2012 シダレカツラ 2011 ラッパ水仙 2010 イチリンソウ 2009 カランコエ(八重) 2008 ノボロギク 2007 トウダイグサ 2006 センボンヤリ 2005 ボタン

| | コメント (0)

4月4日(日) タラノキ

210404aralia_elata
あ~、気持ちよか~!とタラノキが若葉を広げていました。
うぇーん、痛いよ痛いよぉ~とタラノキが涙を流していました。
こういうのを見ると、収穫どきの芽を見つけても採ることなんてできません。ワタシよりも前にここを通った人は、「ウシシ!」とばかりに三つ四つの芽をもいで、昨晩はさぞやおいしいお酒を呑めたことでしょう。しかし、少しばかり遅れてここに立ったはた衛門さんは、ムリムリムリ~と写真だけゲットしてサヨナラしました。
それにしても、天麩羅候補生の姿を撮影したのはこれが初めてでした。過去ログを見ると、7月に始まって12月まで、年の後半ばかりにこの木を取り上げています。初収録から17年、ようやく一番タラノキらしいシーンが撮れました。

過去のきょう 2020 ヤエノオオシマザクラ 2019 ボタンクサギとカシワバアジサイ 2018 イタドリ 2017 ハナニラ 2016 オオミスミソウ(ユキワリソウ) 2015 ハラン 2014 アブラチャン 2013 ソシンカ 2012 オオカンザクラ 2011 キクザキイチゲ 2010 ハナニラ 2009 チョウジザクラ 2008 ノジスミレ 2007 アザレア 2006 ヤブレガサ 2005 カタクリ

| | コメント (0)

4月2日(金) マツマエハヤザキ(松前早咲き)

210402matumae_hayazaki
函館市とさいたま市では、春先の平均気温は7度ほどの差があって、優に1カ月は時季がズレています。それなのに、どっちにいてもいまごろ咲くのが不思議です。まさか、気温ではなくて暦を見て咲いているのかと疑ってしまいます。
松前で見るなら「早咲き」の看板に偽りはなくても、埼玉ではもう染井吉野が散り始めています。もっとも、関山普賢象といったポピュラーな八重種よりは少しだけ早いわけで、やはり埼玉にいても「早咲き」には違いないのでしょう。
松前と言えば土方さんで、彼もこれを見上げたものでしょうか。この桜の下で目尻を濡らしている人がいたとしても、ぜひ見ないふりをしてあげましょう。

過去のきょう 2020 コボタンヅル 2019 ベニノキ 2018 ノラボウナ 2017 ラッパ水仙 2016 スミレ 2015 ヒメスミレ 2014 レンギョウ(雌花) 2013 ムユウジュ 2012 サルココッカ・コンフサ 2011 ヤマコウバシ 2010 ゴンズイ 2009 テンダイウヤク 2008 イチハツ 2007 ヤマエンゴサク 2006 ニリンソウ 2005 シデコブシ

| | コメント (0)

3月31日(水) コヤスドウダン(ホンコンドウダン)

210331enkianthus_hong_kong
サラサドウダンの花の色合いをちょうどひっくり返したようで、萼側の濃いピンクと裾の白の取り合わせはやや反則気味のかわいさです。いや、配色の妙よりも目立つのは、そのピンク部分のポッコリとした膨らみです。
別名のホンコンドウダンは、このドウダンが彼の地に産することを示していても、標準和名であるコヤス(子安)の由来がどこにも見つかりません。思うに、この魅惑のポッコリを妊婦さんのお腹に見立てたのでしょう。さらに、ドウダン類に共通の長い花柄が臍の緒を連想させるのも、この名付けの後押しをしていそうです。
同じく子安を名乗るコヤスノキはややマニアックに過ぎて腰が引けても、こちらのかわいらしい子安なら近所のお庭にどんどん増えてほしいものです。

過去のきょう 2020 オオヤマザクラ 2019 エリオステモン・ディフォルミス 2018 セイヨウオキナグサ 2017 ヒナギク(デージー) 2016 ソライロキキョウアヤメ(アリステア・エクロニー) 2015 スギナ 2014 ユリノキ 2013 オオムラサキ(オオムラサキツツジ) 2012 ジンチョウゲ 2011 エゾムラサキツツジ 2010 リビングストンデージー 2009 ヤブサンザシ(雌) 2008 サラサモクレン 2007 オオシマザクラ 2006 クロモジ 2005 ヤマモモ

| | コメント (0)

3月29日(月) シダレハナズオウ

210329cercis_chinensis_cv
垂れた枝を美しいと見る心性がどこから生ずるのか、思うに不思議です。枝は力感いっぱいに空を目指してこそ枝だろうに、地面に向かってどうする気だ!と独り憤る爺さんは、たぶん好事家という人々からは嘲笑されるのでしょう。
いや、桜や梅をご自分の庭で垂れさせておく分には、狭量爺さんだって特になにも申しません。あるいは、銀座の柳が垂れないと歌にもならんとは思います。
しかし、ハナズオウが枝垂れなければいけない理由がわかりません。もしや紐で下から引っ張っていないか、疑う始末です。花のつき具合も心なしショボイ(注)ような気がして、ほーら、咲く方だって気持ち悪そうだ!と毒づいてやりました。
ただ、考えてみればシダレカツラなんてどうやら自然発生したらしくて、特に人間が捏ねくり回さなくても、下に向きたい枝はあるのでしょう。カエデが枝垂れると涼しげだし、カキノキが枝垂れてくれると収穫しやすいメリットがあります。
やれやれ、シダレハナズオウを出しにして、いままで収録した枝垂れモノを総出演させることができました。あ、シダレケヤキを撮り忘れています。そんな代表的な枝垂れモノを忘れていたなんて、悲しくて首が垂れてしまいます。

<注・追録> 咲き具合がショボイという批判が一方的ではないように、「ほら、これがハナズオウの咲き方だよ」という一枚を追加しておきます。ただ、時期的にはあと4~5日は早く撮りたかったところです。(撮影:2021年4月3日)
210403

過去のきょう 2020 カランコエ・月兎耳 2019 ヤグルマギク 2018 ゲジゲジシダ 2017 フキ(ふきのとう) 2016 レリア・アンシバリナ(洋ラン) 2015 オオベニウチワ(アンスリウム・アンドレアナム) 2014 ハシバミ 2013 ニワウメ 2012 クヌギ(雄花の芽) 2011 コノテガシワ(センジュ) 2010 ヒアシンス 2009 アーモンド 2008 ニシキモクレン 2007 カラシナ 2006 アマナ 2005 キブシ

| | コメント (0)

3月27日(土) コクサギ

210327orixa_japonica1
コクサギの雌花、完全版です。去年考えた「あと1週間から10日ほど早め」ではまた臍を噛むところでした。毎年の春の訪れ具合には差があるものの、単純にカレンダーで数えるなら、あの状態からじつに半月も前が開花どきでした。
そうわかってみると答えは簡単で、「染井吉野と開花時期が同じ」です。あーあ、こんな単純なことを知るのに10年以上かかりました。
210327orixa_japonica2
子房はもう最初から4室に膨らんでいます。初めて見るゼリー状の柱頭は、噴水がそのまま凍ったみたいに見えます。機能を失ったのに律儀に残る雄シベが少しばかり哀れです。花托(花床)がやけに広くて、その意味が不明です。
そして花びらです。雄花で知ってはいたものの、どうしてそこまで地味~な色合いなのでしょう。もう少し黄色くなるとか、いっそ真っ白になるとか、どっちかに振ることはできなかったもんですか…と言いつつ、ふふ、かわいいです。

※ 増補版に「コクサギの雌花アルバム」を設けました。

過去のきょう 2020 チランジア 2019 グレビレア・ピグミーダンサー 2018 ヒロハハナヤスリ 2017 ツクシチャルメルソウ 2016 オオムギ(六条大麦) 2015 アマナとヒロハノアマナ 2014 タカトオコヒガン 2013 ジャボチカバ(キブドウ) 2012 モクレイシ 2011 ユキゲユリ(チオノドクサ・ルシリエ) 2010 メタセコイア(雄花) 2009 ヤブサンザシ 2008 キブシ 2007 ミツマタ 2006 ザゼンソウ 2005 ヒュウガミズキ

| | コメント (0)

追加編 : ハナズオウの冬芽~開花

Open1
ひと月ほど前にはパッと見では正体がわからなかったハナズオウの冬芽(花芽)について、その後を追跡しました。(撮影:2021年3月19日)
まずは1枚目写真、ドレッドヘアのように固くまとまっていた鱗芽がほぐれて芽鱗が割れ、そこからうっすらと色づいた花芽が顔を覗かせています。
Open2
その花芽はまるでカプセルのように艶やかで、プッと吹き出されたように一気に飛び出してきます。最初は萼に埋もれるようだった花びらが、見る間にグングンとサイズアップするのがわかります。
Open3
あとはマメ科らしい蝶形花の展開です。2枚の翼弁を後ろに従えた旗弁にはモノトーンの模様が浮かび、この花の味わいを醸します。
竜骨弁のなかにはシベが潜んでいて、この雌雄が合体すると、夏には豆形の実がワサワサと繁ることになります。

| | コメント (0)

3月25日(木) ガビアオキ

210325aucuba_omeiensis_f
ガビアオキのガビはもちろん峨眉山=中国四川省にある3,000m級の山です。なのに峨眉山をフルに名乗らずガビでとどめたのは、山の上の寒い場所ではなく、麓あたりの峨眉「地域」に産するという意味…と勝手に解釈しました。
というのは、同じく峨眉山をその名に戴くガビサンハンショウヅルは峨眉山フル名乗りで、真冬にも花を咲かすくらい寒さに強いのです。それに比べると、このアオキの方は日本でも春になってから、日本のアオキとあまり変わらない(少しだけ早め)お気楽な季節になって花を開いているのでした。
その花、まずは去年の実を従えていて、これは雌花(雌株)です。ふつうのアオキのようにツートンカラーではなく地味で、とても写しにくい対象物でした。
210325aucuba_omeiensis_m
対するに雄株の花は雄シベが派手な分、花らしくは見えます。ただ、やはりアオキのように臙脂色がないのはいかにも寂しげです。
なので、この写真(左側)には葉の形質確認の意味も込めました。ポテッと下ぶくれで、やや艶がなく、これも日本のアオキとはハッキリと違うポイントです。

過去のきょう 2020 ムルチコーレ(コレオステフス・ミニコス、クリサンセマム・ムルチコーレ) 2019 ロドレイア・チャンピオニー 2018 ハクサイ 2017 ヒメウズ 2016 キクバオウレン 2015 マツバラン 2014 ウグイスカグラ 2013 オトコヨウゾメ 2012 カワヅザクラ 2011 フチベニベンケイ(カネノナルキ) 2010 ハオルシア・オブツーサ(雫石) 2009 カランコエ・ラクシフロラ 2008 ハナノキ(雄花) 2007 ナツグミ 2006 シュンラン 2005 フッキソウ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧