5月20日(月) カンボク

1904kanboku_1
場所や時期を変え、この実が食べられないか、しつこく試したころがありました。結果は悲惨で、このごろは盛りの真っ赤な輝きも虚しいものにしか見えません。
はた衛門がスルーするくらいなので、なまじな鳥は手を出しません。完熟後、冬を越して翌年の花が咲いても、ドライフルーツは売れ残りのままです。
190520kanboku
ただ、よく考えると鳥は食べ物を丸呑みします。実際にイヌツゲなど苦い実は平気のようです。つまり、味以外のなにかの理由があって、鳥はカンボクの実を避けているように思えます。もしかして、鳥も避けるほどの劇毒だったとしたら…ワタシ、もう10年も前に儚いものになっていて、いまこうしているのは霊魂だったりして。
(写真1枚目は4月下旬、2枚目は5月中旬の撮影)

過去のきょう 2018 キバナカイウ(カラー・エリオッティアナ) 2017 ホソバヒナウスユキソウ  2016 オヘビイチゴ  2015 ハタケニラ  2014 ホオベニエニシダ  2013 コチョウラン  2012 セイヨウサンザシ  2011 ケヤキ  2010 ハグマノキ  2009 アオダモ  2008 ヤブジラミ  2007 カルセオラリア  2006 ツルウメモドキ  2005 トベラ  2004 カキノキ

| | コメント (0)

5月18日(土) グレビレア・アメジスト

190518amethyst1
1カ月ぶりにグレビレアです。赤が標準だと思っていたところに白を見つけてうれしがっていたら、今度はこんな色の花が咲いていました。
190518amethyst2
で、「こんな色」を創り出した人はそれに名前をつけなくてはいけないわけで、ほほぉ、Amethystですか。宝石には縁遠い生活なので、ネットを覗いてみたら、それってもっと紫ですけど、光に透けるとピンクもきれいで、フムフムです。
問題はこれをどう発音するかです。発音記号だとǽməθist、あ、このゼロに横棒が入ったヤツ、中学校のときさんざん苦労させられました。舌を歯の裏につけてどうたらこうたら、みんなで顔を見合わせ、シィー?シィ?とやったもんです。
つまり、日本の花卉業界ではこれを「ジ」としていても、本当は「シ」らしいのです。ただ、ネイティブの発音を聞くと「シ」でもなく「ジ」でもなく「θi」でして、さあ、このグレビレアを見かけたときは、みんなで舌の先を歯の裏にくっつけましょう。

過去のきょう 2018 オカタツナミソウ 2017 タテジマフトイ  2016 ケキツネノボタン  2015 キクノハアオイ  2014 バイカウツギ  2013 温帯スイレン  2012 ニガキ(雌花)  2011 ウラジロノキ  2010 コメツブツメクサ  2009 サンショウバラ  2008 チングルマ  2007 スノーキャップ  2006 オオバコ  2005 サラサドウダン  2004 アヤメ

| | コメント (0)

5月16日(木) ドロノキ

190516doronoki1
ギンドロの花を見つけるのに躍起だったことがありました。何年か追いかけてどうしてもわからず、いまはもうあきらめています。なので、去年は花には全然関係ない時期に、かなり捨て鉢にヤマナラシを収録しておきました。
そして今回はドロノキです。これら3種はみなヤナギ科ヤマナラシ属の仲間なので、愛想のなさが共通です。ただ、季節的には「もしや」と思わないでもなく、かなりジトッとねぶり回したのに、花の痕跡さえ見つかりませんでした。
190516doronoki2
やたらデカイ木なので建築にでも役立てばいいのに、材はかなり腑抜けで使い道がないのだそうです。その柔らかさ(ショック吸収力)を生かした唯一の用途が弾薬箱だったそうで、やれやれ、この木がまた活躍することなどありませんように。

<補注> 記事冒頭のギンドロへのリンクは、いまのところ切れています。例のココログ大混乱のせいであり、自分で訂正するかココログの復旧を待つか、迷っています。

過去のきょう 2018 コンロンソウ 2017 口紅シラン  2016 オオバウマノスズクサ  2015 キツネアザミ  2014 コハウチワカエデ  2013 コヒロハハナヤスリ  2012 カマツカ  2011 カジノキ  2010 ハクウンボク  2009 ジャケツイバラ  2008 コトネアスター  2007 ヒメヒオウギ  2006 カンボク  2005 ホオノキ  2004 ホオノキ

| | コメント (0)

5月14日(火) イチョウ

190514ityou1
ついに撮影できたイチョウの雌花です。ここ数年、いまの時期はかなり熱を入れて探しまくっていたのに、ずいぶんと手間取らせてもらいました。
ただし、これはズル画像で、この枝は拙の指が支えています。地上には途中挫折組の卵子(と柄)がたくさん落ちているのに、いくら見上げてもそれをつけた枝が見当たらないのです。今年もダメかとうなだれたら、風折れして落ちたこの枝がありました。
つまり、イチョウの雌花(卵子)はこのように短枝につき、その短枝ができる枝は目視では見つけにくい高所にあるらしいのです。今回は時期的にかなり遅すぎたので、次は木の高みに肉薄しやすい雌株を見つけておく必要があります。
190514ityou2
拾った短枝を大事に持ち帰り、カットモデルを作ってみました。卵子の先が尖っているのは穴のあった痕で、そこから雄花の花粉が入り込み、丸く窪んでいる室の液のなかで秋まで生長し、精子となってようやく雌雄合体が起きると言います。 190421ityou_m
その花粉を送る雄花がこれで、撮影は先月21日です。魚の白子を思わせる葯がまだ割れていなくて若い段階ながら、この1週間後には穂がすっかり枯れ落ちました。雌花に負けず劣らず、ベストショットを得るのには苦労させられます。

<補注> 文中で「卵子」としているのは牧野博士の説に従ったもので、イチョウの雌花相当部分は一般には「胚珠」と表現されます。

過去のきょう 2018 野沢菜 2017 メキャベツ  2016 トウダイグサ  2015 ゲウム(セイヨウダイコンソウ、ベニバナダイコンソウ)  2014 ベニウツギとタニウツギ  2013 シライトソウ  2012 アメリカアサガラ  2011 アオハダ  2010 コンニャク  2009 ギシギシ  2008 オオカメノキ  2007 ヤセウツボ  2006 タラヨウ  2005 ゼニアオイ  2004 エゴノキ

| | コメント (0)

5月12日(日) ミヤマガマズミ

190512miyamagamazumi
陽射しが安定しない日で、ピッカリとドンヨリの繰り返しでした。けっこう待ったというのに、この木を見つけたときは雲がとりわけ意地悪でした。
それでも、ふつうのガマズミコバノガマズミは花の時期をとらえてあるのに、このミヤマガマズミだけはそれが欠けていたので、あまり贅沢を言えません。心眼という便利な逃げ言葉を使って、陽光燦々の下での開花をイメージしておきます。
ただ、心眼では逃げ切れず気になるのは雄シベ(葯)の赤さです。ほかの二つはもちろん、ミヤマガマズミでもこれは標準ではないようで、時期的にこういう状態もあるものかどうか、リターンマッチは必定のようです。

過去のきょう 2018 ツメクサ 2017 キエビネ  2016 コウヤワラビ  2015 ヘラオオバコ  2014 マルバウツギ  2013 アジュガ・レプタンス(セイヨウジュウニヒトエ、セイヨウキランソウ)  2012 チャンチン  2011 ハクウンボク  2010 オオカワヂシャ  2009 タラヨウ(雌花)  2008 オトコヨウゾメ  2007 アメリカフウロ  2006 カラマツ  2005 ヤマボウシ  2004 カナメモチ

| | コメント (0)

5月10日(金) キバナウツギ

190510kibanautugi
枝先に2個ずつの黄色い花があります。もう少し景気のいい写真にしたいのに、花つきはじつに質素です。よし、花が2カ所並んだ絵が撮れる!と喜んだフレームに入った花は、4個が4個とも先を虫に食われていて、泣く泣くボツでした。
そもそも丈が腰ほどまでしかなくて、しかもこのひと株しか見つからず、見栄えのする構図など選択する余地がありません。いままで見たことのないウツギ(とはわかる)だし、まずは記録として写真に収まっていただきました。
帰宅後、「ウツギ」「キバナ」でググると、そのものズバリ、キバナウツギでした。もしかして園芸種?と懸念していたのに、日本固有の野生・稀少種でした。ケチな収穫だと思っていたこの写真が、額に入れて飾りたいものになりました。

過去のきょう 2018 ヤガミスゲ 2017 ヤマドリゼンマイ  2016 シラー・ペルビアナ(オオツルボ)  2015 トコナツ  2014 ジングウツツジ  2013 アレナリア・モンタナ  2012 トラフクロマツ  2011 マメヅタ  2010 モッコウバラ(白八重)  2009 チャイブ(セイヨウアサツキ)  2008 シャリンバイ  2007 ウスバサイシン  2006 セッコク  2005 コデマリ(八重)  2004 オオムラサキ

| | コメント (0)

5月8日(水) シラカシ

190508sirakasi
シラカシが開花期を迎えています。若葉もかわいくて、春というのは、いつも無愛想な常緑広葉樹さえもが色気づく季節です。
去年までの枝から盛大にぶら下がっているのが雄花(の穂)です。その先から今年の枝がのび出していて、その突端にチョンチョンと見えるのが雌花です。
190508sirakasi_f
これがドングリになるわけで、秋になってシラカシのドングリが枝先を賑わすわけがここにありました。この雌シベの先はこれからハッキリと三つに分かれます。それはドングリが膨らんでも残り、シラカシのドングリを特定するのに役立ちます。

<追録> 1週間が経ち、子房が少しだけ膨らんで、柱頭が黒々となって形をあらわにしました。(撮影:下の2枚とも2019年5月16日)
0516sirakasi_f
葯を開ききった雄花がしつこ~く雌花の穂に絡んでいました。男からだと熱烈ラブに見えても、たぶん女性陣にはウザイ画像と思われることでしょう。
0516sirakasi_m

過去のきょう 2018 ヒメイズイ 2017 ペチコート水仙  2016 トガクシショウマ  2015 クジャクシダ  2014 ハナエンジュ(バラアカシア)  2013 ツタバウンラン(ツタガラクサ)  2012 クレマチス・アーマンディ  2011 カジノキ  2010 ハイノキ  2009 ツボスミレ(ニョイスミレ)  2008 イヌガヤ  2007 ヒイラギソウ  2006 リムナンテス  2005 アサツキ  2004 ウツギ

| | コメント (0)

5月6日(月) ユスラウメ

190506yusuraume
そろそろユスラウメの実がかわいくなっているころ…と確認に出向いたら、あららぁ~、お前さん、いつから茄子や胡瓜を稔らせるようになったんだい?
触ってみると、ホントに萎びた野菜のようにムニュッとします。萼やシベとの関係はふつうの実(写真中央に1個あり)と同じなので、これが「実に相当」するものであることはわかります。虫こぶだろうと考えて、割ってみました。空でした。厚めの皮のなかには「虫」らしきものはまったく見当たらず、きれいなものです。
これ、ふくらみ病というのだそうです。虫こぶとは違い伝染性で、見つけたらすぐに焼却処分すべきものでした。え、はた衛門、やる? いやあ、ここ公園ですから、妙なことしてたら通報されてしまいます。休みが明けたら市役所に電話しますかねぇ。

<補注> この記事の1行目に設定したリンクはいまのところ切れています。その事情はこちらです。

過去のきょう 2018 シロバナツタバウンラン 2017 コバノタツナミ  2016 ヤマガラシ  2015 セキチク(カラナデシコ)  2014 コバノガマズミ  2013 ハッカクレン  2012 ハイノキ  2011 チョウジガマズミ  2010 カンザン(関山)  2009 シュロ(ワジュロ・トウジュロ)  2008 オサバグサ  2007 ピラカンサ  2006 オーニソガラム  2005 キリ  2004 ヤマボウシ

| | コメント (0)

5月5日(日) ヘミジギア

190505hemizygia1
近所にきれいなアパートができて、その前庭に見知らぬ植物が植えられました。葉っぱや茎だけでは皆目正体不明だったのが、こうして花が咲き始めて、シソ科とわかりました。ヘミジギア、ここ数年で園芸界に地歩を占め始めたものでした。
190505hemizygia2
自分が知らなかった草木が、こうしてなにげなく植栽に使われると、けっこう悔しい気がします。上にアパートと書いたものの、とても洒落た低層・小規模・集合住宅で、たぶんプロのコーディネーターがこういう植え込みを計画するのでしょう。
190505hemizygia3
さらに悔しいのはこれが分類的には草本だということです。見かけだけでなく、枝の質も堅固だし、根もとに目をやると完全に木のくせに草とは参ります。すでに何度も草木の境目はアバウトでいいやとあきらめていて、これで駄目押しです。

<補注> ヘミジギアにはいくつかの園芸種があって、写真のものがそのどれにあたるのか、継続観察するつもりです。また、ヘミジギアの種類の一部は亜低木とされることもあるようです。

過去のきょう 2018 クマイチゴ 2017 ショウキウツギ  2016 ヤチヤナギ  2015 キクザクラ  2014 ニワナズナ(アリッサム、スイートアリッサム)  2013 トドマツ  2012 ムラサキカタバミ  2011 ジョウリョクヤマボウシ  2010 タブノキ  2009 ダイコン  2008 ナラガシワ  2007 イチハツ  2006 ハナイカダ  2005 ユリノキ  2004 ムクロジ

| | コメント (0)

5月4日(土) シロバナフジ

190504sirobanahuji1
なかなか立派な藤棚でした。フジはすべからく藤色でありたいのぉ、と野暮を呟きながらも、純白の迫力に負けて引き寄せられます。
ただし、連休というのは純白の迫力よりも人間の迫力に負けるもので、藤だろうが梅だろうがどうでもいい人々がこの藤を遠巻きにしています。はいよ。そんなとこにいられるとこのフジの蔓がどっち巻きか見えないんで、ちょっと失礼しますよ。
190504sirobanahuji2
フジの下に入ってみてわかりました。こいつらが大挙してブンブン唸り、飛び交っていて、皆さん、「危ない!」「近づかないで!」と子どもを必死で引き留めているのです。アハハ、人畜無害のハチさんたちのおかげで接写し放題でした。
おっと、蔓です。いくら探しても巻き付き部分がありません。管理が行き届いているせいか、竹組みの棚にさえ絡みつきはなくて、これは困りました。
仕方ないのでフジの学名からアプローチです。ふつうのフジ(ノダフジ)がWisteria floribunda、そしてシロバナフジはそれにf. albaと続きます。つまり、フジの品種であって、もし蔓が見られたら、それはS巻きだったはずなのでした。

過去のきょう 2018 サンカヨウ 2017 セキショウとショウブ  2016 ビオラ・つぶらなタヌキ  2015 ハハコグサ  2014 ダイオウグミ  2013 ゼンマイ  2012 イチハラトラノオ(市原虎の尾)  2011 セイヨウバクチノキ  2010 ベニシダ  2009 トウカエデ  2008 ニワトコとムベ  2007 キモクレン  2006 ヒメコウゾ  2005 スズラン  2004 ハルジオン

| | コメント (0)

より以前の記事一覧