10月19日(土) ムクゲ

191019mukuge1
♪モスラ~ヤモスラ~♪というザ・ピーナッツのかわいい歌声が甦りました。もう40年にもなりますかねえ。それにしても、なんじゃ、お前は!
191019mukuge2
正体はハラナガツチバチ(の類)でした。触覚が短いので雌とはわかっても、これだけ粉まみれだと、確認したいポイントがさっぱり見えません。
ムクゲの花のなかで虫が花粉にまみれるシーンはこれが二度目です。ほかの花で虫がここまで粉だらけになるのは記憶になくて、ムクゲの花粉には虫を狂わせる麻薬みたいな成分があるのかと邪推してしまいます。
そう言えばこのピンクのムクゲも二度目の登場です。前は10月28日に掲載していて、ムクゲの花のなかでは最終ランナーと言えそうな元気者です。

過去のきょう 2018年 アカバナツユクサ  2016年 トダシバ 2015年 カワミドリ 2014年 原種シクラメン(ヘデリフォリウム) 2013年 コナギ 2012年 カンノンチクとシュロチク 2011年 ヒシ 2010年 タヌキマメ 2009年 ウオトリギ 2008年 マツブサ 2007年 ミヤマガマズミ 2006年 ヨモギ 2005年 イシミカワ 2004年 ギシギシ

| | コメント (0)

10月17日(木) トウチャ

191017toutya
葉が大きい&枝がごつい&それに比べると花が控えめ…というところがふつうのチャノキとの違いに見えます。トウチャ=唐の国から来た茶というネーミングには若干の抵抗を感じるわけで、チャノキ自体が彼の国出身ですから、こちら(トウチャ:Camellia sinensis f. macrophylla)だけ地名を名乗るのは不公平でしょう。
同じようにチャノキの変種であるベニバナチャ(f. rosea)にも「配慮が足りない」と噛みついたもので、草木の名付けはなかなか大変です。
ならば自分だったらどうしたろうと考えると、とても安易に、学名のmacrophyllaをそのままいただいて、「大葉茶」としてみました。これ、見たまんまで、とてもわかりやすいじゃないかと大満足です。あるいはお茶にしてもあまりおいしくないというので、「大味茶」でもいいじゃないか、とアイデア絶好調です。
ただ、こんな勝手遊びは自分が混乱を来すだけなのは明白で、「唐」には「大きい・ごつい」の意味を含ませたのだろうと思い直しておくことにします。

過去のきょう 2018年 アサガオ 2016年 ジョウロウホトトギスとキイジョウロウホトトギス 2015年 ヒダカミセバヤ 2014年 サイカク 2013年 タイアザミ 2012年 シマトネリコ 2011年 アンゲロニア 2010年 ヒイラギモクセイ 2009年 キチジョウソウ 2008年 ヨウシュイボタ(セイヨウイボタ、プリベット) 2007年 トウガラシ(タカノツメ) 2006年 スズメウリ 2005年 クロマイ 2004年 サザンカ

| | コメント (0)

10月15日(火) イロハモミジ

191015iroha
酷かった台風が抜けたあと、急に涼しくなりました。イロハモミジも、標高によってはそろそろお化粧を始めることでしょう。そんな微妙な季節に、いやいや、緑の葉だって十分に見せてくれるじゃないかと名残の一枚です。
イロハモミジはすでに8回も登場させているわりに、緑の美しさを称えたことはありませんでした。4月に花8月に実を各1回取り上げてはいても、緑の葉は脇役に甘んじています。あとの6回はすべて11月以降で、当然に主題は紅葉です。
というわけで「今年最後の緑」に挑んでみたら、いつもながらに「へぇ」でした。背景の黒みに浮かぶ光の球です。意識していませんでした。
完全に黒く飛ばせると考えた木々の葉陰にもごくごく小さな穴があったようです。これを「技」として意図的に使えたら「ウフフ」なわけで、来月にまた同じこの場所に立ってみますか。馬鹿ですねえ。背景の木々は葉を落としているでしょうよ。

<11月以降のイロハモミジ>11月8日(2005年):染まり初め ☆ 11月8日(2008年):紅葉・翼果 ☆ 11月16日:紅葉(染まり漏れ) ☆ 11月19日:境内の紅葉 ☆ 11月27日:オオモミジと葉の比較 ☆ 12月9日:遊び写真

過去のきょう 2018年 キイジョウロウホトトギス 2016年 ノダケ 2015年 コメナモミ 2014年 マルバルコウ(マルバルコウソウ) 2013年 ワレモコウ 2012年 テイカカズラ 2011年 トウネズミモチ 2010年 オオオナモミ 2009年 シロホトトギス 2008年 ツルシキミ 2007年 オオベンケイソウ 2006年 クズ 2005年 シュウメイギク 2004年 ノブドウ

| | コメント (0)

10月13日(日) ヤツデ

191013yatude
まるで粘土細工です。陶芸でカップなど作るのを見ていると、取っ手をこんな風にペタッと貼り付けるわけで、あんなくっつけ方で大丈夫かなぁと心配します。もちろん、買い求めたカップの取っ手がはずれたことはないので、杞憂ではあります。
その取っ手と同じで、ヤツデの葉っぱもなかなかのことで枝からはずせるものではありません。つき方がつき方だし、色もこう違うので、パカパカとれそうなのに、面積がやたらに広い葉を風から守る力は、見かけとはあまりに違いすぎます。
それなのに、時期が来るとこの葉柄はあっけなく枝から落ちます。残った葉痕は緩いUの字型で、早い話がネックレスです。上辺にはなんの痕跡も残さないくせにあれだけの強さを保っているなんて、どうにも信じられない思いです。

過去のきょう 2018年 シャクチリソバ 2016年 ホソバヒメミソハギ 2015年 コバギボウシ 2014年 カラスウリ 2013年 ツマベニアナナス 2012年 ヤマハンノキ 2011年 ツリバナ 2010年 デンジソウ 2009年 センキュウ 2008年 ハグマノキ 2007年 ユキザサ 2006年 ナワシログミ 2005年 イヌサフラン 2004年 ガマズミ

| | コメント (0)

10月11日(金) コクサギ

191011kokusagi
あした、荒れてくれそうな台風19号は915hPaだそうで、この数値ってどれだけ下がるものなのでしょう。興味のある人は多いらしく、ネットには情報がたくさんありました。ひえ~、870というのがあったんですか。恐ろしい~。
という子供っぽい面白がりが消えなくて、コクサギのこんな枝を見つけて、「スゲー、スゲー」と一人で興奮してしまいました。過去最高の稔り具合です。
去年はヤマコウバシが異様に実をつけていました。わりとマイナーなこれらの木が「自分たちにももっと注目してほしい」と代わりばんこにデモンストレーションしているように見えてなりません。いや、ヤマコウバシは受験グッズとしてこのごろ名を上げているので、コクサギにもなにか売り出し作戦を考えてあげたいものです。

過去のきょう 2018年 コブナグサ 2016年 ツユクサ 2015年 ミズカンナ 2014年 ツルドクダミ 2013年 ダリア(雪乃) 2012年 ウンナンオガタマ 2011年 ツヅラフジ(オオツヅラフジ) 2010年 アメリカセンダングサ 2009年 コンニャク 2008年 クマノミズキ 2007年 ハブソウ 2006年 サンショウ 2005年 ワタ 2004年 ケープヒルムシロ

| | コメント (0)

10月9日(水) カジカエデ(オニモミジ)

191009kajikaede
楓(かえで)とくれば紅葉でしょうに、カジカエデが真っ赤に色づいたところを見たことがありません。ネットにはけっこうきれいな写真が載っているので、自分の運がまだ足りないのでしょう。そこで、保険というか予約というか、早めの一枚です。
ただ、負け惜しみではなくて、なかなか感動しました。いままでカジカエデを葉っぱ主体で見てこなかったツケみたいなもので、形にも風合いにも惚れ直しです。
そしてついでに、「やっぱり似てないよね」と呟き直しです。標準和名カジカエデの由来は「葉がカジノキのそれに似るから」とされるのが専らでも、自分の目では二つはかすりもしないのです。葉や実が勇壮だからという理由のオニモミジ(別名)の方が受け入れやすくて、4回目登場の今回も、お題から括弧書きがはずせません。

過去のきょう 2018年 ツルギキョウ 2016年 ホソバアキノノゲシ 2015年 熱帯スイレン(ブルーギガンティア) 2014年 ミクリ 2013年 サクラタデ 2012年 シナノキ 2011年 ツルウメモドキ 2010年 アキニレ 2009年 ツルドクダミ 2008年 オケラ 2007年 オヤマボクチ 2006年 アロニア 2005年 ギンモクセイ 2004年 ハナミズキ(アメリカヤマボウシ)

| | コメント (0)

10月7日(月) サカキ

191007sakaki
サカキの実は今回が三度目の登場です。過去は11月12月のそれぞれ末で、12月はもちろん、11月でも実はもう完全に黒熟していました。
それがこの時期だとまだこんなに新鮮な色合いでした。花は6月の末だったので、それから3カ月は緑を保ち、数もまだ全然失っていません。したがって、サカキの実の勝負はここからで、残りの3カ月、上手に「加齢」していかなくてはなりません。
そんな若い実を見て、この時期はまだ雌シベがしっかり残っていることに気づき、あらためて11月や12月の写真を確認したら、その時期までサカキの実はしっかりと雌シベの柱頭を残していました。毎度毎度の観察の甘さです。
花のときは雄シベに埋もれて慎ましやかだった雌シベなのに、鬱陶しい旦那が身罷ってしまうと、それからは子供と一緒に堂々の人生だなんて、あまりにもできすぎの話ではありませんか。サカキのことがなんとなく嫌いになってきました。

過去のきょう 2018年 タイヌビエ 2016年 トウガラシ(ブラックパール) 2015年 チョウマメ(クリトリア) 2014年 ペンタス 2013年 シマスズメノヒエ 2012年 コクテンギ 2011年 オオミサンザシ 2010年 ハッカ(ニホンハッカ) 2009年 ヒメヒゴタイ 2008年 ミヤギノハギ 2007年 コガネバナ 2006年 ヤマジノホトトギス 2005年 オギ 2004年 ハス

| | コメント (0)

10月5日(土) カラスザンショウ

191005karasuzansyou
これはあの台風15号のせいか、そのあとの17号のせいか、ふと見上げたカラスザンショウの太めの枝がバリリンと割れ、白い木目が陽に輝いていました。
ずいぶん白くてきれいな材だなぁと感心し、記録しておくことにしたものの、絡めて撮りたい葉(カラスザンショウの証明)がどうあがいても写し込めません。左奥の緑色物体は別の木の葉なので、これは思い切りぼかしておきました。
さて帰宅してこの部分を切り出してみたら、葉っぱなどまるで無用でした。はるか空中の枝までこれだけ刺々しいとはさすがにカラスザンショウです。
さて、テーマはこの材です。調べたら、「用途は特になし」だそうで、たしかに組成が荒い感じで質(たち)が悪そうです。実は食べる気にもならない性状だし、木は使い物にならないどころか触る気にもならない…ここまで人間に媚びないカラスザンショウというのは、なにか崇高な存在なのではあるまいかと思えてきます。

過去のきょう 2018年 エノキグサ 2016年 アレチウリ 2015年 オニヤブソテツ 2014年 ホソバオケラ 2013年 ガマ 2012年 ナツハゼ 2011年 コナラ 2010年 デュランタ(タイワンレンギョウ) 2009年 フジカンゾウ 2008年 センブリ 2007年 コバノガマズミ 2006年 オオバショウマ 2005年 ヒガンバナ(農薬変化) 2004年 キンモクセイ

| | コメント (0)

10月3日(木) クリ

191003kuri
栗拾いを楽しめるまではあと少しの感じです。ということは、先日食べたゆで栗は早生タイプなのか、なんらかの方法で早めに出荷されたものだったのでしょう。
その栗を、ウチの奥方が「栗剥き鋏」でチョキチョキやっていたのには驚きました。何年か前、ワタシが金物屋の店先で「そんなもの」を見つけ、「あんなもの、誰が買うんだろうねえ」と笑い合ったはずなのです。「包丁があれば済む話なのにねえ」と言い合ったはずなのです。少し強い口調でワタシがなじるのも道理だったと思います。
ところが奥方、落ち着いたものです。「包丁でやるのは手が痛いのよ。危ないしね」「ほら、これなら簡単でしょ」「これ、食べていいよ」と示された大ぶりの剥き栗4個をパクパクやってすっかり満足した爺さんは、スゴスゴと退散するばかりでした。

<クリの過去記事>5月27日:雄花の咲き始め ☆ 6月3日:雌花 ☆ 6月12日:雄花(満開状態) ☆ 6月23日:雌花、雄花 ☆ 7月16日:実、雌花の残骸 ☆ 7月23日:若い実

過去のきょう 2018年 センニチコウ 2016年 ナンテンハギ 2015年 コウホネ 2014年 ビャクブ 2013年 タカノハススキ 2012年 ヤマコウバシ 2011年 キャラボク 2010年 アオハダ 2009年 サイカチ 2008年 エゴノキ 2007年 ノブキ 2006年 マルバハギ 2005年 タケノコイモ 2004年 クサギ

| | コメント (0)

10月1日(火) カラタネオガタマ

191001karatane
あ、空種(からたね)じゃなかった…というのはオヤジギャグ以下の軽口です。花の香りにばかり拘っていた唐種(からたね)オガタマの実を見つけました。
郵便ポスト色でやや扁平という種はモクレン属(Magnolia)に共通のパターンです。ただ、ふつうのオガタマノキがそうであるように、この仲間の実はゴツゴツとたくさんの種が寄り集まるのに比べ、唐種はずいぶんとあっさりめでした。
花のときから2個並んで咲くのか、それとも1個の花が2個の実をつけるのか、花から実への変化過程を観察する課題ができました。おっと、それより先に、この種もまたミヨーンと白い糸でぶら下がるのかを確認しなくてはなりません。

過去のきょう 2018年 タンバホオズキ 2016年 シカクマメ 2015年 ナガボノシロワレモコウ 2014年 ヒメジソ 2013年 ジュズダマ 2012年 サンショウ 2011年 ハゼノキ 2010年 ウラジロハコヤナギ(ギンドロ) 2009年 チャノキ 2008年 プルメリア 2007年 アケボノソウ 2006年 ゴンズイ 2005年 ハゲイトウ 2004年 シュウメイギク

| | コメント (0)

より以前の記事一覧