6月25日(日) トチバニンジン

170625totiba1掲載4度目にしてようやくとらえたトチバニンジンの花は、ずいぶんとややこしい仕掛けを持つものでした。この写真で「花らしい」のは下側に見えるもので、5枚の花びらと5本の雄シベを持っています。
では、上側に写ったものはなにかと言えば、雌性期に移り子房が充実し始めた「花(の痕)」です。つまり、トチバニンジンの花は雄性先熟なのです。
170625totiba2これ(写真上部)が雌性期に入った直後の散形花序です。半透明の白い花柱は、図鑑的には2本とされますが、数はかなり気まぐれです。
そして、ややこしいのは散形花序の位置によって熟す時期が違うし、分岐した茎につく花は雄の役目だけで終わることもあるらしい点です。このことが、今まで実の色づき時期が錯綜したり、真っ赤な実の近くに花の痕が残っていた原因でした。
こういう仕掛けを知ってから過去写真を見直すと、それぞれが上の説明に符合した姿を見せていて、撮影前に学習しようぜ!と自分に活を入れ直しです。

2016年のきょうオカヒジキ> 2015年のきょうハルシャギク> 2014年のきょうアメリカデイゴ(カイコウズ)> 2013年のきょうキバナダンドクとダンドク> 2012年のきょうキョウチクトウ(白八重)> 2011年のきょうモミジイチゴ> 2010年のきょうウメモドキ(雄株)> 2009年のきょうナツユキカズラ> 2008年のきょうハナイカダ> 2007年のきょうイソトマ・アネシフォリア> 2006年のきょうベニバナ> 2005年のきょうシロシキブ> 2004年のきょうハマナス

| | コメント (0)

6月23日(金) フイリクサヨシ

170623huirikusayosiアシ(ヨシ)よりも柔くて小型で草っぽいからクサヨシと名付けられはしたものの、それでも背丈は男の肩を超すほどはあります。そのクサヨシの園芸品種がこれで、そもそもが水辺の植物なのに、さらに清涼感アップというわけです。
そこで問題に思ったのは、こんな作出品に対する需要(背の高い草が見映えする広い水辺)ってあるのかという、いかにも兎小屋住人らしい発想でした。そう思いつつ、こうして美しい植栽場所を写しているわけだから世話がいりません。
かつて、某美術館の広~い池を見て、ウチのメダカをこういうところで泳がせたいと憧れたものです。あれから年を経た今、せめて斑入り草葦をほんの二・三株植えられるビオトープを作りたいなぁと、夢はごくささやかなものに変わりました。

2016年のきょうヒルムシロ> 2015年のきょうアイイロニワゼキショウ(ルリニワゼキショウ)> 2014年のきょうジャカランダ> 2013年のきょうタイマツバナ(モナルダ、ベルガモット)> 2012年のきょうヒメシャラ> 2011年のきょうビワ> 2010年のきょうネズミモチ> 2009年のきょうエーデルワイス> 2008年のきょうオオバナウツボグサ> 2007年のきょうホザキシモツケ> 2006年のきょうシュッコンカスミソウ> 2005年のきょうキョウチクトウ> 2004年のきょうヨウシュヤマゴボウ

| | コメント (0)

6月21日(水) ウチワゼニクサ(タテバチドメグサ、ウォーターコイン)

170621utiwazenikusa1沼の岸辺がこんな光景でした。なんか異国風だなあと思ったら、北米原産のウチワゼニクサで、アクアリウムに多用されているものでした。あえてここに植えたものか、だれか捨てたものが野生化したのか、けっこう我が物顔です。
170621utiwazenikusa2葉表には艶があって、ウォーターコインという流通名にうなずけます。抽水状態で葉を立てて育つ参考写真を見たら、昔の記憶が蘇りました。大阪で見つけたメダカ鉢にこの草があしらわれていたのです。13年後の正体判明です。
状態によって、葉は小さくも大きく(経4~5cm)もなり、またハスの葉のように横に開いたり、立って盾状になったりするので、「団扇」も「コイン」もどっちもありだと感じます。自分はチドメグサの仲間だろうと思って調べたので、タテバチドメグサという別名も気に入っていて、きょうのタイトル欄が長くなりました。

2016年のきょうノビネチドリ> 2015年のきょうサンカヨウ> 2014年のきょうホソバタイサンボク> 2013年のきょうドイツスズラン> 2012年のきょうヤマコウバシ> 2011年のきょうマルバチシャノキ> 2010年のきょうロベリア(瑠璃蝶草)> 2009年のきょうコアジサイ> 2008年のきょうクリンソウ> 2007年のきょうイトバハルシャギク> 2006年のきょうツキヌキニンドウ> 2005年のきょうアンズ> 2004年のきょうハンゲショウ

| | コメント (0)

6月19日(月) ドクゼリモドキ(ホワイトレースフラワー)

170619benisijimi吸っても吸っても、ここは花の海なのだから、ベニシジミはさぞやご満悦でしょう。その横で、蟻はもうこの幸せに溺れてしまっています。
170619akasujikamemusi一方、アカスジカメムシは終わった花が好きなようで、花びらが落ちたあとの花台をペロペロペロ…。と、蟻はなんでもござれのようで、ここでも活躍中でした。
170619dokuzerimodokiで、グッとカメラを引くと、こんな感じです。セリとそっくりで危ないのがドクゼリで、それに似ているという例の三段階命名で、このパターンはだいたい大元とはかけ離れた容貌であることが多いようです。
こんなあくの強い名前は園芸的にいかがなものか、ということで、一般にはホワイトレースフラワーと呼ばれます。ふだんは横町の隠居よろしく、「なんでも横文字にしやがって」と毒づいているのに、これにはSo good!と膝を叩きます。

2016年のきょうヒオウギアヤメ> 2015年のきょうアフリカホウセンカ(インパチェンス)> 2014年のきょうムクロジ> 2013年のきょうササユリ> 2012年のきょうガクアジサイ> 2011年のきょうナナミノキ(雌株)> 2010年のきょうキョウガノコ> 2009年のきょうエゾヘビイチゴ(ワイルドストロベリー)> 2008年のきょうミヤマウグイスカグラ> 2007年のきょうイチヤクソウ> 2006年のきょうサクラ(染井吉野)> 2005年のきょうコムラサキ> 2004年のきょうコムラサキ

| | コメント (0)

6月17日(土) カボチャ

170617kabotya後日、この写真だけを見てカボチャとわかるかどうかは、全然自信がありません。たまたま知り合いが畑にいて、正体を教えてくれました。
で、つくづく思うのは、ガサガサしたウリ科の面々のなかでも、カボチャ(カボチャ属)のこの毛の強(こわ)さは格別だということです。まるでガラス繊維です。
こういう毛は、ちゃんと言うと毛状突起(トライコーム)だそうです。過度の光線や過度の蒸散、あるいは害虫類から自分を守るという役割が考えられています。
たしかに、自分が芋虫だったら、こんな蔓や葉は敬遠しそうです。さらに、うかうかしているとこの巻きひげに絡め取られそうで、芋虫でなかった幸せを感じます。

2016年のきょうウラジロヨウラク> 2015年のきょうウキヤガラ> 2014年のきょうセイヨウトチノキ(マロニエ、ウマグリ)> 2013年のきょうケマンソウ(タイツリソウ)> 2012年のきょうハグマノキ(スモークツリー)> 2011年のきょうラベンダー・デンタータ> 2010年のきょうヒメジョオン> 2009年のきょうギンバイカ> 2008年のきょうアゼナルコスゲ> 2007年のきょうワラビ> 2006年のきょうローズゼラニウム> 2005年のきょうカツラ> 2004年のきょうシロタエギク

| | コメント (0)

6月15日(木) アフリカハマユウ(インドハマユウ)

170615africa_hamayuu通称インドハマユウ、じつはアフリカハマユウ、でもみんながインドハマユウと呼ぶからそれでいいか…だそうで、今の自民党みたいに数の論理です。
そんなことを教えてもらったのが10年以上前なのに、いまだにこの花を見ると「お、インドハマユウだ」と呟いてしまうのだから、草木愛好家の名折れです。この圧倒的に長い花柄(インドはやや短い)と、純白無垢な花びら(インドは紫の筋あり)を確認したときは、正しく「アフリカハマユウだ」と呟けるようになりたいものです。
と言うか、正しいインドハマユウを探すのが先決問題です。インドとアフリカ、両方の写真をここで引き比べない限り、ワタシの恥ずかしい呟きは治らないでしょう。

2016年のきょうイノデ> 2015年のきょうライムギ> 2014年のきょうエゾアジサイ> 2013年のきょうベニバナ> 2012年のきょうヒメタイサンボク> 2011年のきょうノグルミ> 2010年のきょうニゲラ> 2009年のきょうヤマブキショウマ> 2008年のきょうベニバナイチヤクソウ> 2007年のきょうムラサキウマゴヤシ> 2006年のきょうハナキササゲ(オオアメリカキササゲ)> 2005年のきょうシャクヤク> 2004年のきょうハキダメギク

| | コメント (0)

6月13日(火) ナガバミズアオイ(ポンテデリア・コルダタ)

170613pontederia_cordata_1ため池の岸辺が、照り輝く葉で覆われていました。去年もナガバミズアオイを載せていますが、あれは某温室での撮影でした。それが今度はごく近所の、露地というか、ごく自然な環境で育っていて、そのせいか葉の色艶が見違えるようです。
170613pontederia_cordata2しかも、温室では望むべくもないポリネーターが盛んに吸蜜中でした。上向きの花びらには蜜標らしき二つの黄色いスポットがあり、蜜蜂はそこを目指してせわしく頭を突っ込んで回ります。腹部が、ちょうど雄シベ・雌シベにあたるようです。
それにしても、去年は少しばかり冷たい目で見てしまったことを反省です。外来のものが無分別で増えることは要注意でも、節度を保って、管理された状態で育ってくれるなら、それを眺める人間にも、吸蜜する蜂にも、うれしいことでした。

2016年のきょうムラサキミツバ> 2015年のきょうイヌガラシ> 2014年のきょうチョウセンキハギ> 2013年のきょうゲラニウム(Jolly Bee )> 2012年のきょうヒメカジイチゴ> 2011年のきょうアカモノ> 2010年のきょうアオテンマ> 2009年のきょうヤマボウシ(紅山法師)> 2008年のきょうニワトコ> 2007年のきょうナヨクサフジ> 2006年のきょうカシワバアジサイ> 2005年のきょうウメモドキ> 2004年のきょうムクゲ

| | コメント (0)

6月11日(日) ショウジョウバカマ

170611syoujoubakama1生気に満ちて凜とした姿は、とても花後のそれとは見えません。さらに、背丈が花どきよりグンと高くて、ショウジョウバカマとわかるのに手間取りました。
この背丈は、種を散布するときの有利さを確保するためでしょう。こういうショウジョウバカマの性質がわかってから過去掲載の写真を見直すと、3月にはずいぶん短かかった花茎が、4月にはかなり長くなっていることに気づきます。
170611syoujoubakama2正体を見定めるのに役立ったのが、地面を埋める幼い株の群れでした。最初の出会いのときは貴重品に思えたショウジョウバカマが、このごろは数カ所の山でこうして路傍を埋めているのを見かけます。環境が良くなったのか、単に自分の目が慣れたせいか、どちらであっても、うれしいことに変わりはありません。

2016年のきょうホンカンゾウ(シナカンゾウ)> 2015年のきょうカモミール(カミツレ、カモマイル、ジャーマンカモミール)> 2014年のきょうツゲ(ホンツゲ)> 2013年のきょうタカノハススキ> 2012年のきょうユリノキ(斑入り種)> 2011年のきょうレンゲツツジ> 2010年のきょうウメガサソウ> 2009年のきょうナンテン> 2008年のきょうマグワ> 2007年のきょうヒョウタンボク(キンギンボク)> 2006年のきょうホオズキ> 2005年のきょうアカンサス> 2004年のきょうナツツバキ

| | コメント (0)

6月9日(金) トウキ

170609touki1かなり元気系の草であることは、のびやかな若葉やはち切れそうな苞の具合で推測できます。ご婦人に霊験あらたかな生薬の原料として有名です。
170609touki2そんな効能のあるのは根なのに、コアオハナムグリは花粉と蜜にご執心でした。繊細な花の美しさなどお構いなしで、ムシャムシャペロペロと蹂躙してくれます。
170609touki3ただ、花粉を食べるだけの黄金虫はまだかわいくて、この芋虫は悪辣です。レンズを向けたとき、お尻(右側)から飽食の結果を排出してくれました。
トウキなどのセリ科を食草とする蝶を調べたら、この派手なボディの写真がたくさん出てきて、この大食漢がキアゲハの子供であることがわかりました。

2016年のきょうオオトウワタ> 2015年のきょうマツモトセンノウ> 2014年のきょうシリブカガシとマテバシイ> 2013年のきょうアナガリス(ルリハコベ)> 2012年のきょうヒメリンゴ> 2011年のきょうキレンゲツツジ> 2010年のきょうナルコユリ> 2009年のきょうニワウルシ(雄株)> 2008年のきょうコアジサイ> 2007年のきょうノリウツギ> 2006年のきょうプリベット> 2005年のきょうサルビア・グアラニチカ> 2004年のきょうネムノキ

| | コメント (0)

6月7日(水) ハナヤエムグラ

170607hanayaemugura帰化植物というのは、ときどき危険視されるほどの繁殖力があって、目の敵にされがちです。ところが、このハナヤエムグラはそれほど精力絶倫ではないらしく、見つけるとちょっとうれしがるべき「舶来品」的な存在です。
ふつうのヤエムグラとはアカネ科の属違いで、わりと近縁だと言います。たしかに、輪生した葉はこちらがややグラマーでも、感じは似ています。
淡い紫の十字花が総苞に包まれているのが「ふつう」との大きな違いです。したがって花後の実の付き方もまた「ふつう」とは異なります。もう少し実の姿がはっきりしたら、そのあたりにググッと迫ってみようと思います。

2016年のきょうシロバナニガナ> 2015年のきょうハンカイソウ> 2014年のきょうジューンベリー> 2013年のきょうスズラン> 2012年のきょうサツキ> 2011年のきょうナナカマド> 2010年のきょうネジキ> 2009年のきょうナガバオモダカ> 2008年のきょうマルバストラム> 2007年のきょうウツギ・マギシエン> 2006年のきょうタケニグサ> 2005年のきょうヒメシャラ> 2004年のきょうオオカナダモ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧