1月23日(水) エスキナンサス・マルモラツス

190123a_marmoratus1
チッ、花の盛りをハズしたか。さらにこの葉っぱだよ。表側はどうピントを合わせたってボケているようで憎たらしいのぉ。ただし、裏返したら、こりゃ痺れました!
190123a_marmoratus2
それでも、やはり花をきれいに撮りたくて別の温室に行きました。咲いてました。けれどやっぱりショボイです。かなり意識しないと見つかりません。そしてこっちは雄シベが目立ちます。比べると、1枚目写真は雌シベがこれ見よがしでした。
このエスキナンサスの場合、花は二の次で、盛りのくせにこんな(茶色っぽい緑)色合いなのでした。つまりは、こんな(↑)角度で楽しめるように、ハンギングで高い位置に吊して育てるのがマルモラツスの「正しい」扱い方です。
おととしの暮れ、かなりレアものだと思って収録したエスキナンサスも、先月のツイスターを経てこれで三つ目です。前の二つは木本としたのに、今回のものは草本です。花も赤が基本だと思ったらこれでした。出身地である南洋のジャングルそのままに、エスキナンサスの世界はどっぷりと深いようで、楽しみになりました。

過去のきょう 2018 ツルアジサイ 2017 セキショウ 2016 ハートカズラ 2015 ユリノキ(ほか2種) 2014 ラッパ水仙 2013 アカハナワラビ 2012 シロヤマブキ  2011 シマオオタニワタリ 2010 セイロンマンリョウ 2009 ケヤキ(むさしの1号) 2008 ニワトコ 2007 マンサク 2006 モミジバフウ 2005 ハボタン

| | コメント (0)

1月21日(月) アザミゲシ

190121azamigesi
けっこう「生きて」います。葉の棘はまだ気合いを失っていないし、茎にも十分な力が秘められています。アザミゲシは一年草のはずなのに、図鑑にも寒さにも「負けてなんかいらんないよ!」ということでしょう。
190121azamigesi_mi
夏に撮った写真(2枚目)でもすでに立派だった実が健在です。この実の汁には薬用になる成分が入っていて、量を間違えるとヤバイそうで、棘よりも危険です。

さて、上にリンクさせた記事を探していて焦りました。過去掲載にアザミゲシがなく、そんなワケはなかろうと全記事検索したら、アザミゲシとしていたタイトルをシロアザミゲシに訂正していました。たしかに、ふつうに言うアザミゲシ(花が黄色)はArgemone mexicanaで、花が白い方はA. hispida、別物なのです。
今回撮影したこの屈強な株はたしか黄花で、前に撮った気はします。ただ、いつものことながら、過去ファイルを探すよりは新しく撮影する方が確実という理屈で、7月の予定にこの場所を書き込んでおきました。

<補注> どういう風の吹き回しか、記事を上げたあと、あっという間に昔のフォルダーから花の写真を見つけてしまいました。ただ、花の開き具合も絵としての満足度も低いので、この夏の再挑戦は不可欠です。(撮影:2006年11月6日)
Azamigesi
過去のきょう 2018 イチジク(ほか2種) 2017 ビカクシダ 2016 オキザリス・レグネリー 2015 ハゼノキ 2014 シュンラン 2013 房咲き水仙・ペーパーホワイト 2012 フィカス・プミラ(オオイタビ)  2011 ジュズサンゴ 2010 クマシデ 2009 ワビスケ(太郎冠者) 2008 トベラ 2007 インドゴムノキ 2006 ガマズミ 2005 コウヤボウキ

| | コメント (0)

1月19日(土) ヤッコカズラ

190119yakkokazura
広場で凧揚げをしている親子がいると、部屋でピコピコしているよりは100倍も麗しい姿だとうれしくなります。ところが、なのです。揚げている凧が凧ではないのです。どれもこれもがビニール製のカイトで、風情がないこと夥しいのです。
奴凧がなくなったら、奴は冷や奴でしか人々に認識されなくなってしまいます。奴さんの衣装の袖に四角な紋(豆腐型)があるのを見なくなったら、冷や奴の語源も知らずに豆腐をパクつく輩ばかりになってしまいます。涙です。
じゃあ、ワタシをお部屋に連れ帰って、奴型の葉っぱを愛でてくださいよ!とヤッコカズラが囁いていました。フィロデンドロン仲間のわりには生長もゆっくりであまり大きくならないのが日本的見地からの美点です。
ただし、お髯もなければ半纏も着ていないので、それで奴とは図々しいぞと毒づいてやりました。そしたら、「アッシが奴と呼べと頼んだわけじゃござんせん。イヤだったらPhilodendron pedatumと正式に呼んでおくんなさい。P. laciniatumでもいいっすよ」だそうで、どうにもかわいげのない奴なのでした。

過去のきょう 2018 コウヤボウキ 2017 セロジネ・クリスタータ 2016 ショウジョウアナナス 2015 乙女サザンカ 2014 ホオズキ 2013 球根ベゴニア(ハンギングタイプ) 2012 シロナンテン(キナンテン)  2011 レッド・ジンジャー 2010 セイヨウヒイラギ 2009 シホウチク 2008 カリン 2007 チョウセンマキ 2006 ニホンスイセン 2005 オケラ

| | コメント (0)

1月16日(水) ネリネ・ウンドゥラタ(ヒメヒガンバナ)

190116nerine_undulata
だいぶ苦しげではあっても、年の内からしぶとく・しぶと~く咲き続けています。そもそもの花びらが細くて縮れているので、枯れたあとでも色が濃くなっただけみたいなゴマカシ効果があります。冬にはありがたい、華やかな存在です。
じつはこの花よりも苦しげなのははた衛門でした。どうやら花びらの細いこの種類はNerine undulataで、和名をヒメヒガンバナというらしいのです。
ただ、ネリネにはもう少し花びらの幅が広い種類もあり、あちらはNerine sarniensis、およびそれを母種とする園芸種群なのです。さらにそれ以外にもNerineにはいくつかの系統があって、和名のヒメヒガンバナがどこまでをカバーするものか、いまの自分にはよくわからないのです。頼りのYListもNerineやヒメヒガンバナのことはまったく無視してくださっています。
自分の過去記事の写真を見直しても、2004年のものはundulataっぽいし、2011年のものはsarniensis系だろうとは思うものの、どちらも街でたまたま撮ったもので、その素性を調べることはいまとなっては不可能です。
というわけで、今回のタイトルは少し長くなったわりに、過去記事のタイトルはそのままにしておくことにしました。たった3文字で済んでいたものが、じつはみんなとても不完全な名前だなんて、どうにも気色悪い事態になったものです。

過去のきょう 2018 ナガバハグマ 2017 シナマンサク 2016 ブーゲンビリア 2015 プリムラ・マラコイデス 2014 ラッキョウヤダケ 2013 ウメモドキ 2012 キカラスウリ  2011 コチョウラン 2010 ニオイザクラ(ルクリア) 2009 トボシガラ 2008 トウカエデ 2007 ユキワリソウ 2006 ウメ 2005 スズカケノキ

| | コメント (0)

1月15日(火) ミルトニア・バートフィールド・ドロレス

190115miltonia_bf
あ、ミルトニアだ!と思ったのだから、前の出会いはよほど強烈なインパクトがあったもののようです。と言うか、たぶん好きだから覚えていたわけで、自分って案外に派手好きだったんだなぁと一人で照れてしまいました。
垂れた唇弁だけではなくほかの花びらも大きくて、パンジーオーキッドというあだ名で呼ばれているようです。実際、正式な名前はMiltoniopsis Bert Field 'Dolores'とけっこう長いので、あだ名を使う必要は高いのでしょう。
ただ、作出した人はたぶんドロレスさんにこれを捧げたはずで、ドロレスさんはおそらく美人でしょうから(笑)、自分的には「ドロレス」でいくつもりです。
おっと、学名がMiltoniaではなくMiltoniopsisになっているのは間違いではなく、最新分類だとそうなるそうで、この辺の事情には目をつぶることにします。

過去のきょう 2018 ウグイスカグラ 2017 ウツボカズラ(ネペンテス) 2016 クイーン・エマ・リリー 2015 早咲きツバキ(西王母) 2014 アシタバ 2013 スズメノエンドウ 2012 アメリカヒイラギ  2011 アンスリウム(ラベンダー・レディー) 2010 カミガヤツリ(パピルス) 2009 メキシコラクウショウ 2008 ウメ(八重寒紅) 2007 ホウキイヌツゲ 2006 ブラキカム・マウブディライト 2005 カリフラワー

| | コメント (0)

1月13日(日) クサキョウチクトウ(オイランソウ)

190113kusakyoutikutou
ちょっと意地悪に遣り手婆を思い出してしまいました。いくら標準和名がクサキョウチクトウでも、つい花魁草と呼ぶわけで、花魁の「その後」です。
容色衰えたあと、街で客の袖を引いている姿がダブります。茎頂部にうっすら微かに残った色みが、よりいっそう哀れです。諸行無常・盛者必衰です。
…という抹香臭いコメントはあとからのカッコつけで、現場では驚きが先でした。なにせ花の盛りから半年です。よくぞ刈り取られずにいてくれたものです。
シャープな葉の形やタフな茎の存在にもあらためて目を洗われました。どんな種ができているのか、枯れきった花殻を揉んでみたものの、それらしい「物体」が見当たらなかったことだけがわずかな心残りです。

過去のきょう 2018 タチバナモドキ 2017 オニノゲシとノゲシ 2016 エピスシア(エピスシア・クプレアタ) 2015 モクレイシ 2014 モンステラ(ホウライショウ) 2013 ナヨクサフジ 2012 ロウバイ  2011 センダン 2010 ハアザミ(アカンサス) 2009 ハアザミ(アカンサス) 2008 ヒヨドリジョウゴ 2007 ツルウメモドキ 2006 クヌギ 2005 房咲き水仙・ペーパーホワイト

| | コメント (0)

1月11日(金) タイマツバナ

190111taimatubana
これでは松明(たいまつ)ではなくて消し炭です。強い光線から自己防衛するために、幼い葉が赤みを帯びることはわりとよくあるパターンです。それがタイマツバナの場合には赤を通り越してここまでの色になってしまうのでしょう。
素性を考えると、シソ科らしい色ではあります。そして、花に気を取られることなくシゲシゲと見ると、まるで霜が降りたように密生した毛がきれいです。
花が終わればお役御免で、次の主役に場所を譲ってしまうので、「撮るだけ~」の人は初めて見るシーンです。多年草なので、抜かずにおけばこうして寒風を突いて幼生が芽吹いて来るのでした。消し炭から大きな炎が燃え立ちます。

過去のきょう 2018 マーガレットコスモス 2017 ベゴニア・エキノセパラ・エロンガティフォリア 2016 オカトラノオ 2015 カナリーヤシ 2014 アングレクム・セスキペダーレ 2013 ヤブレガサ 2012 ケナシサルトリイバラ(サンキライ)  2011 フユアオイ 2010 ユズリハ 2009 ハリギリ 2008 シマタケ 2007 ゼニゴケ 2006 イブキ(ビャクシン) 2005 カンザクラ

| | コメント (0)

1月9日(水) ラシャカキグサ

190109rasyakakigusa
まるでこのままおろし金に使えそうです。隣に大根でも植えていてくれればと真面目に考えました。ここのオーナーさん、来年はよろしく!です。
それにしても、前にラシャカキグサを載せたのは12月で、枯れっ枯れとは言え、地上部は被写体になり得ました。今回はそれが全滅で、この姿です。
あらためてラシャカキグサの性質を調べると二年草でした。つまり去年のうちに発芽して冬越ししているこの根生葉は正しい姿で、前回掲載の姿は弁慶の立ち往生…写せたのがとてもラッキーだったというわけです。
そうと知れば、今年はこの場所で「新鮮な」花やら、その後の「できたてホヤホヤ」の引っ掻き道具を激写しなくてはなりません。その前に、寒のうちに大根持参でここを再訪するのも良さそうです。熱燗入りのサーモスも必携ですなあ。

過去のきょう 2018 シロヒモノキ 2017 ホシダ 2016 ヘツカラン 2015 ハマビワ 2014 スノードロップ 2013 リュウノウギク 2012 ハナカイドウ  2011 マメキンカン(キンズ) 2010 カンボタン 2009 カンザクラ 2008 レモン 2007 ネメシア 2006 タマサンゴ 2005 ロウバイ

| | コメント (0)

1月7日(月) デンドロビウム(ユキダルマ 'クイーン')

190107queen_b
婆ちゃん(バアソブ)のために爺ちゃん(ジイソブ)探しに躍起になったのとは逆で、王様のためにようやく女王様を収録して差し上げました。
ただし、問題はキングとクイーンの差がやっぱりわからないことです。名札があったのでここに出してはみるものの、どうにも違いが見つかりません。
物の本によれば、純白の花弁・唇弁の喉部に濃黒褐色の目という特徴は両者変わりなく、わずかにクイーンの目の周りが淡黄色だと言います。言われればそんな気はしても、膝ポンとはなりません。あと、周辺の波打ちが少ないのもクイーンの特性だそうで、これはちょっとそんな風にも見えます。
今回またキングとクイーンを調べてみて初めてわかったのは、ランの世界ではキングがレアものになっていることです。1972年の作出で、年数が経ったことが理由らしくても、もっと古いランに事欠かないはずです。作出したナーセリーが供給をやめているようで、どうやら王様はリタイアし、女王様の御代になったらしいのです。
皇室の代替わりの年の初めに、タイミングの良い出会いでした。

過去のきょう 2018 ヤマボウシ 2017 タンキリマメ 2016 ベロニカ・グレース 2015 イイギリ 2014 アネモネ 2013 アマチャヅル 2012 サンシュユ  2011 カンレンボク 2010 イオノプシディウム(バイオレットクレス) 2009 ノリウツギ 2008 オオイヌノフグリ 2007 ニンジン 2006 ザボン 2005 フユシラズ

| | コメント (0)

1月5日(土) ムチゴケ

190105mutigoke
正月のうちから鞭(むち)の話だなんて、はた衛門、よっぽどSですかあ。いえ、そうじゃなくて、この茎から出ている枝を鞭と見た人が問題だと思います。
その鞭に加えて、正確に二股に分かれていく育ち方がこの苔の特徴です。さらにもう一つ、鎧の小札(こざね)のように重なる葉もこの苔の美点です。
水気が好きで、常に水滴のあるような場所に育ちます。ということは、こんな寒い時期じゃなくて、夏でしょ、出番は…というセルフ突っ込みがなきにしもあらずで、ピシーッ・ピシーッと鞭がなります。あ、Mですか、はた衛門さん。

過去のきょう 2018 ゴウダソウ 2017 ツタ(ナツヅタ) 2016 タイミンチク 2015 タンキリマメ 2014 ソシンロウバイ 2013 テイカカズラ 2012 トキワイカリソウ  2011 ガガブタ 2010 シュロガヤツリ 2009 タラヨウ 2008 コナラ 2007 スギゴケ 2006 ノイバラ 2005 ヒヨドリジョウゴ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧