1月18日(土) ミチタネツケバナ

200118mititanetuke
前回の記事で「冬でも花をつけ通していた」としていたことを訂正です。乾いた芝生地に点々とコロニーを作っていました。そのどこにも、白いものは見えません。
うーん、ときどき根拠のない法螺をこくからなぁ、はた衛門さん。今年の冬はかなり緩い気がするのに、さすがに1月だと無理なんじゃないですか。
逆に、近くの畦では暮れにふつうのタネツケバナが花をチラチラさせていました。別に両種が開花を競っているわけでもあるまいし、テリトリーは行儀良く分け合っているみたいなので、それぞれマイペースでやってもらいましょう。

過去のきょう 2019 アオギリ 2018 コウヤワラビ 2017 アカリファ・ウイルケシアナ 2016 フサフジウツギ(ブッドレア) 2015 ホウレンソウ 2014 ハイカンツバキ 2013 ハンノキ 2012 サンジャクバナナ  2011 シマナンヨウスギ 2010 キジョラン 2009 シロヤブツバキ 2008 サザンカ 2007 カクテル(つるバラ) 2006 ホトケノザ 2005 キソケイ

| | コメント (0)

1月16日(木) カラテア・クロカタ

200116crocata
構図中央に若い葉があるおかげで、カラテアの葉の出方がわかるし、ついでに葉裏の色まで、余計な指の出演もいらずに確認できます。そして、葉表の色は生長につれて濃くなり、併せて縁の波打ちも固く、強くなってきています。
つまり、カラテア・クロカタの特徴が一発でわかる写真…と威張りたいところなのに、じつはダメダメダメ~なのです。なんと、クロカタの一番の特徴はオレンジ色の花(苞)でした。花と言っても渋いものが多いカラテアのなかでは異色です。
さあて、いまは蕾のつの字もなかったので、どのくらい待てばいいものでしょう。クロカタの気持ちになって、ムゥムムンと萌え出すタイミングをはかってみます。

過去のきょう 2019 ネリネ・ウンドゥラタ(ヒメヒガンバナ) 2018 ナガバハグマ 2017 シナマンサク 2016 ブーゲンビリア 2015 プリムラ・マラコイデス 2014 ラッキョウヤダケ 2013 ウメモドキ 2012 キカラスウリ  2011 コチョウラン 2010 ニオイザクラ(ルクリア) 2009 トボシガラ 2008 トウカエデ 2007 ユキワリソウ 2006 ウメ 2005 スズカケノキ

| | コメント (0)

1月14日(火) ヨウラクツツアナナス

200114billbergia_nutans
パイナップルを思わせる葉が小さな束で密生していて、そこからグイーンとのびた花茎の先に妙ちきりんな色合いの花がぶら下がっています。
南米から日本にもたらされてもう百年になろうというのに、ついぞ見かけることがありませんでした。お初にお目にかかります。
三段構造の名前を下から解いていくと、まずこれはパイナップル科なので、広くアナナスと呼ぶことはトラフアナナスのときに取り上げています。次のツツは筒で、ふつうのアナナス類だと株(葉の巻き具合)が太くて、大杯のような形なのに対し、この株は上述したように細いので、まるで篠竹の筒のように見えるのです。
そしてヨウラクです。この言葉についてはヨウラクユリのとき詳しく書いたので、今回のヨウラクはそのパーツ解説です。先端で黄色い葯を見せている雄シベ群から太めの雌シベが1本飛び出しています。その上に見える緑色で縁が紫のものが花びら、さらにその上のピンク色で縁が紫の細いパーツが萼です。
そして、萼の上(構造的には下)にある緑の部分が子房で、それらを包むように被さるピンクの物体が苞ということになります。苞を最後に取り上げたのは、オチを「ほぉー」としたいためでは決してないので、念のため。

過去のきょう 2019 コブミカン 2018 タイアザミ 2017 ヒカゲヘゴ 2016 マルハチ 2015 キクイモ 2014 ブーゲンビリア 2013 フッキソウ 2012 ホトトギス  2011 カナリーヤシ(フェニックス) 2010 コクテンギ 2009 ラクウショウ 2008 ニホンスイセン 2007 チチコグサモドキ 2006 ツルウメモドキ 2005 カンツバキ

| | コメント (0)

1月12日(日) マユハケオモト

200112mayuhake
こういうのも宝の山と言っていいんでしょうねえ。10年以上も前に初めて見たときは、たった二つの花で「なんじゃこりゃ!?」と驚いたことを懐かしく思い出します。「あるところにはある」法則、これが7例目か8例目になりそうです。
ただ、傍にある別の葉っぱが邪魔で、植物写真としては価値がありません。もうちょっと「純粋」な宝の山を探して、今年も徘徊を続けましょっと。

過去のきょう 2019 ベニバナクサギ 2018 ヒメガマ 2017 カシワバアジサイ 2016 イブキ(ビャクシン) 2015 イタドリ 2014 ヘンヨウボク(クロトンノキ) 2013 サイカチ 2012 カシワバハグマ  2011 リュウキュウバショウ 2010 ツワブキ 2009 ハリエニシダ 2008 ロウバイ 2007 ドイツトウヒ 2006 センダン 2005 ロウヤガキ

| | コメント (0)

1月10日(金) シュウメイギク

200110
これを「綿のよう」と称する人がいるにはいても、ワタシにはどうしてもカビにしか見えなくて、そろそろ鏡餅にもカビが生えていないか心配になります。
たぶんこの白いモワモワのなかに見える黒い粒々がいかんのです。これがなければワタシだって綿と思えるかもしれないのに、罪なヤツです。
もちろんこれは種で、モワモワに包まれたまま三々五々に飛び散るわけです。なので理屈的には綿毛であっても、どうも自分の好きな綿毛とは違います。
花の盛りにはまさに麗人のごとく、そして姥となってはコメディアンに変貌するシュウメイギクのその老後は、なんとも不気味な姿です。

過去のきょう 2019 シイクワシャー(ヒラミレモン) 2018 キュウリグサ 2017 アメリカデイゴ(カイコウズ) 2016 ヒメフヨウ 2015 ハッカクレン 2014 コクテンギ 2013 サネカズラ 2012 バンダ(洋ラン)  2011 ブータンルリマツリ 2010 カゴノキ 2009 チャボタイゲキ 2008 ツバキ(詳細不明) 2007 ゴシキトウガラシ 2006 シバザクラ 2005 ダイコン

| | コメント (0)

1月8日(水) ナギナタコウジュ

200108naginata
歳をとってくると、体力の個人差は開いてくるわけで、それは草木でも同じことなかなぁと考えさせられました。年を越したのにゲゲゲ、まだ花を咲かせている株と、その隣でもうカラッカラに枯れ上がっている株、いったいどうした差なのでしょう。
そもそも、この草の図鑑的な花期は9~10月とされているし、枯れ上がった姿は自分でも12月にしっかりとらえています。写真の隅に嵌め込んだ株が根性なしなのではなく、いま咲いている方が明らかに石田純一タイプなのです。
二つの株のどこが違うのか、憧れの眼差しで「研究」してみました。陽当たり・湿度・風当たり、通常考えるべき要因は、両者すべて同じです。となると、見えない根の部分の能力に差があるのだろうか…要は徘徊癖のある老人がそれを足腰の鍛錬と称したいだけなのですけれど、これ、わりと正解ではないかと愚考するわけです。

過去のきょう 2019 シロモジとクロモジ 2018 ヤブレガサ 2017 クチナシ 2016 ウツギ 2015 ゼラニウム(斑入り葉ゼラニウム) 2014 ツルウメモドキ 2013 キンメイチク 2012 ヤマラッキョウ 2011 ハッサク 2010 クログワイ 2009 ウメ(寒紅梅) 2008 オニドコロ 2007 マーガレット 2006 イヌリンゴ 2005 マサキ

| | コメント (0)

1月6日(月) タイワンハマオモト

200106taiwanhamaomoto
ふつうのハマオモト(ハマユウ)なら葉が地際で広がるはずなのに、この葉はまるでハランのようにバオバオと立っているのです。しかもその高さたるや、けっこう胸元を超えるくらいで、全体の見かけが鬱蒼としているのです。
もちろん、ハランに喩えたのはその大きさや立ち上がり方であって、葉はとてもしっかりとして厚みがあり、どうみてもハマオモトです。なにせ、開き初めていた花が、どうしたってこれがハマオモト属(Crinum)であることを示しています。
なるほど、Crinum asiaticumには3種類があって、var. japonicumがふつうのハマオモト、var. sinicumがこのタイワンハマオモト、そしてvar. asiaticum=オオハマオモトにはまだ会えていないとわかりました。このタイワンでも「おっきいなぁ」と呟いたのに、オオに会えたときはどう驚いたらいいものか、うれしい悩みが増えました。

過去のきょう 2019 サラサドウダン 2018 ゴウダソウ 2017 ツタ(ナツヅタ) 2016 タイミンチク 2015 タンキリマメ 2014 ソシンロウバイ 2013 テイカカズラ 2012 トキワイカリソウ  2011 ガガブタ 2010 シュロガヤツリ 2009 タラヨウ 2008 コナラ 2007 スギゴケ 2006 ノイバラ 2005 ヒヨドリジョウゴ

| | コメント (0)

1月4日(土) シンゴニウム・カリフォルニアゴールド

200104cal_gold
ちょっとばかり信吾くんを一人ぼっちにしているなぁと反省し、二人目を載せることにしました。そこで最初の信吾くんを探したら、うわ、あれから丸三年です。
撮った場所やその日のことは覚えているくせに時間の経過に驚くというのは、ボケていないようでもあり、確実に来ているようでもあり、妙な気分です。
いえ、話題は信吾くんです。今回のものは二つ名がカリフォルニアゴールドで、カリフォルニアで作出されたのかと最初は思いました。ああ、ゴールドラッシュにひっかけたのか!と気づくまで1分ほど要したのは、やっぱり来ていますかねえ。
いえ、話題はシンゴニウムでして、最初が白、次が金と続いたら、今度はなに色が来るものでしょう。新しい仲間は三年などかけずに見つけてあげたいものです。

過去のきょう 2019 ヒサカキ 2018 ナンバンギセル 2017 ロウバイ 2016 ハクウンボク 2015 ミドリノスズ(グリーンネックレス) 2014 バクチノキ 2013 エゾマツ 2012 オンシジューム(赤)  2011 ヒメコウジ(チェッカーベリー) 2010 ホンコンカポック(シェフレラ) 2009 アカザ(暫定) 2008 ハマアザミ 2007 ユーカリノキ 2006 ソシンロウバイ 2005 オタフクナンテン

| | コメント (0)

1月2日(木) サンセベリア・グランディス

200102sansevieria_grandis
比較対象物の必要性を感じなかったほど、そのバカげた大きさに現場では気圧されてしまったのです。しかし、あらためてモニターで見ると、それがドジだったことがわかるわけで、言葉で補足しなければいけません。
幅は通常のサンセベリアの3倍ほど、丈で1.5倍はありました。なんかこう、昆布を4~5枚貼り合わせて乾かしたんじゃないか、みたいなデカさです。
サンセベリアと言えば「アレ」でしょ、と思っていた視野狭窄症があわてて調べてみたところ、その品種数は軽く100オーバーなのでした。グランディスだけでたまげていたら、そのあとのリアクションが枯渇してしまいます。
毎度毎度のこととは言え、それぞれの世界の奥深さに口をアングリ開けながら、長生きしなきゃなあ…としみじみする年の初めとあいなりました。

過去のきょう 2019 オカメザサ 2018 スイセンノウ(フランネルソウ) 2017 イボタノキ 2016 ゴンズイ 2015 タイワンホトトギス 2014 ヤブコウジ 2013 ヒュウガミズキ 2012 アオサンゴ  2011 ダイオウショウ 2010 ハイマツ 2009 ロドレイア 2008 ゴクラクチョウカ 2007 キンセンカ 2006 イイギリ 2005 モウソウチク

| | コメント (0)

12月31日(火) キルトスペルマ・ジョンストニイ

191231cyrtosperma_johnstonii
かなりヤッター感のある一枚で今年を締めくくります。前の掲載では、仏炎苞がもう萎れていて、しかも後ろ向きでした。水辺の植物ですから、撮影の場所は限定されるのです。それが今回は開いたタイミングも苞の向きもドンピシャでした。
おお、なかなか貫禄のある姿です。「ザゼンソウに似る」という説明が一部にはあっても、ぜんぜん違います。お互いに失礼な比較で、双方が怒りそうです。
と言いながら前の記事を見たら、自分もそれを引き合いに出していました。ただ、形ではなく仏炎苞の色が近いと言いたかったようです。いーや、色も明らかに違っていたわい!と満足につつまれて2019年が暮れていきます。

過去のきょう 2018 ゴバンノアシ 2017 エビスグサ 2016 クマシデ 2015 ソシンロウバイ 2014 カラスノゴマ 2013 フッキソウ 2012 コブシ 2011 シシバタニワタリ 2010 ソヨゴ 2009 ヒマラヤスギ 2008 スエコザサ 2007 サカキ 2006 オキザリス・プルプレア 2005 クリハラン 2004 マンリョウ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧