7月20日(土) イセハナビ

190720isehanabi1
花火と言われるくらい盛大に花をつけるらしいのに、どうもそういう場面に出会ったことがありません。陽当たり好きだそうで、ここはやや木陰だったので、ご機嫌斜めだったのでしょう。ただ、リクエストどおりの場所でもチラホラの花しか見たことがなく、よほど関東の地がお気に召さないか、ワタシとの相性が悪いか、なのでしょう。
いかにも通好みの洒落た名前のくせをして、東南アジア原産の外来種です。漢字では伊勢と当てるのに、伊勢にはなんの縁もないそうです。マツザカシダも怪しかったし、あの辺の地名はテキトーに使われてしまうようで不思議です。
190720isehanabi2
キツネノマゴ科と言われると、花の付け根の苞葉がたしかにキツネノマゴのそこに似ています。あと、属(イセハナビ属)レベルだとスズムシバナが同じ分類です。ただ、昔の画像を確認しても、どこが同属なのかぜんぜんわからなくて、どうもイセハナビは自分のなかではヒュルヒュル上がっても開かない空(から)花火です。

過去のきょう 2018 ツルアジサイ 2017 キリ 2016 チャボガヤ 2015 アオギリ 2014 ヤマシャクヤク 2013 ムラサキシキブ 2012 フシグロセンノウ 2011 ヘリオトロープ 2010 クヌギ 2009 スジギボウシ 2008 ゴウソ 2007 シダルセア 2006 ラッカセイ 2005 セイヨウハッカ 2004 サツマイモ

| | コメント (0)

7月18日(木) ルイヨウボタン

190718ruiyoubotan
まだ夏の陽射しを浴びてもいない(注)というのに、ルイヨウボタンの葉はそろそろ現役を退くご意向です。そう言えば、今月のうちには実も完成形になるわけで、花を見せるのが4月の末ですから、ずいぶんと気ぜわしいタイプです。
そんなせっかちさんの上でのんびりと寛いでいる人がいました。益虫であるテントウムシのなかでは珍しく、ナス科植物の葉を食べるので害虫扱いされているニジュウヤホシテントウです。ルイヨウボタンはメギ科だし、葉を食べるときは裏側からやるらしいので、これはたぶん食後のひと休みというところなのでしょう。
ニジュウヤホシは二十八星で、背中の黒点の数を言っているのだそうです。うーん、背中だけだと26しかないし、頭のものを入れたら奇数になるし…などと無粋なことは言わないで、「わーい、きれいだなぁ」と喜んでおくことにします。

<補注> 今年の関東は、6月下旬からここまで、記録的な日照不足(平年の半分以下)に見舞われています。

過去のきょう 2018 カヤ 2017 カジノキ 2016 イヌカラマツ 2015 イヌザクラ 2014 タイマツバナ(モナルダ、ベルガモット) 2013 ウワミズザクラ 2012 スズカケソウ 2011 ニンジンボク 2010 ゴボウ 2009 マツカゼソウ 2008 アオツヅラフジ 2007 シオデ 2006 ノハナショウブ 2005 サトイモ 2004 ジュズダマ

| | コメント (0)

7月16日(火) イタリアンパセリ

190716petroselinum_neapolitanum
摘んでも摘んでもどんどん新しい葉が出てきて、ふつうのパセリイタリアンパセリ、2月にたった二株ずつ植え付けただけなのに、5月ごろには「もうパセリ、いらないから」と邪魔にされるようになりました。いずれ蝶の食草になるものと思っていたら、どうしたことか、まったく彼らには無視されたままです。
そうこうしているうち、イタリアンパセリの方になにやら硬めの茎が出てきました。あれよあれよと言う間にその先に蕾ができ、それがパカパカ開き出しました。
ただし、ふつうのパセリの方はウンでもスンでもありません。「パセリは2年目に花をつける」というのは「ふつう」の方のことであり、「イタリアン」はまた違う生態でした。同属なのにこういう違いがあるなんて、育ててみて初めて知ることです。

過去のきょう 2018 テンダイウヤク 2017 ウバメガシ 2016 トウジュロ 2015 クリ 2014 シモツケソウ 2013 アオギリ 2012 ワラビ 2011 ヒトツバカエデ 2010 ヒマラヤヤマボウシ 2009 ヤブマオ 2008 モクゲンジ 2007 クレオメ 2006 アサザ 2005 ヒメヒオウギズイセン 2004 リアトリス

| | コメント (0)

7月14日(日) オオグルマ

190714ooguruma
なにもあそこまで酷く言わなきゃよかったなぁ、と後悔です。前にオオグルマを取り上げたとき、「オグルマと関連づけるのはむずかしい」とか「ヒマワリの仲間と思い違いしないよう」にしなきゃ、とかメチャクチャ書いてしまいました。
今回こうして場を改めると、花は一目でオグルマっぽく見えました。ゴワゴワして大雑把だと思った葉にしても、これを好む虫だっているようだし、若い葉は柔らかくてかわいい形をしていました。前は少しトウが立った時期だったようです。
いまの時期なら、まさかヒマワリに見えることはなく、多少のガサツな印象は拭いきれないものの、オグルマ属の一員として、どうやら認めてあげられそうです。

過去のきょう 2018 ランダイスキ 2017 ユクノキ 2016 セイヨウヤブイチゴ(ブラックベリー) 2015 ユリノキ 2014 シマススキ 2013 クロモジ 2012 トチバニンジン 2011 ノウゼンカズラ 2010 ベニバスモモ(ベニスモモ) 2009 ミヤギノハギ(ナツハギ) 2008 ジュンサイ 2007 チョウセンシラベ・シルバーロック 2006 カランコエ 2005 マルバマンネングサ 2004 ホテイソウ

| | コメント (0)

7月12日(金) ハリガネワラビ

190712hariganewarabi
きのう、ツガの枝振りをしげしげ眺めて連想したのは、じつはこのシダでした。穏やかに丸まった葉先がリズミカルに並んで、とても絵になります。
ただ、穏やかなのは葉の形だけです。まさに名前どおりの葉柄はどうにもこうにも千切ることができなくて、もしや番線の代わりになるかと思うほどです。
ただ、そういう用途に使ったという説明を見ることはありません。どうしてこんなに強靱でなければいけないのか、その理由がさっぱりわからず、ワラビと名乗られても食べられそうもないし、見るたび悩ましい「ワラビ」です。

過去のきょう 2018 ヘツカニガキ 2017 アカガシワ 2016 ナワシロイチゴ 2015 アカメガシワ 2014 ペントステモン 2013 アベリア(ハナツクバネウツギ) 2012 ハンゲショウ 2011 ヘラノキ 2010 ネジバナ 2009 ムラサキクンシラン(アガパンサス) 2008 キブシ 2007 ヘリアンサス・アトロルベンス 2006 カラスビシャク 2005 ヤブミョウガ 2004 アメリカフヨウ

| | コメント (0)

7月10日(水) オオフサモ

190710oohusamo
うーん、風があったのかなぁ、とシカメっ面で写真を選びながら、葉の細かい様子は前に載せてあるから、マッ、いいか、と自分に言い訳です。
そう、たしかに2月も末、まだ水になんか近づきたくない季節に、けっこうな寄り方でこの水草を写しています。そのとき、オオフサモは有害雑草と書いたその証拠がこれで、多少ブレていても、池の水面を覆っていることがわかればOKなのです。
雌雄異株で、日本には雌株しかないというので、タネで増えるワケはありません。気楽には近づけないこの池にこうしてあることは、有害雑草よりも厄介な自己中人間の存在の証明です。駆除すべきは草より人間…悲しい事実です。

過去のきょう 2018 ヒイラギ 2017 リンゴ 2016 シキザキホソバアカシア 2015 アデニウム・アラビカム(デザートローズ、砂漠のバラ) 2014 アンゲロニア 2013 ナンテン 2012 クマツヅラ 2011 ノムラカエデ 2010 ヤハズアジサイ 2009 アブラチャン 2008 カラスビシャク 2007 カラタチバナ 2006 モナルダ 2005 サルスベリ 2004 メマツヨイグサ

| | コメント (0)

7月8日(月) パプリカ

190708paprika1
ずいぶん寸詰まりのピーマンだなと思ったものの、よく見れば果肉に張りがあり、そこはかとなく厚みも感じます。右奥に見えるものは赤くなり始めています。
家庭菜園というのはありがたいもので、たいがい根もとに札が刺さっています。ここのものは写真入りの立派な樹脂製で、これがパプリカだと示していました。
190708paprika2
さて、ピーマンとパプリカ、どこが違うのでしょう。結論としては植物分類的には同じものでした。果肉の厚みや味で呼び分ける(色はピーマンも赤くなる)ようで、シシトウのときに境目の曖昧さをぼやいことを思い出しました。
それは君の頭がピーマンだからさ!と自虐ネタをかまそうと思っても、どうやらきょうのワタシは「パプリカ頭」の方がふさわしいようです。

過去のきょう 2018 アオキ(斑入りいろいろ) 2017 アメリカキササゲ 2016 ハマクサギ 2015 ヒョウタンボク(キンギンボク) 2014 アカバナシモツケソウ 2013 アメリカハナノキ 2012 ムラサキクンシラン(アガパンサス) 2011 イヌリンゴ 2010 オオバノトンボソウ 2009 ヤブコウジ 2008 サンシュユ 2007 トリアシショウマ 2006 キュウリ 2005 トウネズミモチ 2004 ビヨウヤナギ

| | コメント (0)

7月6日(土) ダリア(炎球)

130707enkyuu
炎の球と書いて「えんきゅう」です。作出した人は星飛雄馬…というオヤジネタに絶好の一品(秋田の鷲澤さん、ごめんなさい)です。
たしかに、丸くて球のようなフォルムの花は硬球くらいのサイズです。いくぞぉ、花形ぁ、打てるものなら打ってみろぉ、、、あああ、すみません。
話を変えます。ダリアに「標準品」ってあるものでしょうか。どうもすべてに名前があるようで、名無しのゴンベ=ただのダリアはないみたいに思います。ブログを始めたころ、ただ「ダリア」としたものだって、本当はきっと立派な名前があったはずです。
そう言えば、あの記事にも出てきたワタシの爺さん(祖父)のダリア好きはなかなかのものでした。寒くなって、ダリアの芋を掘り上げるとそれを分球し、一つひとつに名札をつけるのです。紙の札に名前を墨書し、先を縒って芋に結びつけるのは、息子の嫁であるワタシの母の役目でした。当時も「ただのダリア」はなかったはずで、面倒な名前を口述筆記させられていた母上さま、誠にご苦労さまでございました。

過去のきょう 2018 イヌガヤ 2017 ソテツ(雄株) 2016 カヤ 2015 ウメ 2014 バイケイソウ 2013 サルナシ 2012 サフィニア 2011 カジカエデ(オニモミジ) 2010 イワガラミ 2009 ノカンゾウ 2008 ボッグセージ(サルビア・ウリギノサ) 2007 ハクロバイ 2006 ヤマモモ 2005 リョウブ 2004 モミジアオイ

| | コメント (0)

7月4日(木) ヤマミズ

190704pilea_japonica
そう言えば、ヤマミズは寒くなってから花と実をつけるんだったなぁ…と、彩りのない姿を写しながら思い出しました。ただ、あのころには茎が徒長してしまい、今回の写真のようなカーペット状の美しさがありませんでした。
したがって、季節による印象の違いがきょうのテーマです。と、これで終わるはずだったのに、「え、そうだったんだ」とうれしい誤算です。ヤマミズの学名を確認すると、Pilea japonicaとありました。Pilea、ピレア、え、あのピレア!?
間延びした秋の姿では、これがピレアの仲間と気づくのはやや高難度でした。ならば、いまの季節なら簡単かと言えば、「ピレア=皺々」と思い込んでいた素人には依然として高いバーではあります。
それでも、ピレア・モリスピレア・ヌムラリフォリアの写真と見比べながら、「なるほど、ピレア=ミズ属ねえ。仲間なんだ」と脳の皺に擦り込んでみました。

過去のきょう 2018 レザーウッド(キリラ・ラセミフローラ) 2017 ヨーロッパキイチゴ(ラズベリー) 2016 ネグンドカエデ・エレガンス 2015 リョウブ 2014 ヒメアガパンサス 2013 クチナシ 2012 ナギナタソウ 2011 ニワフジ 2010 アカメガシワ 2009 クサフジ 2008 キミノニワトコ 2007 ヒツジグサ 2006 コンボルブルス 2005 ワルナスビ 2004 メタセコイア

| | コメント (0)

7月2日(火) クサレダマ

190702kusaredama1
二度目の登場になるクサレダマです。このブログには二桁の掲載回数を持つ種類も少なくないので、二度目を特にことわる必要は薄いとは思います。
ところが、「二度目」のなかには自分的にかなり意味のあるものがあって、今年に限れば、4月の「イボタロウムシの分泌物」と先月の「オニノヤガラの群生」がそれにあたります。なかなか出会うのが珍しくて、ようやく二度目の目撃となって、「ああ、こんな場所でこんな風に見られるんだ!」と気持ち良く納得するパターンです。
このクサレダマも、初回の邂逅時はなんの知識もなく、撮った写真にもそれがモロに出ているなぁ、と恥ずかしくなります。あれに比べたら、今回は脇役に添えたアシがクサレダマの生息環境を表現していて、けっこうイケテル気がします。
190702kusaredama2
葉裏をチェックする余裕が出たり(あまり意味はなかった・笑)、違う感じの花があることにも気づいたりもしました。この違い、たぶん「鮮度」にありそうです。咲き始め(左)は花びらがまだ短く、張りもあり、なによりシベが固まっています。
それが色気を増す(右)と花びらはあでやかにシナを作り、シベは奔放にその役割遂行に邁進します。そうそう、男女の色恋だって、あれは人間としての役割遂行なのだなぁ…と考えてみると、街で見かけるバカップルの姿も許せる気がします。

過去のきょう 2018 カイノキ(ランシンボク) 2017 トウネズミモチ 2016 オウゴンマサキ 2015 サンゴシトウ(ヒシバディゴ) 2014 オゼコウホネ 2013 カシワ 2012 ツノゲシ 2011 トウグミ 2010 ネムノキ 2009 キンコウカ 2008 モモバギキョウ 2007 ヤマユリ 2006 テリハノイバラ 2005 ツルハナナス 2004 ノウゼンカズラ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧