4月26日(水) 原種チューリップ

170426tulip単純明快な美しさに拍手です。小股の切れ上がった美人さんが、チューリップの世界にもいることを知りました。(品種名:ペパーミントスティック)
そこで単純明快に喜んでおけばかわいいのに、なるほどねーと余計なことを考えるのが辛気くさい爺さんの困ったところです。チューリップの花びらは6枚だけれど、じつは外側3枚は萼(外花被)なのだということが、これほどハッキリわかる種類は珍しいのではあるまいか、と膝を打ってしまうのです。
などと言うと、かつて掲載した突然変異の不思議物体は、葉?花びら?それとも萼?…ハッキリしろよ!となります。そうは思うものの、どう見ても不思議は不思議で、世のなか、単純明快だけではないことを痛切に思い知るのです。

過去のきょう 2016 タヌキラン 2015 クリンソウ 2014 オオデマリ 2013 ヤマブキソウ 2012 クヌギ 2011 ヤマシャクヤク 2010 サラサモクレン 2009 トウグミ 2008 カラスムギ 2007 ルイヨウボタン 2006 イヌザクラ 2005 ホタルカズラ 2004 ムクロジ

| | コメント (0)

4月25日(火) テンダイウヤク

170425tendaiuyaku不老不死の霊薬という噂もあるテンダイウヤクを、母親の命日の出し物にするなんて、なんと間の悪い子でしょう。もしかして、親の死を悼むのではなく、己の長寿を願っての所業ではないかと、天上の人々は眉をしかめていることでしょう。
じつは、きょうの掲載の眼目は成葉とはまったく趣の違う、その若葉です。フェルト細工のような幼い葉、頼りげない若い枝、このまま食べてしまいたいほどです。
そんなわけで、たまたま咲いていた花は付けたりです。ましてこの株は雄で、前の掲載から進歩がありません。来春はめでたく雌株の元にお導きくださいますよう、母上さま・ご先祖さま、どうかよろしくお願いいたします。

過去のきょう 2016 チョウジガマズミとオオチョウジガマズミ 2015 チョウセンゴミシ 2014 アルブカ・スピラリス 'フリズルシズル' 2013 クロモジ 2012 タチツボスミレ 2011 ハルリンドウ 2010 ギョイコウ 2009 オオカナメモチ 2008 キンギョソウ 2007 オオバベニガシワ(雌花) 2006 オオバベニガシワ 2005 ベニドウダン 2004 キングプロティア

| | コメント (0)

4月24日(月) ナガハシスミレ

170424nagahasisumire山というほどでもないけれど、見晴らし台に出たら麓の市街地を鳥の視線で俯瞰できました。登る途中にはタチツボスミレが咲いていたので、これを見たときも危うく見過ごしてしまうところでした。雰囲気は両者そっくりです。
ただし、節穴の目にもはっきりわかるのは、その長い距です。まさにナガハシ(長嘴)で、背丈や葉がどんなにタチツボに似ていても、見分けは簡単です。
その距は、おおむねまっすぐなのに、なかに不自然に曲がるものがあります。途中から、あるいは先だけ、急にグイッと向きを変えたものが、この株にもいくつか紛れています。人間でも、この程度の割で臍曲がりがいるよね…と共感しました。

過去のきょう 2016 コチャルメルソウ 2015 チョウジソウ 2014 トネリコ 2013 ジュウニヒトエ 2012 コナラ 2011 ヤマブキソウ 2010 フサザクラ 2009 ゴマギ 2008 マルバアオダモ 2007 ヒメウズ 2006 シラユキゲシ 2005 モッコウバラ 2004 タケノコ

| | コメント (0)

4月23日(日) ツタ(ナツヅタ)

170423tutaツタが若葉を開いて来て、出会うたびに目を凝らしています。捜し物は「かつては3出複葉だった」というその性質を昔日のままに残した葉です。
ところが見つかりません。先祖返りした葉が1枚くらいはあっていいと思うのに、どれもふつうに3裂しているだけ…その裂け目が付け根に届いてはいないのです。
いったい、3出複葉だった姿を見た人はいるのかなぁ&どうして3出複葉だったことがわかるのかなぁ、疑問は解決されないままです。たった1枚でいいから、「それ」があればすっきりするのに、ツタの若葉は素知らぬ顔で煌めくばかりです。

過去のきょう 2016 オオヤマザクラ 2015 ヒメカジイチゴ 2014 ヤブニンジン 2013 モミジバフウ 2012 ヤマエンゴサク 2011 ナガバモミジイチゴ 2010 チドリノキ(雄花) 2009 ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ) 2008 コモンセージ 2007 ウラシマソウ 2006 ヒメコウゾ(雌花) 2005 ライラック 2004 ムラサキツユクサ

| | コメント (0)

4月22日(土) ニリンソウ

170422nirinsou見上げて真っ白だったのがきのう(エゾノウワミズザクラ)なら、きょうは見下ろしたら真っ白だったという図です。木の間隠れに群れ咲くニリンソウです。
「夜目遠目笠の内」なんていう、女性を小馬鹿にする表現に倣(なら)えば、ありふれたニリンソウも、こうした見方によってちょっとは絵になった気がしました。
実際、仲間のイチリンソウの群生を写したときはけっこう感激したし、花どきはもちろん、葉が展開し出すところまでここに載せているのに、ニリンソウはようやく二度目の登場です。しかも「夜目遠目木の間越」扱い…どうしてそんなにニリンソウに冷淡なんだろうと考えてみたら、それだけあちこちで見やすいことに気づきました。
ニリンソウを見てそれほど喜ばなくてもいい時代が戻ったとすれば、これはなかなか喜ぶべきことなのだろうと独り合点しています。

過去のきょう 2016 ホザキノイカリソウ 2015 ツボスミレ(ニョイスミレ) 2014 フジモドキ(チョウジザクラ、サツマフジ) 2013 オドリコソウ 2012 オウゴンカシワ(ナラガシワ) 2011 トキワマンサク 2010 ウコン(鬱金桜) 2009 ゲッケイジュ 2008 ムベ 2007 オキナグサ 2006 ブルーベリー 2005 サクラソウ 2004 ナシ

| | コメント (0)

«巨木編 : カゴノキ