11月20日(火) コヤブラン

181120koyaburan
なんともショボい眺めでした。花盛りから2カ月、けっこう期待して再訪してみたのに、コヤブランには思いっきり裏切られました。
いや、わずかに残った実が真っ黒だったなら、完熟したものが穂から落ちてしまったのかと納得できるのです。しかし、穂に残る幾粒かはまだまだ緑色です。とてものことに、完熟&落果というプロセスは考えられません。
これで、「コヤブランの実がきれいなところを見たことがない」という自分の記憶は間違っていなかったことは証明できました。しかし、ふつうはこうして裏付けがとれればうれしいはずなのに、どうにも心が弾みません。同属のヤブランは遅くまで野を飾ってくれるというのに、まったく愛想のない仲間もいたものです。

過去のきょう 2017 ソバ 2016 ディコリサンドラ・ティルシフローラ 2015 オミナエシ 2014 ウバユリ 2013 房咲き水仙・ペーパーホワイト 2012 ナンキンハゼ 2011 メグスリノキ 2010 キチジョウソウ 2009 イワニガナ(ジシバリ) 2008 チシャ(レタス) 2007 オキザリス・フラバ 2006 レンギョウ 2005 ツリバナ 2004 チャノキ

| | コメント (0)

11月19日(月) フジ(ノダフジ)

181119nodafuji
10年前の記事を引っ張り出しておさらいです。なるほどたしかに、あのフジはZ巻きでヤマフジだったのに対し、今度のこの蔓はS巻きです。同じフジの仲間のくせに、蔓の巻き方が逆のこちらはノダフジということになります。
さてここで困るのは、自分ルールで標準和名を優先にしていることです。このフジの標準和名は「フジ」で、「ノダフジ」は別名なのです。「これはフジです」としたら、「え、なにフジなんですか」と突っ込まれそうで落ち着きません。
などと言いながら、わざわざ落葉の季節に「フジ」を写してニコニコです。蔓に残った葉軸がピュンピュンと目立ちます。もはやここまで来ると「羽状複葉だもの、当たり前だろ」と自分で自分をバカにしつつ、やっぱりうれしい「確認」でした。

過去のきょう 2017 ホワイトオーク 2016 イロハモミジ 2015 コトネアスター 2014 ハナミズキ(アメリカヤマボウシ) 2013 アレカヤシ 2012 マンデビラ(ディプラデニア) 2011 スズメウリ 2010 スイショウ 2009 ダンコウバイ 2008 ツノナス(フォックスフェイス) 2007 ドウダンツツジ 2006 ヒラナス(アカナス、カザリナス、ソラヌム・インテグリフォリウム) 2005 シロヨメナ 2004 ビワ

| | コメント (0)

11月18日(日) エボルブルス(ブルーコーラルとアメリカンブルー)

181118evolvulus
息長く咲き続ける花で、植えっぱなしの花壇向きです。そろそろ厚手のジャンパーでも羽織ろうかというこのごろでも、花はけっこう賑やかです。
050813american_blue
そしてこちらは8月中旬の様子です。さらに遡ればゴールデンウィークのころには花を見かけます。じつに半年以上も花を咲かせ続ける強者です。
ところでこの2枚の写真は感じが微妙に違います。上のものは株に立ち性があってツンツンしているのに対し、下のものは茎が匍匐しています。花びらも、前者はキリッと引き締まった感じなのに比べ、後者はゆるりと優しげです。
この違いはエボルブルスの園芸品種としての差で、立ち性のあるものはブルーコーラル、匍匐性の方はアメリカンブルーです。ほかにはブルーデイズというのがあって、性格は今回の二つの中間のようです。どこかで見かけたとして、それと気づかずにいたかもしれず、これから青い花を見たら目を皿にしなくてはなりません。

過去のきょう 2017 ツルリンドウ 2016 アアソウカイ 2015 シマカコソウ 2014 ノダケ 2013 ホトケノザ 2012 ニガキ 2011 ビレヤ・シャクナゲ 2010 シマサルスベリ 2009 ヒオウギ 2008 スイレンボク 2007 エアーポテト 2006 フユノハナワラビ 2005 ムサシアブミ 2004 センリョウ

| | コメント (0)

11月17日(土) ムラサキシキブ・中吉小吉

181117nakayosikoyosi
50cmほどの丈の鉢植えでした。露地に下ろすと胸丈くらいには育つそうで、大きくなった木がこの紫の実をワチャワチャつけた姿は「さぞや」でしょう。
見かけたときは実の数の多さから「コムラサキ?」と思いました。ただ、仔細に見ると実の柄が葉柄に接しているので、ムラサキシキブ的です。さらに葉を見ると、これはもうコムラサキともムラサキシキブとも違って、???です。
さて困ったぞと思ったら、鉢には商品ラベルが残っていました。「ムラサキシキブ・中吉小吉」とあります。大手種苗会社の開発商品で、中吉小吉と書いて「なかよしこよし」と読ますのでした。なんちゅうムリな名付けなのでしょう!
と思いつつ考えてみたら、ムラサキシキブと掛け合わせた片親が公表されていないようです。葉っぱが変な様子になっていることから、かなり意外なものを交配したかもしれず、その面白さから、ついおバカな名前をつけたものかと想像しました。

過去のきょう 2017 ピンオーク 2016 コブシ 2015 コバノギンバイカ 2014 クスドイゲ 2013 四季咲きバラ(ピンク・パンサー) 2012 シュウメイギク 2011 ペペロミア・オブツシフォリア 2010 島バナナ(バナナ) 2009 ヒッコリー 2008 ムラサキカタバミ 2007 チョコレートコスモス 2006 ウコギ 2005 ヨメナ 2004 ヒイラギ

| | コメント (0)

11月16日(金) コスモス(ダブルクリック・スノーパフ)

181116doubleclick
うーむむ、コスモスの美学(=シンプル)からは大きく逸脱していませんかぁと毒づきながら、指は勝手にシャッターを押し続けるのだから困ったものです。
そしてこのコスモスの名前がまた困ったもので、長過ぎます。スノーパフだけで十分でしょうよ!と腹立たしく思ったら、ダブルクリックという八重・半八重系統の園芸種コスモス群があって、それは赤やらピンクやらと派手な色目なので、「そのなかでもスノーパフなんですよぉ~」というわけなのでした。
そもそもコスモスにダブルクリックと名付けをする時点で、いかにも「いま」です。そのうちパケットコスモスとかディレクトリ菊とか、PC用語が植物界に溢れる恐れ無きにしも非ずで、そんな時代が来る前にフェードアウトしたい気もします。

過去のきょう 2017 オオオナモミ 2016 パフィオペディルム・リーミアヌム 2015 ツノゴマ 2014 コダチダリア(キダチダリア、皇帝ダリア) 2013 ゴシキトウガラシ(ハナトウガラシ) 2012 イロハモミジ 2011 カイノキ 2010 キッコウハグマ 2009 シオデ 2008 アシ(ヨシ) 2007 フユザクラ 2006 コンギク 2005 ノコンギク 2004 アブチロン

| | コメント (0)

«11月15日(木) アコレード