6月26日(月) アメリカスズカケノキ

170626america3種あるプラタナス類のなかで、最後の登場になったアメリカスズカケノキです。仲間のスズカケノキモミジバスズカケノキにずいぶん遅れをとりました。
そのわけは、3種の見分けポイントになる実にこだわっていたからです。1本の柄に3個以上つくスズカケ、2個のモミジバに対し、1個だけがアメリカなのに、その1個だけの証拠を押さえられないでここまできました。たぶんアメリカだと思っても、画面のどこかしらに実が2個ついた柄が写ってしまうのです。
そこで、実での区別はいったんあきらめ、もう一つの見分けポイントである葉にフォーカスしてみることにしました。アメリカの葉は切れ込みがほぼありません。
170626platanus_map_bで、3種を世界地図に嵌め込んでみました。オレンジ線が出身地を表します。水色の線はモミジバスズカケの出自を表していて、スズカケとアメリカをイギリスで交配して作られたのだそうです。いかにも上手に掛け合わせができたもので、葉の切れ込みも実の数(茶色の丸印)も、母種二つのちょうど真んなかになっています。
両家の間で、父親似だ・母親似だと一喜一憂する(ことの多い・笑)人間界とは大きな違いで、草木にはいつも範を示されるばかりです。

2016年のきょうトサミズキ> 2015年のきょうチェリーセージ(サルビア・ミクロフィラ)・ホットリップス> 2014年のきょうコウホネ> 2013年のきょうハマナス> 2012年のきょうアカツメクサ> 2011年のきょうウチワサボテン> 2010年のきょうイヌウメモドキ(雄株)> 2009年のきょうシコタンソウ> 2008年のきょうヒメカイウ> 2007年のきょうカクテル(つるバラ)> 2006年のきょうヤポンノキ> 2005年のきょうガクアジサイ> 2004年のきょうモッコク

| | コメント (0)

6月25日(日) トチバニンジン

170625totiba1掲載4度目にしてようやくとらえたトチバニンジンの花は、ずいぶんとややこしい仕掛けを持つものでした。この写真で「花らしい」のは下側に見えるもので、5枚の花びらと5本の雄シベを持っています。
では、上側に写ったものはなにかと言えば、雌性期に移り子房が充実し始めた「花(の痕)」です。つまり、トチバニンジンの花は雄性先熟なのです。
170625totiba2これ(写真上部)が雌性期に入った直後の散形花序です。半透明の白い花柱は、図鑑的には2本とされますが、数はかなり気まぐれです。
そして、ややこしいのは散形花序の位置によって熟す時期が違うし、分岐した茎につく花は雄の役目だけで終わることもあるらしい点です。このことが、今まで実の色づき時期が錯綜したり、真っ赤な実の近くに花の痕が残っていた原因でした。
こういう仕掛けを知ってから過去写真を見直すと、それぞれが上の説明に符合した姿を見せていて、撮影前に学習しようぜ!と自分に活を入れ直しです。

2016年のきょうオカヒジキ> 2015年のきょうハルシャギク> 2014年のきょうアメリカデイゴ(カイコウズ)> 2013年のきょうキバナダンドクとダンドク> 2012年のきょうキョウチクトウ(白八重)> 2011年のきょうモミジイチゴ> 2010年のきょうウメモドキ(雄株)> 2009年のきょうナツユキカズラ> 2008年のきょうハナイカダ> 2007年のきょうイソトマ・アネシフォリア> 2006年のきょうベニバナ> 2005年のきょうシロシキブ> 2004年のきょうハマナス

| | コメント (0)

6月24日(土) メダラ

170624medaraタラノキなのに棘がない→優しい→女性的→雌タラノキ→メダラ…です。男が皆雄々しくはないように、女性がすべからく優しいわけじゃないぜ!と噛みつきたくなるわけですが、まあ、ここは波風立てずに先人の思考回路に従っておきましょう。
さて、実際に痛くないか、ふつうのタラノキで懲りているオジサンはこわごわと触りまくってみました。枝はもちろん、葉柄も主脈の裏表も、まるっきりツルツルです。
ふつうのタラノキ(Aralia elata)の品種(f. subinermis)であり、メダラは通称ではなく標準和名です。「タラの芽」用の栽培にはメダラが選ばれるという話には頷けても、果たしてお味が山のタラノキと変わらないものか、ちょっと気になります。

2016年のきょうイイギリ> 2015年のきょうジョウリョクヤマボウシ> 2014年のきょうギョウジャニンニク> 2013年のきょうニッサボク> 2012年のきょうオオバノトンボソウ> 2011年のきょうギシギシ> 2010年のきょうモミジイチゴ> 2009年のきょうレッドロビン> 2008年のきょうフタリシズカ> 2007年のきょうアメリカデイゴ> 2006年のきょうラッカセイ> 2005年のきょうセイヨウバクチノキ> 2004年のきょうアカツメクサ

| | コメント (0)

6月23日(金) フイリクサヨシ

170623huirikusayosiアシ(ヨシ)よりも柔くて小型で草っぽいからクサヨシと名付けられはしたものの、それでも背丈は男の肩を超すほどはあります。そのクサヨシの園芸品種がこれで、そもそもが水辺の植物なのに、さらに清涼感アップというわけです。
そこで問題に思ったのは、こんな作出品に対する需要(背の高い草が見映えする広い水辺)ってあるのかという、いかにも兎小屋住人らしい発想でした。そう思いつつ、こうして美しい植栽場所を写しているわけだから世話がいりません。
かつて、某美術館の広~い池を見て、ウチのメダカをこういうところで泳がせたいと憧れたものです。あれから年を経た今、せめて斑入り草葦をほんの二・三株植えられるビオトープを作りたいなぁと、夢はごくささやかなものに変わりました。

2016年のきょうヒルムシロ> 2015年のきょうアイイロニワゼキショウ(ルリニワゼキショウ)> 2014年のきょうジャカランダ> 2013年のきょうタイマツバナ(モナルダ、ベルガモット)> 2012年のきょうヒメシャラ> 2011年のきょうビワ> 2010年のきょうネズミモチ> 2009年のきょうエーデルワイス> 2008年のきょうオオバナウツボグサ> 2007年のきょうホザキシモツケ> 2006年のきょうシュッコンカスミソウ> 2005年のきょうキョウチクトウ> 2004年のきょうヨウシュヤマゴボウ

| | コメント (0)

6月22日(木) マルメロ(とカリン)

170622marmalo実の先に残った萼が、まるでプロペラみたいです。雷電(戦争末期の海軍戦闘機。おデブなフォルムがかわいかった)飛行隊、出撃だーい!
花は上向きに咲き、そのまま実がふくらみ始め、それが充実すると下向きになるという「果実の法則(あるか、そんなん・笑)」の中間状態です。その横向きの姿のコミカルさに加え、緑から黄色に変わる間にこんな色合いを呈するとは驚きました。
170622karin大きさや固さで似たもの同士のカリンもチェックしてみました。緑から黄色に変わる中間状態は、素直に黄緑色でした。

マルメロの実を最初に載せたとき、その風貌を「まるで小言幸兵衛」と評したものですが、形だけでなく色づき具合まで、「ちょっとひと言」あるお人でした。

2016年のきょうサカキ> 2015年のきょうミズキ> 2014年のきょうホタルイ> 2013年のきょうジャボチカバ(キブドウ)> 2012年のきょうアマリリス> 2011年のきょうスカシユリ> 2010年のきょうハグマノキ> 2009年のきょうシチダンカ> 2008年のきょうメグスリノキ> 2007年のきょうキキョウソウ> 2006年のきょうゴウダソウ> 2005年のきょうスカシユリ> 2004年のきょうヤマモモ

| | コメント (0)

«6月21日(水) ウチワゼニクサ(タテバチドメグサ、ウォーターコイン)