2月20日(月) チチコグサモドキ

170220titikogusamodokiおぉおぉ、チチコグサモドキもこうやって倒れ伏して寒さをやり過ごすのかぁ…と、軽い感動を覚えながら写してきたまでは良かったのです。
ところが、帰宅して過去掲載を調べたら、エ、1月の中旬には立派に成人した姿を載せていたではありませんか! どうなっとるんじゃ、チチコグサモドキ!!
この驚きというか怒りというか、ワタシの頭が混乱する理由は、1年草「または」越年草で、春「または」秋に発芽するという、やたら融通無碍なチチコグサモドキの性格に原因がありました。今回写したものは、たぶん秋に発芽したのでしょう。
しかしそれなら、前に載せたものは春に発芽したもの? 春に発芽しても越年するなら、1年草という分類は当てはまらない? などと疑問は深まります。要は、おとといの繰り返しで、手元で育ててみないとさっぱりわからない世界なのです。
いま、三浦しをんが読売に連載している小説の主人公はシロイヌナズナ(未掲載)の研究者で、日々、この「雑草」の観察に余念がありません。そう、研究者でさえ(だから?)研究対象は極端に絞るのに、素人があちこちつまみ食いして「わからない」なんて言うのは、ちゃんちゃらおかしいことなのです。
というわけで、きょうの結論は「さっぱりわからない」にしたまま、「さあ、次、行ってみようかぁ」と明るく前進することにしたのでした。

過去のきょう 2016 メヤブマオ 2015 桜の冬芽4種(その2) 2014 プリムラ・ポリアンサ 2013 トラフアナナス 2012 ウラジロガシ 2011 ヒメムカシヨモギ 2010 ユーカリノキ 2009 ショカツサイ(ムラサキハナナ) 2008 ウグイスカグラ 2007 エリカ・ファイヤーヒース 2006 ナニワズ 2005 イチゴノキ

| | コメント (0)

2月19日(日) ココヤシ

170219cocos_nucifera♪名も知らぬ遠き島より…流れ寄った椰子の実ではなく、某大温室の天井にも届かんばかりのココヤシについていたココナッツ(椰子の実)です。
「名も知らぬ遠き島」では鈴なりになる実も、ほかの草木とぎゅう詰めにされる環境はお気に召さないようで、かなり散漫な結実具合です。南の島では、木から落ちるこの実に当たって死ぬ人もいるというので、身構えつつ待ってみたものの、たかが3~4個ついた実の落下に出会う確率はとても低いようでした。

過去のきょう 2016 ジンチョウゲ 2015 シマムラサキツユクサ 2014 クスノキ、ほか2種 2013 キンカチャ 2012 エビモ 2011 タチバナ 2010 タコノキ 2009 キバナセツブンソウ 2008 バイモ 2007 カキナ 2006 マサキ 2005 オウレン

| | コメント (0)

2月18日(土) イヌガラシ

170218inugarasi多年草と越年草の違いなんて、ずっと気にしないできました。寒い冬を堪え忍んで地面に這いつくばっていれば、みんな「しぶとい草」でひと絡げでした。
ところが、通年枯れることなく、姿を変えても「生き続け」ている多年草と、一度枯れ果ててはしまうけれども、冬前に発芽した幼生が冬を越す越年草と、じつは両者には決して無視できないメカニズムの違いがあるのでした。
しかしてこのイヌガラシは多年草です。夏には花や実を見せてくれた株が、今はそれらを捨てて、必死に寒さをやり過ごしています。
などと偉そうに言いながら、対比させたいスカシタゴボウ(越年草)のロゼットを見つけられないでいます。さらに12月半ばに花をつけた株を見ていて、あれは新しく発芽したあとの姿だったのか、それとも枯れる前のひと花だったのか、いまとなっては知る由もありません。両者を並べて自分で育て、毎月の姿を比較記録するというオタッキーな世界に入り込むべきか、悩ましいところです。

過去のきょう 2016 ヒメヒオウギズイセン(クロコスミア、モントブレチア) 2015 ウンリュウヤナギ 2014 カラスムギ 2013 フクジュソウ 2012 シラカンバ 2011 ニワウルシ(シンジュ) 2010 ゴレンシ 2009 アスクレピアス(トウワタ) 2008 ハンノキ 2007 カンヒザクラ 2006 タネツケバナ 2005 ウメ

| | コメント (0)

2月17日(金) カワラハンノキ

170217kawarahannoki嫁さんと電車に座っていたら、向こうに立っていた女性の後ろ姿が、嫁さんの知り合い(ワタシもよく知っている)にそっくりでした。顔を確かめたら別人だったものの、見れば見るほど、後ろ姿は「その人」そのもので、びっくりでした。
で、このハンノキです。「ハンノキだ」と思って通り過ぎようとしたのに、なにか引っかかります。全体の背が、ハンノキほど大きくありません。
あらためて眺めると、枯れた実も少し長さがあるような…。そして決定的には雌花がポイントでした。ヤマハンノキと違って上に向くものの、ふつうのハンノキのような愛らしさがなく、ちょっとひねくれ気味に空に向かっています。
ふーん、カワラハンノキというのがあるのでした。さらにミヤマカワラハンノキというものの存在も知ってしまいました。電車の「後ろそっくりさん」に慌てて声をかけなかったのは正解でしたが、野山でハンノキ属さんたちに会ったなら、見分けポイントを指差喚呼しながら、素性をしっかり確かめないといけません。

過去のきょう 2016 ヤマザクラ 2015 ホウライシダとヒシガタホウライシダ 2014 メグスリノキ 2013 タギョウショウ 2012 セキショウモ 2011 ネコヤナギ 2010 スイセイラン(彗星蘭) 2009 バニラ 2008 フクジュソウ 2007 イノモトソウ 2006 ウメ(白梅) 2005 ナズナ

| | コメント (0)

2月16日(木) クロコダイルファーン

170216crocodile_fern長さが30cm、幅は10cm以上あります。うまくやれば、この葉でお財布を作ることができそうです。黒エナメルのワニ皮サブバックを持ったお兄ちゃんの真似はしたくなくても、この緑色のワニ皮タッチにはかなり興味をそそられます。
これで葉裏に胞子がなければいいのに、残念ながらガチガチのシダ(ファーン・Fern)なので、お札が粉だらけになりそうなのが涙です。
暖かくて明るい日陰の多湿環境が好きというところは、先日載せたアグラオネマとよく似ています。あちらはサトイモ科だし、こっちはシダ(ウラボシ科)ではあるものの、この二つは並べて育ててみたいスタイリッシュな葉物です。

過去のきょう 2016 コスモス 2015 ウメ(黒雲) 2014 センボンヤリ 2013 ラムズイヤー(ワタチョロギ) 2012 キリ 2011 カワヅザクラ 2010 パフィオペディルム・サンデリアヌム 2009 カカオ 2008 ベンジャミン 2007 サルココッカ 2006 ワルナスビ 2005 ヒメオドリコソウ

| | コメント (0)

«2月15日(水) タマゴノキ