8月20日(日) ペチュニアとヘクソカズラ

170820petuniaペチュニアの載せ直しです。前回は、どういう基準で選んだものか、ずいぶんと渋い花色のひと株でした。それが今度は、まるで別物みたいに派手めです。
この色柄のペチュニアを載せたい動機は、13年間も心に潜んでいました。当時、大阪でド派手なヘクソカズラを見つけ、「まるでペチュニア」と書いたのです。しかし、それにリンクさせるべきペチュニアの画像を持ち合わせないまま、夏は何度も過ぎ去り、あのとき心に描いていたペチュニアを具現化できずにいたのです。
これで、積年の課題は解決です。写真右上の咲き始めの一輪など、これがまさしく、13年前にイメージしていた「ヘクソカズラみたいな」ペチュニアです。
170820hekusokazuraそしてこちらは「あの」ヘクソカズラに似た、関東のヘクソカズラです。大阪をからかうようなことを言ったのに、こっちにも同じものがあったよ!と撮って両者を比べたら、いやいや、あの色滲みがこちらものにはありません。
やっぱり大阪はすごいのか、こちらでの捜索がまだ足らないだけか、あと13年もすれば、その辺の課題は解決していることでしょう。

過去のきょう 2016ブラソレリアカトレア> 2015カンガレイ> 2014イワガラミ> 2013タムラソウ> 2012シャシャンボ> 2011カカオ> 2010カラミンサ> 2009コマツナギ> 2008アルストロメリア> 2007モクゲンジ> 2006ハナキリン> 2005トクサ> 2004モッコク

| | コメント (0)

8月19日(土) シナミズキ

170819sinamizuki春、その豪快な咲きっぷりに驚かされたシナミズキが、実をつけていました。これでもか!という花の様子は、在来のトサミズキヒュウガミズキとは別格に思えたのに、こうして結実した姿は、やはり三者が同属ということを証明しています。
などと言いながら、過去の掲載を調べると、ヒュウガミズキの今ごろは収録していないことに気づきました。トサミズキの実を載せたところでヒュウガミズキも撮るべきだったのに、どうもそういうソツのない行動が苦手です。
おっと、そんな開き直りは恥の上塗りになるだけです。この戻り梅雨が明けたら、とっととヒュウガミズキを写しに行くことにします。

過去のきょう 2016ハクサンボク> 2015ヒメタイサンボク> 2014キレンゲショウマ> 2013ハリギリ> 2012サンカクイ> 2011オオセンナリ> 2010ヒメチドメ> 2009サルナシ> 2008アオツヅラフジ(雌株) > 2007マツブサ> 2006ミニトマト> 2005シロバナサクラタデ> 2004ムラサキゴテン

| | コメント (0)

8月18日(金) タヌキノカミソリ(リコリス・インカルナタ)

170818tanukinokamisori和名(タヌキノカミソリ)は、たぶん洒落半分でつけたものでしょう。「狸が狐より大きくてきれいだなんて許せんなぁ」とキツネノカミソリが拗ねているはずです。
日本に自生する狐と違い、狸は中国からもたらされました。学名はリコリス・インカルナタと言います。これはものすごく懐かしい名前で、12年前、ピンク縞のヒガンバナを見つけ、たぶん必死に画像検索したのでしょうか、「リコリス・インカルナタかもしれない」みたいな恐ろしいことをほざいたことがありました。
干支がひと回りする間に、あの変なヒガンバナの正体もわかったし、本当のリコリス・インカルナタにも会えたし、時間というのはありがたいものです。ただし、このカミソリ・シリーズにはもう一つ、狢(むじな)もあるのだそうで、さあ、この第三のカミソリにはあとどれだけの時間があれば会えることでしょう。

過去のきょう 2016キバナノノコギリソウ> 2015タイタンビカス> 2014イロハモミジとオオモミジ> 2013ヨウシュヤマゴボウ> 2012サイカチ> 2011ライラック(ムラサキハシドイ)> 2010オオチドメ> 2009サルスベリ(シロバナサルスベリ)> 2008キカラスウリ(雌株)> 2007クルマユリ> 2006ゲンペイカズラ> 2005カラタチ> 2004コリウス

| | コメント (0)

8月17日(木) フシノハアワブキ

170817husinohaawabuki花の時期には、このフシノハアワブキがふつうのアワブキと同科同属だということに今ひとつ納得がいかなかったものです。あれから2カ月、実の時期を迎えて、はいはい、この実を見たなら、あのときの不満顔がニコニコニッコリに変わりました。
その顔がまた引きつったのは、ふつうのアワブキの撮影を忘れたままであることを思い出したからです。かつて写した実の写真は、アワブキから名誉毀損で訴えられそうに悲しい状態(今の時期からひと月あと)のものでした。
とはいうものの、ままならないのは天気です。関東は戻り梅雨だそうで、東京は8月に入ってもう16日間ずっと降っていると言います。涼しいのはうれしくても、カメラにカビが生えてしまわないか、心配になります。

過去のきょう 2016オカメヅタ(ヘデラ・カナリエンシス、カナリー・アイビー)> 2015ハマナツメ> 2014ショウジョウソウ> 2013イヌザクラ> 2012モミジアオイ> 2011ニクイロシュクシャ> 2010チドメグサ> 2009バリバリノキ> 2008オオダイコンソウ> 2007フシグロセンノウ> 2006サボテン(緋牡丹)> 2005ルドベキア> 2004ツルムラサキ

| | コメント (0)

8月16日(水) ハマダイコン

170816hamadaikonまたもやクレヨンしんちゃんが喜びそうな写真です。しかも、前は1本だけだった○ンコが、こんなに大量にプラプラして、オラ、たまらんぞぉ~!
ハマダイコンの元気な姿を海辺で見たのは2カ月少々前の季節でした。栄枯盛衰は世の習いであっても、この変貌スピードにはため息が出ます。
新鮮だったときの種のレポートが文字だけだったのに続き、今回もこの莢&なかの種は絵になりませんでした。ポロッと一区切りには簡単に折れるものの、そこからは爪では太刀打ちできません。枯れ上がった種の正確な姿は簡単には現出せず、莢と種が渾然一体としたゴミ状物体に空しくサヨナラしてきました。

過去のきょう 2016エノコログサ> 2015キツネノカミソリ> 2014ニワウルシ(シンジュ)> 2013タヌキマメ> 2012タマサンゴ(フユサンゴ)> 2011マキエハギ> 2010キブシ> 2009オニグルミ> 2008ダイコンソウ> 2007ウバユリ> 2006アフリカン・マリーゴールド> 2005ゴマ> 2004コナラ

| | コメント (0)

«8月15日(火) タニワタリノキ