3月31日(火) オオヤマザクラ

200331ooyamazakura
おお、けっこう派手でした。前回は、春の遅い東北の地ではあっても花はギリギリセーフで4月下旬の撮影でした。かなり基本アイテムであるこの桜を収録できた喜びはあったものの、ずいぶん寂しい画像に内心忸怩たるものがありました。
で、今度は本拠地でピークに近い状態です。前のものとは花色がずいぶん違って淡く、どちらかと言うと今回の方が標準色のようです。
花も葉も樹形も、ソメイヨシノあたりと比べるとゆったり・おっとりした感じで、もし桜を植えられるほどの庭があったとしたら選びたい一本です。

過去のきょう 2019 エリオステモン・ディフォルミス 2018 セイヨウオキナグサ 2017 ヒナギク(デージー) 2016 ソライロキキョウアヤメ(アリステア・エクロニー) 2015 スギナ 2014 ユリノキ 2013 オオムラサキ(オオムラサキツツジ) 2012 ジンチョウゲ 2011 エゾムラサキツツジ 2010 リビングストンデージー 2009 ヤブサンザシ(雌) 2008 サラサモクレン 2007 オオシマザクラ 2006 クロモジ 2005 ヤマモモ

| | コメント (0)

3月30日(月) マキシラリア・サンデリアナ

200330m_sanderiana
あ、紫じゃない!と喜びました。いえいえ、花びらは堂々とした紫班で立派に飾られています。紫でなくて喜んだのは、そこではなくてずい柱の先なのです。
拳を突き出したような丸いパーツが、これはクリーム色とでも言えばいいでしょうか、とにかく紫ではありません。同じマキシラリアのポルフィロステレ(M. porphyrostele)の種小名が「紫のずい柱」で、次に見たピクタ(M. picta)のそこも紫に見えたので、「紫じゃない」ずい柱のマキシラリアを見てひと安心というところです。
さて、きのうも草、きょうも草です。またもやってしまい、先日のナウパカ・カハカイクヌギが連続で「木」でした。どうしてそんなミスをしたのか、さっぱりわからなくて、ずい柱の色はさておいて、もっと自分の足もとを見るべきなのでした。

過去のきょう 2019 ボケ(金鵄殿) 2018 シダレヤナギ 2017 ドクウツギ 2016 アンズ 2015 ニワザクラ 2014 フリージア 2013 カミガヤツリ(パピルス) 2012 ヤエムグラ 2011 アジサイ 2010 モミジバスズカケノキ 2009 ミミガタテンナンショウ 2008 ヒサカキ 2007 ハナカイドウ 2006 チオノドクサ 2005 ベニバナトキワマンサク

| | コメント (0)

3月29日(日) カランコエ・月兎耳

200329kalanchoe_tomentosa
ツキトジ(月兎耳)、かっわいい~!で終わるはずでした。とっころがぁ~です。これ、正式には「ゲツトジ」でした。うーん、これはかなりのムリ線です。標準和名優先というこのブログのルールはいとも簡単に崩れます。
さっらにぃ~です。そっか、月兎耳ってカランコエだったか!という単純なビックリもありました。え、ならば花は?とググったら、たしかにカランコエ風のそれがたくさん出てきました。ただ、即、次の撮影課題とするほどの魅力はありません。
やっぱり月兎耳といえばこのモフモフです。ベルベットのような感触のくせに、こうして撮影するとグラスウールのように硬く見えます。葉の斑点って最初はこんな色なんだぁと眺めつつ、まるで指にこのトゲトゲが刺さって血がついたみたいに思えてきて、どうもきょうは単純に「かっわいい~!」とはつぶやけない日のようです。

過去のきょう 2019 ヤグルマギク 2018 ゲジゲジシダ 2017 フキ(ふきのとう) 2016 レリア・アンシバリナ(洋ラン) 2015 アンスリウム(オオベニウチワ) 2014 ハシバミ 2013 ニワウメ 2012 クヌギ(雄花の芽) 2011 コノテガシワ(センジュ) 2010 ヒアシンス 2009 アーモンド 2008 ニシキモクレン 2007 カラシナ 2006 アマナ 2005 キブシ

| | コメント (0)

番外編 : 忍び寄る恐怖

Yahoo
なにかの捜し物をしていたらこんなページが出てきて、藪から棒というか闇夜でアッパーカットというか、言葉を失いました。
まあね。商売ですからね。ただ、過去記事の閲覧もできなくするというのは大した「ご英断」です。そして、去年の大騒動からして、ココログさんもこういう無責任行動をやってしまう危険性はアリアリではないかと恐怖にさらされます。
さあ、どうしますかね。自分のPCにそっくりきれいに取り込めるように…なんて措置をココログさんがやってくれるわけもなく、はてさて、6,300に迫った数の記事と1万点に近づいた写真をシコシコとダウンロードし始めますか。大儀じゃのぉ。

| | コメント (0)

3月28日(土) カツラ

200328katura1
開き出した若葉はかわいらしくて、眺めたら心が和むはずでした。ところが目尻はいっこうに下がらず、「花はどこに行った?」とキョロキョロしっぱなしです。
右上に嵌め込んだのは同じ株の枝で、花芽であれ葉芽であれまだこれから、つまり花がないわけはないのです。別の場所だったとは言え、開花は10日前にすでに見ています。欲しいのは開いた花と芽吹いた若葉のツーショットなのです。
200328katura2
…と、望みのものがありました。え、雌花と若葉が同じ一つの芽から出ています。これ、「混芽」というしかけだそうで、ぜんぜん知りませんでした。
やれやれ、素人丸出しです。涙ながらに調べると、ニワトコとかブナとかヤマコウバシとか、混芽を持つ樹種はほかにもありました。過去の画像を見ると、はからずもそのことがしっかり写っていたりして、涙の量は増えるばかりです。
さらに、リンゴナシも混芽タイプだなんて、そんな意地悪、ナシにしましょうよ。

過去のきょう 2019 ヒイロタケ 2018 マメザクラ 2017 シラハトツバキ 2016 ハコネウツギとニシキウツギ 2015 フユザンショウ 2014 フィットニア(アミメグサ、ベニアミメグサ) 2013 ミスミソウ(ユキワリソウ) 2012 ヒロハアマナ 2011 アケボノアセビ 2010 メタセコイア(雌花) 2009 オランダカイウ(カラー) 2008 ミズバショウ 2007 ヘビイチゴ 2006 ハナノキ 2005 モモ

| | コメント (0)

«3月27日(金) チランジア