8月13日(木) ロシアンセージ

200813perovskia_atriplicifolia
黒海とカスピ海の間にはコーカサス山脈と呼ばれる急峻な山々が並びます。そこらからイラン、アフガン、パキスタンと東に続く高原がこのロシアンセージのお里です。ということはムシムシムンムンの日本の夏は苦手でしょう。本来はもっとスッキリ直線的に立ち上がるはずの草姿がややグズグズの状態でした。
それでも銀緑色の葉には涼しげな風情があります。控えめに咲く紫色の花も、このクソ暑さを一瞬なりと忘れさせてくれます。
困るのは英名をそのまま借りたロシアンセージという名前です。モスクワあたりがロシアだろうと思っていた浅学の爺さんは、上述したコーカサスも、ヨーロッパの人々からすれば立派にロシアなのだとあらためて気づきました。
さらに「セージ」も難題で、ふつうセージと言えばサルビア属なのに、これはペロフスキア属、つまりシソ科のなかの属違いになります。
しかし、あれこれ考えるとせっかくの爽やかな佇まいが台無しになるので、ここはもう細かいことは抜きにして「ロシアンセージ!」と叫んでおきます。

過去のきょう 2019 パセリ 2018 ダンコウバイ 2017 チリメンガシ 2016 イヌエンジュ 2015 ホツツジ 2014 ホウセンカ 2013 サンゴシトウ(ヒシバデイゴ) 2012 ヒヨドリバナ 2011 ミソハギ 2010 ダンゴギク 2009 ハス(八重) 2008 レンゲショウマ 2007 レンゲショウマ 2006 ヌスビトハギ 2005 ツルレイシ 2004 オモダカ

| | コメント (0)

8月12日(水) ホルトノキ

200812horutonoki
敢えて書き留めて置けば、この写真、望遠ではなくて35mmのマクロレンズで撮ったものです。つまり、ほぼ右肩をかすめて、このヤバイお人が通過しました。
幸いにワタクシなど眼中になかったようで、もしこの オオスズメバチが“You’re in my way.” なんて叫ぶ血気盛んなヤツだったら危ないところでした。
へー、こんなところにホルトノキがあったのかぁ、と花盛りに釣られて近づいたのは呑気な爺さんだけではなく、怖~いシオヤアブも複数いました。もちろん、安全なその他一同も多数ご来客で、ホルトノキの花は大人気状態でした。
そんなにおいしい蜜が出るのだろうか?という好奇心が湧かないことはなかったものの、花に手をのばす勇気などまったく持ち合わせがなくて、抜き足差し足で後ずさりして、望遠レンズでの撮影に切り替えたのでした。

過去のきょう 2019 トウフジウツギ 2018 イポメア・テラスブロンズ 2017 スパイダーリリー(ヒメノカリス) 2016 セイヨウミヤコグサ 2015 ケイトウ(鶏冠鶏頭) 2014 モミ 2013 ガマ 2012 ナギ 2011 ベニシダレ 2010 タバコ 2009 カノコユリ 2008 キキョウ 2007 トチバニンジン 2006 カンガレイ 2005 ニチニチソウ 2004 ミソハギ

| | コメント (0)

8月11日(火) バーベナ・ハスタタ

200811verbena_hastata
見るからにクマツヅラ…なのだけれども、ちょっと派手なのです。いえいえ、絶対値はかなりのショボさです。ただ、クマツヅラと比べるどこか「豪華」なのです。
ときどき花壇でも見かけるこれはアメリカ産でバーベナ・ハスタタ(Verbena hastata)、一方、まず絶対に園芸栽培されることのないクマツヅラの学名はVerbena officinalisですから、両種はほとんど兄弟とも言える間柄なのでした。
ただ、どうせならこの長い花穂全体が一気に咲いてくれればいいのに、そこは同属のよしみ、咲いては結実しながら徐々に花穂がのびる無限花序なのです。人間にはそれがイマイチ物足りなくても、毎日安定して食事にありつける虫たち(写真手前にいるのはブチヒゲカメムシ?)にはうれしい存在なのでした。

過去のきょう 2019 ニチニチソウ 2018 シナウリノキ 2017 ハスノハカズラ 2016 ヤシャブシ 2015 アオツヅラフジ 2014 オヤリハグマ 2013 ハナザクロ 2012 キジョラン 2011 オニバス 2010 カンレンボク 2009 ツルレイシ 2008 シデシャジン 2007 メタカラコウ 2006 コリウス 2005 タマガヤツリ 2004 ハツユキソウ

| | コメント (0)

8月10日(月) サンユウカ

200810tabernaemontana_divaricata
ようやく本来のサンユウカを見ることができました。いままで会えたサンユウカはみな園芸開発された八重種で、順逆だなぁと思いながらもこらえきれずに2年前に収録しています。わりとレアな一重を撮影できて、ようやく落ち着きました。
サンユウカの氏素性みたいなことは前回メモってあるので、今回はスクリュー型の花だけを心置きなく眺めます。たしかにこのヒネり具合なら、キョウチクトウの仲間ということがすっきりわかります。どうしてこのシンプルな美しさよりも用済みティッシュのような八重が好まれるのか、理解に苦しむものがあります。
などと言いながら、豪華系の花や実に「うわぁ」とよろめいてしまう実績は過去にたくさん持っているので、上記発言は「どっちもいいねぇ」に訂正しておきます。

過去のきょう 2019 イヌカラマツ 2018 ツルマオ 2017 シュムシュノコギリソウ 2016 タヌキモ 2015 ケイトウ(八千代鶏頭) 2014 エンジュ 2013 ヤナギタムラソウ(バーノニア) 2012 スイショウ 2011 ネコノチチ 2010 オオグルマ 2009 ホオズキ 2008 ゲッケイジュ 2007 ヤマホトトギス 2006 マルバタマノカンザシ 2005 ベニバナサワギキョウ(ヨウシュサワギキョウ) 2004 ゴンズイ

| | コメント (0)

8月9日(日) ハマオモト(ハマユウ)

200809hamaomoto
過去二度の登場(2008年8月2018年11月)があまり見目良くなかったので、口直しというか、ハマオモトの名誉挽回が掲載趣旨です。
花びらの優雅さと葉の力感の対比を狙いました。かなり「ナツー!」という光線も感じられます。あとは背景にもっとたくさんこの花を写し込みたかったのに、そうやすやすと思い通りの景色に出会えるものではありません。
ただ、こうやって「理想シーン」をイメージできるからこそ、暑くても寒くても激写小僧ごっこをしていられるような気がします。あ、なんかカッコつけすぎました。

過去のきょう 2019 ホシアザミ 2018 モミジバスズカケノキ 2017 ソテツ(雌株) 2016 ツノハシバミ 2015 トウコマツナギ(キダチコマツナギ) 2014 チョウジソウ 2013 ネコノチチ 2012 クワズイモ 2011 イチビ 2010 オグルマ(八重) 2009 ムサシアブミ 2008 キカラスウリ(雄花) 2007 サンショウバラ 2006 カボチャ 2005 シコンノボタン 2004 ヒルガオ

| | コメント (0)

«8月8日(土) ヤタイヤシ