7月24日(月) タマアジサイ

170724tamaajisai8月14日8月6日8月3日と、タマアジサイをHPやブログに収録する日付けがだんだんに早くなってきて、ついに7月のうちの掲載です。
別に地球温暖化のせいでタマアジサイの開花が早くなったのではなく、蕾でも十分にタマアジサイであることがわかるようになったためです。あとはこのまま、蕾のない状態とか若葉の状態とかまで写せるようになれば万々歳です。

過去のきょう 2016ガマズミ> 2015ヤノネボンテンカ(タカサゴフヨウ)> 2014オニユリ> 2013ナンキンハゼ> 2012キリンソウ> 2011シオデ> 2010ショクダイオオコンニャク> 2009コクサギ> 2008ホテイソウ> 2007ソバナ> 2006ツキヌキニンドウ> 2005ニワウメ> 2004ルリヤナギ

| | コメント (0)

7月23日(日) デンジソウ

170723denjisou先日、近所のホームセンターで、デンジソウが「メダカの草」として売られているのを見つけました。自分が最初に誤解したように、これが羊歯であることを知らずに買った人から、「花が咲かない」とクレームがつくのではあるまいか、と心配です。
まあ、この四つ葉のクローバーと間違えそうな風体からして、早晩、商品化がされることはわかっていたわけで、「メダカの草」扱いも驚くことではないでしょう。
ただ、今回、天然自然のものを正午近くに写して、新たな心配が芽生えました。強い陽射し対策として、こうして葉を畳んでいたのです。これでは「四つ葉じゃなーい」と駄々をこねるお子ちゃまが出ることは間違いないでしょう。

過去のきょう 2016キジョラン> 2015コマクサ> 2014マンリョウ> 2013シロバナキキョウ> 2012コマツナギ> 2011ガクアジサイ> 2010オオアワダチソウ> 2009エゴノキ> 2008クリ> 2007ミョウガ> 2006キヌタソウ> 2005ヒヨドリジョウゴ> 2004タブノキ

| | コメント (0)

7月22日(土) イヌエンジュ

170722inuenjuヒヨドリが「なんだ、この木はぁ。いつ来たって葉っぱばっかりじゃん」とふくれっ面をしています。その下には苦虫を噛みつぶした顔のワタクシめおりました。
去年、同じ木を今回より半月ほどあとにレポートしています。「犬」ではないエンジュが花を歩道に落ちし始めたので、今年は去年より少し早めに出向いたというのに、まったく愛想のない木です。蕾の気配も実の痕跡も皆無です。
調べていると、イヌエンジュは10年も花を咲かせないことがあるという恐ろしい記述を見かけました。こいつがそのダンマリくんなのでしょうか。
ほかの場所のイヌエンジュを知っていればいいのに、くやしいことにここ(無茶遠い遊歩道)の1本しか観察対象の持ち合わせがありません。ヒヨドリと声を合わせて、「早く咲いてよ、イヌエンジューーー!」と急かしてきました。

過去のきょう 2016ウオトリギ> 2015カシワ> 2014メタカラコウ> 2013センジュラン> 2012キクイモモドキ> 2011パイナップルリリー> 2010ヒメヤブラン> 2009イヌヌマトラノオ> 2008オオダイコンソウ> 2007ヤブカラシ> 2006クリナム・パウエリー> 2005イヌゴマ> 2004ノブドウ

| | コメント (0)

7月21日(金) ワレモコウ

170721kurobaneturiabu1漆黒の翅に魅せられてパシャパシャやったものの、さてあらためて考えると、このお方はただの葉っぱの上でなにをしているのでしょう。
170721kurobaneturiabu2おっと、こっちでも終わった花穂の先で佇んでいます。クロバネツリアブというのは食事無用なのか(まさか・笑)、それとも休憩時間だったのか、美しい翅とともに、その優雅で端然とした振る舞いに惚れ込んでしまいました。
さてさて、きょうのお題はツリアブさんではなくてワレモコウ(1枚目写真)です。これまで4回登場しているなかで、時期的な最速は9月8日でした。まったくもってツリアブさんのおかげで、蕾もまだ判然としない7月に、葉だけを掲載することができたわけで、はた衛門のみならずワレモコウも大感謝でしょう。

<9月8日以後のワレモコウ> 9月17日:花 10月15日:銀色に枯れた葉、花 10月23日:ナガボノシロワレモコウとの比較(花、葉)

過去のきょう 2016タマザキクサフジ(ツルレンゲ、クラウンベッチ)> 2015マルバアサガオ> 2014オガタマノキ> 2013センコウハナビ(ハマエンサス、ハマエンサス・ムルティフロールス)> 2012ノウゼンカズラ> 2011サンタンカ(イクソラ・シネンシス)> 2010ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)> 2009エンジュ> 2008チングルマ> 2007ツボサンゴ・パレスパープル> 2006シロネ> 2005ハナヅルソウ> 2004アカメガシワ

| | コメント (0)

7月20日(木) キリ

170720kiriなかの種を飛ばし尽くして枯れきった去年の実と、みっちり充実してはち切れそうな今年の実、この木にはその両方がたくさんついていました。なんとなくニンマリしつつ、新旧の実をツーショットにしてみました。
その含み笑いのわけは根元の杭で、「天皇陛下御在位20年記念」と麗々しく書かれていました。例の法案も無事に成立したし、この新旧の実よろしく、今上陛下もバトンタッチを待つばかりです。
植樹した9年前には、ご退位のことなど考えてもいらっしゃらなかったものやら。陛下の御心を慮るなど不敬の極みではあっても、このごろとみに「いつまで働けるものかいのぉ」と考えることが増えた爺さんとしては、なにやら眩しい被写体でした。

<過去掲載のキリ> 見上げた幹:2012年2月16日 花:2005年 5月6日 幼木:2014年6月27日 若木の巨大な葉:2013年7月30日 花蕾、葉、枝:2016年9月4日 割れた実:2005年12月20日

過去のきょう 2016チャボガヤ> 2015アオギリ> 2014ヤマシャクヤク> 2013ムラサキシキブ> 2012フシグロセンノウ> 2011ヘリオトロープ> 2010クヌギ> 2009スジギボウシ> 2008ゴウソ> 2007シダルセア> 2006ラッカセイ> 2005セイヨウハッカ> 2004サツマイモ

| | コメント (0)

«7月19日(水) トモエソウ