5月24日(金) ツブラジイ

190524tubura1
この時期、山を眺めると、ビールが泡立ったかのように盛り上がっている部分が所々に見えます。シイノキ属の雄花が豪快に湧き上がる季節なのです。
あるとき、都心の公園を歩いていたら、太い木に「シイノキ」と札がついていて、やれやれと思ったものでした。スダジイツブラジイをまとめてシイノキと呼ぶことは多いし、二つは交雑することもあるらしいので、あの札を咎めることはできません。
190524tubura2
ただし、写真の木の下にはもう何度か立ったことがあって、これがツブラジイであることは確認済みです。スダジイに比べてあまりに小さなドングリを、ほんのわずかしか収穫できなくて悲しかった思い出の木です。
そして心配が募るのは、去年生まれたドングリ(シイノキ属は二年成)の姿が見えなかったことです。これでもか!と咲く雄花の陰に隠れていただけだったことを祈りつつ、次の課題は先輩・後輩のドングリの穂を比較撮影することと決まりました。

過去のきょう 2018 ヤシャゼンマイ 2017 カキツバタ(斑入り)  2016 アスパラガス  2015 ヤブヘビイチゴ  2014 クロジクアジサイ  2013 フランスギク  2012 カジイチゴ  2011 ノイバラ  2010 コウモリカズラ  2009 オトメユリ  2008 ネズミムギ  2007 ブラシノキ  2006 トキワツユクサ  2005 カルミア  2004 センダン

| | コメント (0)

5月23日(木) メコノプシス・グランディス(ヒマラヤの青いケシ)

190523meconopsis_grandis
俗に言う「ヒマラヤの青いケシ」で、温室ならぬ冷室(?)にたった一輪ありました。このメコノプシス属に共通の特徴である突き出た花柱がうなだれているのが残念でも、なんせこの辺の平地でお姿を拝めただけでも感謝感激雨霰でした。
ただし、メコノプシス属にはたくさんの仲間があって、本来「ヒマラヤの青いケシ」とされるのはMeconopsis betonicifoliaなのでした。対して写真のものにはM. grandisの名札がついています。霰(あられ)が霙(みぞれ)になりそうです。
ところがどっこい、属中ではこの花が最大だというし、色合いも本家より青さが勝るみたいだし、なにせ産地もヒマラヤ(本家は中国主体)だし、ということで、これを「ヒマラヤの青いケシ」呼ばわりしてもキツイお叱りは来ないようです。

過去のきょう 2018 モミ 2017 ハンノウツツジとコアジサイ  2016 ハリグワ  2015 ハンショウヅル  2014 キンポウゲとウマノアシガタ(キンポウゲ)  2013 ツリガネカズラ  2012 スズメノエンドウ  2011 コウシンバラ  2010 シュロ(ワジュロ)  2009 キングサリ  2008 ユキザサ  2007 コマツヨイグサ  2006 ジャガイモ  2005 オランダカイウ(カラー)  2004 トキワツユクサ

| | コメント (0)

5月22日(水) ガクウラジロヨウラク

190522gakuurajiroyouraku
前にウラジロヨウラクを載せたときよりはひと月近く早いので、状態が新鮮です。花や葉が瑞々しいし、当年枝には若いエネルギーが満ちあふれています。
その当年枝の付け根はまた花柄の付け根でもありました。前回の写真でもそのことはわかるというのに、あのときはただ花と葉裏を写すのに夢中でした。
そして今回のもう一つの気づきは剽軽な萼の形です。これほどに細くて長い意味がさっぱりわかりません。というより、ふつうのウラジロヨウラクならば萼はこんなに特殊ではなく、これは変種のガクウラジロヨウラクの特徴でした。
それがわかってから3年前の写真を見直すと、わかりにくくはあっても今回と同じく「変な萼」だった嫌疑が濃厚です。とりあえずあの記事は「広い意味のウラジロヨウラク」という理解で逃げておくとして、早急なレギュラー・ウラジロ探しが不可避です。

過去のきょう 2018 ミカワバイケイソウ 2017 サクラマンテマ(フクロナデシコ、シレネ・ペンデュラ)  2016 ウマノアシガタ  2015 イヌガラシ  2014 バリバリノキ(アオカゴノキ)  2013 ムラサキウンラン(ヒメキンギョソウ、リナリア)  2012 ハチク  2011 サクラバラ  2010 タチバナ  2009 ショウブ  2008 クヌギ  2007 ノースポール  2006 ニオイシュロラン  2005 ニオイバンマツリ  2004 ユスラウメ

| | コメント (0)

5月21日(火) ゴゼンタチバナ

190521gozentatibana
手前に置いたパスモが、長瀬くんの担ぐなんとかカードみたいに大きく見えます。写真だといくらかオオバナノエンレイソウを思わせるつくりでも、実際の目にはかそけき風情だけが映り、なんだか貴重品に出会ったことだけはわかりました。
その白い花からタチバナの名をもらっているようでも、花びらは4枚なので柑橘類とはまったく関係がありません。いや、花びらと言ってはダメで、これはヤマボウシなどと同じく苞です。本当の花は中心部の紅白の部分です。
190520gozenho
そして、ゴゼンは午前様ではなくて御前峰、つまり白山連峰最高の山のことです。たまたまきのう、その山を遠望することができました。天気が崩れてきていて写りは悪くても、伊達や酔狂で登る高さではないことはわかります。
ということは、あんな場所に咲く稀少種を労せずしてカメラに収めることができたわけで、もっといい光線が欲しかったなどとほざいては神罰が下ります。

過去のきょう 2018 ベニバナニシキウツギ 2017 コヤスノキ  2016 コウゾ  2015 ツルウメモドキ(雄株)  2014 チガヤ  2013 ニガキ(雄花)  2012 ノミノツヅリ  2011 オニタビラコ  2010 ケシ  2009 バッコヤナギ  2008 ザイフリボク  2007 クスノキ  2006 カスミソウ  2005 ユウゲショウ  2004 クレマチス

| | コメント (0)

5月20日(月) カンボク

1904kanboku_1
場所や時期を変え、この実が食べられないか、しつこく試したころがありました。結果は悲惨で、このごろは盛りの真っ赤な輝きも虚しいものにしか見えません。
はた衛門がスルーするくらいなので、なまじな鳥は手を出しません。完熟後、冬を越して翌年の花が咲いても、ドライフルーツは売れ残りのままです。
190520kanboku
ただ、よく考えると鳥は食べ物を丸呑みします。実際にイヌツゲなど苦い実は平気のようです。つまり、味以外のなにかの理由があって、鳥はカンボクの実を避けているように思えます。もしかして、鳥も避けるほどの劇毒だったとしたら…ワタシ、もう10年も前に儚いものになっていて、いまこうしているのは霊魂だったりして。
(写真1枚目は4月下旬、2枚目は5月中旬の撮影)

過去のきょう 2018 キバナカイウ(カラー・エリオッティアナ) 2017 ホソバヒナウスユキソウ  2016 オヘビイチゴ  2015 ハタケニラ  2014 ホオベニエニシダ  2013 コチョウラン  2012 セイヨウサンザシ  2011 ケヤキ  2010 ハグマノキ  2009 アオダモ  2008 ヤブジラミ  2007 カルセオラリア  2006 ツルウメモドキ  2005 トベラ  2004 カキノキ

| | コメント (0)

«5月19日(日) コチャルメルソウ