12月12日(火) フジバカマ

171212hujibakama1
先週載せたお目々パッチリのアキノノゲシに比べると、その綿毛というか種があまりに地味なフジバカマです。さすがに秋の七草、佇まいが和風です。
171212hujibakama2
さてこれをフジバカマと断定するには、例の3裂した葉を確認したいところなのに、あいにくその葉はほぼ原型をとどめていません。対生であることだけはわずかに認められるものの、それだけでフジバカマとするのは無謀です。
タネを明かせば、秋にここでフジバカマが咲いていました。埼玉でも準絶滅危惧種なので、見かけた場所はしっかり記憶しています。
湿った土地が好きで、ときどき攪乱されることが必要という性質は、あのタコノアシと同じです。3年前に見つけた近所の聖地では、去年からタコノアシを見失ってしまいました。ここのフジバカマがそうならないことを祈るばかりです。

過去のきょう 2016 タチツボスミレ 2015 スカシタゴボウ 2014 タコノアシ 2013 オオツワブキ 2012 ヤブタバコ 2011 カマクラヒバ 2010 チョコレートコスモス 2009 ネズミモチ 2008 ツルアリドオシ 2007 カラマツ 2006 エピデンドラム・ラディカンス(洋ラン) 2005 ノゲシ 2004 ヒメリンゴ

| | コメント (0)

12月11日(月) コウシンバラ

171211kousinbara
コウシンバラは通算三度目の登場で、しかも同じ師走に花が咲いている姿もすでに一度収録済みです。それでもあえて載せたいわけはこの花色です。
過去二度はマゼンダっぽい強い花色だったのに対し、今回のものはこんなに優しい色目でした。というか、最初はなにか洋種の栽培品だろうと思って近づいたら名札がついていて、「え、これがコウシン?」と驚いたという図式です。
調べたら、コウシンバラには赤やピンクだけでなく、白の花まであるのだそうで、やれやれ、次は白を見つける課題ができてしまいました。ただ、花のサイズや花弁の数(二重)はだいたいこのあたりが標準のようです。
加えて小葉のつき方や枝の赤みなどがこのバラの特徴だという知識は得ても、「ほかもだいたいこんなもんでしょ」と思ってしまういい加減さでは、いつまで経っても名札だよりから抜け出せないこと間違いなしというものです。

過去のきょう 2016 イイギリ、ほか2種 2015 イタヤカエデ 2014 アベリア(ハナツクバネウツギ) 2013 ヒマラヤザクラ 2012 アスナロ 2011 ゴクラクチョウカ 2010 ヤマアジサイ 2009 ノイバラ 2008 ラシャカキソウ 2007 シャシャンボ 2006 デルフィニウム 2005 トウカエデ 2004 ウキツリボク(アブチロン、チロリアンランプ)

| | コメント (0)

12月10日(日) キンミズヒキ

171210kinmizuhiki1
キンミズヒキのヒッツキ虫が大活躍中です。捕まえられてしまったオギの種(綿毛)は、哀れなことに地上に降下することができません。
そうやって他人に迷惑をかけるだけでは飽き足らず、自分のヒッツキ虫をヒッツケちゃうお馬鹿さんまでいて、もうバトルロイヤルですな、こりゃ。
171210kinmizuhiki2
さてそのキンミズヒキの足下を見ると、周囲はもうみんな麦わら色に干からびているのを尻目に、まだ若葉を萌え出させていたりして、タフですな、こりゃ。
170828_1
そんなキンミズヒキの8月末の画像です。細く続く野道を遮断するように、こうして無限花序をのばしてくれて、花の時期から迷惑なお方なのです。
170828_2
同じ日(2017年8月28日)の花のアップです。すでに萎れた花(右端)から蕾(左端)まではこんな寸法で、きれいに開いている花は10個くらいのものです。周囲に迷惑かけまくりのくせに、当人はいたって渋ちんなのです。
そんな花よりも、この写真の見どころは蕾です。なんと、萼の縁にはもう立派にヒッツキ虫がいて、話はめでたく文頭に戻ることができました。

過去のきょう 2016 ウチワゴケ 2015 ストック(アラセイトウ) 2014 ヒメガマ 2013 セリバオウレン 2012 ワラビ 2011 ウワミズザクラ 2010 リコリス・オーレア 200 ヤーコン 2008 チョクザキヨメナ 2007 メグスリノキ 2006 ゴクラクチョウカ 2005 ブルーベリー 2004 フクシア

| | コメント (0)

12月9日(土) チャンチン

171209chantin
たぶんチャンチンは春に赤い色素を使い果たしてしまうのだ…と、悪い冗談を考えつつ見上げました。きれいな紅葉を期待したのに、がっかりです。
ただ、肩透かしのお詫びのように、チャンチンも「小葉と葉柄の時間差離脱」タイプであることを見せてくれていました。まるで小枝のように立派な葉柄も、これから本当の枝を順次離れていくことでしょう。
160414chantin
さて、これ(↑)は去年の春(4月14日)に撮ったのに出し損なっていた画像です。まるで季節を間違えたかのような葉の色は、若葉を紫外線から守る役目でしょう。この時点から1カ月経つ(2012年記事)と、葉が緑みを増しています。
ということで、チャンチンのことをいくらかわかったかと言うとまだまだで、肝心の花を見ていません。花と樹皮が香るから香椿(チャンチン)というこの木の核心はつかめないまま(樹皮では香りを感じられず)で、次の夏こそ!と毎度の決意です。

<写真の追加> じつは来夏まで待てない不安が、上の記録には二つありました。一つはチャンチンは本当にあまりきれいに紅葉しないのか、もう一つは本当に樹皮は匂わないのかということです。
当然ながらきのうの記事とは別の場所のチャンチンを訪ねました。結果、二つの不安は解消で、葉色の変化はやはり冴えず、樹皮はちっとも香りませんでした。
…という記録だけでは悲しいので、ついでながら葉痕を写してきました。だがしかし、それはタラほど豪華でもなく、ニワトコほどユーモラスでもなく、やっぱりちょっと悲しい結果でした。(2017年12月10日)
Chantin
過去のきょう 2016 エンジュ 2015 ヒメタイサンボク 2014 トウカエデ 2013 コナラ 2012 ウラムラサキ(ストロビランテス・ディエリアヌス) 2011 カラスノエンドウ 2010 イロハモミジ 2009 メタセコイア 2008 アオハダ 2007 ケヤキ 2006 サンダーソニア 2005 サンシュユ 2004 メキシカン・ブッシュ・セージ

| | コメント (0)

12月8日(金) コアカザ

171208koakaza
全体の色合いや果穂のつくりがふつうのアカザとよく似ています。違いは草丈で、アカザがしばしば1mほどにもなるのに対し、こちらはせいぜいその半分です。
その丈も勢いが盛りの夏のことであり、いまの時期だと這うように脛の下あたりで、枯れ色ばかりになった野辺にわずかな色味を加えています。
さて色味と言えば、この小型版の方はコアカザだけで「コシロザ」はないのかな?と考えてしまいます。もっとも、ふつう版の方も、学名上はアカザはシロザの変種という扱いで、大ぐくりには一緒に考えてよさそうです。このコアカザも、赤みのないものをコシロザと呼ぶ人もいるようで、鷹揚に構えないとくたびれます。

過去のきょう 2016 オウゴンカズラ(ポトス・エンジョイ) 2015 ハグロソウ 2014 テンニンソウ 2013 オオハナワラビ 2012 ヤブマメ 2011 ネコノチチ 2010 ホソバオケラ 2009 イイギリ 2008 ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ) 2007 ダケカンバ 2006 コクサギ 2005 サンキライ 2004 ガーデンシクラメン

| | コメント (0)

«12月7日(木) アズサ