7月15日(月) セイヨウトラノオ(ベロニカ・ロンギフローラ)

240715ve_longifolia
たくさん咲いているとうれしいという幼稚な嗜好が丸出しです。前の掲載とは構図的になんら変化がなく、なぜ再掲するのか、理由付けが必要です。
はい、それは今回の写真の質感が、前よりもずっと本物に近かったからです。面白いことに、露光時間は前回1/80、今回1/800と10倍の開きがあります。長く露光しても冴えない色合いVSわりと短め露光のくせにじつにイキイキ質感です。
自分はほとんど絞り優先オートで撮っているので、この写り具合の差はカメラが勝手にやってくれたもの、もっと言えばお天道さまのご機嫌次第です。つまりは、日照の強い日に日向を選んで歩け・歩けとなるわけで、このごろの夏は鬼門です。

過去のきょう 2023 アナケイリウム・ラジアツム 2022 ネッタイスズラン 2021 グレビレア・プーリンダスプレンダー 2020 マダガスカルジャスミン 2019 アオカズラ 2018 オウゴンオニユリ 2017 斑入りバナナ(ムサ・アエアエ) 2016 アレチハナガサ 2015 バイカモ(ミシマバイカモ) 2014 キンシバイ 2013 ホウキモロコシ 2012 ワイヤープランツ 2011 コエンドロ(コリアンダー) 2010 アーティチョーク(チョウセンアザミ) 2009 イヌビワ 2008 ムラサキバレンギク 2007 イチジク 2006 ヒマワリ 2005 アキノエノコログサ 2004 ユリ(品種不詳・カノコユリ系)

| | コメント (0)

7月14日(日) ヒロハザミア(ザミア・フルフラセア)

240714za_furfuracea
前にこのザミアを取り上げたときよりもさらに大きな株に遭遇しました。写真で巨大感を出せた気はしても、念のため、高さは2m、幅は3mオーバーでした。
かつ、光線具合が前の撮影場所より恵まれ、優しい雰囲気を出せました。このザミアの特徴である葉先の不規則なな欠刻もよくわかるし、ヒロハザミアという和名にふさわしく、ふくよかなフォルムの葉も確認できます。
残念だったのは株下に生じるらしい球花(雌雄異株なので、球花に雌性・雄性あり)が見つからなかったことです。もし雌株なら、ソテツと同じく朱色の「卵」も生む(笑)らしくて、株の成熟度は申し分ないので、またの楽しみとしておきましょう。

過去のきょう 2023 グネモンノキ 2022 ミゾカクシ 2021 カサブランカ 2020 ムラサキバレンギク 2019 オオグルマ 2018 ランダイスギ 2017 ユクノキ 2016 セイヨウヤブイチゴ(ブラックベリー) 2015 ユリノキ 2014 シマススキ 2013 クロモジ 2012 トチバニンジン 2011 ノウゼンカズラ 2010 ベニバスモモ(ベニスモモ) 2009 ミヤギノハギ 2008 ジュンサイ 2007 チョウセンシラベ・シルバーロック 2006 カランコエ 2005 マルバマンネングサ 2004 ホテイアオイ

| | コメント (0)

7月13日(土) ダイギンリュウ

240713cucullatus
背丈が50~60cmあり、クネクネと身を捩りながら生長します。姿が妙な仲間にことかかないEuphorbia(トウダイグサ属・↓)のなかでもかなりの変態度です。
園芸的にはペデランサスと呼ばれることが多くても、これは旧属名で、いま現在の学名はEuphorbia tithymaloides 'Cucullatus'です。つまりE. tithymaloides(和名:ムカデタイゲキ、通称:銀竜)の園芸種・ククラツス(フードを持つの意)です。
そのフードとは、どうやら花の形を言っているようで、花をつけるのが楽しみです。かつ、母種と違うのは株下の葉が赤みを帯びることで、これは老化の一過程(発色後は茎から脱落)ではあっても、緑一色ではない賑やかさがあります。

<変態度高めのEuphorbia 6傑・和名50音順>キリンカン ☆ ギンツノサンゴ ☆ サイウンカク ☆ チュウテンカク ☆ ミドリサンゴ ☆ ユーフォルビア・ラクテア・クリスタタ(春峰)

過去のきょう 2023 コチレドン・福娘 2022 アメリカシモツケ 2021 シダレケヤキ 2020 オマツリライトノキ 2019 ホソバイヌビワ 2018 アマ 2017 コシロノセンダングサ 2016 ホタルイ 2015 ハラン 2014 アオジクユズリハ(イヌユズリハ) 2013 ハス(古代蓮) 2012 シマトネリコ 2011 ハナハッカ(オレガノ) 2010 タマゴタケ 2009 タカトウダイ 2008 チョウセンニンジン(オタネニンジン) 2007 セイヨウニンジンボク 2006 ヒエンソウ 2005 ヘメロカリス 2004 ヘクソカズラ

| | コメント (0)

7月12日(金) イジュ

240712schima
イジュの花を見て喜んだのは去年の8月でした。大温室での出会いで、とりあえず勉強したなぁという「コレクター的達成感」が湧いたのを覚えています。
対するに、今度は志木の街なかです。花後、イジュがこんな実をつけるとは思いもしませんでした。まるでイヌビワを思わせる形ではあっても、これから黒紫色に熟したあとは5つに割れて種を落とす自然散布型の蒴果だそうです。
240712marapr
じつはこの木を見つけたのは寒さ厳しい2月でした。常緑性であることはわかっても葉がやや苦しげで、温暖地の木であろうとは感じました。そんなくたびれた葉が、3月後半になると一気に若葉と入れ替わりました。赤みを帯びて束生する姿が独特です。
240712jun
そして、志木の露地での開花は6月でした。まん丸の蕾が順々に開き、10日ほどは厚みのある純白の花を楽しめました。そしてそれがボタボタと落ちます。
そんな観察プロセスのなかで、イジュだろうかヒメツバキだろうかわからず悩んでいたら、ついにオーナーさんに遇えたのです。ごくあっさり「イジュですよ」とのお答えをいただき、あらぁ、ヒメツバキではなかったかと少し落胆したのは内緒です。

過去のきょう 2023 マメナシ 2022 ルリタマアザミ 2021 ピペル・シルバチクム 2020 トビシマカンゾウとゼンテイカ(ニッコウキスゲ) 2019 ハリガネワラビ 2018 ヘツカニガキ 2017 アカガシワ 2016 ナワシロイチゴ 2015 アカメガシワ 2014 ペンステモン 2013 ハナゾノツクバネウツギ 2012 ハンゲショウ 2011 ヘラノキ 2010 ネジバナ 2009 ムラサキクンシラン(アガパンサス) 2008 キブシ 2007 ヘリアンサス・アトロルベンス 2006 カラスビシャク 2005 ヤブミョウガ 2004 アメリカフヨウ

| | コメント (0)

7月11日(木) レオノチス・ネペチフォリア

240711le_nepe
久しぶりにカエンキセワタを見るなぁ…と最初は思ったのです。ただ、なんか変だなぁとも感じました。同じような、違うような、すっきりしないまま、取りあえず撮影です。
帰ってきて調べると、やはり別人でした。Leonotis(カエンキセワタ属)ではあっても、種小名がnepetifolia、つまりNepeta(イヌハッカ属)に似た葉が特徴というわけです。そうと知ってあらためてカエンキセワタの葉を見ると、あれはヘラ型でした。
対するにこちらはサジ型です。その葉が厚手で硬質(注1)です。また、茎がガッシリと骨っぽく、はっきり三つ叉に分かれる枝からは人工的な造形美を感じます。
立派な和名を持つカエンキセワタと違い、こちらは学名そのままで呼ぶしかない(注2)ようです。Christmas candlestickという英名を流用する手があっても、少し長くて発音しにくくて、同じ面倒をするならアカデミックさを感じられる方にしておきます。

<補注1> じつはこれがネペチフォリアでいいのか、とても迷っています。問題はこの分厚くて鋸歯のない葉で、参考ページに見る葉はまさに種小名どおりNepetaの葉を思わせる(厚みはなく、鋸歯あり)のです。
ただ、nepetifoliaでなければなんなのかがわかりません。Leonotisには20種ほどのバリエーションがあるとはわかっても、その参考画像が得られないのです。もう少し情報量が増えたころ、「間違いでした」とやることを覚悟の掲載です。
<補注2> タマザキメハジキ(珠咲目弾)という和名がついているようではあります。

過去のきょう 2023 ハナスゲ 2022 アメイシャ 2021 エノキ 2020 ハイビスカス(ブッソウゲ) 2019 ツガ 2018 シナノアキギリ 2017 ノカラマツ 2016 マヤラン 2015 キソウテンガイ(サバクオモト、ウェルウィッチア) 2014 ムクゲ(白花笠) 2013 カラムシ(雄花) 2012 スモモ 2011 クサスギカズラ 2010 ギンバイソウ 2009 コバギボウシ 2008 イランイランノキ 2007 ラムズイヤー 2006 ゴシキドクダミ 2005 アガパンサス 2004 カラスウリ

| | コメント (0)

«7月10日(水) ミナヅキ