9月21日(金) ヘビウリ

180921hebiuri
ヘチマキュウリが近縁ではあるまいかと考えてしまう実です。まっすぐに育つと1mは超えるものが、つむじを曲げるとこうしてのたくってくれて、不用意にこれに出会うとヒヤッとします。いや、心の準備があったとしても、こりゃたまりません。
ところが、素性としてはヘチマやキュウリは無関係で、カラスウリの仲間(ウリ科カラスウリ属)であることは花の写真のときに触れました。あのとき、実の写真が撮れなくて、じつはかなりくやしかったのに、案外早めにリカバリーできました。
キカラスウリ(同科同属)のとき、実のワタを試食していて、このヘビウリはもう少しまともに食材として使えるようです。もっとも、これが八百屋に並ぶことは考えにくく、「ヘビ料理」は育てた人だけが楽しめる「秘密の味」のようです。

過去のきょう 2017年 スズメウリ 2016年 プロステケア・コクレアタ・アルブム 2015年 イワガネソウ 2014年 ヒノキアスナロ 2013年 ツルリンドウ 2012年 ヤマグルマ 2011年 カラスザンショウ 2010年 ハダカホオズキ 2009年 ケツユクサ 2008年 ミズタマソウ 2007年 ミズタマソウ 2006年 ヤマハギ 2005年 オトコエシ 2004年 ナツメ

| | コメント (0)

9月20日(木) ヤブニッケイ

180920yabunikkei
去年の初掲載と時期的には大差ないのに、実のいくつかが黒くなっていました。その黒々した実を眺めながら悲しくなるのは、去年地面に落ちていた(その実のおかげでこの木の存在に気づいた)実が黒かったのかまだ緑のままだったのか、まったくもって思い出せないことです。手にとってマジマジ見たであろうに…。
こういうのは記憶(保持)力の薄れなのか、それとも記憶入力段階(記銘力)になにか問題があったのか、考え込みます。このごろ、仕事の肝心なこともスッポリ思い出せないことがあって、多少の肌寒さを覚えることが出てきました。
いやいや、自虐的に落ち込むよりはこの木をヤブニッケイだと覚えていたことを喜ぶ方が前向きです。もし、この実を見て、葉を見て、枝を見て、図鑑と引き比べて「そうか、これはヤブニッケイというのか」などとやるようになったら、そのときこそが年貢の納めどきでしょう。そんな日は迎えたくありませんけれど。

過去のきょう 2017年 クサギ 2016年 クロモジ 2015年 シナアブラギリ 2014年 カラムシ 2013年 ムラサキナツフジ(サッコウフジ) 2012年 オトコエシ 2011年 マコモ 2010年 キセワタ 2009年 マルバハッカ(アップルミント) 2008年 ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ) 2007年 ソテツ(雄株) 2006年 アシタバ 2005年 シロシキブ 2004年 フジバカマ

| | コメント (0)

9月19日(水) コヤブラン

180919koyaburan
一面の○○というのをウリにした公園はいくつかあっても、その○○はネモフィラだったりコスモスだったり、さすがに見目のいい花畑ではあるわけです。
そこへいくと、まさかコヤブランで家族連れを呼び込もうというところはないはずで、あんな広大なスペースに比べればごくささやかながら、これはもしかして日本最大のコヤブランの群落ではあるまいかと心躍ってしまいました。
ただ、気になるのはコヤブランの実です。ふつうのヤブランの場合、花よりも黒曜石のような実が目立つのに、コヤブランのそれを見た記憶がないのです。もしかして結実しないとか、あるいは緑や茶色で終わってしまうとか、不幸な結末を心配しながらも、また北風が吹き始めたらここに来てみることにしました。

過去のきょう 2017年 ヤブツルアズキ 2016年 ハエジゴク(ハエトリグサ、ハエトリソウ) 2015年 カンガレイ 2014年 マキエハギ 2013年 シシオクマワラビ 2012年 テウチグルミ 2011年 サンシュユ 2010年 アオハダ 2009年 フジマメ 2008年 カラスウリ 2007年 カゼクサ 2006年 ミズキンバイ 2005年 シロバナマンジュシャゲ 2004年 ツリフネソウ

| | コメント (0)

9月18日(火) カラタチ

180918karatati
カラタチというのはカラスアゲハの食草だったのだと知りました。そう言えばこの春、意外なほど早くに葉を失ったカラタチを見たのは、もしかしてこの蝶の幼虫のせいだったのかといまごろ気づくボンクラ頭です。
さらに腕はナマクラでくらくらしつつ、5年前の初の出会いよりは少しだけハッキリとカラスアゲハ(雄)の色合いをとらえました。相変わらずせわしいヤツで、止まっているときでさえ、微妙に動いているようです。
さていまにして思うのは、先年の場所にはカラタチはもちろん、コクサギなどミカン科の木はなかったことです。調べてみると、カラスアゲハは湿地で水を飲むのが好きらしいとわかりました。たしかにそんな場所とそんな動きでした。
今度水気のある場所とかミカン科の木の根もとに立ったときはじっくりと待ち、尾に赤い模様の入ったカラスアゲハの雌をぜひ写してみたいものです。

過去のきょう 2017年 オオイタビ 2016年 アワブキ 2015年 アワブキ 2014年 オジギソウ 2013年 シロバナヤマハギ 2012年 センニンソウ 2011年 オオバコ 2010年 キレハノブドウ 2009年 ボントクタデ 2008年 ノダケ 2007年 ヒトエスイフヨウ 2006年 タカサブロウ 2005年 ヒガンバナ 2004年 シキミ

| | コメント (0)

9月17日(月) センナリヒョウタン

180917sennaribyoutan
あとは収穫するだけ、つまり花や葉はもうすっかり終わった状態です。あの恐ろしかった夏が懐かしく思えるほど、いい風が吹くようになりました。
千成瓢箪というのはふつうのヒョウタン(Lagenaria siceraria)の変種(var. microcarpa)です。ブログを始めた14年前に育てたのはその「ふつう」の方で、小さなプランターだったにもかかわらず、実は20cm近くになりました。
あれに比べると、千成は寸詰まりです。長さがせいぜい6~7cmで、その代わり「数で勝負」とばかりにたくさんぶら下がります。これが景気よく見えるので縁起物とされ、太閤さんが金色に塗って馬印にしたというわけです。
つまりはその時代からこの変種は存在したわけです。いったい、最初に「縮んだ」のはいつごろのことで、その変化がどうやって固定したものでしょう。それを考えると、戦国時代のロマンとはまた一風異なった夢を見ることができます。

過去のきょう 2017年 ユウガギク 2016年 トキリマメ 2015年 マウンテンミント 2014年 キハギ 2013年 ベニシダ 2012年 ヒトエスイフヨウ 2011年 キミガヨラン 2010年 トウゴマ 2009年 トウガン 2008年 コバノカモメヅル 2007年 ハシカグサ 2006年 コウヤマキ 2005年 ヌルデ 2004年 ワレモコウ

| | コメント (0)

«9月16日(日) シロモジ