1月22日(火) シュロチクヤシ

190122syurotikuyasi
小葉の一枚が腕の長さほどもあって、なんともスケールが大きいのです。原産地のニューギニアあたりだと、これが雲を突いて立ち並ぶようです。
左端に写った竹のような幹はこのヤシのものです。羽状複葉が落ちた葉痕が竹の節のようになり、グイグイ・グイグイと生長するわけです。
このシュロチクヤシはヤハズヤシ属(Ptychosperma)の一員で、本来のヤハズヤシだと小葉の先が矢筈型になるのに対し、ふつうに笹の葉状です。雄シベの目立つ花をつけ、そのあと真っ赤な実を数珠状につけるそう(属共通)で、現地に飛ぶ勇気にも資金にも恵まれない身では、温室での僥倖だけが頼りです。

過去のきょう 2018 ハイゴケ 2017 クサトベラ 2016 キンヨウボク 2015 ヘラオオバコ 2014 カジイチゴ 2013 マテバシイ 2012 フモトシダ  2011 オヒルギ 2010 サンタンカ 2009 ヒメリュウキンカ 2008 チョウセンゴミシ 2007 シュロチク 2006 サンシュユ 2005 イヌビワ

| | コメント (0)

1月21日(月) アザミゲシ

190121azamigesi
けっこう「生きて」います。葉の棘はまだ気合いを失っていないし、茎にも十分な力が秘められています。アザミゲシは一年草のはずなのに、図鑑にも寒さにも「負けてなんかいらんないよ!」ということでしょう。
190121azamigesi_mi
夏に撮った写真(2枚目)でもすでに立派だった実が健在です。この実の汁には薬用になる成分が入っていて、量を間違えるとヤバイそうで、棘よりも危険です。

さて、上にリンクさせた記事を探していて焦りました。過去掲載にアザミゲシがなく、そんなワケはなかろうと全記事検索したら、アザミゲシとしていたタイトルをシロアザミゲシに訂正していました。たしかに、ふつうに言うアザミゲシ(花が黄色)はArgemone mexicanaで、花が白い方はA. hispida、別物なのです。
今回撮影したこの屈強な株はたしか黄花で、前に撮った気はします。ただ、いつものことながら、過去ファイルを探すよりは新しく撮影する方が確実という理屈で、7月の予定にこの場所を書き込んでおきました。

<補注> どういう風の吹き回しか、記事を上げたあと、あっという間に昔のフォルダーから花の写真を見つけてしまいました。ただ、花の開き具合も絵としての満足度も低いので、この夏の再挑戦は不可欠です。(撮影:2006年11月6日)
Azamigesi
過去のきょう 2018 イチジク(ほか2種) 2017 ビカクシダ 2016 オキザリス・レグネリー 2015 ハゼノキ 2014 シュンラン 2013 房咲き水仙・ペーパーホワイト 2012 フィカス・プミラ(オオイタビ)  2011 ジュズサンゴ 2010 クマシデ 2009 ワビスケ(太郎冠者) 2008 トベラ 2007 インドゴムノキ 2006 ガマズミ 2005 コウヤボウキ

| | コメント (0)

1月20日(日) ピンポンノキ

190120sterculia_nobilis
ボサノバの定番曲にBim Bomというのがあって、たいした歌詞はなくてほぼBim bom bim bim bom bomの繰り返しです。ポルトガル語の意味なんてわからないし、そのリフレインはビンボー・ビンボーと聞こえて、気分はあまり良くない歌です。
いや、話は貧乏ではなくピンポンノキです。温室ではわりと定番品のくせに、いつも花や実はなくて、そのうちピンポン球みたいな花か実がついたらここに載せてやろうと思っていました。そんなお馬鹿の目に飛び込んだのがこの実です。
どこがピンポン球ですか。ぜんぜん丸くないじゃないっすか…とこの場所で呟いたのはワタシだけじゃないと思うのです。温室さん、説明板、必要ですって!
中国原産で、彼の地での名前が「頻姿」、英語圏の人はpimpomと呼ぶそうで、発音がそうなのでしょう。日本的に読めば「ヒンシ」でしょうから、もしかして「瀕死の木」にされたかもしれず、それを思えばピンポンで妥協しておきますか。
花も、ここで文字説明するのは避けたい奇態なので、それを写せるまで、ヒンシノキならぬピンポンノキの名前由来を忘れないでいたいものです。

過去のきょう 2018 ガーデンハックルベリー 2017 トレベシア・パルマタ 2016 ウナズキヒメフヨウ 2015 ヤマアイ 2014 キンカン 2013 ヤマハンノキ 2012 木立性ベゴニア  2011 カラテア・クロタリフェラ 2010 チンカピン 2009 ムベ 2008 シモバシラ 2007 バコパコピア・ガリバーライラック 2006 カンツバキ 2005 チョウセンレンギョウ

| | コメント (0)

1月19日(土) ヤッコカズラ

190119yakkokazura
広場で凧揚げをしている親子がいると、部屋でピコピコしているよりは100倍も麗しい姿だとうれしくなります。ところが、なのです。揚げている凧が凧ではないのです。どれもこれもがビニール製のカイトで、風情がないこと夥しいのです。
奴凧がなくなったら、奴は冷や奴でしか人々に認識されなくなってしまいます。奴さんの衣装の袖に四角な紋(豆腐型)があるのを見なくなったら、冷や奴の語源も知らずに豆腐をパクつく輩ばかりになってしまいます。涙です。
じゃあ、ワタシをお部屋に連れ帰って、奴型の葉っぱを愛でてくださいよ!とヤッコカズラが囁いていました。フィロデンドロン仲間のわりには生長もゆっくりであまり大きくならないのが日本的見地からの美点です。
ただし、お髯もなければ半纏も着ていないので、それで奴とは図々しいぞと毒づいてやりました。そしたら、「アッシが奴と呼べと頼んだわけじゃござんせん。イヤだったらPhilodendron pedatumと正式に呼んでおくんなさい。P. laciniatumでもいいっすよ」だそうで、どうにもかわいげのない奴なのでした。

過去のきょう 2018 コウヤボウキ 2017 セロジネ・クリスタータ 2016 ショウジョウアナナス 2015 乙女サザンカ 2014 ホオズキ 2013 球根ベゴニア(ハンギングタイプ) 2012 シロナンテン(キナンテン)  2011 レッド・ジンジャー 2010 セイヨウヒイラギ 2009 シホウチク 2008 カリン 2007 チョウセンマキ 2006 ニホンスイセン 2005 オケラ

| | コメント (0)

1月18日(金) アオギリ

190118aogiri
まさかのスケスケルックでした。どういう役目かよくわからない実の莢が、12月なかごろには枯れ色ながらもまだゴワついて丈夫なものだったのに、あれからの1カ月というのは、まさに寒晒しの期間だったのでしょう。
それにしても、あのころにはすでに自然離脱した仲間も少なくなかったのに、いまこうして見上げれば、「枝を離れたくない」莢と種がまだこんなにいます。
落ちてこそ役割全うの莢と種なのに、なにをそんなにしがみつくのでしょう。あ、そう言えば国産横綱さんの「散り方」を世間はどう評価することでしょう。一方で先任横綱さんは土俵際をクルクル舞いながらも勝ちを拾っていて、たぶんこのアオギリの莢のように、白く抜けるまで散らずに居残るのでしょうなあ。

過去のきょう 2018 コウヤワラビ 2017 アカリファ・ウイルケシアナ 2016 フサフジウツギ(ブッドレア) 2015 ホウレンソウ 2014 ハイカンツバキ 2013 ハンノキ 2012 サンジャクバナナ  2011 シマナンヨウスギ 2010 キジョラン 2009 シロヤブツバキ 2008 サザンカ 2007 カクテル(つるバラ) 2006 ホトケノザ 2005 キソケイ

| | コメント (0)

«1月17日(木) タイワンツバキ