2月24日(土) ヒメサザンカ

180224himesazanka
ちょっと感動の出会いです。これがヒメサザンカの花でした。開くとやや素っ気なくても、膨らんだ蕾にほんのりと兆しているピンクがお愛想です。
いままで何カ所か、露地でヒメサザンカの木を見かけているのに、いつもいつでも、姫さまはムッツリと蕾のままだったのです。その代表が近所の病院にある庭木で、もう6年も前にも花を待ちきれず、蕾の姿をここに掲載しています。
あれに比べると、今回見たのは温室のなかだし、近所のものが園芸種なのに対し、こちらは原種椿そのものという違いがあります。まさかヒメサザンカは露地では咲かないということもなかろうし、今回の出会いを励みにして、近所のエリナさんがニッコリ微笑んでくれるときを待つことにしましょう。

過去のきょう 2017 ムシトリスミレ  2016 キチジョウソウ 2015 キンレイジュ 2014 フィットニア(アミメグサ、ベニアミメグサ) 2013 オオハナワラビ 2012 モミジイチゴ 2011 ヒオウギ 2010 ウラジロモミ 2009 ヒマラヤスギ 2008 カンザクラ 2007 オステオスペルマム 2006 セツブンソウ 2005 カワヅザクラ

| | コメント (0)

2月23日(金) シュンラン

180223syunran
これを見たとき、初めは「シュンランとシランが同居して育つことってあるのかな」と考えたのだから恥ずかしい限りです。シュンランが常緑で冬を越すことに気づいた4年前、「生態そのものをちゃんと観察しなくては」と反省したのに、こんな堂々とした実をいままで見落としていたのだから、かなり落ち込みます。
しかも、この莢のなかはもう空でした。莢には縦に割れ目がいくつかあり、ごく小さな種はもうそこから飛び出し終わっていました。
で、性懲りもなくまた反省です。花が咲いたら実はできるのです。花を見たなら実の撮影を計画しましょう。そしたら次は種の芽生えも…と考えてビビリました。シュンランの芽生えを見つける自信がありません。反省さえ、早くも挫折です。

過去のきょう 2017 オトコヨウゾメ  2016 ウメ(緑萼、リョクガクバイ) 2015 ツノナス(フォックスフェイス) 2014 クヌギ 2013 オオムラサキ、ほか5種 2012 ヒトツバ 2011 ハイネズ 2010 プリムラ・シネンシス 2009 ギンヨウヒマラヤスギ 2008 サザンカとカンツバキ 2007 スズランエリカ 2006 カラタチ 2005 クマザサ

| | コメント (0)

2月22日(木) キハダ

180222kihada
はぁ~、ホントだ。葉痕のなかから冬芽が出ています。ハクウンボクで知った葉柄内芽という冬芽のタイプ、さっそく3例目(注)を確認です。
キハダは、鈴なりの実に惹かれたのが最初の出会いでした。以降、薬湯を楽しむことまでして親しんだはずなのに、へぇ~、気づかなかったなぁ…です。
調べてみると、まだまだヌルデとかハリギリとかユクノキとか、葉柄内芽の仲間はいるようです。分類的にはまったく関係ないこれらの木が、どうして同じシステムを持つのか、逆に言えば同科同属でもなぜ自分だけこのシステムなのか、冬が来るごとに、ゆっくりゆっくり考えてみようと思います。

<補注> 2例目はスズカケノキ(プラタナス類)で確認しました。

過去のきょう 2017 ヒトデカズラ(フィロデンドロン・セローム)  2016 ハルジオン 2015 パラミツ(ナガミパンノキ、ジャックフルーツ) 2014 アスコセンダ(洋ラン) 2013 ハス(行田蓮) 2012 ヒメシャラ 2011 クコ 2010 ピレア・モリス 2009 ギンヨウアカシア 2008 フィカス・アルテッシマ 2007 クモマグサ 2006 ナガバジャノヒゲ 2005 ミヤマウグイスカグラ

| | コメント (0)

2月21日(水) フクジュソウ(秩父紅)

180221titibugbeni
初めて見ることができた秩父紅です。本来なら秩父に出かけて撮ってくるべきところを、近場で鉢植えのものを写すことができました。「幻の」と形容されることの多い秩父紅も、いまや「そんじょそこらの」園芸品です。
元々は戦前に秩父の山のなかで見つかって、地元で栽培されてきたといいます。フクジュソウには学術的に別品種とされるもの(ミチノクフクジュソウ=未掲載、など)がいくつかあります。その点、この秩父紅は分類としてはふつうのフクジュソウで、色変わりという扱いです。埼玉県民としてはちょっと無念に思います(笑)。
それにしてもいい色です。花びらの内側の橙色よりも、むしろ裏側のドスのきいた紫褐色に惹かれます。個人的には「秩父黒」と呼んであげたくなりました。

過去のきょう 2017 トゲミウドノキ(サラダノキ)  2016 モクレイシ 2015 ヤマアイ 2014 チョウセンゴヨウ 2013 ハシバミ 2012 コハコベ 2011 キツネノカミソリ 2010 フラサバソウ 2009 キヅタ 2008 ユキワリイチゲ 2007 ヒメイタビ 2006 ナギイカダ 2005 クロッカス

| | コメント (0)

番外編 : クラウドファンディング

Makuake2
雪のなかの写真展というだけでも、なんちゅう向こう見ずなイベントを考える奴なんだ!と呆れていたのに、その資金をクラウドファンディングで集めるんですと(^^)/
はぁー、いまどきですなあ。駅前で「かわいそうなワンちゃんに募金を!」っていうのと本質的に同じだろうと思いつつ、あれがなんだか胡散臭い(個人的感想です)のに比べると、けっこう皆さん応援するんですなあ。わが娘のプロジェクトは、ささやかな目標額に対してもまだまだの達成率でヒヤヒヤものでも、なかには何千万円も集めてしまったり、達成率ウン千%という案件も多くて驚きます。
ものが売れない、不景気だ、と言われる一方で、見知らぬ人の心意気にはお金を投じる人がたくさんいるわけです。しかもネットで反応するところからして、もうお金の使い道があまりない老人たちの仕業ではないだろうところがすごいと思うのです。仮想通貨とか志が曲がったものに悪用されるしかけもネット世界なら、こんな高邁な志を支えるしくみもネット世界なのだといたく感じ入っています。

| | コメント (0)

«2月20日(火) ホルトノキ