12月10日(火) イチョウ

191210ityou
ひらめきというのはあるもので、おととい、シロモジの雌雄で葉の落ち方が違うことを取り上げたあと、オツムに「ヒラッ」というのが来たのです。イチョウって、木によって著しく黄葉の時期が違うけれど、あれってひょっとして雌雄の違い?
こりゃー、もしかして大発見!?と色めき立って、雌雄の巨木が並んでいる場所に飛んでいってみたのがこの写真です。奥が雌株で手前が雄株です。
なーんも差がありません。というか、むしろ雌株はもう葉が少なくなっていて、雄株の方がまだフサフサ(笑)しています。ぜんぜんハズレでした。
で、考えました。イチョウって裸子植物です。裸子と被子では男の疲れ具合が違うのではあるまいか。いやいや、盲滅法に花粉を出さざるを得ない裸子植物の方が男性の劣化は進むのでは…グルグルグル、素人考えの空回りの音です。

過去のきょう 2018 セレウスサボテン(鬼面角) 2017 キンミズヒキ 2016 ウチワゴケ 2015 ストック(アラセイトウ) 2014 ヒメガマ 2013 セリバオウレン 2012 ワラビ 2011 ウワミズザクラ 2010 リコリス・オーレア 200 ヤーコン 2008 チョクザキヨメナ 2007 メグスリノキ 2006 ゴクラクチョウカ 2005 ブルーベリー 2004 フクシア

| | コメント (0)

12月9日(月) チューリップ

191209tulip
チューリップの種類というのは、いま栽培されているものだけで1,000を超えるのだそうです。そもそもが耐寒性の強いものらしいのに、それだけ面子が多彩ならば、なかにはこれだけ気の早いヤツがいてもおかしくはないのでしょう。
昔、2月の初めに咲いているのを見て驚いたのはやや勉強不足でした。いま調べてみると「超早咲き系」なんて言葉も見えるので、クリスマスや正月を露地のチューリップを愛でながら過ごすのはそれほどの芸当ではないのかもしれません。
ウチでも試してみようかな、という気持ちがわずかに芽生えてくるものの、そうやって季節感をメチャにしてなにが楽しいのだ!という義憤も微妙に湧き上がってきて、♪咲いた咲いたチューリップの花が…などと気楽には歌えない時代です。

過去のきょう 2018 ズミ(キミズミ) 2017 チャンチン 2016 エンジュ 2015 ヒメタイサンボク 2014 トウカエデ 2013 コナラ 2012 ウラムラサキ(ストロビランテス・ディエリアヌス) 2011 カラスノエンドウ 2010 イロハモミジ 2009 メタセコイア 2008 アオハダ 2007 ケヤキ 2006 サンダーソニア 2005 サンシュユ 2004 メキシカン・ブッシュ・セージ

| | コメント (0)

12月8日(日) シロモジ

191208siromoji_f
ここまで萎んではいても、ひと目でシロモジとわかる葉っぱです。ただし、11カ月前にもほぼ同じ写真を載せていて、今回はその続編のつもりです。
撮影対象は前と同じ木で、これは雌株です。したがって、尖った葉芽はたくさん見えても、その脇につくタマタマ(花芽)はけっこうレアです。
191208siromoji_m
対してこちらは雄株です。前の記事ではシロモジ同士の雌雄を比べるべきだったのに、勇み足というか張り切りすぎというか、クロモジの雄株を持ち出してしまいました。話が飛びすぎた反省のもと、今度は地道にシロモジの雄株を撮りました。
しかし、結果はクロモジと同じで、やはり葉は落ち切っていました。その代わり、タマタマは「これでもか」みたいにたくさんついています。さすが男です。
で、はた衛門は考え込むのです。植物でも、男はやっぱりハゲやすい→来春、パーッと盛大に雄花を咲かせるためには、無用となった葉を早く落としてスタミナを蓄えているんだな→でも、もう「来春」がない人間は葉を落とさなくてもいいのになぁ…はち切れそうなシロモジのタマタマを眺めながら、虚しく呟くのでした。

<補注> 株の雌雄で葉の落ち方に違いがあるのかも…という思いつきは、とりあえずイチョウではまったくの見当外れでした。(2019年12月10日

過去のきょう 2018 タカナ 2017 コアカザ 2016 オウゴンカズラ(ポトス・エンジョイ) 2015 ハグロソウ 2014 テンニンソウ 2013 オオハナワラビ 2012 ヤブマメ 2011 ネコノチチ 2010 ホソバオケラ 2009 イイギリ 2008 ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ) 2007 ダケカンバ 2006 コクサギ 2005 サンキライ 2004 ガーデンシクラメン

| | コメント (0)

12月7日(土) キャベツ

191207cabbage
基本のキという野菜なのに、なにも知らなかった自分にあきれました。この苗を見て、キャベツだなんてとても思えなかったのです。葉が丸まっていなくて、フツーに茎が立っているではありませんか。時期だって、これから冬ですよ。
へー、キャベツには播種の時期が違うタイプがあるのでした。いま、こんな苗のものは「秋播き」して来年の4~6月に収穫する「春系キャベツ」だそうで、ほかに春播きして夏秋収穫タイプ、夏に播いて10~12月に収穫するタイプがあるそうです。
ということは、キャベツの旬はほぼ通年ということになります。常々、ハウスものらしい野菜を買ってきたカミさんに対し、「なんてバカな買い物をするんだ」と毒づいていた爺さんも、キャベツを見たときは「いい買い物だねえ」と褒めるべきようです。

過去のきょう 2018 ハナヒリノキ 2017 アズサ(ヨグソミネバリ) 2016 カイノキ 2015 カナクギノキ 2014 イヌザンショウ 2013 ムラサキシキブ 2012 ヤマコウバシ 2011 メキシカン・マリーゴールド(レモンジェム) 2010 アカガシワ 2009 ウシハコベ 2008 コハウチワカエデ 2007 ギヌラ・パープルパッション 2006 ヤマハゼ 2005 ストック 2004 イチョウ

| | コメント (0)

12月6日(金) ヤツデ

191206yatude_f
おうよ、おらぁハエだよ。蜜、舐めて、なんか悪いか? ヤツデの白い花に真っ黒の俺たちが群がる…これぞ冬の風物詩ってなもんだ。文句あっか!?
191206yatude_m
まあまあ、あなた、そんなにムキにならずにこっちに来たら? 雌性期になっちゃった房と違って、こっちの雄性期の花には花粉もいっぱいよ。
などという会話をしてるんじゃないかなぁ、と頬を緩めながら撮りました。ヤツデ、いまが花盛りです。花びら5枚、雄シベ5本、雌シベも5本、ゴホンと言えば龍角散、皆さん、風邪には注意しましょう!とハエの旦那が言ってます。

<補注> ハエの雌雄はまったくわからないので、記事の擬人化部分はテキトーです。種類の見分けも今後の課題です。

過去のきょう 2018 シロガネチカラシバ 2017 アキノノゲシ 2016 ヘミグラフィス・アルテルナタ 2015 タイワンホトトギス 2014 ツルムラサキ 2013 タチシオデ 2012 ノブキ 2011 ホソイトスギ(イタリアンサイプレス) 2010 フユザンショウ 2009 ハゼノキ 2008 ハウチワカエデ 2007 ソヨゴ 2006 タラノキ 2005 メギ 2004 ダリア

| | コメント (0)

«12月5日(木) ベニツツバナ(オドントネマ・ストリクツム)